« 2022年8月 | トップページ

2022年9月26日 (月)

お散歩カメラにフジフイルム X100V

最近、出かけるときは首からカメラをぶら下げて行くことにしている。

この2年ばかり、気がつけばほとんどの写真はiPhoneで撮影していた。

便利である。以前はピントも今ひとつで階調もそれなりで、カメラと比べるべくもなかった。

でもこの数年のスマホの進歩は著しく、カメラの出番は遠のくばかりであった。

しかし。だがしかし。

やはりカメラ、それもフィルムカメラの色調は何物にも代えがたい。

スマホのレトロ調のデジタル処理ではいかんのである。

そうは言っても、フイルムカメラは手間もお金もかかる。

10本ほどのフィルムを現像処理すると3万円くらいかかる。痛い。フイルムも、1本1600円ほどだ。とても日常的に使える金額ではなくなってしまった。

ではデジタルカメラはどうか。フイルムの質感を最も再現できるデジカメと言えば、やはりフジフイルムである。

レンズ交換式も良いけれど、お散歩カメラに最適なのは一体型。

と言うわけで、いまはX100Vを集中使用している。

 

なんというか、シャープな写真があまり好きじゃないのである。

輪郭が不明瞭だったりどこかピントが甘かったり、そういう写真が好きなのである。

ボケも、ある程度雑な感じが好きなのである。

だから、自分が撮った写真もこんな感じのばかり。

B40bcb2cf3364ea4acea160a01515b0959899000

 

まあ、カメラが好きな人もそうじゃない人も、なんじゃこりゃ?という感じだ。

でもね、いいんです。

自分が好きな写真をお散歩で撮れていれば。

この写真も、壁際の暗いところがイイ。何とも言えずイイ。

日の当たるところが苦手で、どことなく暗がりが好きなのは性分なのかも。

 

てなことで、きょうもカメラをぶら下げて出かけるのであります。

| | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

久しぶりの休日

ここんところほんっとに忙しくて、休日らしい休日がまったくなかった。

たまに休日があっても職場の呼び出しがあったりして、まる一日業務なしという日はなかった。

が、このシルバーウィーク後半の3日間。

なんと、何の予定もなし。職場の呼び出しも、当番に当たらなかった。

完全な休みである。

 

うれしいなー。

 

とりあえずサボっていたジョギングをして、積んで置いた本を取り出して開いて。

喫茶店に出かけてモーニングセットを食べて、ギターの練習もして。

Dscf4735

やー、なんか人間らしい暮らしをしている気がします。いいねー。

 

次いで、前から欲しかったNative Instruments社のMaschine+をいじる。

ハイブリッド型のグルーブマシンの、これは単体でも完結できるバージョン。これさえあればDAWいらず。かも知れない。

DAWだと、立ち上げてプラグインを選んでいるだけで終わってしまうことが多いんだよね。

いつの間にか音楽を作るのではなく、プラグインをいじって音をひねくり回すのが目的になってしまっている。

Maschine+は、単体でいじっているかぎりプラグインが使えない。構成や音選びも小さい液晶モニタ2枚の世界で完結するしかない。

だからかえって音楽に専念できる。はず。

Dscf4740

と言うことで、まずはMaschine+の操作をおぼえるべし。憶えるにはひたすらいじるべし。曲を作るべし。

いやー、休日っていいもんですね。

 

 

| | コメント (0)

2022年9月24日 (土)

インプットとアウトプット

何ごとも、新しいことを身につけるにはインプットとアウトプットが必要だ。

インプットはたいせつ。まず新しい知識や考え方、概念の枠組みなんかを知る必要がある。

けど、インプットだけでは物事は身につかない。

実際にそれを行い、失敗したり成功したりして経験を積まなくてはいけない。

アウトプットで実行した結果の手応えが、さらなるインプットのモチベーションになる。

 

12ステッププログラムも同じだ。

どれだけビッグブックを読んでも、読んだだけでは身につかない。

学んだことを現実の生活で使ってみて初めて、それが役に立つことを知る。あるいは、自分のやり方がまだまだ稚拙だと言うことを知る。

自動車運転でもスノーボードでも新しいパソコンソフトでも、最初はぎこちなく、うまく行かない。

でも使っているうちにそれはどんどん手になじんできて、やがて自分を新しい世界に連れて行ってくれるたいせつなツールになる。

 

ただ、ぼくも含めてアルコホーリクは忍耐力が低い。

少しやってみてうまく行かないと、投げ出してしまう。うまく行かないのは自分のせいではない、プログラムが悪い、自分に合わない、古くさい、などなどさまざまな言い訳をしながら、過去のやり方にしがみつく理由を見つけようとする。

過去のやり方にしがみつけば、その先にあるのはアルコール依存症と言う暗い海だけだ。

そのときに役に立つのは「そのやり方はまちがっているぞ」「死ぬぞ」という脅迫的な警告ではない。

あたたかさや優しさ、回復の楽しさだ。

 

ぼくを回復の入り口に誘ってくれたのは、家族の涙でも脅迫的な職場の上司の言葉でもなかった。

ミーティングで楽しそうに笑い、自分の暗い過去でも率直に、時にユーモアを交えて振り返る仲間の姿だった。

それがあればこそ、ぼくは12ステップを学び、AAのやり方で回復しようと決めた。

とにもかくにもへたくそなアウトプットで12ステップを人生に使おうとトライし、うまく行かなければ学び直すモチベーションを与えてくれたのは先行く仲間だった。

 

AAの書物を読むのも、ミーティングで仲間の話に耳をかたむけるのもインプット。

でも、現実の世界でそれをアウトプットし続けるには、仲間というたいせつな支えが必要だ。

アルコール依存症と言う病から回復し続けるために。

| | コメント (2)

2022年9月19日 (月)

夏の終わり

世間では台風の話題で持ちきりだけど(2022年9月19日現在、勢力の強い台風14号が九州本州直撃)、自分的には夏がなかなか終わらないことが気になる。

今日も台風が接近しているせいなのか、やたら気温が高い。朝から30度近い。

もう9月も下旬だってぇのにねえ。

気温が下がらないと、ランニングがはかどらないのです。来月には東京レガシーハーフマラソンも控えているので、走り込んでおかないといけないんだけど。

あまりに厚くて3キロほどでダウン。うーん、こんなんでハーフ走れるのかな。

 

さて、気温は高いし空は蒼いし、どこまでもどこまでも夏が続いているような気がします。

今年の夏は長いなー。

Img_0780

この夏が永遠に終わらない気がします。

| | コメント (0)

« 2022年8月 | トップページ