« オーストラリアのミーティング | トップページ | オーストラリアの古いホテル »

2015年8月26日 (水)

オーストラリアのミーティング2

オーストラリア、シドニーのAAミーティングの話。
会場は、とあるカフェの地下フロア。カフェの一隅を借りてミーティングをしているのかと思ったら、地下フロアをまるまる占拠してミーティングを開いている。
壁にはスローガン、備え付けの棚にはBBや12&12が何冊も収納されている。
おそらく、一般客には開放しておらず、AAミーティング専用フロアと思われる。すごい。日本でカフェの地下が丸ごとAA専用になっているところなんて聞いたことがない。
少し早めに着いたので、会場チェアマンはじめ数名のメンバーにあいさつ。
みな気さくに話しかけてくれる。

ミーティングに先立ち、ビジターの紹介(ぼくだ)、メダル該当者はいないかというアナウンス、そしてメダルの授与が行われる。
よく聞き取れなかったけれど、3年のメンバーがいたようだ。
この会場では、メダルを参加者が一人ずつぎゅっと握って最後に本人に渡す方式。
お菓子やケーキはナシ。外国はバースデイは質素なところが多いね。

この日はステップミーティング。ステップ5がテーマだ。
12&12の該当箇所をみなで回し読みする。
ぼくも3行だけ読ませてもらう。もう少し読みたかったんだけど、ネイティブの早口英語はハンパない。とてもみなさんのスピードについて行けず、やむなく3行でストップ。
司会の方のご指名で、ぼくも3番目に話す。
スポンサーのことや棚卸しのこと、自分が変われたことなどを話したかったんだけど、どうしても英語がすらっと出てこない。
言いたいことの半分も言えずに持ち時間の5分が終了。
(そう、この会場、一人およそ5分以内で話すよう最初にアナウンスがあるんです)

ほかのメンバーの話は、スミマセン、ワタクシの英語力ではあんまり分かりませんでした。
ちなみにオーストラリアは独特のローカルアクセントがあって、ちょっと聞きづらい。
Aは「アイ」と読むのね。AAは「アイアイ」。お猿さんかっていう。

暖かくてホッとする雰囲気は、日本と変わらず。
違う点と言えば、一人5分制とか華美なバースデイはやらないとか、合理的なところか。
最後にシドニーのAA機関誌をもらって帰ってきました。

Img_1179


Img_1180

そう言えば「海外にはプレアンブル(序文)はないんだ」と言う話を前に聞いたことがあるけど、おお、ちゃんと機関誌の裏には書いてあったぞ。

|

« オーストラリアのミーティング | トップページ | オーストラリアの古いホテル »

コメント

カフェのワンフロアまるまる、ミーティング会場というのはすごいですね。日本でも教会、公民館、病院以外でもっと会場ができるといいですね。
バースデーのメダル、一度アメリカの自助グループのミーティングでもらったことがありますが、その時もやはりメンバーが一人ずつギュッとパワーを込めて渡してくれました。メダルがまわっている間、「どうやってソーバーをキープしたか、教えてくれないか」と聞かれ、それをしどろもどろで答えたのがいい思い出です。おもしろいなと思いました。

投稿: kana | 2015年9月 6日 (日) 18:02

kanaさん

返信が遅れました。コメントありがとうございます。
日本のAAでもカフェのワンフロアとかでできたら、きっといいでしょうねー。新しい仲間も増えそう。
メダルやバースデイは、アメリカはじめ、諸国でいろんなやり方があるみたいですね。日本でもグループによってちがうんだから、世界規模で見ればホント千差万別でしょうねー。
「印象に残ったバースデイミーティング」「世界ビックリメダル習慣」とか、BOX-916で特集をやってくれないかしらん。

投稿: カオル | 2015年9月21日 (月) 08:56

おもしろバースデー、いいですね。
でもきっと着ぐるみバースデーがダントツですよ。(笑)

投稿: kana | 2015年9月24日 (木) 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/62160422

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアのミーティング2:

« オーストラリアのミーティング | トップページ | オーストラリアの古いホテル »