« 充電日 | トップページ | 江ノ島観光その2 »

2012年10月 7日 (日)

江ノ島観光

江ノ島に観光に来ている。
今回ぼくの両親がこっちに来る用事があり、それにあわせて三浦、湘南方面を観光案内することになった。

まずは三浦半島、城ケ島を見て回り、三崎でお寿司を食べる。
国道134号を逗子、葉山、鎌倉と海岸沿いをドライブし、江ノ島へ。

きょうの江ノ島は激混み。
江ノ島大橋をクルマで渡るのに、30分以上かかる。とほほ。
定番の仲見世見物、江島神社のお参り、その後は旅館へ。
旅館は江ノ島大橋を望む、眺めの良いロケーションなり。

121007enoshima01


夕食は、部屋で魚尽くし。
美味しかった!

121007enoshima02

夕食の時、両親と昔話に花が咲く。
ぼくの小さかったときのこと、父や母の若かったころのこと。
小さいころ、父に連れられてデパートの地下でホットケーキを頬ばったこと。一家そろっての家族旅行のこと。
両親がぼくを生み育てた歳を、もうとっくに越えてしまっていることにあらためて気づく。

夕ご飯のあと、早々に寝入った両親を残して江ノ島大橋を渡る。
夜の江ノ島シーキャンドルは大きくて白くてぴかぴか光っていて、ほんもののキャンドルのようだ。

121007enoshima03

両親の老いや病、自分たちのこと。
シーキャンドルの光を見ながら、来し方行く末を考えずにはいられなかった。

眠られぬ儘に来し方行く末を思い回らせば回らすほど、なんてね。

|

« 充電日 | トップページ | 江ノ島観光その2 »

コメント

カオルさんは、両親が健在で ぼくはうらやましいですよ。
ぼくは、両親はこの世にいないですし 妻とは別れました。
しかし、ぼくは今 とても幸せです。
ステップに感謝 仲間に感謝 特に ひいらぎさんには、お世話になりました。

投稿: アポ | 2012年10月 8日 (月) 22:29

話は、全然関係ないのですけれど カオルさんは ドアーズが好きなのですか?
ぼくは、ドアーズは詳しいですよ(笑)

投稿: アポ | 2012年10月 8日 (月) 22:35

アポさん

アポさんはご両親がすでにご他界されているんですね。ぼくも今回、父が病気をして以来めっきり老け込んでいて、いろいろ考えさせられました。
できるうちにしっかり親孝行したいです。

それから、ドアーズは好きですよ。以前の投稿ではしょっちゅうドアーズのことを書いていた気がします。
ジム・モリソンは永遠のマイヒーローです。
ただ、ああいう刹那的な生き方に自分を託すことができた年齢はすでに通り越しつつ歩きもして、ちょっとさびしいですが^ ^

投稿: カオル | 2012年10月 8日 (月) 23:13

ジム モリソンは天才でしたね。
ジム モリソン、ジミヘン、ジャニス ジョップリン、ブライアン ジョーンズなど、天才ミュージシャンはみんな、27才で死にました。
ジャニス ジョップリンなんかは、AAに参加するくらいなら、死んだ方がマシと言って死にましたよ

投稿: アポ | 2012年10月 9日 (火) 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/55836695

この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ島観光:

« 充電日 | トップページ | 江ノ島観光その2 »