« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月24日 (月)

東京マラソン2014、痛恨のリタイア

東京マラソン2014、終了。
残念ながら、今回は26キロ地点のリタイアである。
悔しい。残念だ。
もう悔やんでも悔やんでも悔やみきれない。
もう少しがんばれたのではないかという思いと、トレーニング不足を悔やむ気持ちと、ベストを尽くしたんだから仕方ないという考えが、いまだに頭に渦巻いている。
わが人生初のフルマラソンリタイア。

そもそも、今回は1月末の8キロ弱ジョグを最後に、それ以降はまったく走っていなかった。
1月の走行距離は78キロ。
12月まではそれなりに20キロ台のロング走もこなしていたんだけど、年明け以降は完全にトレーニング不足。
走り始める前からイヤな予感はしていた。
まったく自信がなかったし、出走取りやめも検討していたくらいビビっていた。
前日はプレッシャーから完全に寝不足。
しかも夜中に気持ちが悪くなり、トイレで吐いてしまうと言う神経過敏状態で朝を迎えた。
朝食もろくに摂れずスタートラインに並ぶ。
楽しそうなDJのアナウンスも森喜朗氏のあいさつも、まったく耳に入らない。緊張とプレッシャーでつぶれそうである。

スタート後、とにかくペースを上げすぎないようにだけ気をつける。
5キロ付近で4時間半のペースメーカーたちと出会ったので、以後は彼らにくっついていくことにした。
10キロを過ぎたあたりでいったん調子が良くなる。
Nike+の音楽がELLEGARDENに変わり、ふとペースを上げられるような気がした。4時間半のペースメーカーたちを飛び越して前に出る。これが良くなかった。

15キロあたりから左の太ももの後面が痛くなってきた。いわゆるハムストリングという部位だ。
たいていの不調はペースを落として1,2キロも走れば治まる。が、何せ気持ちが焦っているので思うようにペースが落とせない。ペースを落としては痛みが和らぎ、あせってすぐペースを上げて痛みが増すの繰り返し。
完全に肉離れである。かばって走っている内に、ふとももの全面までけいれんが始まった。結局、20キロ過ぎから完全に歩きに。
無数のランナーが追い越していく。気持ちは焦るが足が動かない。
それでも26キロ地点までは這うように進む。が、そこが限界だった。

身体が壊れても痛みに耐えてゴールを目指すか。
走れないと結論が出た時点でリタイアするか。
迷ったが、ぼくは後者を選んだ。

フルマラソンは、誰でも完走できる競技だ。
適切なトレーニングを、淡々と積み上げる。それができればOKだ。
逆に言えば、やるべきことをやっていなければ完走はできない。42.195キロは、昔取った杵柄では走りきれないのである。

大雪。業務多忙。出張。言い訳はできるけど、フルマラソンの準備が不足し、結果、完走できなかった。
その事実は受け止めるしかない。

悔しいか?悔しい。すごく悔しい。
いやな気分か?もちろん。
もうマラソンなんてあきらめるか?とんでもない。
ここからが踏ん張りどころ、ここからがスタートである。
人生は、負けるから楽しい。毎回大成功なんて、おもしろくも何ともない。
さあて。リターンマッチはどのレースにしようかな。倍返しだ!(古いね)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

フジロック、早割り申し込み忘れ

例年申し込んでいるフジロックの早割りチケット。
今年は、申込をすっかり忘れていた。
ガーン。
早割の受け付けが始まっていたのは知っていたのよ。でも、まだ余裕があるだろうと思っていたらいつの間にか期日を過ぎてしまった。
とほほ。フジの早割り、今まで忘れたことはなかった。ような気がする。
今年はどうしちゃったんだろう。ロック魂が失せてしまったんだろうか。
そう言えば最近ギターもさわってないしなー。
あああ。トシなのか?!加齢現象なのか?!加齢にともなう意欲低下なのか?!

いかん、昨日に引き続いて泣き言第二弾になってしまう。
これもきっと、神さまの計画通りなんだろう。
うむ!これでよし!
神の意図を知ることと、それを実践する力だけを求めればよし!

…まあ、SMASH有料会員特別枠にすっかり期待しちゃっているってのはあるんですけどね。
いかんな。緊張感がなくなってきているな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

東京マラソンの懊悩

東京マラソン、いよいよ3日後になってしまった。
2月はゼンゼン走っていない。大雪、仕事。
いろいろあったが走っていないことはまちがいない。
トレーニング不足。胸を張って言える。
( ̄^ ̄)えっへん
こんなんで走れるのか?走って良いのか?完走できるのか?
20キロがせいぜいじゃないのか?
練習不足でフル走ったら、また熱を出して仕事を休むんじゃないのか?
うーんうーん。
悩むー悩むー。懊悩。煩悶。苦悶。思案投げ首。
どうしたもんかー。
プランA。出走中止。引き返す勇気も大事。翌日も仕事なんだから体調優先。
プランB。がんばって走る。やるだけやってみる。力尽きたらリタイアする。

うーんうーん。
恐れる。ビビる。悩む。
か、神さま、どないしたらええでしょう。
「知るか。わがで決めっせ」
そ、そうですかー。うーんうーん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

ジム・モリソンとステップ6,7

you can petition the Lord with prayer?
you can petition the Lord with prayer?
you can petition the Lord with prayer?
you can NOT petition the Lord with prayer.

