« 更新さぼり中 | トップページ | 東北ラウンドアップ2012、青森 »

2012年9月18日 (火)

ステップ5で考えた

先の土日は仲間のステップ5の手伝いをした。
正式にスポンサーシップを結んでいない仲間の棚卸しと言うことで、正直迷いがあった。
やってみて、失敗だったかなと思った。抵抗が強い。ライフストーリーは語りたい。でも欠点を指摘されるのは好まない。そんな印象を受けた。
が、最終的にはやって良かったと思う。

思うんだけど、いかに最初の3つのステップを踏んだとは言え、いきなり自分の過ちの本質をすべて直視するのはむずかしい。
本人に見えていない欠点の本質(多くは恨みや他者へのとらわれだ)は、ステップ5につきあった他人にはよく分かる。
でも、その欠点を提示しても、そうそうかんたんに受入れるとは限らない。心理的な抵抗が生じる。
指摘しても、すぐには受けいられない。自分は相手に傷つけられた、自分は被害者だという感情がどうしても出てくる。
「これがあなたの欠点ですよ。ほら、親への恨み、妻への恨み、上司や同僚への怒りや逆恨み、自己憐憫でいっぱいでしたね」
「ああそうだったんだ!なるほど確かにぼくの欠点です。教えてくれてありがとう」
そんな風にかんたんにはいかないのである。
それはステップ1、2、3ができてないというのとは、少しちがうと思う。
人間はそうかんたんに自分の欠点や過ちを認められない。感情にとらわれて、理性的な判断がすぐには下せない。そういう風にできているんだとぼくは思う。

だから、棚卸しが相手役から見て不十分に思えても、ひとつかふたつでも過ちに気がついたり、変化が始まるきっかけになれば、それで良いんじゃないかと思う。

ひとは変わる。でも、ぼくの思うようには変わらない。

低調に終わったように思えた今回の棚卸し。
夜になってその仲間からメールが来た。否定した欠点を、あと深く考えたという。
ぼくが指摘したんじゃない。
彼が自分で気づいたのである。あるいは神の意図が働いたのである。
それで良いんじゃないかと思う。

|

« 更新さぼり中 | トップページ | 東北ラウンドアップ2012、青森 »

コメント

5が終わる、それは次の始まりなのですが、6、7に進めない人も多いようです。
5で自分の欠点を認めた積もりでも、それが本心からなのかを試されるのが
生きて行く中で発生する6、7の部分なのかと思います。
認めたと思った事以外の部分で発生する、外部との軋轢から見えてくる欠点。
それを認める事が出来るかどうか?

その方は無事に6へ進めたようですね。
次は努力しても改善できない時に、跪いて神に取り除く事を祈れるか?ですな!

投稿: k | 2012年9月18日 (火) 22:42

6.7につながらない5をしても意味がないと思っています。

投稿: アポ | 2012年10月 1日 (月) 21:40

>kさん

返事が遅くなりました。
彼は彼なりに、次のステップに移っているように思います。
彼が霊的な生き方を伸ばしていけるかどうかは、結局のところ、彼次第なんですよね。
ぼくとしては、求めがあった時に、彼の役に立てるようにしたいです。

>次は努力しても改善できない時に、跪いて神に取り除く事を祈れるか?

ぼくもこのことを忘れずにいたいです。ありがとう!

>アポさん

ぼくはステップが足踏み状態になったように見えて、ふとしたきっかけで伸びていく仲間を見ました。
逆に、12ステップをきちんと実践できてるように見えても、ささいなことで霊的な行き方から離れていく仲間も見ました。
「こうなるだろう」「こうなってほしい」と言う希望、観測はまるで外れました。そのたびに、相手を変えることはできないという事実を思い知らされました。

>6.7につながらない5をしても意味がないと思っています

それはあくまでアポさんの側から見た意見です。神の側から見れば、またちがった見方があるでしょう。
ぼくは、彼が6、7につながらない、と決めつけるつもりはありません。
先に行けるかどうかは彼と彼のハイヤーパワーにおまかせです。

投稿: カオル | 2012年10月 2日 (火) 12:17

カオルさん、ごめんなさい。
ぼくは、6と7につながる5をしたと喜んでいます。
それを言ったつもりなのですけれど、表現力がなくてすみません。

投稿: アポ | 2012年10月 3日 (水) 14:36

アポさん

す、すみません、すっかりアポさんの意図を読み違えていました。
申し訳ないです。
これに懲りず、また遊びに来てください(^^ゞ

投稿: カオル | 2012年10月 4日 (木) 17:16

初めての棚卸しを行いまして、恨みの5を先日から始めました。
自分が小学生の頃に親に対して恨みを覚えた出来事を、これってすごく利己的だと思うな、とスポンサーに指摘されたとき、一瞬何を言ってるかわかりませんでした。が、その後、説明を受けて、まさに目からウロコが落ちました。驚きました。私は親をだましていたのに、本当の自分を理解していないと逆恨みをしていました。
棚卸し前は想像していませんでしたが、不正直がほぼ全部についています。つくづく、自分にも他人にも本音を出さず、ウソをつきまくった人生だったなと。これで5をやり終えると、こんな欠点いらねー、と手放したくなるのだな、と合点がいきました。ステップって、本当に行動することでわかるプログラムなんですね。

投稿: Kana | 2015年7月12日 (日) 01:25

kanaさん

古いエントリーにも関わらずコメントをいただき、ありがとうございます。
ステップが順調に進んでいるご様子ですね。うれしいです!
相手の側の欠点から自分の側の問題点に視点を移すのはたいへんなことです。同時に、やりがいもあるし、気がつけたときにはカタルシスも感じます。
ぜひステップを続け、6,7に進めるよう祈っています。
応援していますよ〜!

投稿: カオル | 2015年7月13日 (月) 07:27

カオルさん、返信ありがとうございます。うれしいです。
ステップに行き詰まったり、悩みがあるときはカオルさんのブログに来ています。過去のエントリを読んでいると、進むべき方向がわかるんですよね。近況も(ロックネタも)楽しく読んでいますよ

投稿: kana | 2015年7月13日 (月) 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/55689393

この記事へのトラックバック一覧です: ステップ5で考えた:

« 更新さぼり中 | トップページ | 東北ラウンドアップ2012、青森 »