« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

ビジネスミーティング

先日は新しいホームグループのビジネスミーティングだった。
関東のAAの事情はいまだに良く飲み込めない。福島にいたころに各種報告は読んでいたんだけど。
同じ集まりでも、地方が変われば事情は変わるものなのである。
今回、グループの役割交替にあたり、ぼくはオフィス委員を仰せつかった。年に3回、関東甲信越のオフィス集会に参加することになる。
休日がうまく取れるか心配だけど、どうにかなるだろう。
ちなみにわがグループは実質4人。対外的な役割、グループ内の役割、よくこれだけの少人数で回しているものだとあらためて感心した。
以前に関西のミーティングに出たときは、一人のメンバーがグループを支え、残りは出入りの激しい周辺メンバーばかりと言う印象のところもあった。輪番制を旨としている以上、AA的にはあまり良い形態ではないと思う。でも、役割の数だけアクティブなメンバーがそろっているグループなんて聞いたことがない。
たった一人でがんばってグループを支えているメンバーに敬意の念を抱いて帰った来た記憶がある。

それにしても、こうしてグループの役割を少しずつもうらうなんて、初めてAAに来たころのことを思い出すね。
自分の経験にこだわらず、謙虚さ、謙遜を忘れずにやっていくべし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

東京マラソン、落選!

東京マラソン財団から通知が来た。
タイトルだけで内容が分かる、親切なメールである。

東京マラソン2013抽選結果(落選)のご報告

はいはい。


このたびは東京マラソン2013にお申し込みいただき、誠にありがとうございました。
定員を超えるお申込みがあり、厳正なる抽選を行いましたところ、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

うーむ。
福島枠を期待して住所を変更しないまま応募したんだけど、ダメでした。
まぁ、いかにONE TOKYOプレミアムメンバーと言え、10倍を超える応募に3年連続当選なんてありえないしね。
今年は別のレースに出て、来年に期待しよう。

日々のジョグは、一回あたりの距離が10キロを越えるようになってきた。まずまずの復調。
が、日の出が遅くなってきて朝ランがおっくうになってきた。マズイ。
モチベーションを維持するのが目下の目標です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

爆速!iPhone5

iPhone5に変えました。3年使った3GSくん、ついに引退です。
もうここんところ、3GSくんが重くて重くて、使い物にならんかったのね。
文字入力なんて、フリックしてから文字が現れるまで2テンポくらい遅いんで、完全に先読みしてエア入力してたもん。
Nike謹製Runningも重たかった。これを使ってランニングしつつ、途中で風景を撮ってツイートしたい。
たったこれだけのことがたいへんな難事業だった。Runningを起動していると、カメラの起動がありえないほど時間がかかり、なおかつrunningが誤動作。勝手にランを終了しちゃったり、反応しなくなったり。
カメラも暗いし。

発売日にゲットしたiPhone5くん。
もう爆速ですよ爆速。
LTEのネット接続が速い上に、マシンも超高速。このブログを書いているMacBook Pro17インチよりもwebの表示が速い。
もちろん、runningを起動しながらカメラ撮影、ツイートやfacebookへのアップも瞬速。ジョギングのペースを乱さずにさっと撮ってさっと上げられる。うれしいなー。
これはもう後戻りできないですね。快適すぎ。

それにしても、これでテザリングまでできちゃったら最強じゃないの。ポケットWi-Fi、解約確定だわー。
とにかくすごい。速い。
難点は、落とすのがこわくてジョギングに持ち出すのが怖いくらいかな。3GSはいくらでもぞんざいに扱えたんだけど。
とりあえずケース買おうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

東北ラウンドアップ2012、青森

雨の日曜日。
晴れたらリカバリーパレードに出かけるつもりだったが、あいにくの土砂降りである。
風邪を引くのがこわくて、断念した。
かねてより参拝の予定だった森戸神社でお祓いをしてもらい、午後は家で過ごす。
日曜日にゆっくりするのは、何だか久しぶりな気がする。雨の日はなぜだか気持ちが落ち着く。

夕方、スポンシーから電話をもらう。
青森で開かれたAA東北ラウンドアップに参加してきたそうだ。
元気な声に、こちらも力をもらう。
良い体験をすると、こんなにも力強い声が出るものか。やっぱりすごいな、ラウンドアップ。
やっぱりAAはいいね。
ステップを踏み、あちこちに足を運んでいる仲間はとても元気だ。
ステップだけでもダメ。ミーティングだけでもダメ。サービスも伝統もみんな大事。
気乗りしなくても、いろんなことをバランスよくやっていると、あとでぐんと伸びてくる。
そんなことを考えながら、スポンシーのラウンドアップ報告の元気な声を聞いていた。
ぼくの方が力をもらえるね、ほんとうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

