« MacBook air 11”を半年使ってみた感想 | トップページ | 東京断酒新生会第34回 関東ブロック研修会、市民公開セミナー(2)水澤先生 »

2013年3月18日 (月)

東京断酒新生会第34回 関東ブロック研修会、市民公開セミナー

きのう2013年03月17日(日)、東京断酒新生会主宰の市民公開セミナーに行ってきた。

午後から出かけたんだけど、午前中は断酒会員の体験談があったらしい。早めに行けば良かった。
午後の部は前半がせりがや病院の青山久美先生、後半が水澤都加佐先生の講演。
両方ともためになるお話でした。

印象に残った点。
青山先生のお話では、アルコール依存症になるとアルコールの作用で脳の報酬系がこわれ、物事の優先順位がつけられなくなる、という話が印象的だった。
われわれアルコール依存症者は、たしかに酒が止まっても優先順位がおかしい。ぼく自身、いまは多少まともになってきた(と思いたい)が、止まってすぐのころをふり返ると、おかしなことをずいぶんとやってきた。

止めはじめのころ、ぼくは酒を止めることより、職場や業務での名誉挽回ばかり考えていた。酒で失ったものをくよくよと悔やみ、失地回復がかなわないとなると、我が身の不運を呪い、多いに自己憐憫にひたった。そしてそんな自己憐憫は、次の酒を口にする格好のいいわけになった。自分の生きている意味が見えず、死ぬことばかりしょっちゅう考えていた。
その一方で、酒が飲めなくても人付き合いが楽しめることを証明しようと、やたら飲み会に出かけてていた。あるいは、うつうつとした気分を変えたくて、丸井のバーゲンで散財したり。食べ歩きに奔走したり。

やらなくっちゃいけないことは、頭の片隅では分かっていた。AAに参加し、回復の道をさぐること。AAのプログラムを実践すること。でも、それは酒が止まったばかりの依存症者にとっては、不快なことなのである。イヤなのである。やりたくないのである。
心地よいこと、かんたんにできそうなこと、楽しいことは、やりたい。快い。逆に、イヤなこと、面倒くさいこと、すぐに効果が現れそうにないこと、見通しがつらそうなことは、ぼくの壊れた報酬系にとって、この上なく不快だった。
目の前の、すぐに報酬系に反応しそうなこと。飲み会の華やいだムード。素敵な洋服。口先三寸、職場で「できるオレ」をアピールすること。酒が止まったばかりのころは、そんなことばっかり追い求めていたことを思い出した。

止まったばかりの依存症者は、快・不快の反応にことのほか敏感だ。というか、それしか判断基準がない。ぼくも当時、色んなひとがいろんなことをアドバイスしてくれた。けどいまとなっては、優しかったか、受容的だったか、あるいは押しつけがましく非難がましかったか。そんなことしか憶えていない。壊れた報酬系、壊れた脳には快/不快がすべてなのである。
AAも断酒会も、惹きつける魅力がなければ新しい仲間を獲得できない。新しい仲間の壊れた脳にアピールするは、やはりそれに見合ったやり方が必要なのだと思う。批判や敵対的な態度ではなく、愛と共感と安らぎが、常にわれわれとともにありますように。

話がそれまくっております。セミナーの話は次回につづく。
青山先生ははきはきと自信にあふれ、依存症への的確な理解と深い洞察をお持ちの、素晴らしい先生でした。

|

« MacBook air 11”を半年使ってみた感想 | トップページ | 東京断酒新生会第34回 関東ブロック研修会、市民公開セミナー(2)水澤先生 »

コメント

壊れた報酬ですか~納得させらます(笑)最近、ふと主治医や仲間に言われたことが感覚的に入ってきてます。言われた当初はなんだって思ってましたが...報酬系が多少まともになってきてんですかね~ドライドランクとかも関係ありそうですね。

 「第一のことは第一に」これも報酬系と関係ありなんですね。ただのスローガンではなく、科学的にも然りとおもうと更に納得。ありがとうございます。

投稿: とおる | 2013年3月18日 (月) 23:37

とおるさん

そうなんです。「第一のことは第一に」
まさに報酬系、優先順位の話ですよね。
最近、アルコール依存症の勉強会に行くとかならず「脳が壊れてる」って話が出ます。ぼくは長い間、酒さえ止まればすぐに能力がもどるんだとばかり思っていました。

報酬系の壊れた脳は、快/不快で物事を判断しがちです。そして不快と判断すると、徹底的にそれを嫌い、怒ります。
AA嫌いのアル中さんの、AAのこきおろしっぷりはハンパないですもんね。
「アルコホーリクにとって、この恨みの感情は重大な危機をはらんでいる。それは致命的なのだ」というBBの言葉、ビル.Wの慧眼に感服します。

壊れた脳は、時間とともに回復するそうです。
ですが、ただ時間が経てば回復するわけではありません。リハビリの努力をして、はじめて壊れた報酬系、壊れた社会脳が回復していきます。
他人の棚卸しを止めて自分の棚卸しを行い、欠点を取り除いていくこと。埋め合わせを行って失われた人間関係を取り戻すこと。そういったことを、こころの落ち着ける環境で学んでいくこと。
AAの共同体と12ステップはすぐれた回復のプログラムなんだなぁと、あらためて思いますよ。

投稿: カオル | 2013年3月19日 (火) 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/56981753

この記事へのトラックバック一覧です: 東京断酒新生会第34回 関東ブロック研修会、市民公開セミナー:

« MacBook air 11”を半年使ってみた感想 | トップページ | 東京断酒新生会第34回 関東ブロック研修会、市民公開セミナー(2)水澤先生 »