« 年末は神奈川で | トップページ | 名古屋のロック喫茶「時計じかけ」の思い出 »

2012年12月 7日 (金)

またしても地震

きょうは仕事を早上がりして実家に行くことになっていた。
が、新幹線に乗っている途中で急に周囲が騒がしくなった。あちこちのケータイ電話がブーブーと緊急警報を出しはじめた。と、ぼくのiPhoneも鳴りはじめる。地震が発生したらしい。
と、見る見るスピードを落として新幹線が停止した。宇都宮を出たばかりである。
あれ、と思うまもなく電気も消えた。まっくらだ。
車内アナウンスが放送される。東北で地震が起きて安全停止したこと。送電が止まって停電していること。
あれま。
これはかなり大規模な地震にちがいない。


Img_0976


待つことしばし。
わりと早めに電気は戻ったが、新幹線はなかなか発車しない。そりゃそうだ。安全確認しないうちは運行を再開できないもんね。
これは、サイアク車中泊かも。
同じことをほかの乗客も思ったらしく、すぐに回ってきた車内販売のカートが見る見る減っていく。
あわてて自分もお菓子、お茶を確保する。

Img_0978

東北で地震があり、津波の可能性もあることをアナウンスが告げる。しかし詳しい情報は分からない。
こういうとき、インターネットは便利である。facebook、twitterで次々と情報が入ってくる。こういうときに即時性の高いメディアはネットだと思っていたが、その中でもさらにSNS系の方が速い。
ライブドアニュースやヤフーのトップページは地震関係の情報がなかなか入らなくてイライラ。
どうやら青森から関東にかけて、幅広いエリアで地震が起こり、津波の可能性があることが分かる。
まさか3.11の再来では…

心配していたが、そこまでには至らなかったようだ。
車内アナウンスも点検が終わり、各地で運行が順次再開していることを告げはじめた。
結局、1時間ほどで新幹線は動き出した。ホッ。

が、ダイヤが大幅に乱れ、あちこちの停車駅で足止めをくらう。結局、いつもは1時間半もかからない道のりが、倍もかかってしまった。まぁ、それで済んだのは不幸中のさいわいというべきか。運航再開に至る道のりはかなりきびきびした印象があった。さすがJRの技術力。

なんとか無事に実家にはたどり着けたけど、いろんなことを考えた。
震災の記憶が薄らいでいたつもりはなかったけど、こうしてまた地震で生活に影響が出ると、当時の記憶がまざまざとよみがえってくる。

あの非日常感覚。現実がもろくて、目の前のたしかなものが実はあっけなく崩れ得るんだという感覚。
あの震災の影響で持ち物は少なく、シンプルに生きようと決めたのに、気がつけばまたいろんなモノに囲まれて暮らしていること。
日々の暮らしでいつしか忘れがちだけど、あの震災の時の何とも言えない気持ち、忘れたくないものです。

|

« 年末は神奈川で | トップページ | 名古屋のロック喫茶「時計じかけ」の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/56271683

この記事へのトラックバック一覧です: またしても地震:

« 年末は神奈川で | トップページ | 名古屋のロック喫茶「時計じかけ」の思い出 »