« 甘いもの依存症 | トップページ | 東北関東ツアー驀進中の巻(歌詞つき) »

2014年1月13日 (月)

APSフィルムがいよいよ終焉を迎える。さよならCONTAX TiX

マイフェイバリットカメラ、CONTAX TiX。
今まで何回か紹介してきた。写りの良さ、ボケの美しさ、線の太い描画が気に入って、よく使っている。
いや、よく使っていた。
最近、APSフィルムの手持ちが心細くなり、すっかり出番がなくなってしまった。いまも棚の上に眠っている。
そう言えば、APSフィルムの相場はどうなっているんだろう。

ヤフオクを調べて驚いた。なんと、APSフィルム一本で1000円が相場になっている。
とうに期限が切れているのはまだ安いが、2014年3月に期限切れを迎える富士フイルムNEXIA400、25枚撮りはたいがい一本1,000円だ。
しばらく前に調べたときの倍になっている。
一コマ40円。うーむ。
いまAPSフィルムを高値につり上げているのは、APSにこだわりのあるファン層か転売屋か、どちらかだろう。
たぶん転売屋は、買い占めたAPSフィルムを高値で小出しにオークションに流し続けると思われる。
悔しいが、APSフィルムカメラは一部の好事家の趣味になってしまった。
日常的にがんがん撮って楽しむカメラではなくなってしまった。
ああ、惜しい。惜しいなあ。CONTAX TiX、好きだったんだけどなあ。
富士フイルムさん、生産再開してくれないかしら。一本500円程度でも、こぞって購入するマニアは大勢いると思うんだけどな。ぼくを含めて。

ということで、TiXで撮った写真を何枚か。まずは2009年に沖縄に行ったときのもの。
Fh010031

それから、福島に住んでいたころに撮ったご近所写真。白鳥はなぜか、郊外の田んぼにたくさん泳いでいた。
同じような写真で申し訳ないんだけど、空や雲の絶妙の粒子感がたまらなく好きなんだよね。ぜひアップで見てください。
さよならTiX…。゚(゚´Д`゚)゚。

Fh000010


Fh000015


Fh000004

|

« 甘いもの依存症 | トップページ | 東北関東ツアー驀進中の巻(歌詞つき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/58930076

この記事へのトラックバック一覧です: APSフィルムがいよいよ終焉を迎える。さよならCONTAX TiX:

« 甘いもの依存症 | トップページ | 東北関東ツアー驀進中の巻(歌詞つき) »