« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

行くぜ!荒吐10!

いよいよ明日から荒吐だ。
心配した天気も良好らしい。
荷物のパッキングも終了した。
もうちょっとでチケットを忘れそうになるところだった。あぶないあぶない。
あとは早起きして、会場に出かけるだけです。
もやい結びも思い出した。
テントの設営のイメージトレーニングもした。
タイムテーブルも確認した。
あとは楽しむだけです。
それでは、行ってきまーす!
・・・って、まだあしただった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

第17回郡山シティマラソン、無事完走

郡山シティマラソン、10マイル完走しました!
トレーニング不足で完走できるか不安だったけど、何とか無事に走り終えることができた。
タイムは1時間22分56秒。
完走も危ぶまれたくらいだから、このタイムは御の字だ。

100429koriyamamarathon01

朝はくもりだった天気も、開会式が始まるころには青空も見えてきた。
桜は散りかけて、さくら通りには花吹雪が待っておりました。きれいだったなー。
今回の出場者は、大会発表で6千人ちょい。
駐車場が止められないわけです。

100429koriyamamarathon02

ゲストランナーは、有森裕子さん。
妻によると、コースに出て多くのランナーとハイタッチしたり行ったり来たりしてランナーに並走していたそう。スゴイ!

100424sakura04

ん?
そう言えばいたいた!
ゴールの開成山公園入り口付近、コースに出てやたらテンションの高い父兄がいるなー、あぶないなーと思った記憶が。
まさか有森裕子さんだとは!
うーん、記念にハイタッチすれば良かった・・・残念・・・。

時間があれば他のランナーのゴールもじっくり見たかったのだけど、あいにくの雨で慌てて帰路についた。
100424sakura03

しかし16キロってムツカシイ。
ハーフでもなく、10キロでもない。
イメージがわかない。
練習不足だし、前半6キロはアップだと想定、その後に10キロのレースだと思えばいい。
と思ったのですが、最初の4キロはあまりにスローペース過ぎ。
徐々に追い上げたけどゴール後も足が残っており、もう少し前半飛ばしても大丈夫だったかなと反省。
ペース配分は難しい。

今回はAAの若い仲間も10キロに参加。
最近走り始めたばかりだというのに、なかなかの好タイム。やるな!
(お疲れさま!次回またレースで一緒に走りましょう)
他にも思いがけない知人に出くわしたり、さすが郡山で一番大きい大会。
来年、また荒吐ロックフェスとかぶらなければぜひまた出場したいな。
久しぶりのレース、存分に堪能。楽しかったぜ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

まずいかも

日曜の朝から火曜の夜まで職場にカンヅメだった。
夜は仮眠も取れるしまぁ大丈夫だろうと思っていた。
火曜の夜、帰りは雨。
気が付いたらクルマが道路の真ん中によっていて、もう少しで対向車とぶつかりそうになった。
マズイ。
疲労がたまっている。
対向車が見えていなかったわけではない。向こうから何か光るものが来るなーと思ったが、それを対向車と認識することができなかった。
明らかに注意力が下がっている。もうちょっとで正面衝突するところだった。

仕事の量を減らそう。このまま仕事をありったけ全部引き受けていたら、ほんとうに潰れてしまう。

そう思ってきょう、仕事の一部を同僚に依頼する。
当たり前だが、あまりいい顔をされなかった。仕方なし。

いかんね。
気持ちが不健康になっている。
他人の顔色に反応している。ビビっている。恐れを感じる。
そして、仕事の量の判断ができなくなってきている。
たかが60時間、勤務が続いたくらいで泣き言を言うのは恥ずかしい、同僚に仕事を頼むのは申し訳ないと言う気持ちがある。

良くないね。
手放そう。手放していこう。休養を取ること、休むことに罪悪感を感じるのはやめよう。

しかし、ほんとマズイね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

もうすぐ郡山シティマラソン

気が付いたら郡山シティマラソンまであと3日。
ゼンゼン走ってません。わっはっは。
今月の走行距離、怖くてiPhone見れないくらい。50キロくらいか?
とりあえず一昨日、花見ラン16キロこなしたから、まー完走はできる・・・かな・・・?
仕方なし。タイムはまったく期待できない。
ふだんはクルマで一杯のさくら通りのど真ん中を走れるってことで、まぁ楽しんでいきましょう。
さてさて、今回はどんなドラマがあることやら。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

桜ざんまい

きょうは仕事を休んで、思いっきり遊んできましたァ!

