« その気になれば痛みなんて・・・完全に消しちゃえるんだ! | トップページ | 運動しようぜ »

2011年9月30日 (金)

アディクションと夫婦関係

先日のLIVE福島に行った時の話。

このイベント、ふだんロックなんて聞かない人たちが山ほど集まっていた。狭い地域のことである。知人に出会う出会う。
友人、知人、職場関係、親戚。さらには父の職場の人たちやらその家族やら、もう町のお祭りか町内会のイベントのようなローカルぶり。
そこに通常のロックフェスの客や永ちゃんファンが交じりあって、もう何が何だか分からないカオスなファミリーイベントと化しておりました。
おそるべし福山雅治の威力。

それはともかく、そんな中に、知人の断酒会のご夫婦がいた。
このご夫婦がね、いいのよ。

当日の会場はものすごい人混みで、ご夫婦も人波にもまれてしんどそうだった。ご主人の方がぼくに気がついて手を振ったんだけど、そうしている間にもどんどん人波に流されていく小柄な奥さん。
でも、散り散りになりそうになりながらも、しっかりと手を握りあって、ご夫婦は笑いあっていた。
ぼくよりも年配のご夫婦だったが、まるでティーンエイジャーのカップルのように初々しくて、若々しくて、はしゃいでて、しあわせそうだった。
ぼくはそのご夫婦がしんどかった時の話しをうかがっているけど、とても苦い体験をしてきたとは思えない、素敵な笑顔だった。文字通り、きらきらと輝いていた。

いいなー。回復しているなー。と思いました。

AAのイベントに出かけると、ご夫婦の参加が存外に少ないのに気がつく。
ご夫婦だと知っているカップルも、別々に座っていて、それぞれの知人だけと話していて、ぱっと見には仲が悪いんじゃないかと思ってしまう。
スピーチも、本人自身の回復が中心で、家族との絆が戻った話や、パートナーに感謝しているとかの話はあまり聞かない気がする。

もちろん家族は家族で共依存からの回復が必要だし、その過程で、一時期はパートナーとの関係が不安定になったり距離が遠ざかることもあるだろう。
でもさー。回復して家族としっかりと絆に結ばれて、奥さんとラブラブの熟年AAメンバー。そう言うのがもっとたくさんいてもいいよねー。
日本的な恥ずかしさはあるんだろうけど、家族との関係が回復している姿は、多くの苦しんでいるアル中さんとその家族に、希望を持ってもらえると思うんだけどな。
奥さんはAAのイベントに顔も出さないし、仲間は奥さんの顔を見たことがない。本人のスピーチでは仲間の話ばっかりで妻や子供のことはゼンゼン出てこない。そんなのっておかしいよ。

くだんの断酒会のご夫婦の素敵な笑顔は、ぼくの頭の中にしっかりと刻み込まれました。こんな風でありたいものです。
いちどぼくも、セミナーのスピーチで妻に向って愛を語りかけてみようかな。
あとでスゲー怒られそうだけど。

|

« その気になれば痛みなんて・・・完全に消しちゃえるんだ! | トップページ | 運動しようぜ »

コメント

昔のホームグループの人達とミーティング後にファミレスで
ご飯を食べてた時のジョーク。

ミーティングで愛と感謝を語るけど、家に帰ると
「まだ晩御飯が出来てないんか!」
「こんな飯が喰えるか!!」
と卓袱台をひっくり返すオールドタイマー。

断酒会の方が本来のA.A.(で多くのU.S.A.グループで)らしい
部分を持っているという人(私ぐらいかな?)もいますよ。
(A.A.を手本に始め、A.A.になろうとしたけど伝統に関する点で
 G.S.O.に断られたのが 今の断酒会ですから…)

逆に断酒会が行う事を行わないのがA.A.なのだと思ってる人も
いましたからねぇ。

投稿: k | 2011年9月30日 (金) 21:09

kさん

なかなか苦笑いなジョークですね。
断酒会の夫婦同伴の原則を、AAしか知らない自分は最初は奇異に感じました。でも夫婦の、家族の絆の回復という意味では、メリットも大きいと感じます。
もちろんデメリットもありましょう。
でもそれは、夫婦が別々の回復の道を模索しているように思える日本のAA・アラノンよりも、はた目には健全に見えます。
もちろんAAにも、例えば6月8日のエントリーで書いたような、すばらしいご夫婦もいらっしゃいます。そう言う面がもっともっと前面に出ると良いのですが。

投稿: カオル | 2011年10月 1日 (土) 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/52872784

この記事へのトラックバック一覧です: アディクションと夫婦関係:

« その気になれば痛みなんて・・・完全に消しちゃえるんだ! | トップページ | 運動しようぜ »