« greenroomフェス1日目 | トップページ | 桜木町駅前のバンド »

2013年5月23日 (木)

飲酒夢

久しぶりに飲酒する夢を見た。再飲酒しかけている夢だ。
ぼくは見知らぬ海辺の町でホテルを借りている。ぼくはそこに大量のウイスキー、食料、ビデオゲームその他が用意している。2、3日家を空ける予定ができたと、さりげなく妻に嘘をつく。
ぼくは酒を飲むためにホテルに向かう。頭に浮かぶのは、嘘がばれるんじゃないかということばかりだ。飲酒すればどうなるか、誰を傷つけ、何をどれだけ失うかについてはまったく頭に浮かばない。連続飲酒が終わったあとのことはいっさい考えられない。
どこかで声がきこえる。まずいんじゃないか。取り返しがつかないんじゃないか。でも酒への期待に抗えない。ぼくは巧妙な嘘をつき、妻をだまし、それを自覚しながら、酒瓶が待つホテルへ急いでいる。

そこで目が覚めた。
枕元をまさぐって、酒瓶がないことを確認する。しばらく夢と現実の境目が見つからない。夢だと知り、安堵する。でも、こうも思う。

飲む寸前だった。

何年経っても、あのイヤな感覚は忘れない。忘れようがない。いちど渇望が頭を支配してしまえば、周到な嘘をつくことも、自分の人生で積み上げたものを捨て去ることも、いとも簡単にできてしまう。それがアルコホリズムであり、渇望なんだと思う。
さて、ミーティングに行きましょうか。

|

« greenroomフェス1日目 | トップページ | 桜木町駅前のバンド »

コメント

 焦りますよね。夢でも。自分はこの前見たとき、死んで詫びるしかないと思いました。ということは、実際飲んだら、死ぬ方向に向かうんだろうと感じ、病気も進行してんのかなとも思いました。

 ただ、飲酒の夢も、忘れるなって神様が言ってるのかもしれないし、手を出してないからこそ見るのかもしれないですよね。

 飲んだら、死ぬかもしれないし、生きていても、大きな後悔が待っているのに、手を出してしまう、本当に怖いですね。

投稿: とおる | 2013年5月23日 (木) 18:55

とおるさん

とおるさんも見ましたか!
飲酒夢は、忘れそうになる飲酒危機への警告だと思っています。
無意識がそうさせているのか、あるいは神さまなのか。
ときどき飲酒夢を見て「ああこわかった」と胸をなで下ろす。
われわれはスリリングな日々を送っていますね(´∀`)

投稿: カオル | 2013年5月24日 (金) 23:08

お酒を飲む夢は、見た方がいいと アルコール専門病院の看護師が言っておりました。
アルコールから逃げたい人が見るみたいですよ。
ぼくも、ときどき 飲酒の夢は見ます。

投稿: アポ | 2013年6月 9日 (日) 07:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/57443601

この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒夢:

« greenroomフェス1日目 | トップページ | 桜木町駅前のバンド »