思いっきり朝寝坊して(9時間も寝た)、花見ラン16キロ。
帰ってきて、もっと朝寝坊の妻を起こして再度花見へ。

100424sakura01

藤田川の桜は満開でした。きれいだったなー。
100424sakura02

藤田川を散策したあと、勇屋で冷やしトロロソバを食べて福島市へ。
妻といったん別れて本部に到着、研修生のプレゼンに同席。予行演習して質疑応答対策もバッチリだったせいか、ほとんど質問もツッコミもなく、パーフェクトな出来栄えでした。
研修生のプレゼン、本部からも褒めちぎられる。社交辞令も混じっているけれど、ここまで褒められると指導担当者としてもうれしい。
きのうまでの心配がウソのように、さっくりと終了。
その後、妻と合流して妻の実家で義父母と雑談。
帰りに滝桜へ。

いや、遊んだ遊んだ。
なんかスゲー「遊んだ!」って充実感がずっしり。
桜ざんまい、青空ざんまい。
気持ちのいい休日を楽しみました。
リフレッシュできたし、明日からまたがんばろうっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

休むぞー!

あすは午後から本部で研修生のプレゼンに同席。
かなりしんどいプレゼンで、何とも気が重い。
本部やほかの支社の中堅からけっこうイジワルな質問が浴びせられ、研修生が行き詰まると指導担当者(ぼく)が代わりに質問に答える。
なんでこんな企画をやっているのか、まったく持って不思議。土曜の午後だってのに。
水曜日に支社内で予行演習をやったけど、やっぱり気が重い。
今年度はこれ、4回もやらなくちゃいけない。
ユーウツなり。

明日の午前中は、思い切ってお休みをもらうことにしました。
だんだん身体も気持ちもガタが来ている。朝目が覚めても起きられない。とても走りに行くどころじゃない。ネクタイを締めて出勤の用意をするだけで一苦労。
いかんなーうーんうーん。
とりあえず、あすは半日休んでリフレッシュしようっと。
天気が良ければ、少し走ろうかな。
おやすみなさーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

12.8キロジョグ

6日ぶりにジョグ。
13キロ弱を80分。
やっと桜が咲き始めたと思ったら、いつの間にか満開になっている。
先週は雪が降っていたというのにね。

きょうは仕事→同業者の集まり→10時半帰宅。
日中は業務密度が異様に高く、自分でやろうと思っていた仕事の1割もできなかった。
ひたすら目の前の業務をヒッシでこなす。
トイレにも行けないのでだんだんお腹が痛くなってくる。ツライなり。

夜の同業者の集まり。
後輩の一人と話した。
資格をいよいよ取ると言う。ぼくが目指していていまだに取れない資格だ。
軽いショックを受ける。
オレはいったい何をやってきたんだろう?目の前の仕事をひたすらこなしている間にいつの間にか時間ばかり過ぎて、何も身についていない、何も実現していない。
上司や他人のいいなりになって、同僚や他人に気をつかって、お人よしがバカを見ているだけじゃないか。見ろ、後輩は着実に追い抜いているじゃないか。

じっと目を閉じて祈りの言葉を思い出す。
これは自己憐憫だ。高慢だ。
後輩はその分野において有能だから資格を取得できた。ぼくはその分野に秀でていない。だから資格を取得できない。
でもぼくは自分なりに誠実に、一生懸命ここまでやってきた。そのことはなんら恥じることはない。
彼は彼の、ぼくはぼくのやるべきことをまじめにやっている。比べたって仕方ない。

そう思うと少しラクになった。
しかし本社の研究、ほんと力を入れないとなー。でも時間がゼンゼンないんだよなー。休日もろくにないくらい働いてるのに。ブツブツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

gibson les paul standardがほすい・・・

先日試奏してきたGIBSON Les Paul Standard 2008が忘れられない。
甘くて太い音色はそのままに、ひずませた時のロングサスティン。
コンプとかサスティナーの不自然な伸びではなく、自然な音。音量が小さくなると同時にふーっと聞こえてくるフィードバック音。
あああ。ギブソン。あこがれのギブソン、レスポール。

Gibson LesPaul 2008Standard vs Traditional

エレキギター/Gibson/レスポール・スタンダード【イシバシ楽器 WEB ...

イシバシのアウトレットだと22万かー。
うーん。

そんな折、ついついきのうは「けいおん!」を見てしまう。見る気はないのになぜか見てしまう京アニ。困ったものだが仕方ない。
第2話、楽器店の店頭でチェリーサンバーストのレスポールに惚れる主人公。
トラ目のきれいな、王道レスポールである。
25万円の値札に一度はあきらめようとするが、どうしてもあきらめ切れずに食い入るようにレスポールを見つめ続ける主人公。
うんうん、分かる分かるその気持ち。

結局、いかにもアニメ的な方法で主人公はレスポールを手に入れる。現実にはあり得ないズルな方法である。
フィクションとは言え、ここはリアルな手法でレスポールを手に入れて欲しかったなぁ。
バイトをしたり、空腹に耐えて昼ご飯代を浮かしたり、不用品(時には必需品も)オクで売っ飛ばしたり。
レスポールとかフェンダーUSAって、そうやって手に入れるのが王道と思わせる、ある種の象徴なんだよね。ハングリー精神とか、目標のために対価を支払っていく姿勢とかの。

ああしかしレスポール。standard、2008。
いいなー。ほしいなー。うーんうーん。もうゾッコン。
とりあえずチャンスがあったらもう一度試奏しに行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

会津GのOSM

きょうは仲間2名とともに、会津Gのオープンスピーカーズミーティングに行ってきた。
いやもう、楽しかったです。
車中も楽しかったし、セミナーも良かったし。
久しぶりのセミナー参加で、ちょっと舞い上がっていたかも。
久しぶりに会う仲間、初めて会う仲間、いつも顔を合わせている仲間。
なんかもう、その輪の中にいるだけで楽しかった。

目標ははっきりしていた方がいい。
その言葉がこころに残った。
そうだね。
回復も、仕事も、家庭も。
目標はあったほうがいい。そして具体的なほどいい。
目標があれば、少なくともそこに近づこうと努力できる。
目標がないとどこにも行けない。
AAも仕事も、日々の流れの中で目標がぼやけていたことに気が付いた。
さて。
もう一度しっかり目標を見定めて、そこへ向うことにしよう。

しかし桜が咲いていなかったことだけが残念。
来年もまた、同じメンバーで行けるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

仙台出張、Gibson Les Paul Standard 2008を触ってきた

きょうは午前中は支社の仕事、午後から仙台で勉強会。
時間があったので、仙台のロックインに立ち寄った。
最近興味のあったギブソンのレスポール・スタンダード、2008を触ってきた。

まず手に持って驚く。
軽い。異様に軽い。
ふつうのレスポールの重量を想定して重心を後ろに持っていっていると、ひっくり返る危険があるくらいだ。うそ。
ヘタするとテレキャスターより軽い。
ストラトくらいの印象。
店員さんによると、チェンバー構造になっていて、中は空洞になっているそうだ。ほー。
かといってES-335みたいなセミホロウの丸い音ともちがう。
あくまでレスポールの音。
アンプにつないで驚いたのは、驚異的なさすティンの長さ。
アンプを軽くひずませて単音を弾くと、ずーっと音が伸びる。で、そのままフィードバック音。
ハウリングを起こしてキーキー言うワケではない。自然な感じ。
あと、グローバー製ロック式チューナーとかボディ裏のパネルがシースルーとか、いろいろ先鋭的な感じ。
いいね。気に入りました。
もともと「レスポールの音はこうでなくてはならん」というコダワリもないし、弾いていて気持ちのいい音が出る、よいギターだと思います。
ここにも書いてあるけど、フレット打ちを機械で計測して行っているそう。
てことは、ギブソンにありがちな個体差、同じモデルのギターなのに品質のばらつきが激しいって事態は少ないんじゃないかと思う。
じっさい、今回試奏させてもらったギターは数台並んでいたうちのひとつをランダムに選んだんだけど、しっかりした音で、弾いた感じも良かった。
いいな。レスポール・スタンダード・2008。
いつかは手に入れたい一本であります。欲しい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

遅過ぎかも知れないがジョグ再開

先々週の風邪がなかなか抜けず、ようやく2週間ぶりにジョグ。
13キロを1時間23分。風が強い。
考えてみたら2週間前、途中でばてて歩いて帰ってきたら風邪引いたんだった。
きょうはゆっくりゆっくり、途中でバテないように。
しかし考えてみたら、郡山シティマラソンまであと2週間。
こんなリハビリみたいなランをやっててだいじょうぶなのか?うーん。
でも、いまから負荷の高いトレーニングをするのはムリ。
あと2週間、ジョグを繰り返していこう。
目標は10マイル、完走です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

スリップ、仲間の死

またひとり、仲間が亡くなった。
つい先日、年越しミーティングでいっしょに風呂に入ったのに。
おたがいの身体の傷を見せあって、笑いあったのに。
元気にミーティングに来ていた仲間が、だんだん姿を見せなくなる。
しばらくすると、亡くなったという情報が伝わってくる。
ひとり、またひとり、向こう側に渡っていってしまう。

そういう病気なんだ。

ぼくは1年のバースデイを迎えるのに、1年9ヶ月かかった。
はじめのうち、まったく酒が止まらなかった。やがてスリップを繰り返すことにどこかで感覚が麻痺していったように思う。
でも最後の酒のあと、激しい自殺衝動に襲われて、このままでは本当に死んでしまうと思った。
死ぬのはイヤだ、コワイ。本気でそう思った。

ステップ1は自分で踏むしかない。
でも、自分が何と戦っているのかも分からないまま、何人ものアルコホーリクが回復できずに死んでいく。
一度はAAにつながっても、またあの暗闇に飲み込まれて消えていってしまう。

願わくば、一人でも多くの仲間が、死の門口に立つ前にこちら側に戻ってきて欲しいと思う。

ほんとうにね、ノンアルコホーリクにとってはただのお楽しみの一杯。でもわれわれにとってそれは死の入り口なんだよ。次のスリップのあとで命が残ってる保障なんてどこにもないんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

ステップワーク

きょうは久しぶりにステップワーク。
自助グループの原理、「相手を助けることで自分が助かる」を実感。
ステップワークを通じて、自分のソブラエティを伸ばしてもらえる。
きょうもスポンシーに育ててもらいました。感謝だねー。

しかしここんところ、ブログに書くことがない。
日常に変化が乏しいせいか。
いや、何となく精神的にすり減っている気がする。
感動がない。風邪引いて以来ジョギングもしてないし。
気持ちをリフレッシュしていこう。覇気がないと気持ちがネガティブになってくるからね。
てなことで、おやすみなさひ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

ARABAKI ROCK FEST.10、タイムテーブル発表!

荒吐10のタイムテーブルが発表になりました。

タイムテーブル発表!

気が付かなかったけど、わが福島県から新人枠「TIME OF THE HOPE」に二組が!
おお、あぶらすまし!ブルースリー!
あぶらすましは、以前シオンのライブのオープニングで見た。
ハートウォームで骨太な、フォーキーテイストのロック。ニール・ヤングとかCCRみたいな感じ。
たしかボーカルはいわきソニックの店長さんだったか。
そして郡山の生んだ暴れん坊、ブルースリー。
出番は何と、2日目の朝イチ。うーむ朝からハイキックやヌンチャクが炸裂するか。
このバンドのライブはめちゃめちゃ楽しいので、未見の方はぜひ。

しかし見たいアーティストの出演がかぶりまくり。
1日目はうつみようこ⇔エレカシ⇔クロマニヨンズ⇔シオン⇔ BOOM BOOM SATELLITES⇔ROCK'N'ROLL GYPSIES⇔みちのくセッション、と、ずーっとかぶりっ放し。
磐越ステージと鰰、陸奥ステージを往復しまくれば理論的には見れるかも知れないけど、距離と疲労度を考えるとムリ。
おそらく磐越ステージでうつみようこ→シオン→ジプシーズ、と言うアラフォー隔離ステージ(笑)でまったり過ごすと思う。
で、パスカルズ(津軽)→ハリー(花笠)→北のまほろばを行く(磐越)。
逆に1日目の日中が、サニーデイサービスとチャボ、YO-KING&堂島孝平以外はいまのところ未定。