ステップ5で考えた

先の土日は仲間のステップ5の手伝いをした。
正式にスポンサーシップを結んでいない仲間の棚卸しと言うことで、正直迷いがあった。
やってみて、失敗だったかなと思った。抵抗が強い。ライフストーリーは語りたい。でも欠点を指摘されるのは好まない。そんな印象を受けた。
が、最終的にはやって良かったと思う。

思うんだけど、いかに最初の3つのステップを踏んだとは言え、いきなり自分の過ちの本質をすべて直視するのはむずかしい。
本人に見えていない欠点の本質(多くは恨みや他者へのとらわれだ)は、ステップ5につきあった他人にはよく分かる。
でも、その欠点を提示しても、そうそうかんたんに受入れるとは限らない。心理的な抵抗が生じる。
指摘しても、すぐには受けいられない。自分は相手に傷つけられた、自分は被害者だという感情がどうしても出てくる。
「これがあなたの欠点ですよ。ほら、親への恨み、妻への恨み、上司や同僚への怒りや逆恨み、自己憐憫でいっぱいでしたね」
「ああそうだったんだ!なるほど確かにぼくの欠点です。教えてくれてありがとう」
そんな風にかんたんにはいかないのである。
それはステップ1、2、3ができてないというのとは、少しちがうと思う。
人間はそうかんたんに自分の欠点や過ちを認められない。感情にとらわれて、理性的な判断がすぐには下せない。そういう風にできているんだとぼくは思う。

だから、棚卸しが相手役から見て不十分に思えても、ひとつかふたつでも過ちに気がついたり、変化が始まるきっかけになれば、それで良いんじゃないかと思う。

ひとは変わる。でも、ぼくの思うようには変わらない。

低調に終わったように思えた今回の棚卸し。
夜になってその仲間からメールが来た。否定した欠点を、あと深く考えたという。
ぼくが指摘したんじゃない。
彼が自分で気づいたのである。あるいは神の意図が働いたのである。
それで良いんじゃないかと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

更新さぼり中

えー、ブログの更新が進んでおりません。
日々色んなことが起こり、いろんなことを考えているのですが、ブログに書いているヒマがないのであります。
決してネタが枯れたわけでもないし、書く気が失せているわけでもありません。
もう少ししたら更新頻度が上がってくると思います。
よろしくお願いします。

あすは仲間のステップ5のお手伝いです。
うちに一泊してもらって、明日やる予定。
さてさて、早く寝ましょう。
まずは頭がすっきりしていないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

MacBook air 11インチの使用感

新調したMacBook air 11インチ。
いい感じである。箱を開けたときのドキドキ感はさすがアップルである。

Img_0784


が、やはりメリットとデメリットが両方ある。17インチからの移行であり、やはりデメリットが目に付いた。

メリット
・小さい。軽い。可搬性に優れている。
これはもう、airの目的そのまま。可搬性に優れているってのは、どこにでも持っていけてどこでも作業が出来ると言うことだ。これは非常に大きいアドバンテージである。重量1キロ強は重いかと思ったけど、予想外に軽い。写真はMacBook Pro17インチに重ねてみたところ。

Img_0785


デメリット
・熱い。
・画面が小さい。
・ストレージ容量が少なすぎ。
熱は予想外だった。すさまじい熱である。膝の上に乗せているのがムリなレベル。マシンが壊れるんじゃないかとちょっと心配。何よりも、連日30℃越えのこの時期に暖炉のごとき熱はかなりきつい。
画面の小ささは想定の範囲内といえ、やはりツライ。11インチだもんなー。印象としては、iPadを横置きにした画面を、さらにもうひとまわり表示エリアを小さくした感じ。慣れれば何とかなるレベルではあるが。
最大の難点は、ストレージ容量。128GBでもまったく足りない。それなのにMicrosoft officeが数ギガバイトも占有するのが頭痛のタネだ。変なテンプレートとか要らないから、もうちょっとスリム化してくれると良いのだが。
あとはpropellerhead Reason6.5。reason自体は大したことないんだけど、refillファイル各種何十ギガもあってスペースを圧迫する。泣く泣く必要最低限のrefillのみ搭載。
それ以外も、いろんなアプリケーションをたくさん搭載するのはムリだろう。軽いテキストエディタくらいだったら良いけど、大物アプリは2、3本が限界。
機能の制限は、逆に「外出先で何をするか」を熟考する良いチャンスだ。あれもこれもはできない。
ぼくの場合、ネットとofficeソフトが使えて、Scrivenerで文章が作れて、Reasonで音ネタがいじれればそれで良し。
むかしMacは軽さとセットアップの自由度で、自転車にたとえられていた。
Airも自転車みたいなもの。大荷物は積めないけど、どこにでも気軽に乗っていける楽しさがある。
かわいがりつつ、がんがん使っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

アノニミティ違反?伝統違反?

