« 衣類の棚卸し | トップページ | 大腸がん検診はお腹がぐるぢい »

2012年1月30日 (月)

まさかのもらい事故

いやービックリした。
まさかのもらい事故である。
先週の金曜日の夜9時過ぎ、折からの寒波の中を帰宅途中のことだった。
現場は見通しの良い片側2車線のバイパス道路。
突然右側のドアになにかがぶつかる音と、衝撃。
なんと、対向車線を走っていたクルマがスリップして、中央分離帯をぶち破ってぼくのクルマの横っ腹にぶつかってきた。

ビックリ。

すぐに路肩に停車して、110番通報しながら相手のクルマに歩いていく。
さいわい火災もなく、相手のドライバーもケガひとつなかった。

当時、気温は−8℃。地吹雪が舞って視界が悪い。歩いてみると道路はつるっつる。
路肩に止めたぼくのクルマを避けようとして、後続車両一台がスピン。危険な道路状況だった。
さいわい警察はすぐにきて、現場検分などもてきぱきと終わり、1時間ほどで事故処理は終了。
警察がすぐ来てくれて非常用のコーンや後続車両の誘導をしてくれて、ほんと助かった。到着が遅れていたら、深刻な二次事故が起こっていたかも知れない。
ぼくも相手もケガがなくてよかった。

しかしほんとうにおどろいたね。
相手のクルマが軽自動車だったのも不幸中の幸いだった。
もっと大きいクルマやトラックだったら大けがしていたかも。
一見路面はドライに見えたけど、じっさいはつるつる。気温が零下の時は運転は慎重に、だね。
しかしクルマの修理、どうなることやら。
保険屋さんの話では100%相手方の過失なので修理費用は出してくれることになるそう。しかし修理にどのくらい時間がかかるやら。厳しい冬の時期、慣れてる自分のクルマを使いたいものです。

|

« 衣類の棚卸し | トップページ | 大腸がん検診はお腹がぐるぢい »

コメント

まさか、バイパスの対向車線からぶつかってきたとは…。とにかく無事で何よりです。でも、本当に大丈夫なの?後から痛みとか出ないといいけど…。ここのところの寒さ(低温)は異常ですね。

投稿: まつけん | 2012年1月30日 (月) 22:48

まつけんさん

ありがとうございます。
いまのところ身体はなんともありません。
きょうあたりは最高気温が0℃と、異様に寒いですね。
凍結路がこわくてゼンゼン走れていません。東京マラソンが近いのにトホホです。
お互い安全運転で、無事にこの冬を乗り切りたいものですねー。

投稿: カオル | 2012年1月30日 (月) 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/53861089

この記事へのトラックバック一覧です: まさかのもらい事故:

« 衣類の棚卸し | トップページ | 大腸がん検診はお腹がぐるぢい »