2日目もかぶりが。
ミドリ⇔毛皮のマリーズ⇔バンバンバザール⇔Cocco⇔黒猫チェルシーがかぶり。
神聖かまってちゃんとシアターブルックもかぶり。
泉谷しげるとイースタン・ユースもかぶり。
うーむ。

問題は、新ステージの磐越・花笠と旧来の4ステージ間の移動。
どの程度の労力を費やすのか。個人的には2往復程度にすべしと思う。
見たいライブを全部見るのは物理的に不可能。優先順位の高いものを厳選して、あとはフェス自体を楽しむべし。
ほんと、美味しい地元のご飯を食べて会場をふらふらしているだけでしあわせな気分になれるんだよね。荒吐。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

バースデイミーティング

きょうはホームグループのバースデイミーティング。
いつの間にかケーキ手づくりイベントがなくなっていた。がーん。
ビジネスもほとんど参加できてないからなぁ。グループとの関わりが薄くなってきていることをあらためて実感。
さて、きょうは3年の仲間1名、4年の仲間1名のバースデイ。
ミーティングの間、自分が4年目のころどうしていたか考えていた。
4年目っていうと、平成18年だ。
2006年。
ブログのバックナンバーを見返してみる。2006年。
荒吐、サンボマスター、ジョギング、東和ロードレース、フジロック。
いまとほとんどやってることが変わらない・・・。
でも、なんていうか、飲まないで生きる喜びが実感として分かってきた時期だったように思う。
お酒が止まって、考え方や感じ方が安定してきた時期。
きょうのバースデイでも、そんな印象を覚えた。

色んなことを考えながら、バースデイの仲間の顔を見ていた。
おめでとう。分かち合いは始まったばかり。まだまだこれから。だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

今年も東和ロードレースの案内が

2010 第41回東和ロードレース大会の案内が届きました。
そうか、もうそんな季節なんだ。
いよいよ春、そして夏の予感。

100407touwa01

今年もきついんだろうな。スタート&ゴール地点付近3キロのつらさったらひどいだろうな。
でもって、またうんと楽しいだろうな。
楽しみだぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

ARABAKI ROCK FEST.10、第四弾発表!COCCO

荒吐10の第4弾が発表になりました。

KAN
KING&PRINCE(YO-KING&堂島孝平)
グッドラックヘイワ
SISTER JET
the blondie plastic wagon
MAGUMI&THE BREATHLESS
WRENCH
LOSALIOS×沖崇信
わん☆こいんBIGBAND(BRIGHT☆KIDS OB/OG)

avengers in sci-fi
勝手にしやがれ
川内太鼓
Cocco
ストレイテナー
フラワーカンパニーズ

おお、やっぱり堂島孝平。このひとが出ないと荒吐じゃない。
今までちゃんと見てなくてゴメン。ハートウォームでハッピーなポップサウンド、尊敬しています。
そしてフラカン、さらにCoccoまで。
うーむ。豪華過ぎ。とても見たいステージ全部は見れない。コマッタ。

そしてさらに気になる情報も。

アラバキ第4弾発表でCocco、フラカン、avengers in sci-fiら追加 ...

さらにDr.kyOn(BO GUMBO3)、佐藤タイジ、エマーソン北村、tatsu(LÄ-PPISCH)、宮川剛、Leyona、東京スカパラダイスオーケストラのNARGO、北原雅彦、GAMO、谷中敦といった豪華メンバーによる忌野清志郎のトリビュート・リスペクト・ライブも開催される。まだ明らかになっていないボーカルは4月19日に発表予定だ。

ボーカル未定ったってアアタ。
泉谷しげるがいて、チャボもいるわけだし。あと三宅伸二だけでしょう。
ナイスミドル&ニュー・ブルーデイ・ホーンズ、出ないかな。
三宅さんとチャボでラプソディー歌ってくれないかな。もちろん梅津・片山のサックスで。

ますます楽しみだぜ荒吐!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

祈りの力/恨みの力

で、ステップって要するにどんなことをやるんですか?
棚卸し表ってのを書いて埋め合わせをすればいいんでしょ?
祈りと黙想とか、よく分からないんですけど。

ほとんどFAQに近いご質問をいただく。
なかなかひとことで納得を得られる言葉が見つからない。
とくに祈り。
ステップ全体を通じて、祈りは重要。祈るという言葉にステップは集約されているかも。
そう言うと、相手の顔に落胆の色が広がる。何を言うかと思えば、祈ってアル中が治るだなんて。

