« 東京マラソン2014、痛恨のリタイア | トップページ | egword universal 2 egbridge Universal 2 アップデータ »

2014年3月 3日 (月)

フジロック2014、ウォーターボーイズの来日

フジロックの出演アーティスト第一弾が発表になった。

FUJI ROCK FESTIVAL '14|フジロックフェスティバル '14

目玉はカニエ・ウェスト、ジャック・ジョンソン、フランツ・フェルディナンド、ベースメント・ジャックス、マニック・ストリート・プリーチャーズ。
うーん。
どうもそそられない。ベースメント・ジャックスは以前にクロージングに出演して、楽しいライブを披露してくれた。
フランツ・フェルディナンドも中堅に成長して、タイトなサウンドを聴かせてくれると思う。
しかしヘッドライナーはカニエ・ウェスト。正直、あまり興味がない。

今年のフジはどうしようかな。
仕事も立て込んでいるし、このラインナップだったら行かなくてもいいかな。夏休みをまるまる使っちゃうし。
どれ、目玉アーティスト以外もざっと目を通してみるか。
あんまり知っている人がいないな。ザ・ストライプス。おお、なかなかいいかな。ケミスツ。一回見ておきたいアーティストだけど、やや小粒かな。
やっぱり今年のフジは見送りで…

…ん?
ウォーターボーイズ?
ウォーターボーイズって、マイク・スコット率いるウォーターボーイズ?
マジですかっ?!
フジHPのアーティスト写真を見る。まちがいない。ウェービーな金髪、内向的な横顔、まぎれもないマイク・スコットである。
「自由への航海」をレコードの溝がすり切れるほど聴いた、あのウォーターボーイズである。
うぉぉぉぉっっ!これは行くしかっ!!
個人的には最大級のヘッドライナーである。
大トリ級のバンドである(あくまで個人的には)。
言うまでもないが「自由への航海」は名アルバムである。
一曲目、Don’t bang the drumにノックアウトされ、二曲目のwhole of the moonで独特の世界観に浸り、3曲目のspiritで魂のあり方に思いを寄せ、A面ラストの「pan within」で感動に言葉を失う。
あのウォーターボーイズである。
これはもう行くしかないですよ。
フジに行くと言うより、ウォーターボーイズのライブを見に行く。マイク・スコットの現在進行形を目撃しに行く。
80年代のフールズ・メイト読者たちがおおぜい詰めかけるだろう。楽しみだぜ。

|

« 東京マラソン2014、痛恨のリタイア | トップページ | egword universal 2 egbridge Universal 2 アップデータ »

コメント

カオルさーん!行くしかないですよ!!というか、フランツ・フェルディナンドとストライプスだけでも堪らないですね(^^)

しかも私がこよなく愛してやまないジャック・ジョンソン(>_<)素敵だ素敵過ぎます!!

投稿: とおる | 2014年3月 3日 (月) 23:09

とおるさん

おお!その辺好きでしたか。若いっすねー(^_^)
ぼくも行きたいですが、うーん悩み中です。
思い切って行っちゃおうかしら。

投稿: カオル | 2014年3月 4日 (火) 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/59229825

この記事へのトラックバック一覧です: フジロック2014、ウォーターボーイズの来日:

« 東京マラソン2014、痛恨のリタイア | トップページ | egword universal 2 egbridge Universal 2 アップデータ »