« 奪われるだけ | トップページ | 東京マラソン2014、エントリー完了 »

2013年7月 1日 (月)

ATOK2013に乗り換え

マイMacBookAirちゃんの日本語入力はかわせみを使っていた。軽くて使い勝手がよく、ことえりより頭が良い。が、ここ最近の変換精度のひどさは目を覆わんばかりだった。このブログをお読みの方も、誤字がときどき紛れ込んでいるのにお気づきかと思う。もちろん気がつくたびに修正しているんだけど、入力ソフトの誤変換に気がつかずに書き進めてしまうことも多い。勢いがついて文章を書いているときはなおさらだ。軽量ソフトの悲しさ、先読み変換や前後のつながりの矛盾までは指摘してくれない。
今回、ATOKのマック版がバージョンアップした。良い機会だと思い、思い切ってことえりから乗り換えることにした。
乗り換えに当たっていちばん心配だったのは、変換の重さ。以前はATOKユーザだったが、とにかく重たかった。通常辞書だけ使っている分には問題なかったが、ATOKの売りである豊富な辞書機能を使い始めるといきなり重たくなる。まともに文章が打てなくなるのでなくなくかわせみに乗り換えたのである。
さて、今回。
結論から言うと、とてもとてもよいです。変換精度がとても高い。文章の矛盾を指摘してくれる。さらにiTunesに取り込んである単語を自動的に読み込んでくれるiTunes変換なる機能も搭載。
「アメ横女学園芸能コース」みたいな面倒くさい単語だって最初の数文字を確定してコマンド+Tですぐに入力できる。これは便利。

130701atok01

心配だった重たい辞書機能もストレスなし。さくさくとスムーズに変換したり補助表示を出してくれたりする。タトゥーと入力すればt.A.T.u.から入れ墨の説明文まで表示してくれる。すごく簡単。手軽。使いやすい。
130701atok02

単に変換するだけのIMではなく、和英、英和、大辞林や大辞泉などの辞書も取り込んだ総合入力支援ソフトに変貌した印象だ。まさに入力支援ソフトというより、思考支援ソフトといっても良いかもしれない。これでブログもまめに更新できるぜ!(言い訳)

|

« 奪われるだけ | トップページ | 東京マラソン2014、エントリー完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/57703633

この記事へのトラックバック一覧です: ATOK2013に乗り換え:

« 奪われるだけ | トップページ | 東京マラソン2014、エントリー完了 »