祈りの反対語を考えてみる。
呪い。恨み。憎しみ。嫉み。
そう言うネガティブな感情がどれだけこの世界と自分を動かしていることか。
うちの職場も、やめて行く人が後を絶たない。同じ職種、同じ業務でも、ある人は満足を覚え、ある人は不平不満を訴えて辞めて行く。
世の中の大半のいさかい事は、恨みや憎しみといったネガティブな感情の表出だ。ネガティブな感情は人を駆り立てる。それが必ずしも悪いことだとはいい切れないにしても。

恨みや憎しみが行動の動機となり、人を動かすことが出来るなら、その逆だってできるんだ。
怒りや憎しみや自己憐憫で、われわれは人生を曲げてきた。
だったらそれを捨てるよう祈れば、人生をもとのコースに戻すことだって出来る。
ネガティブな感情が世界を動かし、自分を動かす。
だったらポジティブな感情だって世界を動かし、自分を動かせるはずだ。
そんなにカンタンに怒りを捨てられない?そりゃそうだ。
自分でできないから、祈ってお願いするんだよ。
恨みの力が有効なら、祈りの力だって強いんだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

天気の良い日曜日に風邪で寝込んでいるのも楽し?

熱下がらず。
38度台を上がったり下がったり。
きょうは東京の勉強会に行く予定だったがキャンセル。班の同僚には申し訳ない。
しかし、体調を崩すと健康のありがたみがよく分かりますね。
ご飯が美味しく食べられて、身体のどこにも不調がないってのはしあわせですよ、ほんと。
結局、きょうはいちにちうちで寝ていた。
まぁこれもまた楽し。
考えてみたら、妻と二人で静かに過ごす休日なんてずいぶん久しぶり。
昼間起きてきた時に、ふたりで岡本喜八の「ブルー・クリスマス」を見る。
ブルークリスマス [DVD]
や、風邪引いている時に観る映画じゃないですね。
映画自体はものすごく良かったんだけど。

熱も下がらないわ体調は辛いわ、あすは休んじゃおうかな、と考えていたら支社トップから電話。
「あす、親戚が急に亡くなったので休みます。申し訳ないですが代行よろしくお願いします」
うう、心を読まれたか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

風邪引いてゲショゲショ/EA(Emotions Anonymous)

木曜に走り過ぎたのがいけなかった。
走り過ぎってほどじゃなく、ほんの13キロのジョグなんだけど。
10キロほどで体力が尽きて歩きが入り、帰り道を歩いている間にどんどん体調が悪くなっていった。
で、きのうからどーんと熱が出た。うーむ。
仕事には何とか行けたけど、ミーティングに行く気力なし。あああ。

て話とまったく関係ないが、EA(Emotions Anonymous)のHPに興味深い言葉が載っていたのを発見。

EA(Emotions Anonymous)
今日この日
今日この日、私はプログラムをやってみます。正確にはできないかもしれない、でもやってみます。 そしてやっかいな病気-せっかちと優柔不断から身を守ります。

せっかちと優柔不断。
アディクションには共通のキーワードだ。白黒思考の一種だろうか。
われわれはすぐに答を欲しがるくせに、気乗りがしない時は答を先延ばししたがる。
感情に任せて拙速に事を急ぎ、恐れが強くて優柔不断になる。
そういう感情(そう、感情だ)の暴走から身を守ることを、神に請願する。

またこんなことも書いてある。
今日この日、私は「時間があったら」と口にするのをやめます。 私はどんなことにであれ、「時間を見つける」ことはない。 時間が欲しいなら、その時間を作らなければいけないのです。

おお、ドラッカーの名言と同じだ。
「時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ他の何事も管理することはできない。 Time is the scarcest resource, and unless it is managed, nothing else can be managed.」
ピーター・ドラッカーの名言・格言|時間管理こそすべて

普遍的な真実は、さまざまな金言・名言で共通なんだね。
「今日この日」、ほかの箇所もじっくり味わってみよう。

スミマセン、風邪で文章にまとまりが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »