« COUNTDOWN JAPAN 12/13の感想(2) | トップページ | mountain lionからsnow leopardへのダウングレード、トラブル続出 »

2013年1月 6日 (日)

またしてもMacBook Pro '17(2010)HDD換装、snow leopardへ

またしてもマイMacBook Pro '17(2010)の仕様変更である。
1TBのHDDに換装、mountain lionにアップグレードしていたが、どうにも遅い。クリーンインストールし直してみたが大差なし。
おまけに、DTM環境上手放せないEXpressカードのオーディオインターフェース、ECHO INDIGO DJXのドライバがいつまで経ってもリリースされない。
もともとこの会社、Macにはあまり意欲的じゃない。いまのMac用ドライバだっていまだにベータ版のままだ。Lion以降に対応するドライバをリリースする見通しはほぼないだろう。

ということで、snow leopardに戻すことにした。mountain lionの数々の新機能は魅力的だが、もともとスノレパだってなんの不便もなかった。あれば便利な機能は、なくってもこまらないはず。だ。

ただスノレパに戻すだけではおもしろくない。
ここはひとつ、さらなる快適化を目指し、高速HDDを導入することにした。
シーゲイトのST750LX003という機種。HDDとSSDのハイブリッドストレージで、「SSDと同様のパフォーマンス」がウリである。まぁSSDと同様は言いすぎだろうが、通常の2.5インチHDDより確実にパフォーマンスは向上するだろう。
最近のマシンはCPUもメモリも速度が上がってきたが、ストレージのパフォーマンスがボトルネックだ。現にSSDのMacBook Airは爆速である。期待しているぞST750LX003。

てことで、さっそくアマゾンでST750LX003を購入、交換。クリーンインストール。あまったHDDは外付けケースに保管。
ST750LX003は、見た目はふつうのHDDとまったくかわらない。
取り出した1TBのHDDと並べてみても、ほとんど見分けがつかない。
右がST750LX003、左が1TBのHDD。

Img_1026


Img_1025

で、スノレパインストール後、起動してみる。おおおっっ!は、速いっ!
よけいな機能拡張を組み入れてないせいもあるけれど、まさに爆速。これはすごい。
どのくらい速いかというと、Microsoft Word(2011)の起動が1秒ちょいである。申し分ない速度である。
まんぞくまんぞく。
あとは各種アプリをインストールし、バックアップしたデータを戻すだけである。
めでたしめでたし。
…のはずだったのだけど。このあとトラブル続出。以下次回へつづく。

|

« COUNTDOWN JAPAN 12/13の感想(2) | トップページ | mountain lionからsnow leopardへのダウングレード、トラブル続出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/56444438

この記事へのトラックバック一覧です: またしてもMacBook Pro '17(2010)HDD換装、snow leopardへ:

« COUNTDOWN JAPAN 12/13の感想(2) | トップページ | mountain lionからsnow leopardへのダウングレード、トラブル続出 »