« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

引越し大作戦まだ続く

ふしぎなことに、今回の東京マラソンのダメージはほとんど残らなかった。
翌日は足が痛かったけど、火曜日にはほとんど無くなり、きょうはもうすっかり通常通り。
この大雪が溶けたら、またジョグ再開しようっと。

さて、引越し大作戦は続いております。
気がついたらあと10日しかない。宿直だの本社トップの退任記念式典などもあるから、実質のこり一週間と言うところか。
住み慣れたこのアパートもあと10日かと思うと、感慨深い。
しかし次から次と、よくもまぁこれだけゴミが出てくるものだ。8年分の不要品だもんなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

東京マラソン2012、無事完走&受難のキリスト降臨

行って参りました東京マラソン!
走って参りました42.195km!
いやー疲れた。けど楽しかった。
最高の1日でした。
膨大な参加者。沿道の見物人。有名人、コスプレ、数え切れないほどの笑顔と歓声。このイベントは、まさにお祭りですね。楽しかったです。

今回は超スローペースでスタート。キロ7分前後で序盤を経過。
スローペースで走っているつもりなんだけど、場の空気に圧倒されて心臓がバクバク。ペース配分どころか、どこをどう走っているかも分からないまま序盤を過ぎる。
10キロランナーと分離する日比谷公園を過ぎて品川にさしかかるころから、徐々に落ち着いてくる。キロ6分半で行こうと決めていて、ほぼ予定ペースで品川〜銀座〜浅草までは行けた。
が、やはり30キロあたりから足が動かなくなった。
だいたい200メートル走っては100メートル歩き、のくり返し。どうせ足が止まるんなら前半もっと飛ばせば良かった・・・などと考えていても仕方がない。
とにかく足が動くときは走り、動かなくなったら歩く、のくり返し。
35キロ以降は非常につらかった。リタイアが何度もアタマをかすめた。5時間のペースメーカーに抜かれたときは正直、くじけそうだった。
40キロからは両膝の上の筋肉がけいれんし始めて、膝がまったく曲がらなくなった。しかしここまできたら、たとえ匍匐前進でもゴールしてやる!と、意地とキアイで乗り切った。
タイムは、グロスで5時間7分。
完全に練習不足だったんで、完走できただけで御の字。
ここんとこ、レースにもゼンゼン出てなかったもんね。

40キロを越えて最後の上り坂。
前方のランナーの中、巨大な十字架がよろめくように動いている。
アレは・・・イエス・キリスト?!
東京マラソンにイエス・キリスト?!

なんと、巨大な十字架を背負ったキリスト様が、腰布一枚で走っておられました。

【YouTube】東京マラソン2012、オードリー春日がイエス・キリストに敗れる 日刊テラフォー

「東京マラソン2012」にイエス・キリストが光臨し話題に!!十字架を背負い裸足で完走!? | コモンポスト

40キロ地点でのキリスト様は上の動画より、さらに悲壮感が増していた。
裸足、(ほぼ)全裸。ヒゲに長髪。イバラのかんむり。血は流れていないが足は赤くなり泥にまみれ、ふらふらだ。ゼッケンはなんと、巨大な十字架の上部に杭で打ち付けてある。
巨大な十字架の重さに前のめりになり、顔はもはや長髪とヒゲに隠れて見えない。ただ異様な眼光のみがぎらぎらと光っている。つぶれそうになりながらも歩みを止めない彼の姿は、鬼気迫るものがあった。
沿道から笑いと応援の声があがる。「がんばれキリスト!」「足に来てるぞキリスト!」
そんな声に軽く手を振り、苦悶の表情で走るキリスト。
その姿は、人類の業を一身に引き受けて十字架を背負い、嘲笑の中をゴルゴダの丘に歩く、まさにイエスさまそのものだった。
キリストの受難の姿が、宗教画から抜け出してきたかのようであった。
ただならぬオーラ。今回見かけたコスプレランナーの中では、文句なしのベスト賞をあげたい。キアイと言うか殺気と言うか、ほかのコスプレイヤーとは一線を画す気迫に満ちていた。
東京マラソンではあるが、マラソンとは別の次元の何かに参加しているような、そんな一場面だった。

