« 2020年8月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月30日 (火)

AAのオンライン化、ローナーとホーマー

AAはオンライン化で変わったのだろうか?
ときに自分に問いかけてみる。難しい質問だ。変化した部分もあれば、変化しないままの部分もある、と言うのが正解だろう。
問いを変えてみる。
AAがオンライン化することで、自分は何が変わったのか?
これなら答えやすい。僕の場合、オンライン化のメリットは大きかった。
いま住んでいるあたりにはAAがない。あると言えばあるんだけど、仕事の都合でどうしても参加することができない。
いちばん近いAAミーティングは、高速道路を使って1時間以上。これではさすがに参加はかなわない。仕事が終わってからミーティングに参加して、翌日に響かないように帰って来るという、以前は当たり前だったことができない環境だ。

そういうのをAAの業界ではローナー(Loner)と言う。
Loner: 近所にミーティングがないため、定期的なミーティングに出られない人
https://www.aa.org/assets/en_US/smf-123_en.pdf
ちなみにホーマー(Homer)という人たちもいる。
これは、身体的ハンディキャップのために家から出られず、ミーティングに参加できない人を指す言葉だ。。日本では、たとえAAミーティングに行きたくても身体的なハンディキャップが大きければ、家族の支援なしには参加できないケースがほとんどだろう。
ローナーやホーマーにとって、オンライン化は歓迎すべきことだろう。
オンラインミーティングの是非は議論されて良い。オンライン化に難色を示すメンバーがいてもおかしくない。でも、COVID-19の影響でローナーやホーマーにミーティング参加の道が開けたのは福音ではないだろうか。
もちろん、オンラインミーティングは通常ミーティングとはちがう。
なんと言えば良いのだろうか。良くも悪くもオンラインミーティングは、通常ミーティングのダイジェストといった感じだ。
オンラインで参加する際、通常ミーティングで経験するあの独特の雰囲気を頭に思い浮かべながら、僕はミーティングに参加する。ビッグブックやハンドブックの朗読を、ミーティング場で大勢の仲間が聞き入っている光景を念頭に置きながら聞く。
仲間の話も、どこかオンラインという道具を意識し、一歩引いたような話しぶりが多い。ミーティング場での熱い語り、時には嗚咽しながら感情を吐露する光景は見られない。
それでも、そこにはたしかに仲間がいる。
ミーティングでしか会えない仲間。通常の生活では決して出会うことのできなかった人々。
そう言った人々が集まり、アルコールで痛めつけられた経験を持ち、そこからの回復を目指している。そのために仲間を求め、求められ、人の役に立とうとし、自分の生き方を点検する。
人と人が出会い、経験と力と希望を分かち合う。そのパワーは、ツールはちがっても確実にそこにある。

でもオンラインミーティングのかたわらで、僕は古巣のミーティングにもときどき戻ることにした。生まれ育った町の、僕がアルコールにおぼれてそこからAAに助けてもらった町の、懐かしいミーティング。
オンラインにはオンラインの、会場には会場の良さと不便さがある。
回復し続けたければそれを見すえ、自分に必要なものを求める必要がある。
仲間とともに、歩き続けること。

Img_9035-2

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

ブログ再開、冬の東京の朝

2021年11月29日、冬。
午前5時。東京のホテル。
暗い中で僕は目を覚まし、部屋の灯りをつける。
炭酸水を飲んでスクワットとシットアップを行い、MacBookProの前に座る。
最後にブログの記事を書いてから、長い時間が経った。
色んなことがあった。
変わったこともあるし、変わらないこともある。
やり遂げたこともあるし、手つかずのまま放り投げた課題もある。
そして確実に時間は流れ、僕も周囲の人々も歳を取った。

  20211129-053225   ぼくはいま、日本海側の某県に住んでいる。
アメリカ留学時代の課題は、ついに終わらなかった。
その代わりここで新しい仕事に取り組み、新しい人々と知り合った。
AAに参加する機会はめっきり減ったが、今でも自分はAAメンバーだと—少なくともそうでありたいと—願い続けている。

50代を迎えて体調も変化した。
何もしていないのに肩の不調はおさまらないし、視力も下がってきた。
歳を取ると言うことはきっと、こういう細かい不調が積み重なっていくことなんだろうと思う。
でも変わらないこともたくさんある。
ロックはいまだに大好きだし、新しいことや楽しいことには胸がときめく。
何よりも、AAで学んだ多くのことを日々の暮らしで実践しようと試み、ある程度はうまく行っている。そのことは僕にとって、とても意義のあることだ。
謙虚さや謙遜を学び、意見の食いちがう人たちとも対立せずに相手を理解しようと努めることは、ビジネスの場面でも大いに役立ってきた。
どんなに正しいと思っても、自分の考えはしょせん自分の考えに過ぎない。どんなに正しかろうと、相手には相手の正しさがある。立場の数だけ正しさがあるし、もちろん利害だって食いちがう。
そう思えるようになるにはとても時間がかかった。
でもいちど相手を理解することを第一にしようと決めたら、交渉ごともうまく行くことが多くなった。
多くの場合、相手もガードを下げて協調的になった。
もちろん中には、こちらが相手を尊重してもファイティングポーズを崩さないひともいる。
でも、世の中とはそう言うものなんだろう。相手に腹を立てるのは筋違いだ。なぜなら、自分だってかつてはそうだったのだから。

いまは出張で東京に来ている。久しぶりの関東は天気が良い。日本海側の曇天の冬とはおおちがいだ。空が晴れてて青いだけでうれしくなる。恵まれていると感じる。


さてそろそろ、ウェアに着替えて走りに出かけよう。朝日を浴びてスロージョグに出かけよう。お気に入りのプレイリストは、80年代のヒットソング。きっとこれも、死ぬまで変わらないんだろうな。

と言うわけで、何度目かのブログ再開宣言です。
どこかでまた途切れるかも知れないけれど、気長におつきあいください。

| | コメント (2)

« 2020年8月 | トップページ | 2021年12月 »