« 東北 ラウンドアップin奥松島、ネクスト・ジェネレーションズ | トップページ | レース出てないな »

2010年9月20日 (月)

100の共感と1の解決

新しい仲間を見てると、つい解決を提案したくなっちゃうんだよね。
長年AAに浸かっていると、イヤでも新しい仲間の問題が、同じパターンを持っているのに気が付く。
それを解決した仲間も、解決できなかった仲間の結末も知っている。

でも、共感のないところで解決だけ提案したって、相手のハートには届かない。
共感が100。
で、最後にひとつだけ、控えめな解決の提案を。
そのくらいの割合がちょうどいいんじゃないかな。
ただでさえアルコホーリクはビビりで、いくじなしで、他人の顔色にビクビクしてて、すぐに他人の感情に反応してしまう。
相手は、ひとつの意見として言っているに過ぎない、なんて思えない。押し付けだと反発するか、盲目に従属するか、どっちか。
だからこそ、まずは共感。

それはよくない、ああした方がいい、こうした方がいい。
そう言いたくなる気持ちをグッと抑えて、まずは100の共感。
結果的には、それがいちばん効率的な解決の伝達だったりするんだよね。

|

« 東北 ラウンドアップin奥松島、ネクスト・ジェネレーションズ | トップページ | レース出てないな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/49511156

この記事へのトラックバック一覧です: 100の共感と1の解決:

« 東北 ラウンドアップin奥松島、ネクスト・ジェネレーションズ | トップページ | レース出てないな »