あとで知ったが、チャンバーズと言うバンドのボーカル、ララバイ氏と言う方だそうだ。
東京マラソンを完走後、ライブを行ったと言うんだからスゴイ。

写真はこちら↓
ララバイかっこいい! #shutatsu000214 on Twitpic

世の中は広い。色んなひとがいるものだ。
ララバイ氏の存在を知っただけでも参加した甲斐があった。
次回はもっとトレーニングを積んで、好タイムでゴールするぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

あすは東京マラソン2011

いよいよあすは東京マラソン本番。
きょうは受付のため、東京マラソンEXPOに来ている。
安田美沙子たんも見れたし、高橋尚子選手も間近に見れた。
思い残すことなし。
あすは精いっぱいがんばります。

当日の過ごし方、ペース配分は高橋尚子選手のアドバイスがすごく役に立った。
とにかく前半は抑えるべし。
30キロの壁はよく知られているが、10キロの魔物も怖い。とにかく抑えて、雷門が見えたらペースを上げるくらいでちょうどよい。

1330158843024.jpg
さて、きょうは6時には晩ご飯食べて、早めに寝ましょう。
長くて短い一日になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

クルマが直ってきた

先月末のもらい事故で入院していたクルマが、ようやく帰ってきた。
1ヶ月近くかかったが、すっかりきれいになって帰ってきた。うれしいッス。
事故前から接続がおかしかったバックモニタも、すっかりリフィニッシュされている。うれしい。
これで心置きなく引越しができるってもんです。
しかし引越しはまだまだやることがいっぱい。スタッドレスタイヤも売らなくっちゃ。神奈川では不要だろうしね。そだ、まずは確定申告を済ませないと転出・転入の手続きもできない。
引越しまであと2週間。オークションでの不要品放出も一段落したし、東京マラソンが終わったらいよいよエンジンをかけなくっちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

東京マラソン2012あと3日

とうとうあと3日になってしまった。
きょうはキロ6分30秒ペースで6キロほどジョグ。
ちょっと前までこのペースはゆっくり過ぎるくらいのスローペースだったが、今や完全にノーマルペース。残念だが、どう考えても走力が落ちている。

考えれば考えるほどネガティブになってくるので、あきらめて本番用のプレイリストを作成中。
音楽を聞くより周囲の声援を聞いた方が一体感があっていいんだけど、声援を聞いているとついペースが上がっちゃうんだよね。
マイペース維持のためにも、くじけそうになったときの保険にも、iPodは不可欠です自分のバワイ。

ちなみにゼッケンナンバー28915です。

東京マラソン当日はこちらから追跡できます。

ランナーアップデート|東京マラソン2012
スマホ;http://p.tokyo42195.org/
携帯 :http://r.tokyo42195.org/

前回は30キロからの失速ぶりをスポンシーにご笑納いただきました。(;´д`)トホホ…

きょうのミーティングは数年に一度しかミーティングに現れないメンバーに会えて、いろいろ考えさせられました。
そう言えばこち亀にそういうキャラがいたなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

あえてパソコンを離れるの巻

ここしばらく、twitterの書き込みをしていない。
facebookも書き込んでいない。友だちの近況も読んでいない。
メールチェックは朝晩に行って、気が向いたらブログも書く。でも、それだけだ。

いま、あえてパソコンを離れている。
正確に言うと、ネットをぼーっと見ている時間を減らそうと努力している。
作業があるときだけ、目的を持って、時間を決めてパソコンを開く。
用が終わったら、あるいは用が終わってなくても決めた時間が経過したら、MacBook Proのふたを閉じる。

気がつけばぼーっとネットの海に浸っていて時間が過ぎていることが多い。
ストレス解消になったり、有意義な情報に触れることも多い。が、それ以上に無意味に没頭している時間が多くなってきた。
これではいかん。ネット依存症、ネットジャンキーになってしまう。
ただでさえハマりやすい傾向があるんだから、面倒なことにならないよう気をつけなくっちゃね。

てなことで、その分の時間を本を読んだり、ギターを弾いたり、引越しの準備をしたり、とにかくパソコンから離れるように努めている。

・・・とか言ってて、ついiPhoneを起動して2ちゃんねるのまとめサイトを見ちゃってたりするんだよね。イカンイカン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

12キロジョグ

いよいよ東京マラソンまで1週間を切ってしまった。
まったく仕上がっておりません。
1月中旬からこの方、ほとんどまともに走っていない。積雪や路面の凍結、極寒の日々が続いてたもんね。
走り込み不足もはなはだしい。だいたいトーホグ在住の人間が、1月から2月にかけて計画的な走り込みなんて、できるモンじゃない。
フルマラソン。だいじょうぶなんだろうか。うーむ。

まぁ、考え込んでも仕方がない。サイアクの場合、25キロまで走って、あとは歩きでも制限時間内でゴールできる。タイムは気にしないことにした。

てなことで、きのうは12キロジョグ。
フル1週間前からはトレーニング量を落として、時間も距離も短くして行くのがよいと、どの本にも書いてある。1週間前に12キロジョグはよろしくないらしい。
しかしもう2週間以上もまともに走っていないんだから、さらにゴロゴロしていては走力が落ちるばかりだ。
平常通りで行くべし。

しかし心配。こんなことならジムの解約をしなきゃよかったといまだに後悔。
焦りと不安で、いまから30キロ走とかやっておいた方が良いんじゃないかと考えたりする。
どきどきどきどき。ああ心配。ああ不安。
受入れる落ち着きを・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

日帰り往復はツライよの巻

きのう新しい居住先に行ってきた。
ガスの開栓の立会い、および地元の銀行口座の開設が目的だ。
なにせ福島県から出たことがないので、県内の地方銀行の口座しか持っていない。家賃やライフラインの料金支払いはそれでなに不自由なく生活できていたが、神奈川に行くとなると地方銀行の口座はまったく通用しない。
新しい銀行口座が必要になるなんて、今まで考えてもみなかった。世の中は複雑なものだ。

ついでに、ギターも何本か運んだ。業者に頼むと楽器類の運搬は割り増しになるので、運べるときに自分で運ぶに越したことはない。
ハードケースのギターをクルマに積み込んでいると妻の視線がひっかかる。たしかにでかい。場所をとる。
新しい生活は極力シンプルに、と自分で言っていることと初っぱなから矛盾している。
むー。
しかたなし。世の中に適応すると言うことは、矛盾を呑み込んで生きていくと言うことである。
目の前の矛盾にいちいち目くじらを立てていたら、濁流のごとき世間を生きてはいけないのである。・・・(と正当化)。

それにしても福島・神奈川間の日帰りクルマ往復はつらい。
なにがツライと言って、首都高越えがつらい。
高所恐怖症の人間にとって、あそこは悪夢のような場所である。
なぜビルの屋上よりも高いところを道路が通っているのか。直線だけならまだしも、激しいカーブとアップダウンの連続。右から左から流入があり、迷路のように分岐がつづいている。
トーキョーのひとは、あんなところを日常的に運転して平気なんだろうか。尋常じゃない怖さだ。
さらにトラックにあおられ、分岐の直前で車線変更をしようとしてパッシングを受け、神経がささくれる。
首都高なんて一生無縁だとばかり思っていたのに。上りと下りしかない東北自動車道だけで生きていけると思っていたのに。「田舎のネズミ都会のネズミ」と言う単語が脳裏をよぎる。

それでも何とか無事に片道5時間、往復10時間を無事故で帰ってくることができた。ホッ。
引越しが終わるまで、あと最低2回は首都高越えをやらなくっちゃいけないんだよね。ユーウツなり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

10倍でもきびしいモンダイ

引越し準備が進まなくて焦っている。
荷物整理をしていると、プレステ1のソフトが大量に見つかった。
30本ほどだろうか。
妻に頼んで、某全国チェーン古書店併設のゲームショップに持っていってもらった。
段ボール箱いっぱいのゲームをカウンターに運んで中身を点検。

