2015年10月29日 (木)

ジョギングできずに泣くの巻

秋が深まっている。
アメリカに来てはや一ヶ月。あいかわらず環境のちがいにはうまくなじめない。
ジョギングができないのには参った。や、やってもいいんだけど、クルマが怖くてなかなか走れない。
アメリカには、右折車はクルマが来なければ信号が赤でも交差点を曲がって良いという規則がある。
ジョギングをしていて交差点にさしかかる。青信号だからそのまま進むんだけど、この右折OKルールで交差点に入ってくるクルマがいる。歩行者を見てくれていればいいんだけど、往々にしてジョガーは見逃されがち。気をつけないとひかれそう。
加えてアメリカはやたら道路が広く、片側3車線、4車線は当たり前。みんなばんばんスピードを出している。
高速道路なみの道路を横切るのは、かなりの恐怖である。
先日の朝ランで2回ほど怖い思いをしたため、しばらくジョギングは控えている。

もうちょっと注意して運転してくれアメリカン。。。

AAは、まだ行けてない。一駅先にミーティング会場があるのは確認したんだけど、夜に出歩くのが気が進まないのである。こちらの駅は、暗くなるとハンパなく怖い雰囲気がただよう。
通勤客は5時台でもそれほど多くなく、7時を過ぎると電車はがらがらだ。駅周辺にお店などない。人通りもない。日本の田舎の午前2時くらいの感じ。
電車自体、朝晩の混雑時以外は30分に一本だ。
クルマが怖いとか夜が怖いとか子どもみたいなことを言っていると自分でも思うんだけど、ほんと怖いんだもん。
うーん。うーん。

嘆いていても仕方ない。とにかく適応するしかないのである。
がんばりましょう。
こんな時でもよく飲まないでやっているな、オレ(自画自賛)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

6キロジョグでへろへろ

ここんとこの激しい暑さは、ジョガーには厳しいものがある。
先日、日曜日のお昼前に走りに出たら暑くて暑くて、ちょっとたいへんな感じになった。
照りつける太陽。アスファルトからは輻射熱。風がなく気温は35度前後。
3キロほど走ったところで頭がぼうっとしてきて、手がぱんぱんにむくんでいるのに気がついた。
イカン。ヤバイ。
あわててジョギング中止。日陰に移動して体温が下がるのを待つ。
午前中だからまだそんなに暑くないだろうと高をくくったのが良くなかった。

てなワケで、近ごろは6キロジョグ&ウォークを朝方にする程度にとどめています。
つか、6キロ以上走れないの。暑さと湿気で。
夏はキライじゃないんだけど、もうちょっと気温が下がってくれると良いね。Img_1036


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

三浦国際市民マラソン

相変わらず走ったり挫折したりのくり返しである。
3月のレースだが、腹が決まった。

三浦国際市民マラソン

これに決定である。
同じ3月1日に静岡マラソンも開催されるんで迷ったが、フルにトライしてまた棄権したら心が折れちゃいそう。前回の東京マラソンの二の舞は避けたい。
幸いと言うかなんというか、三浦国際市民マラソンはアップダウンのきついハードなコースである。
これを完走できれば次への弾みがつくだろう。
大事なのはモチベーション。きついコースを完走したという自信がつけば、その後のジョグにも良い影響が出るはずだ。

てなことで、参加申し込み決定。考えてみたら、2年前にも申し込んだけど、なんだかんだで出走できなかったもんね。
がんばるぜ、初・三浦国際市民マラソン!

と、見たら三大会同時エントリーってのもあるのね。

●2015.3. 1(日) :三浦国際市民マラソン(ハーフ)
●2015.4.19(日):かすみがうらマラソン(フル)
●2015.5.31(日):山中湖ロードレース(ハーフ)

一ヶ月おきにハーフ、フル、ハーフかあ。
4月のフルがきついな。でも申し込んじゃおうかな。
楽しみだぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

東京マラソン落選、さて

東京マラソンの落選の通知が来た。
今回はもう、あまり驚かない。前回の東京マラソンがあえなくリタイアという結果だったので、その程度のランナーが当選してしまってはほかのランナーに申し訳ない気がする。
そう言えば横須賀シーサイドマラソンもいつの間にか申込期間が過ぎ、チャンスを逃してしまった。
このままずるずるとマラソンからフェイドアウトしそうな気がする。イカンとは思うが、腰痛が慢性化して日々のジョグさえままならない。むー。

そんな中、こんな大会を見つけた。

静岡マラソン2015

3月1日。あと5ヶ月。
腰の不調を乗り越えてフルマラソンの調整ができるか。難しいところだ。いまから走り込めば何とかなりそうな気もするが。
うーんうーん。
迷う。
ハーフなら何とかなりそうな気もするし。。。
もうちょっと短いレースはないか。湘南藤沢市民マラソン10マイル。締切済み。
三浦国際市民マラソン、ハーフ。
おお、これは同じ3月1日(日)!おお、どっちがいいか?!
迷うなー。
いまの体調から言えばハーフが関の山か。
しかし三浦のハーフはキツいんだよな。異様にアップダウンが多いし。
迷う迷う。ムリしてフルに挑んでモチベーションが下がるより、ハーフがいいか。
うーむうーむうーむ。
ちょうどいい大会がどっかないかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

千葉アクアラインマラソン、落選

レースシーズンになってきた。色んな大会があるものである。
その中で、千葉アクアラインマラソンなる大会を発見。

http://chiba-aqualine-marathon.com

海辺を走るのではなく、海の上を走るマラソンである。これは申し込まねば!
…と、勢い込んで申し込みをしたのが4月。
が、待てど暮らせど当落の通知が来ない。
もう一度HPを見てみたら、自分でSPORTS ENTRYのサイトにアクセスして当落を見に行かないといけないらしい。
で、見てみた。

…落選。

ま、ネットでたまたま見かけてたまたま申し込んだ大会である。落ちたところでどうということはない。
どうということはないが、やはり落選という言葉は気持ちの良くないものである。
あーあ。
でも、ま。いい大会を見つけたのはたしか。来年は気合いを入れて早めに申し込むことにしましょう。
海の上を走るチャンスなんて、滅多にないもんね。
いまは日々、仕事を地道にこなし、時間を見つけて走るのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

16.7kmジョグ

久しぶりの投稿です。

きょうはいちにち家にこもって持ち帰り仕事にいそしむ。
気持ちは焦るが思うように進まない…締切間近の仕事が3つもたまっている。ピンチである。
能率が落ちてきたので、夕方、日が落ちる前に気分転換ジョグ。
16.7kmと、久しぶりのロングランである。
12キロあたりまではキロ5分35秒程度で気持ちよく走れていたが、13キロあたりからペースがだだ下がり。
日が暮れて暗くなり足もへろへろになってきたあたりでジョグ終了。
気分転換ジョグのはずが、疲れて結局仕事は進まず。あーあ。

と、とりあえず今日は寝て、あすがんばるべ…ああ久しぶりの投稿なのに盛り上がらないナリ。
それにしても、走るのは気持ちがいいね。いまの季節、海辺のジョグは最高です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

煮詰まり9キロジョグ

仕事が完全に煮詰まっております。
持ち帰った仕事がまったく進まない。つい家の掃除をしたり、鉢植えの雑草をむしったり。ええ、逃避です。完璧に逃避であります。
どうせ逃避するならと、気分転換を兼ねて9キロほどジョグ。
キロ5分20秒から30秒と、わりと速めのペースで海辺を走る。仕上げに急坂のアップダウンを入れて終了。

お天気はくもり。鉛色の空と鉛色の海。桜の季節を過ぎたのに肌寒い。仕事が進まない罪悪感にはうってつけの日だ。

ジョグから帰ってきて簡単な食事を作って妻と食べ(逃避です)、後片付けをし(逃避です)、つい映画「スターリングラード」を見て(以下略)、英語の練習をし(とほほ)。

さて、逃げ回っていてもしょうがない。
仕事するぞー仕事するぞー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

北下浦ふるさとマラソン10キロレース

北下浦ふるさとマラソンの10キロレースに参加してきた。
苦渋の東京マラソンリタイアから1ヶ月。肉離れもほぼ治り、軽い痛みを残すのみ。
全力で走らねば。

去年がたしか、49分50秒くらいだったはず。
今回、実はスピードトレーニングを2週間ほど前から行っている。
目標タイムは46分。行けるぜ!

・・・と思ったけど。
前半は良かったんですよ。前半は。
最初の1キロはキロ4分36秒のペースで突っ込み、順調に周囲のランナーを追い抜いた。
わりとイケてるウェアのランナーを追い抜くのは快感である。
が。2キロほどであえなく失速。
4キロから6キロ地点まではキロ5分5秒ペース。初速が早かっただけに、たいへんな失速感を味わう。
さっき快調に抜いたランナーたちにみるみる追い抜かれ、前方に走り去っていく。あああ。どうしたことか。
それでもラスト2キロはスパートをかけ、タイムは49分10秒台。
去年より30秒ほど速いタイムでのゴールだった。

あああ。
できればあと3分早めたかった。つか、ゼンゼン練習しなかった昨年とほぼ同タイムって。。。

反省点
1.序盤突っ込みすぎた。オーバーペースで突っ込んで中だるみというありがちなパターン。前半はペースを押さえるべきだった。
2.まだまだトレーニング不足。たかが2週間のスピードトレーニングで結果が出るわけがない。昨年より40秒も速く走れただけでも、トレーニング効果としては十分。
3.確実に年齢は上がっていくんだから、加齢に逆らって維持できただけで良し。むしろ高望みしすぎる方が、故障やモチベーションダウンにつながる。これで良し。これで十分。

てなところでしょうかね。
海のにおいを嗅いで走る良く晴れた10キロレースは最高に気持ちよかった。
来年も走るぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

ビルドアップ走9キロ

けさは9キロジョグ。
ここんところ日の出がどんどん早くなってきている。同時に気温も上がってきている。すっかり春めいてきた。
Img_2716


今朝からウェアを春仕様に変更した。
上は半袖Tシャツ重ね着、下はCW-Xのタイツとショーツだ。
走り出しは寒いけど、走っている内にどんどん暑くなってくる。半袖一枚でもいいくらいだ。

きょうはビルドアップ走に挑戦。
1キロ走るたびにタイムを10秒ずつ上げていく。キロ5分40秒からスタートして、キロ4分50秒までペースアップ。息が続かなくなりそこでストップ。
フルを走るにはまだまだ脚力が足りない。でも、きっとだいじょうぶ。
きちんとトレーニングすれば、いつかもっとずっと早く、ずっと長く走れるようになれる。
先のことを考えすぎないこと。いま目の前の一回のラン、一件の業務、一回のミーティングに集中していこう。

そっちはどうだい うまくやってるかい
こっちはこうさ どうにもならんよ 今んとこはまあ そんな感じなんだ

青春狂走曲/サニーデイ・サービス

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

実録!これが東京マラソンの収容バス車内だ!

東京マラソンは完走率97%を誇る、初心者にもやさしいフルマラソンだ。
が、誰にでも不調はある。不幸にして収容バスに乗せられ、リタイアする参加者も多い。
いままで明かされることのなかった収容バスの車内を今回は紹介したい。

ぼくは26キロ地点でリタイアし、25キロ地点付近の応急所でリタイアを告げた。
リタイアをするのは簡単。付近のスタッフに「リタイアです」と告げればいい。
「あ、そうですか。お疲れさまでした」と返事され、通り一本裏手に案内される。
そこにははとバスの黄色いバスが2,3台待機しており、その一台に案内された。
バスに乗るとき、ミネラルウォーター(東京水とかなんとか言うヤツ)を一本、それに毛布を渡される。
毛布は要らないかな、と思ったが受け取っておいて正解だった。
待っている内に身体がどんどん冷えてくるのだ。
毛布は受け取ること。来年東京マラソンリタイア予定者は肝に銘じておくように。


Img_26615


ぼくがバスに乗った時点では、車内はガラガラ。
毛布にくるまりじっと目を閉じ、しばし休養を取る。そのうちバスが発車するだろうと思っていたが、さっぱり動き出す様子はない。
どうも、関門が閉まるまでは発車しないようだ。ひまである。
そうこうしているうちにどんどん車内に人が入ってくる。先輩(ぼく)は新入りにちらっと目をやるがすぐに目を伏せる。みな無言だ。車内を気まずい沈黙が満たす。
車内前方にはTVが設置され、あろうことか東京マラソンの実況番組を放映している。
次々とビッグサイトにゴールするランナーたちの笑顔、笑顔。それを無言で見守るわれわれ敗残の兵。
あのう。これ、なんかの罰ゲームなんですか。

気まずい。あまりに気まずい沈黙。
それに、ひどく寒い。もともとランニングウェアで薄着の上、冷えた汗で体温が奪われる。毛布にくるまっていても寒い。
ようやく関門が閉まり、脱落者たちがバスに乗り込んでくる。車内はいつの間にか満員になり、補助椅子も必要になる。
喚問終了後20分ほどで、やっとバスが出発。
ほとんど渋滞もなく首都高を通り、15分ほどでビッグサイト裏に到着。よく分からない場所で下ろされ、係員にバナナとミカンとアミノバリューの入った袋を渡される。
裏口からこそこそと手荷物引換所に入り、係員から手荷物を受取る。ここからあとは通常のゴール者といっしょだ。着替えを済ませ、家族との待ち合わせポイントに向かう。

つらいのは、裏手から手荷物引換所に入ったあたりから完走者といっしょになること。
フィニッシャーズタオルをまとい、完走メダルを首から提げた人たちと、下を向いて手荷物引換所に向かうわれわれ。
激しい。あまりにも激しすぎる落差である。
敗残者にもフィニッシャーズタオルと完走メダルをよこせばいいのに、と、不合理なことを考えてしまう。

はとバスの車内は非常に快適でした。シートはふかふかだし、先ほどまで足を引きずっていたのがウソのように楽ちん。が、車内の気まずさが半端ない。
だいじょうぶ。次回から完走すればいいだけの話である。
だいじょうぶだいじょうぶ。は、は、は…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