しばしば、アノニミティ違反、伝統違反と言う言葉を聞く。
多くは他のメンバーやグループの行動を指して、批判として使われる。
正当な批判だと思えることはほとんどない。たいがいは「おれはあいつ(あいつら)が気に入らない」と言っているに過ぎない。
相手を指弾する正当性のよりどころとして、アノニミティや伝統を持ち出してくる。ことが多い。気がする。

あいつらはアノニミティを違反している。あいつらは伝統に違反している。

そういう言葉を口にするとき、ぼくたちのこころの中は怒りと恨みでいっぱいだ。相手を屈服させてやりたい。つぶしてやりたい。そんな感情でいっぱいだ。

飲んでいたころ、ぼくは相手を変えようと果てしないパワーゲームを続け、その結果はいつも惨敗だった。
批判や非難で人を変えるのはむずかしい。ぼく自身、他人から批判されるたび、しかもそれが当たっていればいるほど、怒り狂って否定した。
ぼくが変われたのは批判や非難を浴びたときではなく、温かさと共感の中で、自分の問題を見つめることができたときだった。

アノニミティや伝統を理由付けに相手を非難し糾弾すればするほど、ぼくたちはハイヤー・パワーから遠ざかる。
怒りと言うナイフで、自分を傷つける。
それって損なことだよね。

ほかの人びとが関係するところでは、私たちの話や考えの中から「非難する」と言う言葉を取り除かなければならなかった。
12のステップと12の伝統 p.65

許すこと。謙虚さ、謙遜を学ぶこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

MacBook Air購入を決定

神奈川に来て交通環境は大きく変わった。
クルマよりも電車での移動が多い。電車で移動すると、当たり前だけど電車から降りて、目的地までは徒歩で移動する。
目的地から目的地までをドアトゥドア、どこでもクルマで移動するフクシマ環境とはまったくちがう。
フクシマ環境ではMacBook Pro17インチは圧倒的なメリットを発揮した。大画面、大容量ハードディスク、高性能。が、電車+徒歩環境では巨大な筐体がウィークポイントである。
でかい。重い。まさに恐竜。
Macを持って出かけたいが、真夏の混み合った電車にMacBook Pro17インチを持ち込むのはまずムリ。この土日も郡山に宿泊で出向いたが、ビジネスバッグに17インチと宿泊用品を詰め込むと、肩がもげそうになるほど重い。

これはもう…MacBook airを購入するしか…。
MacBook Pro17の3キロ超に比べ、air11インチは1キロちょい。重さにして1/3ほどで、二回りほどコンパクトだ。電源アダプターも小さい。
もちろんデメリットも多い。ストレージ容量が少ないこと。画面が小さいこと。拡張性が低いこと。バッテリー駆動時間が5時間とやや少ないこと。
が、あくまで持ち出し用である。出先の作業に困らない程度のストレージ容量があればよい。画面が小さいのも、コンパクトサイズなら仕方ない。
機動性が最優先。
と言うことで、MacBook airの11インチモデルを購入決定。
アップルストアでSSD容量とメモリの拡張も考えたが、いかんせんSSDは高い。SSDを512GBに拡張してメモリを8GBにすると165,201円。MacBook Proなみの値段になる。
一方、ネットショップだとSSD128GB、メモリ4GBの標準モデルが73,000円。
これでじゅうぶん。
どうせ2年もすれば型落ちする。スペックアップに費用を費やすより、安いモデルで買い替え時期を早めた方が効率が良い。出先でMicrosoft officeとメール、ネットができればいいのだ。propellerhead Reason6.5ができればなお良い。iTunesも最低限の音楽が入っていれば良い。
てなことで、あす到着予定。
楽しみだぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

郡山ラン

この週末は郡山に帰ってきています。
取りあえず開成山公園のジョグコースをぐるりと。

Img_0772

これこれ。この緑。この空気感。あきらかに神奈川とはちがう、東北独特の光の感じ。
故郷に帰ってきたって感じがします。

Img_0776

五十鈴湖の赤い橋。子どものころから、何度この橋を渡ったことか。
いろんなことがあったけど、やっぱり故郷が好きです。

Img_0779

鴨もいるしね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »