« 書類タワー | トップページ | my bloody valentine来日! »

2012年6月 3日 (日)

酒をやめるためのプログラム

よくミーティングで「このプログラムは99%相手が悪くても、残りの1%の自分の側の掃除をするプログラムだから」と言うフレーズを耳にする。
それはその通り。なんだけど。

仲間のトラブルの話を聞いていると「おいおい、そりゃぁどう考えても相手が正しいよ、相手が怒るのは当たり前だよ」と思うことがある。本人のフィルターを通してさえそう聞こえるんだから、じっさいはどうなのか、想像に難くない。
で、最後に「この問題は相手が99%悪いけど、自分は1%の自分の側の掃除をします」とまとめたりする。「おいおいパーセンテージ逆じゃないのかよ」と心の中でツッコミを入れたくなる。ナイショだけど。

アル中さんは、手前勝手である。
独自理論のエキスパートである。長いことさまざまな独自理論を聞いてきたが、セントラルドグマはどれも共通している。「自分は悪くない」と言うものである。
(変形版として「どうせ私(オレ)が何もかも全部悪いんですよ」ってのもあるけどね)
そんな理屈で世の中を生きていけるはずもない。ましてや酒をやめ続けるなんてできるはずがない。
酒をやめて生き続けるには、高慢や怒り、恨みを何とかしなくっちゃいけない。
病んで思い上がってる(あるいは自己憐憫に浸りきっている)アタマを変えていかなくてはいけない。
そのために12ステップがある。

恨みや怒り、わがまま、不正直、怖れなどを点検し、自分の認知パターンを知る。
それを変えて行く努力をする。さらには傷つけた人に埋め合わせをしようとし、わがままな新米アル中さんの手助けをしようとする。
そういうことを続けていけば、まぁ多少は性格が変わったと周囲も思うだろう。短期的には「あいつ、最近ヘンだよな」くらいの評価でも、何年も続けていけば、ほんとうに性格の一部分(過敏で白黒思考、犯人探し傾向など)も変わる。「そう言えばあいつ、性格変わったな」と思われる。
古い友人知人からは「酒飲んでいたころはひどい性格だったけど、酒やめたら昔の性格に戻ったな」と思われる場合もあるだろう。

でも、性格の変化うんぬんは、「酒をやめる」という目的を達成する際の、副次的な結果に過ぎない。
ステップには性格上の欠点全部を神に取り除いてもらう準備がなんたらと書いてあるから性格改造だの宗教だの思われやすいけど、そうじゃないんです。
AAの12ステップは、酒をやめるためのプログラムだ。

性格変化自体を目的にすると、回復したかどうかの基準が「良い人格かどうか」に置かれてしまう。飲酒をやめたいと願うひとたちの集まり、と言うAAの本質からずれていくし、グループの性格に合わないひと、古株や中心メンバーと距離を置くひとが疎外されていく可能性がある。
だいたい、性格が良いかどうかなんて、誰にも判断のしようがない。
ある人から見れば温厚で穏やかな、好ましい印象の人でも、別の人から見れば優柔不断であいまいな最低ヤロウ、と評価されることもある。ひとの性格に点数なんてつけられないのである。

たまに夫婦げんかになると「あなたはそうやって何でも人のせいにして、ステップができてないんじゃないの!」と言われたりする。そうじゃないんです。妻よ。

|

« 書類タワー | トップページ | my bloody valentine来日! »

コメント

ステップはお酒を止めるプログラムですけれど、お酒が止まると アルコールが作った人格も変わりますよ。
変わらないのは、ステップの踏み方が間違っているのですよ。
ただ 良い人格の変化が起こっても、それは普通の人からみれば、当たり前のことですよ。
呑んでいたころが、いかにヒドい人格だったかが、ぼくは最近わかりました。

投稿: アポ | 2012年6月 6日 (水) 22:39

アポさん

>ステップはお酒を止めるプログラムですけれど、お酒が止まると アル
>コールが作った人格も変わりますよ。

そうですね、それはぼくもそう思います。
エントリー本文にも「性格の変化うんぬんは、「酒をやめる」という目的を達成する際の、副次的な結果」と書いています。
ぼくがこのエントリーで言いたかったのは「AAの12ステップはアルコホリズムという問題を解決するのが目的で、性格が変わる(かも知れない)のは経過の中での副次的な事象だ。性格を変えること自体を目的としてはいけない」と言うことです。
「私たちの本来の目的は飲まないで生きていくことであり、ほかのアルコホーリクも飲まない生き方を達成するよう手助けすることである」と序文に書いてあるとおりです。
ある12ステップグループは、「問題を解決すること」より「より良い性格を手に入れること」に主眼を置いた結果、袋小路にはまりました。
目的と手段、経過を取り違えるとろくなことになりません。
AAでも断酒会でも尊敬すべき人格の方がいらっしゃいますが、彼らは「アルコホリズムという問題を解決すること」を目的に行動し、その過程で性格上の変化が生じたものと推察します。

投稿: カオル | 2012年6月 7日 (木) 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/54855338

この記事へのトラックバック一覧です: 酒をやめるためのプログラム:

« 書類タワー | トップページ | my bloody valentine来日! »