ジム・モリソンの強烈なつぶやきとシャウトで始まるドアーズの組曲、soft parade.
祈りによって神に誓願できるか?と三度つぶやいたのち、祈りによって神に誓願する事なんてできない、という凄絶な雄叫びが響く。
ぼくの大好きな曲の一つだ。
祈り、神という言葉をちりばめたこの曲。
ジム・モリソンは当時流行だったヨガや瞑想などに興味があり、祈りや黙想の有効性はそれなりに認めていたはずだ。
この叫びの意味は何だろう。単に挑発的、反社会的なフレーズを繰り出したかっただけなのだろうか。

ぼく個人としては、祈りと黙想はとても必要なことだ。
日々の棚卸しを行い、自分が霊的な成長の路線から外れていないか点検する。
自分の日々の過ちを点検し、良かった事も悪かったことも認め、手放せるように祈る。
神の意志を知ること、そして自分の意思ではなく神の意志が行われるように祈る。
でも、それだけではやっぱり足りない。
行動が伴わなければ、何も変わらない。

ジム・モリソンは反逆者だった。
社会にたてつき、世の常識に刃向かい、権威で自分たちを抑圧するものを挑発した。
彼にとって、神の代弁者を名乗りながら権威を振りかざす教会や聖職者は唾棄すべき権力、欺瞞の象徴だったんだろうと思う。
反面、「祈りでは」神に誓願できないと叫ぶ彼は、祈り以外の何かで神さま、あるいは自分を越えた力とのつながりを求めていたんじゃないだろうか。

12ステップは行動のプログラムだ。
日々ステップを使って生きていくのは、それなりに骨が折れる。
短所を取りのぞいてくださいと謙虚に神に求めつつ生きていくためには、絶えず膨張しようとする自我を見つめ、戦わなくてはいけない。
そうしないと自我はあっという間にふくれあがり、高慢で思い上がった自己正当化のかたまりになってしまう。
でもステップの提案に従って行動すると、かならず成果が得られる。
たとえばいやな相手を屈服させたい、自分が他人より優れていることを証明したいという気持ちを抑えることができたとき、われわれは少しだけ神の意志を知ることができる。
エゴを縮小させた分、より良い調和的な考え方が入ってくる。
ぼくはそれが好きだ。12ステッププログラムがもたらす考え方、生き方が気に入っている。
だからいまもステップを使って生きていこうとしているんだと思う。

ジム・モリソンの強烈なシャウト。
欺瞞やエゴ、狭隘さを越えて、人間のいやな側面の向こう側、もっと大きな力がもたらすものを知りたいと、きっと彼も願っていたんじゃないだろうか。
やっぱりステップ6,7だね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

またしても大雪

大雪である。
先週に引き続き、またまたどっさりと積もった。
ジョギングどころの話じゃない。せっかく週末はしっかり走ろうと思っていたのに…
ああ、こんなことなら平日に頑張って早起きして走れば良かった。後悔先に立たず。とほほ。

しかし、来週の東京マラソン、ほんとうにだいじょうぶなのかな。
よっぽど道路状況が悪くなければ開催するんだろうけど、あまり悪天候だとつらいなー。気温が低すぎると歩きが入ったときに厳しそうだし。
リタイヤの方法を予習しておこうっと。超弱気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

いきおい重視

最近、仕事の大半を「いきおい」でこなしている。
下調べとか準備とか、そういう作業は抜き。必要な下調べや準備は、詰まった段階で行う。
昔から「段取り八分」と言う言葉がある。事前の準備、段取りが業務進行の成否を決めるという意味だ。
ぼくは昔からこの言葉の忠実な信奉者で、可能な限りの準備を整えてから仕事に取りかかっていた。
それは分かっているんだけどいまの自分の場合、段取りに手間取っているとそこどんどん煮詰まっちゃって、まごまごしている間にほかの案件がどんどん入り込み、結局進まなくなっちゃう。

取りあえず、やる。
プレゼンも文書も、いきなりとりかかる。内容がまったく思いつかなくても、タイトルだけでも入れる。ちょっとでもアイディアが出たら、クオリティがどうとか考えずにどんどん放り込む。
前に作った文書のコピペでも気にしない。
もちろん初めの方はめちゃくちゃだけど、そのうち内容がまとまってくる。めちゃくちゃな部分はあとで手を入れれば良い。
クオリティを犠牲にして量とスピードを優先している気もするけど、仕事のクオリティなんて数年もすれば変わるのである。
数年前に仕上げた文書やプレゼンを見ると、クオリティの低さにがっかりする。数年経てばそんなもんだ。

てなことで、朝の6時に起きて仕事。
晩ご飯を食べたあとも文書作成。いきおい重視でがんがん行くのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

東京マラソン、今回はダメかも

いよいよ東京マラソンが一週間後に迫った。
今年はダメかもしんない。ゼンゼン練習していないんだもん。
言い訳はよくない。よくないがちょびっとだけ説明させて欲しい。
だってさ、忙しかったんだもん。1月からこっち、家に持ち帰って仕事やってる状態。朝も6時起きでMacに向かい文書作成に励む日々。なのにちっとも仕事が減らない。
むうー。

てなことで、2月に入ってからはまったく走っていない状態です。はっはっは。
後半歩きは確定ね。でもいいの。棄権はしません。
ビビってここで参加をあきらめたら、それこそモチベーションが下がっちゃうからね。
歩きが入るなら入る。無様なタイムでも受け入れる。
今の自分にできるベストを尽くしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

大雪でコマッタ

きょうは大雪である。
神奈川に来てこんなに雪が降るのは初めて。降るというか、暴風雪。ブリザードが荒れ狂っている。
現在、暴風雪警報、大雪警報、波浪警報の3警報が出ている。
仕事が休みで良かった。外になんてとても出られない。
さっきから瞬間的な停電がずっと続いている。そのたびに光モデムやAirMacが再起動するんでネットの接続が不安定で仕方ない。
本格的に停電するかも。ああなんか災害っぽい。
うーんうーん、受け入れる落ち着きを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »