« High functioning alcoholicとは?(映画「フライト」感想2) | トップページ | 12キロジョグ »

2013年4月22日 (月)

映画「フライト」主人公はクズ野郎か?(映画フライトAA的感想3、ネタバレあり)

デンゼル・ワシントン主演「フライト」感想、3回め。しつこくてすみません。これで最後です。
今回は映画のクライマックスについても触れますので、未見の方はご注意を。

ネットで感想を拾っていると、主人公のクズ野郎っぷりに共感できず、またそのクズ野郎がなぜクライマックス以降に激変したかが理解できない、という意見が散見された。
周囲のAAメンバーに感想を聞くと、とくに主人公が並みはずれたクズだという意見はない。またクライマックスとその後の変化も、AA的にはすんなり理解できるという意見が多かった。

では、主人公の言動のどの辺がクズの評価を生むのか。

・フライト前に飲酒。フライト中も飲酒。水平飛行中にお昼寝。
・事故を生き延びたスチュワーデスや副操縦士に「酒の問題を言わないでくれ」と頼んでまわる。
・依存症の回復を手助けしようとする新しい恋人に罵声を浴びせ、暴力的な言動をふるう。
・弁護士など、手助けしようとする関係者にも対決的で暴力的な言動を繰り返す。
・いちばん酔っぱらってはいけないときに最悪の泥酔状態になる。
・飲まない約束を守れない。自分でもいったん酒を捨てるのに、直後に浴びるほど飲む。
・飲酒運転を繰り返す。
・離婚した妻子のところに泥酔して押しかけて嫌がらせをする。

…。すみません。やっぱりクズ野郎のような気がしてきました(笑)。
とくに、離婚した妻子を訪れる場面。酔っているのを元妻に指摘されると
「17秒でーす!みなさん、元妻が英雄のぼくの飲酒を非難するのに、たった17秒しかかかりませんでしたー!」と叫ぶ場面。リアルすぎ。中学生かオマエはっていう。ぼくも飲んでいたころ、おなじような言動をとった記憶がある。ああ恥ずかしい。思い出しても顔から火が出る。

このへんの言動を「依存症のエピソード」と取るか「クズ(人格の問題)」と取るかで、主人公に対する評価が180度変わる。
アルコホリクとして言わせていただければ、主人公は自分の飲酒問題をじゅうぶんに認識している。認識しているから、否認の心理機制がはたらく。事故の直後、まだ誰にも飲酒問題を指摘されないうちに主人公は自宅の酒をすべて捨てて飲酒をやめようと決意する。彼は飲酒問題を自覚していたのだ。
自覚していたからこそ、他人にそれを指摘されるとひどく傷つき、怒る。AAに行っても自分のことを非難されているように感じ、いたたまれず席を立つ。恋人を傷つける言動も、いちばん触れてほしくない飲酒問題を指摘されたからだ。自覚していたから、その問題の発覚を誰よりもおそれ、隠ぺいを懇願した。
なんとか自力でやめよう、コントロールしようとし、それができないとなると自棄的になり、飲酒運転も酔っての訪問もしでかす。酒が入っているので感情の振れ幅が大きくなり、怒りっぽくなり、他人をひどく傷つけてしまう。前にも書いたけど、この辺の描写は非常にリアルである。アル中本人が言っているんだからまちがいない。脚本家本人あるいは制作サイドにアルコホーリク本人がいたのではないだろうか。

AAでも断酒会でも、この手のエピソードはいくらでも聞ける。つか、そんなのばっかりである。逆に言えば、アルコホーリクの言動、周囲との関係破綻の物語はワンパターンだ。とくに「お酒を止めて」という言葉に、飲んでるアルコホーリクは敏感に反応する。激高する。洋の東西、HFA典型アル中問わず、飲酒に関する罪悪感でこころがいっぱいだから、それを言われるとひどく怒るのである。
まさに、否認は自覚の裏返し。
そしてわれわれは、それら一連の言動がアルコホリズムという病気がもたらしたものだということをよく知っている。

どこまでがもともとの人格の問題で、どこからがアルコホリズムがもたらしたものか、明確な区別はできない。ただ、妻や家族との罵りあい、いちばん身近で親身になってくれる人を傷つけてしまうこと、飲酒に関するウソ、隠ぺい。AAや断酒会で、みな判で押したようにおなじあらすじを語るのは、これらの悲しいできごとが、アルコール依存症という病気に起因するものだからなのだ。

クライマックスで主人公は神に祈り、とらわれからの解放を願う。
そして機内で飲酒し、酔っていたことを認め、アルコール依存症であることを認める。AA的に言えば、認める勇気を神が与えてくれたのだ。
その結果、刑務所に入る。刑務所内のミーティング(刑務所内AA?)で自分の話を率直に語り、順調に回復中であることが示される。
クズ野郎がこんなに変わるわけがない。ご都合主義のハッピーエンドだ。そう思うひともいるだろう。でも、いちどアルコホリズムからの回復がはじまれば、劇的な変化が起こるのは珍しいことではない。アルコホリズムがもたらしたものは、アルコホリズムからの回復の過程を通じて取り除いてもらうことが可能だからだ。

一方、依存症から回復していくには、ただ飲まなければいいというだけでは足りない。
飲酒を通じて曲がってしまった人格は、回復の作業を通じて修復していく必要がある。酒がもたらしたものとは言え、自己中心的で批判的な人格、自己正当化の傾向はかんたんには消え去らない。変えていく必要がある。そのためにミーティングで自分の過去を話し、問題を認め、他人を傷つけてきたことを話すのは必要なことだ。
そしてまた何よりも、飲酒の悲劇の中で傷つけてしまった大勢の人たちに対して、きちんと埋め合わせをしていかなければならない。
もしフライトの主人公がエピローグで「オレ悪くねーし。元妻だってオレを傷つけたし」などとほざいていたら、コイツゼンゼン回復してねーなと誰もが思うだろう。元妻にもいたらない点があったか知れんが、それはまずオマエが額をこすりつけてドゲザしてからの話だろうが、と。
注:AAで言う埋め合わせとは、土下座を指すわけではありません。人によっては土下座を含むこともあるかも知れませんが
依存症であることを認め、強迫的な飲酒欲求がおさまったあとは、酒をやめ「続ける」ことが必要だ。そのためにステップを踏み、短所、性格上の欠点を取り除いてもらい、埋め合わせをしつづける必要があるのだ。

散漫になってしまった。まとめ。
1.フライトの主人公はクズ野郎かも知れませんが、一連のクズ行動はアルコール依存症という病気のもたらしたものです。
2.酒をやめ続けるには、ミーティングやステップといった回復の作業を通じて、曲がった性格傾向を立て直し、傷つけた人びとへの埋め合わせをすることが大事です。

今回、論旨の展開にムリがないなオレ。うんうん(震え声)。

関連記事
映画「フライト」 AA(アルコホリクス・アノニマス)的感想(ネタバレなし)
High functioning alcoholicとは?(映画「フライト」感想2)
映画「フライト」主人公はクズ野郎か?(映画フライトAA的感想3、ネタバレあり)
クズ野郎の正体、または二歳児にバスを運転させない方法(映画「フライト」感想、番外編)

|

« High functioning alcoholicとは?(映画「フライト」感想2) | トップページ | 12キロジョグ »

コメント

 アルコールではない別の依存症者です。
 ある方のツイッターを見て読ませていただきました。
 AAを明確に意識して観たはじめての映画です。悪くない映画だったと思います。
 私が不満だったのは、主人公がラストで証言をどうして正直に言うつもりになったのかがよくわからなかったことです。
嗜癖の進行した依存症者はある意味で「クズ野郎」ですからw、死んだ恋人に罪を着せるのを躊躇するのはあり得ないと思いました。あの段階で主人公は直前まで否認を続けていたわけで、神への祈りの言葉をつぶやくのは唐突に思えました。
 で、私の解釈は主人公の依存の程度は重くなかったのではないかというものです。恋人への愛情や罪悪感もまだ働き、公の場で自分の罪を認めることができる程度のものであった、というものです。いかがでしょうか…
 HFAというものをはじめて知りました。いろいろなケースがあるんですね。勉強になりました。

投稿: アキ | 2013年4月22日 (月) 23:54

 dvdになったらぜひ見てみたい!山形か埼玉行かなきゃ観れないんですよ(笑)

投稿: とおる | 2013年4月23日 (火) 09:00

はじめまして、アキさん。
コメントありがとうございます。
なるほど、アキさんの解釈もうなづけます。

>私の解釈は主人公の依存の程度は重くなかったのではないかというものです。

そうかも知れません。
ほんとーにほんとーにあたまがぶっ壊れたアルコホリクは、自分の嘘を自分で信じ込み、都合の悪い記憶はきれいさっぱり忘れ去っていたりします。否認とかそういうレベルではなく、記憶をはじめとする認知機能が壊れちゃってるんですね。そうなると回復はかなり厳しいです。さすがに仕事も日常生活もこなせる主人公は、そこまでは壊れていない。そう言う意味で、まだ最重症とまでは言えないかも知れません。

クライマックスのぼくの解釈はこうです。
「否認は自覚の裏返し」と書いたとおり、主人公は否認しなくちゃいけないほど、こころのどこかで飲酒問題を自覚していました。ほんとうに良心のかけらもないクズ野郎だったら、事故後に酒を捨てたり恋人とAAに行ったりしないでしょう。AAに行ってもいたたまれなくなり途中で退席するのも、良心の呵責を感じたからでしょう。
さて、クライマックス。辣腕弁護士の工作もあり、あと一歩で完璧にウソをつき終えます。最後の質問は実にかんたんです。機内から出てきたウォッカの瓶を「彼女が飲んだんだと思う」あるいは「誰が飲んだか自分には分からない」と言えばいいんですから。公聴会前のシーンで主人公は「飲酒に関するウソならまかせろ。今までさんざんやってきたんだ」と豪語します(ああクズ野郎…)。最後の質問を切り抜けるのはなんの造作もない、かんたんなことでした。
ウソをつくのになんの支障もない状況。ウソをついてもまったくばれる心配のない状況。安心してウソをつくことができ、周囲もそれを望んでいる状況。その状況で最後の壁は、自分の良心の呵責だけでした。ほかに障壁がなにもないので、主人公は自分の良心と真正面から向き合わざるを得ません。
なおかつ質問直前に、子供を救って亡くなったガールフレンドのスチュワーデスが、じつはかつて問題飲酒者であり、いまは断酒中であったことが示されています。「飲んだのは彼女だ」と言おうが「誰が飲んだか分からない」と言おうが、彼女に飲酒の罪をかぶせてしまうことに変わりはありません。ウソをつけば自分が助かる代わりに、クズ野郎から掛け値なしの人でなしに昇格です。
否認と良心のあいだで葛藤を続けていた主人公が、最後の最後で良心と向き合わざるを得なくなり、良心が勝った。最後の一線で良心の側に踏みとどまった。
そういうクライマックスだったとぼくは解釈しております。
で、クライマックス以降は、いちど良心の声に従う決心をした主人公は、葛藤から解放され、回復に向かって歩きはじめた、と。

クライマックスの葛藤は、見ていてドキドキしました。
ぼく自身、主人公が告白をして良かったと思う反面、「あと一歩で完全犯罪(?)だったのに」と残念にも思いました。観客にそういう二重の感情を持たせることができたのは、ロバート・ゼメキス監督の手腕でしょう。

HFAについては、ぼくも今回初めて知りました。自分の浅学を痛感するとともに、依存症の分野もまだまだ奥が深いなーと思いました。

投稿: カオル | 2013年4月23日 (火) 11:12

とおるさん

そうなんですよー。もうロードショー終わっちゃってるんですよ。
早くディスク化してくれないかしらね。米国AmazonではBlu-rayもDVDもすでに取り扱っていますが、さすがに日本語字幕がないと厳しい(;´∀`)

投稿: カオル | 2013年4月23日 (火) 11:34

やんや!やんや!
(v^ー゜)ヤッタネ!!
ノッテますね。

『クズ野郎』『曲がった性格』
いやぁ、全く私の事ですわ。

映画を見逃したのが残念!
DVD待ちですわ。

投稿: k | 2013年4月23日 (火) 22:42

kさん

アルコホリズムは疾病であり、長期にわたって摂取したアルコールが、ストレス耐性の低下、衝動性の亢進などの人格変化をもたらします。
もしアルコール依存症の「原因」が「曲がった性格」だったら、曲がった性格を治す治療で一定の成績が得られるはずですが、残念ながらそうはなりませんでした。BBの2章にも、ユング博士がローランド.Hに見込みがないと話す場面があります。ユング博士ほどの精神分析の大家なら、成功例があってもおかしくないでしょう。しかし博士は「きみのような状態になった人で、これまで回復したひとは一人も見たことがない」と述べています。そのあとで、例外的にスピリチュアルな体験でうまくいった例を挙げています。「曲がった性格」はアルコホリズムの原因ではなく、病気がもたらした症状だとぼくは考えます。
われわれは霊的に病んでおり、性格上の欠点をいくつも抱えています。でも、それはアルコホリズムがもたらしたものです。回復のプロセスを通じて、われわれは内なる神を見つけ、アルコホリズムがもたらした症状をひとつひとつ取り除いていきます。
クズ野郎といえば、映画の主人公もぼくも仲間たちも、われわれアルコホリクはみんなクズ野郎です。クズ野郎が無力を認め、ステップを踏んで回復していくのがAAのダイナミズムであり、魅力でしょう。

投稿: カオル | 2013年4月24日 (水) 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/57217453

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「フライト」主人公はクズ野郎か?(映画フライトAA的感想3、ネタバレあり):

« High functioning alcoholicとは?(映画「フライト」感想2) | トップページ | 12キロジョグ »