« Microsoft office for Mac 2011は良いかも | トップページ | 大阪に来てます »

2011年7月 8日 (金)

徒労感なり

例の成果物関係の仕事がドツボにはまっている。
まったく終わりが見えなくなった。

ガイジンさんとやり取りが気が重い。
何度も何度も書き直すんだけど、毎回同じところをダメ出しされる。
最初は「I would like to...」みたいな文章だったのが、とうとう「I strongly recommend you to..」と語調が荒くなり、詰問に近いクエスチョンが山ほどくっついてくるようになった。
直しても直してもオーケーがもらえない。逆に指摘事項が増えてくる。
自己効力感ダダ下がりである。

ニンゲンは感情の生き物だと、つくづく思う。
まったくほめられない/評価されないと、やる気が出ない。ダメ出しばかりでは気力が続かない。
おまけに気持ちが萎縮すると、良いアイディアがまったく湧かなくなってくる。
ダメ出しの連続からは、クリエイティブなアイディアは出てこない。
叱責やダメ出しは、せいぜいほめ言葉の前フリくらいにしておいた方がいい。

3つダンゴになっていた案件のうち,とりあえず一つが一段落。
残りはあと二つ。少しずつ前に進んでいる。がんばりましょう。

|

« Microsoft office for Mac 2011は良いかも | トップページ | 大阪に来てます »

コメント

主張が前面に出てきて日本人的には「言いすぎ?」みたいに思うけど、相手はそれほ気にしないですね。欧米ってどこまでも自分が中心の文化なんだと思いますよ。たとえば…「お前がファールした!you did!」じゃなくて「俺がファールを貰った!I got!」ってストリートバスケ言ってた。

投稿: ボンジ | 2011年7月 9日 (土) 22:08

ボンジさん

ありがとうございます。
米国の方は物言いがはっきりしていますね。知識としては分かっていましたが,いざ自分がそのはっきりした物言いの対象にされるとキツイです。
何とかがんばっています。あああ。ユウウツなり。。。

投稿: カオル | 2011年7月10日 (日) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/52128681

この記事へのトラックバック一覧です: 徒労感なり:

« Microsoft office for Mac 2011は良いかも | トップページ | 大阪に来てます »