« 1月20日渋谷O-nest、きのこ帝国の衝撃 | トップページ | 2013年01月23日SHIBUYA-AX パティ・スミス来日公演 »

2013年1月24日 (木)

負債が資産に変わる

きのこ帝国のライブを見たあと、夢を見た。

20歳の夢だ。
そのころ、ぼくはひどい失恋をして、外に出ることも、ひとと話すこともできなかった。失恋をハートブレイクと言うけれど、まさに心臓がぶっ壊れたような、ほんとうに胸が痛くて痛くてどうしようもなかった。その苦痛をやわらげるには、酒を飲むしかなかった。アルコールという鎮痛剤だけが、その苦痛を直截に緩和してくれる唯一の処方せんだった。
夢の中でぼくは20歳に戻っていて、当時住んでいたアパートの床に転がり、失恋の苦痛にもがいていた。

目が覚めて夢と知った瞬間、不意に啓示がおとずれた。
「あのとき、あの苦痛を生き延びるために、アルコールは必要だった」んだと。
その不意の感覚は唐突で、圧倒的だった。

ぼくはあれ以来ずっと、アルコール依存症のため、人生のさまざまな場面で後れを取ったと感じていた。
大学を2年留年して、社会人になってからも飲酒問題のためにチャンスを失ってきた。同期たちが順当に階段を上って行く中、おいてけぼりを喰っている感覚があった。もちろんそのことを恥じているわけじゃない。でも、何とも言いようのない引け目を感じ、こころのどこかに引きずっていた。

でも、その夢で気がついた。あのとき、あの状況で、ぼくにはアルコールが必要だった。あの苦痛をやり過ごすにはアルコールの薬理作用が必要だった。もし酒がなければ、自殺を企てるか、もっとひどい状況になっていたかも知れない。
そして依存症になって、そこから回復の道にたどり着いたのも、すべて必要なことだった。ぼくがぼくであるために、必要な過程だった。
ぼくを痛めつけた酒でさえ、生きていくのには必要なものだったんだ。

過去のできごとが、いまの自分に一直線につながっている感覚。
後れを取ったという引け目が消えた感覚。
過去のすべてが必要なことであり、いまの自分の血肉になっている感覚。
過去を悔やむこともなければ、それにふたをしようとも思わないというBBの記述を、実感とした理解した感覚。
きっかけはきのこ帝国だけど(何度も言うようにエポックメイキングな、最高のバンドである)、この気づきをもたらしてくれたのは12ステッププログラムである。

負債が資産に変わる。いままで負債だと思っていたものは、自分が自分になるためのたいせつな資産だった。何か、詰まっていたものがすっきり流れたような気がする。

啓示は訪れたけど、余韻はいずれ消えていく。
気づきを力に変え、生きる糧にしていくために、ぼくにはさらに12ステップと共同体が必要だ。

それにしてもきのこ帝国はいいよね。うんうん。

|

« 1月20日渋谷O-nest、きのこ帝国の衝撃 | トップページ | 2013年01月23日SHIBUYA-AX パティ・スミス来日公演 »

コメント

だよね!
あれが有ったからこそ俺は生き残れた。そう思えた時に酒への恨みが消えた気がするね。
問題は酒をコントロール出来ない事なんだよね。

しかし、きのこ帝国も恐るべし!

もう一度ググって、聴いてみます…。

投稿: k | 2013年1月25日 (金) 23:46

kさん

そうなんです。
問題は酒ではなく、酒に飲まれたことなんです。
今回の夢の体験は、まさに「発見!」という感覚でした。
きのこ帝国はいいですよー。
2013年の邦楽で、最大の収穫です。音源もyoutubeにありますから、ぜひ聞いてください。

投稿: カオル | 2013年1月26日 (土) 07:21

 いつかそんな日が俺にも来るんですかね~

投稿: とおる | 2013年2月 4日 (月) 09:50

とおるさん

ミーティングに来ていても、ステップをやっていても、あまり変わった気がしない。
でも、続けていれば、いつか「おお!こんな発見が!」と感じる瞬間が訪れます。
ぼくも先行く仲間のそう言う話は半信半疑でしたが、自分が体験すると、なるほどと思います。
その日を楽しみに、プログラムをやっていきましょう^ ^

投稿: カオル | 2013年2月 4日 (月) 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/56605436

この記事へのトラックバック一覧です: 負債が資産に変わる:

« 1月20日渋谷O-nest、きのこ帝国の衝撃 | トップページ | 2013年01月23日SHIBUYA-AX パティ・スミス来日公演 »