なんと、全ゲーム一律で1円のお値つけ。

がーん。
妻は迷ったそうだが、さすがにこの値段では切ないと考え、某全国チェーンDVDレンタルショップに持っていった。青地に黄色いカードを発行しているアレである。
そこでなんと、1本10円のお値段。
またまた妻は迷ったそうだが、段ボール箱いっぱいのゲームを持ち運ぶのにも疲れ、そこで売ってきたそうだ。
帰ってきた妻は、10倍の値段で売れたと、ちょっとうれしそうだった。

お疲れさまでございました。

それにしてもシブイ根付けである。30本で300円。
10倍と言えば10倍だが、300円。ガソリン代と手間ひまを考えると、むしろそのまま捨ててしまった方が経済的には合理的と言える。
これもデフレの影響なんだろうか。
まぁしかたない、いまさらキングス・フィールドとか買う人もいないだろう・・・と思ったら、Amazonでは380円である。
380倍じゃん!
こりゃあAmazonのマーケットプレイスに登録するのがいいかなぁ・・・と思ったが、イカンイカン。
お金を儲けるのが目的じゃない。引越しの準備、不要品の整理・廃棄が目的である。
だいたいAmazonに出品して売れるのを待っていたら、いったいいつになるか分かったもんじゃない。
納得のいかない値付けでも、廃棄が目的と割切るべし。

しかしこんなことを考えているとゼンゼン引越しの準備が進まない。こまったこまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

最後のロング走

先日、久しぶりにロングを走った。
最近は6キロ前後のショートジョグばかりだったので、10キロちょいくらい走れればいいかな、と思ったが、意外に調子が出てきて20キロ弱ほど走れた。
東京マラソン前の最後のロング走だ。
今年は寒さがひどくて、一月中旬以降はほとんど走れなかった。道路はつるつるに凍結、路肩は走れないとなっては夜間・早朝のジョグはムリ。
折しも会員になっていたスポーツジムは、1月で退会してしまっていた。こんなことならせめて2月いっぱいは会費を払っておくんだった。くやしい。
しかたない。
いまの力量で走るしかない。抑えに抑えても、また30キロあたりから失速するでしょう。
まぁ、それでもいいやね。
リタイアしちゃおうかなーとも思ったけど、考えてみたらぼくはただの鈍足市民ランナーだ。一生懸命走って無事にゴールができれば、それでいいのである。
故障せずに完走すること。タイムは二の次、三の次。

てなことでお祭りの日が近づいてきました。
がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

2年のバースデイ

先日、スポンシーの2年のバースデイミーティングの司会をさせていただいた。
司会をしながら、仲間のこと、自分のこと、色んなことが頭をよぎった。
自分がAAにつながって2年というと、ようやく1年のバースデイを迎えて数ヶ月経ったくらいだ。
再飲酒ばっかりしてて、最初の9ヵ月は酒が止まらなかったのだ。

2年の頃の写真を見てみた。
まだ結婚前の妻とデートしていたり、仲間とイベントに出かけていたり、前スポンサーとゲレンデに行っていたり、職場バンドでギターを弾いたりしている。
やっていることは、いまとあんまり変わらない。
でも当時はうっ屈した気持ちがどこかにあって、常にやるせなさや孤独感と暮らしていた。
仲間といっしょにいても「どこかちがう」と思っていたし、バンドをやっていても、仕事をしていても、妻と過ごしていても、自分がいまいるべき場所はここじゃないと言う思いがあった。

最近AAにつながってくる新しい仲間はどうなんだろう?
色んなタイプのメンバーがいるし、抱えている問題もさまざまだ。
でも、自分で自分の人生が生き切れていない、本来あるべき自分から遠く離れてしまっているという感覚は、きっと変わっていないんじゃないだろうか。

2年を迎える仲間。彼がここまで来た道のりを思うと、驚くことばかりだ。
ずいぶん変わったな、と思う。成長し、タフになっている。
少しずつだけど、自分を許し、他人を許せるようになってきている。
彼を見ていると、自分には決してできなかったことを神がやっているということがよく分かる。
成長。
アルコホーリクが酒にまみれてストップしていた人生が、回復とともに一気に進んでいく。
それは、しんどいことでもある。

成長には、痛みが伴う。何の痛みも掻痒も感じずに成長することはできない。
前に進もうとし、現状を変えていくには、こころの中の葛藤と向き合わなくっちゃ行けない。

しんどいことだ。
しんどいけど、痛みを感じた分、それに見合う価値が、成長が手に入る。
何ごとにも対価は必要なのだ。
そして、払った対価に見合うだけの成長を、少なくともぼく自身はたしかに、AAからもらってきた。

もちろん、痛みばかりじゃない。成長の旅は驚きと発見の旅だ。
ぼくの最初の何年かは、まるでジェットコースターに乗っているようだった。目まぐるしく出会いがあり、発見があり、傷つくことがあり、思いがけない笑いがあった。

旅はまだ始まったばかり。
ひとりではつらい旅路も、仲間がいればきっとだいじょうぶ。ゆっくり進んでいきましょう。
ハッピーバースデイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

うなれ!サイコマスター!

引越しの準備がつづいている。
ほかにやることはないのかと言われそうだが、とにかく片付かない。きょうはゴミ袋6つくらい不要物を捨てたが、それでもまったく片付いた気がしない。
妻に頼んでブックオフにプレステ1のソフトを売ってきてもらったが、なんと1点1円。段ボールに30本くらい詰めていったのに30円。
トホホである。

逆に、不要な音楽機材はヤフオクで売っている。こちらはわりと良い値がつく。
使わないMIDIキーボード、オーディオインターフェース、エフェクター類。それにギター。
もう10年くらい出番のないギターくんたちは、新しいオーナーに使ってもらった方がしあわせだと思う。楽器はクローゼットで眠るために作られたわけじゃないもんね。
で、調子に乗ってギターを売っていたら、

気がついたら新しいギターが増えていた。

あれぇ?

Psychomaster2


Psychederhythm(サイケデリズム)と言うメーカーの、その名もPsychomaster。
fenderのジャズマスターをモデルに作られたギターである。

http://www.psychederhythm.com/

もう、デジマートで見かけたときから一目ぼれです。
ラージヘッド、ベッコウのピックガード、マホガニーのブラックボディ。ヘッドに刻まれた赤いインレイ。
Psychomaster1

くわしいスペックはここ
このジャズマスター、じゃないサイコマスター、オレを呼んでいる・・・・ような気がした。
かっこいい。弾きたい。センス抜群。サイケデリズムのギターはいちど弾いてみたかったし、手に入れるならぜったいジャズマスタータイプと決めていた。
さいわいヤフオクで得た資金があったし、えーい!購入しちゃいました。
も、もちろん妻にはちゃんと相談しましたよ。ええ。そこはちゃんと。了解をいただきました。

このギターはもう、ぐわんぐわん、ぎよんぎよん、歪ませてアーミングしまくるしかないね。
全身から漂うただならぬロックの匂い。うーむ良い感じだ。
うなれサイコマスター!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

荒吐12のラインナップが発表に

荒吐12のラインナップ、発表になっていたんですね。

ARABAKI ROCK FEST.12 » ラインナップ

9ミリ、曽我部恵一バンド、チャットモンチー、怒髪点、バースデイ、バックホーン、ピローズ、モンパチ、フラカンなど、いつもの安定したラインナップ。
珍しいところではエコーズ、渋さ知らズオーケストラ、パスカルズ。

ぼくとして応援したいのは、やっぱり山口洋。
今回は南相馬復興支援プロジェクト「山口洋 presents "MY LIFE IS MY MESSAGE"」として出演。
調べてみたら、山口洋は南相馬復興支援でライブなどの活動をしていたんだね。

MY LIFE IS MY MESSAGE

がーん。ゼンゼン知らなかった・・・。
それにしても山口の兄貴、やるね。

しかしこういう情報を取りこぼさないようにするにはどうしたら良いんだろう。
先日のジュノー・リアクター来日も知ったのは直前だったし、山口の兄貴の活動も知らなかったし。
かといってしょっちゅうHPを見てるわけでもないからなー。
RSSリーダーとか言うのがいいのか、やっぱりtwitterなのか。
twitterもフォロワーが多いとタイムラインがあっという間に流れていくんで、情報が埋もれちゃうんだよねー。
誰かよい方法を知っていたら教えてほしいです。

それはともかく、今年も荒吐は素敵なフェスになりそうな予感。
今年ぼくは行けないけど、気分だけでも盛り上がりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

久しぶり7キロ

久しぶりにジョグ。足慣らしに7キロ。
ようやく雪は溶けてきたけど、まだまだ日陰は凍ってる。解け残りの雪塊が路肩を占めている。
転ばないように気をつけながらキロ6分10秒ペースで走る。
気がついたら日の出が早くなっていた。
6時半にはもう明るいんだ。
春が近いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

引越しは続く&粗大ごみ回収失敗

まいにち引越しのことで頭がいっぱいだ。
クールダウンしなくっちゃ、と思うんだけど、うまくいかない。
きょうは震災でダメになった大型CDラックをゴミ収集に出したんだけど、回収してくれなかった。
うちの自治体は

市の清掃課に電話依頼→業者からある日電話がくる→翌朝8時までに路肩に回収物を出す

と言う流れ。
が、路肩に解け残りの雪塊ブロックがあって配置困難。ラックが道路に倒れて事故になりかねない。
路上に棚板のみ置いて、奥の自宅軒下に本体がある旨を大書して張っておいた。電話番号も付記。
が、路上の棚板のみ回収して本体はスルー。電話もなし。
ヒドイと思って市の清掃課に電話をした。そうしたら婉曲な言い回しで、あらかじめ業者に、軒下に本体があると説明していないのが悪い、と言われた。
そんなこと、市のHPにも市民だよりにも書いていない。
ちょっと逆上しそうになったが、相手の名前をフルネームで聞いたくらいで、何とかおさまった。

市の対応は悪い。が、こんなことで怒ったりくじけていたりしてもはじまらない。
先は長いのである。
長距離走のコツは、トラブルに遭わないことではなく、トラブルがあってもペースを崩さないことである。
ペースダウンしても良いから、止まらないこと。

感情のソブラエティってのは、逆境で試されるんだろうね。
逆境ってのもおおげさだけど。

市の清掃課のひとも、きっと震災がらみで疲れてるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

雪やこんこん、ランニングできず

それにしても雪が止まない。
道路は圧縮凍結、少しばかり日が差して溶けたかと思うとまたすぐに凍結。
最低気温は連日−8℃。最高気温は0℃を越えるかどうか。
ここ数年、いちばん寒いんじゃないだろうか。
例年だったらジョギングは休止で冬眠に入っている季節だ。
が、今年は東京マラソンがある。そうはいかない。
走りたい。けど走れない。
ああジレンマ。

きのうの日中、少しばかり晴れたんだよねー。そのときさっと走ってくればよかった。
あああ。後悔先に立たず。

きょうは朝から仕事。日勤、宿直、あすの日勤と、例によってカンヅメ。
職場の庭もすっかり雪景色だ。
あと2週間もすればこの寒さもやわらいで、春めいてくるにちがいない。
こんな風景を楽しめるのもいまのうちだね。

120205shokuba01

ちなみに石の右側は池になっているんだけど、すっかり凍ってる上に雪がかぶって、地面と区別がつかないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪やこんこん、ランニングできず

それにしても雪が止まない。
道路は圧縮凍結、少しばかり日が差して溶けたかと思うとまたすぐに凍結。
最低気温は連日−8℃。最高気温は0℃を越えるかどうか。
ここ数年、いちばん寒いんじゃないだろうか。
例年だったらジョギングは休止で冬眠に入っている季節だ。
が、今年は東京マラソンがある。そうはいかない。
走りたい。けど走れない。
ああジレンマ。

きのうの日中、少しばかり晴れたんだよねー。そのときさっと走ってくればよかった。
あああ。後悔先に立たず。

きょうは朝から仕事。日勤、宿直、あすの日勤と、例によってカンヅメ。
職場の庭もすっかり雪景色だ。
あと2週間もすればこの寒さもやわらいで、春めいてくるにちがいない。
こんな風景を楽しめるのもいまのうちだね。

120205shokuba01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

iPadを足で踏む時代が到来?Digitech iPB-10

Digitechからスゴイマルチエフェクターが出た。
その名もiPB-10。

Ipb10_top

見た目は同社のRP1000にそっくり。
最初に見たときは、RPシリーズの新作かと思った。
Rp1000main

そしたらなんと、iPB-10は中央にiPadを装着して使うもので、いわばマジンガーZのジェットスクランダーみたいなもんである。
装着はこんな感じに。

Ipb10_open_2

イヤこれ、すごいね。iPadをフロアタイプのマルチエフェクターにしちゃうとはね。
しかし当たり前の話だけど、フロアタイプってことは床に置いてがんがん踏んで使うのが目的。
iPad、踏んじゃうのでは?
iPadの液晶パネルは傷つきにくくて頑丈だと聞いているけど、暴れる系バンドのライブだったら一発で液晶を割っちゃうような気がする。
ライブの最高潮、ここぞの自信曲!クリーン系のイントロで始まり、Aメロ前でディストーションペダルオンッ!
まちがえて液晶パネル踏み抜き破損!ギターの音も出なくなりライブ大失敗!
とかね。
メリットとしては、液晶パネルの輝度を上げておけば、チューナーなんかは視認性が高くて良いかもです。

しかしiPadもここまで進化したか。感慨深いなー。
iPad2の購入資金48,000円で、Line6の最高峰フロアマルチPOD HD500が余裕で買えるじゃん、と言うツッコミはナシで。

iPB-10 Programmable Pedalboard | DigiTech Guitar Effects

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

引越しは3月11日に

引越しが決まった。
なんと3月11日である。震災1年の日である。
何と言うか、ふしぎに感じる。
震災をきっかけに色んなことが起こって、いまの職場を離れることになって、そして震災のちょうど1年後にこの町を離れることになるとはね。

引越し業者は、厳選の結果H社に決定。
名前を出しても差し支えないと思うが、ハート引越しセンターである。
ここがいちばん安かった。
もとが安い上に3月の前半と言う期間割引きが加わって、15万円ジャスト。予算の75%で済んだ。
5社による相見積もりは正直面倒くさかったが、しつこく見積もりを重ねた甲斐があった。
業者を決める手間がたいへんだったので、ここでなんとなく一安心しちゃいそうだが、肝心なのはこれから。
これから荷造りである。
あと一ヵ月と少し。さてさて、無事に終わるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

内視鏡検査終了・・・

大腸がん検診が終わった。
腹部エコー、胃カメラ、大腸内視鏡の3点セットである。
検査自体は1時間もかからなかったが、セルシンと言うお薬で眠っているあいだにすべてが終わったので、正確な時間は分からない。
病院に着いたのが午後2時で、セルシンを打ったのが2時半ごろ。目が覚めたときは4時半過ぎで、先生から説明をもらって終了。
すべて異常なし。
ホッ。
これで心置きなく引越しに集中できる。

それにしても下剤はすごかった。
職場のセンパイのアドバイス通り、きのうはいちにちお休みをもらっておいて正解だった。
マグコロールPと言う下剤、超強力。
粉末の下剤を1.8リットルの水で溶いて、1時間半かけて飲む。味はスポーツ飲料そっくり。
飲みはじめて30分ほどはなんともなし。
その後、突然に爆発的な下痢が襲いかかる。
それからあとは、飲んだマグコロールが数分後にはそのまま下から出てくる感じ。まるで自分の身体が一本の土管になった気がする。
「来た!」と思った2秒後にはバクハツする。トイレのドアを開けっ放しにして電灯もつけっ放し、それでも間に合うかどうかギリギリ。
最後にはPSPを握りしめてトイレにずーっと座っていた。
もう、フォレバーにトイレの住人になるかと思った。

(関係ないけど、Y'sの1ってこんなだったっけ?キャラもセリフも昔MSXでやったときと印象がちがう。カクカクしないY'sなんて!)

水溶性下痢、と言う言葉の真の意味を理解しましたよ。たはは。
さて、きょうはきょうとて本社研究班の打ち合わせ会。
つか、十数年間のお疲れさま会。
ほんと、こんな日が来るとは。飲まないでいると、人生は進んでいくんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »