« 忘年会シーズン | トップページ | TOKYO ROCKS 2013が熱い »

2012年12月19日 (水)

コネティカット州の銃乱射事件に思う

米国がまたしても銃規制で揺れている。
きっかけはコネティカット州の銃乱射事件だ。いたましい事件である。教師、児童あわせて27人が犠牲になり、犯人は自殺した。犯人像については、アスペルガー症候群を持っていたと報道される一方、疾患と犯行の関連性に疑問を投げかける声もある。CNNテレビの同時通訳では「頭のおかしいひと」と表現されている。
オバマ大統領は会見で涙を流し、銃規制に対し全力で取り組むと発言。これに対し、銃規制反対論者は真っ向から反発している。銃乱射事件が起こるたびに巻き起こる議論だ。

銃規制反対論者の主張は、以下の3点に集約される。
・憲法修正第二条により、市民が銃を持つ権利は保障されている。
・学校側がより強力な武装をしていれば(あるいは武装した市民が近くにいれば)犯人を撃ち、被害は少なかった可能性がある。必要なのは銃規制ではなく、正しい銃武装である。
・無法者はどんな手を使っても無法行為を行う。銃規制を行えば、無法者はどのみち銃を手に入れ、市民は身を守る手段をなくなる。銃規制は市民を危険にさらすだけだ。

この3点は相互に関連しあっている。根っこには、アメリカが武装した市民により建国された国であり、市民が武装するのは建国の精神に基づくものであるという、米市民のアイデンティティにある。
またじっさいに暴力に対する武装蜂起、武装による市民の抵抗が有効である状況は米国では続いているし、ライス元国務長官も自身の体験から、憲法修正第2条の必要性を支持している。


建国の精神、憲法、米国の銃犯罪率の高さ、NRA(米国ライフル協会)の影響力の高さ、さまざまな要素がからみあい、米国の銃問題を複雑にしている。
事実として、米国の銃犯罪率は圧倒的に高い。銃による死亡者は年間3万人前後で推移している。このデータを元に、規制論者は銃の規制を訴え、規制反対論者は自衛手段として銃所持の必要性を訴える。
じっさい、テキサス州では2007年から護身のため武器使用を認める自己防衛法が拡大され、2010年には合法殺人が48件起きている。くらべるのもなんだけど、日本のコンニャクゼリーによる死者数は13年間で22人である。

米国の銃問題は、アディクションとおなじジレンマを感じる。アル中は飲酒の有害性を認識しながらも、離脱の不快さをおさえるため、こころの痛みを忘れるため、飲んでフッと楽になる感覚が恋しいため、飲まずにはいられない。次の一杯がより悪い結果をもたらすことをどこかで認識しながらも、「とりあえず」次の一杯を飲み干す。飲み続けることも苦しい。止めるのも苦しい。ジレンマはつらい。直視したくない。だから飲む。
銃問題のジレンマも、それと共通しているように思える。米国民も、銃による被害の痛みは十分に承知している。それにもかかわらず、その不快さをおさえるためにはより銃が必要である、と言う主張がまかり通る。ジレンマは膠着したまま解消されず、結論は先送りされ、また次の事件が起こる。

「銃の問題を解決するには、より銃が必要だ」という主張は、「酒で問題を起こすのは、まわりが酒を取り上げるからだ」というアル中の屁理屈に近いものを感じる。飲んでいるとき、ぼくもその理屈を言い続けてきた。飲み続けるのは、まわりが酒を取り上げるからだ。と。でもこころのどこかでは、こんな飲み方を続けていれば破滅するに決まっていると分かっていた。だからこそ自分の屁理屈にしがみつき、問題をまわりのせいにし続けてきた。
米国民の銃に対する愛着、アイデンティティも理解できる。しかし、いま以上に銃規制を緩和し、市民社会に銃が広がり、正当防衛が拡大され続ければどうなるかはだれでも予想がつくだろう。学校や市民がみんなガンマンになれば銃被害者が減るなどという理屈は幻想だ。
市民が銃をコントロールすることはできない。市民の権利というのなら今回の加害者だって立派な市民だった。判断力の低下しているひと、かっとなりやすいひと、深い恨みを抱えているひと、さまざまなひとがいて、みな市民だ。全員に引き金を引かない判断力を求めるのはムリがある。銃をなくすことは、難しいことかも知れないが、けっして不可能ではない。
コントロールできないことを認めれば、楽になると思うんだけどな。

|

« 忘年会シーズン | トップページ | TOKYO ROCKS 2013が熱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/56350633

この記事へのトラックバック一覧です: コネティカット州の銃乱射事件に思う:

« 忘年会シーズン | トップページ | TOKYO ROCKS 2013が熱い »