« PASMO壊れる | トップページ | 回復の定義とは »

2015年3月11日 (水)

震災4年目に

きのうあたりから体調が悪い。低気圧が近づいて急に寒くなったせいもあるけれど、震災のことをいろいろ思い出すせいもある。
東日本大震災から今日で丸4年が経った。

震災を機に、色んなことが変わった。個人的に震災は人生の転換点になったように思う。
たぶん、あの地震がなかったらぼくはいまも福島にいて同じ職場で同じ仕事をしていたと思う。
震災をきっかけに、ぼくは職場を変える決心をした。
結果的に、職場を変えたことは大きなチャンスになった。仕事の面でもぼく個人の内面的な面でも、新しい局面を迎えることにつながった。
でも震災当初はそんなことは分からなかった。放射能のことも気になっていたが、いちばん強く感じたことは当時の職場へのフラストレーションだった。震災は、色んなものを壊した。色んなものをむき出しにした。ぼくが当時の職場で感じていた限界、仕事場の矛盾を否応なしにむき出しにした。
ある意味、職場の矛盾に目をつぶる限界が近かったんだと思う。
でも震災がなかったら、ぼくはいまも同じ職場で同じフラストレーションを感じて働いていただろう。転機を迎えることはなかったろう。
震災直後のあの何とも言えない空気が、ぼくに決心を促したんだと思う。

こうして書いていても、4年前のことは生々しく憶えている。
憶えているんだけど、あのころの空気はうまく書くことができない。
不安、おそれ、いらだち、先の見えない状況、いやになるほど繰り返される公共広告機構のCM、ガソリンの枯渇、全壊した職場の異様な姿。
何度も余震が襲ってきて、地震酔いで慢性的な不眠が続いた。
そうそう、AAミーティングはクリニックの先生の協力と仲間の熱意で早々に再開したっけ。ミーティングも、どこかざらっとした非日常の感覚に満ちていた。仲間と給水情報や支援物資配布情報、スーパーの再開情報なんかを交換したっけ。
振り返ると、あの日々が自分のターニングポイントだったんだと思う。

|

« PASMO壊れる | トップページ | 回復の定義とは »

コメント

良きにつけ、悪しきにつけ、あの震災はいろいろなきっかけだったんだろうと思います。自分は、震災がきっかけで、自分の病気に気が付きました。

震災の1ヶ月後に初めてクリニックに行くことになるわけです。当時を思い返すと、震災という空気から自分はフェイドアウトしていたようなことを思い出します。

投稿: とおる | 2015年3月11日 (水) 23:01

とおるさんは震災後にAAに来たんでしたっけ。なんだかずいぶん前からいるような気がしていました。
震災の体験はひとそれぞれだったと思います。筆舌に尽くしがたい体験をした方もいれば、われわれのように内陸部にいて何とも表現しがたい空気を感じていた人も多いでしょう。
われわれ自身の体験を忘れないことがたいせつなんじゃないかと思うのであります。

投稿: カオル | 2015年3月12日 (木) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/61265739

この記事へのトラックバック一覧です: 震災4年目に:

« PASMO壊れる | トップページ | 回復の定義とは »