« シアトルのAAその2 | トップページ | シアトルのAAその4 »

2014年6月30日 (月)

シアトルのAAその3

ジョン・Wとともにリカバリー・カフェに戻る。
16時のミーティングは、いつも30名近くのメンバーが集まるという。果たして、会場に戻ったときは10名以上の仲間が集まっていた。
人種、年齢、性別みなさまざまだが、総じて若い印象だ。日本のAAが40代、50代が中心なのに対し、シアトルのAAは平均年齢が10歳若い印象を持った。ジョン・Wにせよおそらく30代後半から40代はじめといったところだろう。
ミーティングが始まる。今度はジョンではなく、別の仲間がセクレタリだ。さっきまでミーティングを取り仕切っていたジョンは、いまは片隅の椅子に座って一メンバーに徹している。
セクレタリが序文を読み上げる。3章、5章の抜き書き(日本のハンドブックと同じ箇所だ)をフロアメンバーが読む。
シアトル以外から来たメンバーは?
ぼくともう1人が手を上げ、自己紹介をする。日本から来たというと拍手と歓声が沸き上がる。
ソーバーが短い仲間は?
次々と手が上がる。きょうで48時間です。拍手と歓声。きょうで1週間です。拍手。きょうで20日です。拍手。
日本だとソーバーの浅いメンバーはもじもじして手を上げないことが多い。でもさすが米国、自己主張の国。とぎれなく手が上がる。

仲間の話が始まる。
一人が話し終えると、語尾を引き取るように次のメンバーが話し始める。あうんの呼吸と言ったところだ。司会が次のスピーチをうながすことはほとんどない。
内容によっては、みなが話の途中で拍手したり、口笛を鳴らしたり、とにかくポジティブな感情表現が豊かだ。話の内容も明るい話題が多い。もちろん悲惨な内容だってあるんだけど、明るいノリで話すために愁嘆場の雰囲気は皆無だ。この辺、割と暗いノリが多い日本のAAとは大いにちがう部分である。
肝心のスピーチの内容は、聞き取れないことが多くてよく分からなかった。まだまだ英語力が低いのを痛感する。まあ、日本のAAミーティングでも筋がよく分からない話は多いんだけどね。
ぼくも途中で話をする。棚卸しの話と、世界中に自分の行くべきミーティングがあるってのはすばらしいって話。たどたどしい英語だったけど、大きな拍手と喝采を得た。うれしいです。

ミーティングの最後、全員でハンドチェーン。平安の祈りと、Keep Coming Back. It Works, If You Work It. だったかな、を唱える。
献金バスケットに載ったスポンサー一覧表が回ってくるのもさっきと同じ。スポンシー募集者の挙手を募るのも同じ。
日本からのツーリストと言うことでミーティング後にいろいろ話しかけられるかなと思ったが、終了後はみな「じゃ」って感じでさっさと引き上げていった。この辺は日本と同じ。

日本との違いは、全体にダイナミックだと言うこと。
うぉーとかいぇーとか拍手とか、リアクションが豊かだ。全員が黙って下を向いているなんてことはない。また、スピーチの時は大きな声ではっきりと話すメンバーが多い。ソーバーが1ヶ月未満の仲間でもそうだ。国民性か、はたまたAAのスピリットが行き渡っているせいか。
逆に言えば「壊れていない」感じのメンバーが多い。日本だとニューカマーは「ああ、この人はまだお酒が止まったばかりで頭がぼーっとしているんだろうな」って印象を持つことが多いが、シアトルではソーバーの浅い仲間でもそういう印象はなかった。なぜなんだろう?
もうひとつは、スポンサーシップの徹底ぶり。ニューカマーにはこれでもかとスポンサーの案内がある。
壁にスポンサー希望者リストが貼られ、ミーティング半ばでリストがバスケットに入れて回され、最後にスポンシー募集者の挙手があり、セクレタリからニューカマーに個別に声かけがある。
見方を変えれば12番目のステップという目的意識がはっきりしている。

総じて、日本のAAにありがちな「遠慮がち」というムードはなかった。多分に国民性とかアメリカ人ノリの影響も大きいんだろうけど。
でもきっと、「AAは暗いから行きたくない」と言われることはないだろうな。あの明るいノリだったら。

シアトルのAA、あと1回だけ続く。

|

« シアトルのAAその2 | トップページ | シアトルのAAその4 »

コメント

明るい雰囲気がいいですね…
とかく 日本のAAは暗いですからね…。
笑いは回復に必要ですし、スポンサーシップは日本とは 比較になりませんね(⌒~⌒)

投稿: ADHDのアポ | 2014年7月 3日 (木) 11:58

アポさん

国民性もあると思うんです。シアトルは信号待ちで並んだとなりの人からも話しかけられる街ですし。
アメリカにはアメリカの、日本には日本の良さがあると思います。
でもこういう陽気さ、笑いはうらやましいですね。

投稿: カオル | 2014年7月 3日 (木) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/59903285

この記事へのトラックバック一覧です: シアトルのAAその3:

« シアトルのAAその2 | トップページ | シアトルのAAその4 »