« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

今月は110キロ

少しずつジョグ復帰中。
きのうは15キロくらい走ろうかと思ったんだけど、10キロほどで挫折。
あまりに向かい風が厳しく、靴ひもがほどけたのをきっかけに中断。
まぁ、少しずつ走れるようになってきたんでよしとしよう。

今月の走行距離、約110キロ。
まだまだ走り込みが足りないが、焦りは禁物。
先月は30キロしか走らなかったから、急に距離を伸ばすと身体がついていかない。
冬場の休止は、もう東北の気候では仕方ないと思うことにした。天気も路面も良くて走れる日もあるんだけど、そう言う日に限って宿直だったり前日の疲れで走れなかったりする。
仕方なし。
4月の目標は150キロ。
5月は200キロ、6月からは250くらい行ければいいかな。
距離がすべてではないけど、ぼくはスピードランナーにはどうあがいたってなれないし、じっくり距離を伸ばしていく方が性に合っている。

のんびり、ゆっくり、長い距離を走っていこう。
さて、郡山シティマラソンの次はどのレースに申し込もうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

見てきましたボブ・ディラン

てなわけで、見てきました。ボブ・ディラン大先生。
3月26日、ZEPP東京。
ぼくが見るのは前々回の来日以来だから、16年ぶり。
自分も歳を取ったが、ディラン先生も歳を取った。御年68歳。
今回はライブハウスツアーと言うことで、期待して行きました。

客は予想にたがわず年齢層高め。
会社帰りのサラリーマン風の方から「ディラン聴いていたらちょっと人生ヨレちゃいました」風な年配の方もたくさんいらっしゃって、非常におもしろい。
こう言ってはナンですが、AAミーティングっぽい雰囲気の客層である。味のある気な人が多い。
あいにくの雨だが早めに到着、日替わり限定Tシャツもゲット。
キアイを入れてチケットを入手した甲斐があり、会場オープン後は中央ほぼ3列目を確保。ステージまでの距離が短く、金色のオスカー像もつぶさに見える。意外に小さいのね、オスカー像。

で、ライブ。
相変わらずこのおじさん、機嫌が良いのか悪いのか、乗ってるのかそうでないのか分かりづらい。
淡々とライブが進むかと思ったら。
2曲目から急に笑顔が多くなる。「レイ・レディ・レイ」そう歌って両手を広げ、にっと笑う。
えええ!ディランがニコニコ笑ってライブ?!
ビックリした。
中盤から後半も、ニコニコしてドラムの人と微笑みあったり。
ポーカーフェイスで感情を出さずに曲に集中するイメージがあったのだが。

ライブ自体は、もうディラン先生のライブってことで、それだけで満足でした。
ぼくは最近の曲はあまりよく分からないけれど、ディランがレイドバックして演奏力のあるメンバーと曲を演奏してるってだけで感無量。
イケメンギタリスト、チャーリー・セクストンのギターの音量が小さくて聞き取りづらかったのが残念。指の動きを見ていると、かなり流麗なオブリガードを弾いているっぽいんだけど。

ハイウェイ61、ライク・ア・ローリングストーン、痩せた男のバラッド、そして風に吹かれて。
往年の名曲をディラン節で歌うディラン先生は、何とも言えずかっこよかったです。
こびない。
アレンジもメロディも変えまくって、風に吹かれてなんて最後のコーラスでやっと分かった。ヒット曲を分かりやすいアレンジで連発するなんてことは絶対やらない。
幾つになっても「オレはオレだぜ」って感じで、誇り高く気難しい父つぁんで、イヤうれしかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

都内は桜が

都内は桜が
金曜からボブ・ディランとヤング@ハートを見に東京に来ていまし
た。
で、きょうは帰ってきてなぜか裏磐梯に泊っています。
都内、桜が咲いていてビックリ。
写真は渋谷ハチ公前。
もう春なんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

ステップ6が足りない

きのうは市内のミーティングに参加。
少し早めに行ったら、会場係の仲間から司会を仰せつかった。
ありがたく引き受ける。
きのうのテーマはステップ6。
ステップ6,足りてないなーオレ。
「自分は間違っていないという独善的な怒りもまた、多いに楽しめるものだ」
ハイ、その通りです。
多いに楽しんでいるとまでは行かなくても、自分は間違っている、悪いのはやつらだ、と言う被害的な感情に、どうしてもなりがち。
仕事で、モチベーションが下がることばっかりなんだよね近ごろ。
希望の持てない、自分でも納得のいかない案件を押し付けられてはイヤな気持ちになっている。
そうじゃないんだ、押し付けられたということは、他の誰かもその案件がイヤで困っているってことなんだ。
押し付けられたという被害的な感情を持つ前に、誰かの役に立てるようにと考えるんだ。
自我を捨て、神の意思が行われますように。
・・・と思うんだけど、気が付くと自我が出てしまう。ついイライラして、かっとなってしまう。で、あとで後悔。

ステップ6が足りないね。
これは大人と子供を分けるステップだと書いてある。
自我を捨てること。
ほんと、自我って重たくて仕方ない。重たい鎧みたいなもんだ。何もそんなもので自分を必死に守らなくても良いんだ。

ミーティングの後、仲間と少し話した。
「司会をやると、仲間の話を聞かないわけにはいかないんですよね。ボーッとしてられないつーか」
そうそう、その通り。
そういや近ごろいつもミーティングでボーッとしているから、司会を任されたのかも。
色んなことに気が付いたミーティングでした。

さて。あすからボブ・ディランとヤング@ハートを見に、東京に行ってきます。
楽しみだねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

13キロジョグ

なかなかブログが更新できませんでしたが、元気でやっています。
少しずつジョグを復活中。
郡山シティマラソンまで1ヶ月ちょい。やっぱり目標があるといいね。
きょうは13キロを69分でジョグ。ジョグと言うかミドルペース走と言うか。
あったかくなってきて、気持ちよく走れるようになってきた。
走り初めは少し寒いけど、もう耳も指先もかじかまない。
いよいよランニングの季節だ。
目標はあるけれど、まずは気持ちよく走り続けよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

ねむいナリ

日勤→宿直→日勤。
で、きょうも忙しい一日だった。
終業後、ミーティングへ。
仲間に次々と「お久しぶり」と声をかけられる。
そうか、久しぶりかぁ・・・。

きょうはビジネスミーティングだった。
地区や地域の情勢、事情がよく分からない。浦島太郎状態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

疲れたんで寝るなう

一時期やめていたtwitterだが、またやり始めた。
twitterはハマりやすい。依存性がある。
タイムラインを見て相づちや同意のやり取りをしているだけで、無限に時間が過ぎていく。
ほどほどに出来ない気がしたのでやめていたが、またちょこちょこ書き込み始めた。
けど、ムリしないムリしない。
ほとんど独り言みたいなつぶやきで、リプライもない。
それでよし。
twitterで人気者になるのが目標じゃない。
実生活を大切にしよう。
で、疲れたんでそろそろ寝るなう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

荒吐10、出演アーティスト第3弾発表!

荒吐10の出演、第3弾が発表になりましたよ。

(初日)
ASIAN KUNG-FU GENERATION
OKAMOTO’S
カヒミ・カリィ
菊地成孔ダブ・セクステット×冨永昌敬
北のまほろばを行くproduced by 山口洋(HEATWAVE)
ザ・クロマニヨンズ
小林太郎
COMBOPIANO×五木田智央
SION with THE MOGAMI
SuiseiNoboAz
Dachambo
TRICERATOPS
People In The Box
THE PREDATORS
REDEMPTION 97
(以下2日目)
eastern youth
GO!GO!7188
[Champagne]
杉本恭一 & The Dominators
東京スカパラダイスオーケストラ
DOES
「はるめぐ祭」-VJ迫田悠+MEG feat. 勝井祐二+沼澤尚+益子樹+森俊之mix by Kamiyann
THE BEACHES
FoZZtone
(両日)
秋田民謡歌手・藤原美幸

いやもう、お腹いっぱい。どーすんのこんなに沢山出て。見切れないじゃないの。
SION、待ってました。
山口洋、HEATWAVEの発表を聞いて以来、もちろんソロもやってくれると信じておりました。

しかしほんとうに、見たいアーティストかぶりまくりだねこりゃ。
今回はエリアも広くなるし、きっちり行動予定を組まないといたずらに体力を消耗しそう。
うーん。桜の舞い散るぽかぽか陽射しの会場をあてどなくふらふらするのも荒吐の楽しみなんだけど。

毎回言っているけど、荒吐のコーディネーターはロック・カルチャーの担い手として、とても意識が高いと思う。
若手ショーケースになり過ぎず、懐古マニアックに走り過ぎず。
ロックの歴史を若い世代に伝えたい、旧い世代にも新しい音楽を届けたいという思いが伝わってくる。
そこがうれしい。
新しい世代には、ぜひハリーやシオンや山口やチャボ、ロックンロール・ジプシーズを見てほしいと思う。
ぼく自身も、新しいバンドをできるだけ見ておきたいと思う。
世代の交差が、荒吐では可能になる。
イヤほんと、楽しみですよ荒吐10。
あ、チケットもう1枚買わなきゃ。今年は早々に売り切れる予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

11キロジョグ

きょうは久しぶりのジョグ。
11キロを1時間6分。ちょうどキロ6分ペース。
途中でばてるかな?と思ったけど、最後まで楽しく走れた。
気温も上がってきて、寒さに震えずに走り出せるのはありがたい。

しかし、いつの間にか日の出が早くなっていたんだね。
6時半に外に出たら、すっかりお日さまが昇っていた。
もう冬も終わりなんだ。
路肩の雪も、だんだんと少なくなっていく。
春はそこまで来ている。また走り出そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

マイスポンサーに遭遇

きょうは午前中仕事。
いろいろあって午後遅めに退社、ファミレスで待ち合わせた仲間とステップワーク。
しかし世の中は狭いもので、二つ後ろの席にはなぜか妻が。
斜め二つ前の席には職場同僚4人組みが。
あまり大きな声は出せないので、ヒソヒソ声で読み合わせを進める。
狭い町だもの、仕方ないね。

で、帰りがけにスキーウェアのカップル発見。
マイスポンサーなり。
うーむ今シーズンもゲレンデに行きまくっている様子。相変わらず元気はつらつ。
うらやましい・・・。

そう言えばいま、ナゴヤでAA35周年大会が開催されている。
行きたかったけど休みが確保できなかった。残念だ。
次回、40周年にはぜひ参加したい。
て言うか、次回は東北かな。楽しみ楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

郡山シティマラソン

最近ランニングはずっとお休み状態。
走れる時間がある時は天気が悪く、天気がいい時は疲れて走れない。
そんなこんなで、2月はほとんど走れなかった。
3月こそは!と思ったが、きょうもきょうとてこの雪。
トホホ。

自分にカツを入れるため、大会にエントリーしました。
郡山シティマラソン

5キロ、10キロ、10マイル(16キロ)の3種目。
自分にカツを入れるのが目的なので、当然いちばん長い距離。10マイル。
ランネットでエントリーのボタンを押すとき、非常に迷った。
ホントに16キロ走れるのか?
最近まったく走ってないんだから、10キロにしといた方が良いんじゃないのか?
16キロって、あと5キロでハーフだぞ?

でも良いの。ポチリ。
いまのコンディションではかなりムリ目の距離。
でも目標は高い方が燃える。
さて、あと1ヶ月半。冬眠から脱却しましょう。
・・・でも明日の朝も凍ってそうだなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

心機一転&マカフィーがんばれ

さて心機一転、きょうから新しい一週間の始まり。
東京行きでリフレッシュしたんで、仕事がはかどる。
少々の面倒ごとなんて気にしない気にしない。イヤなことだってへっちゃら。
が。
VAIOくんがまた不調だ。
いやマシン自体は快調なんだけど、ネットワーク関連がよろしくない。
どうやらセキュリティソフトとして入れてあるマカフィーがよろしくないようだ。
Outlookの動作がオカシイ。
HTMLメールの画像が受信できない。
それはいいが、仕事先が添付してくれたPPTファイルが消えている。
解決しようと思っていじくり回していたら、なんとメールの送信がいっさいできなくなってしまった。
ポートの解放うんたらが関係しているらしいが、シロートの哀しさ、まったく理解できない。
結局、VAIOで資料作成→USBメモリでMacにファイルを移動、Macから送信。
と言う手間に。
うーん。
いっそマカフィーを切っちゃえばいいのかな。
Windowsマシンはセキュリティソフトなしでネットにつなぐのは危ないって気がするが・・・。
コマッタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

東京は雨でした

東京は寒かった。
きょうの午前中は仕事にかかり切り。
VAIOのバッテリーが心配だったけど、予想外に持った。少しネットにつないだ以外はWordとExcel、PowerPointしか使わなかったせいもあるかも。
バッテリー公称5.5時間だけど、もう少し持ちそうな印象。
やるなVAIO。

さて、少し時間があったので渋谷に開店した新しいギターショップ、jungle guitarに寄ってきた。
以前から興味があったFender JapanのTL62B-BTXがかなり安価で出ていたので。
テレキャスターにビグスビーぽいトレモロユニットを載せた機種。
試奏してみたけど、うーん。
ルックスはかっこいいし出音も良いんだけど、イマイチふにゃふにゃして弾きづらい印象。弦高が高い割に細い弦を載せているせいだろうか。
ルックスはいいんだけどなー。うーん。

100307jungleguitar01

さてきょうの午後はotamaさんとお会いしてきました。
おおお以前にも増して美人になってる!(気が付かなかっただけか?!)
相変わらずきさくに話をしてくれて、楽しかったです。
カレー美味し!
コーヒー美味し!なぜかブラック・サバスのTシャツを着ている気の良さそうな店員さんがいたり、おもしろかった。
貴重なお時間、ありがとうございました。
太郎次郎の話、タメになりました。
流氷には乗るな、これは貴重な教訓ですね。

夜は地元のバースデイミーティングにも出れたし、良い一日でしたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

東京出張です

きょうは東京に出張。
案件も終わり、ほっと一息。
さて、VAIOも持ってきたし、今夜はゆっくり仕事を片付けるかね。
と思ったら。
AC電源忘れた。。。がーん!

ば、バッテリーが切れる3時間でできるところまでやるしか・・・ばかばか、オレのばか・・・・。
活動限界まで、あと3時間。
がんばりましょ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

ジョン・レノン・ミュージアム閉館

ジョン・レノン・ミュージアムが閉館するそうだ。

1.ジョン・レノン・ミュージアム閉館について
 ジョン・レノン・ミュージアムは、このたび親会社・大成建設株式会社とオノ・ヨーコ氏が締結した
10年間のライセンス契約が満了することにより、本年9月30日にミュージアムを閉館することに
なりました。
 2000年10月の開館以来、みなさまからミュージアムへの多大なる支援・ご協力を賜りました
ことについて、心より厚く御礼申し上げます。
     
 ミュージアムは、ジョン・レノンのパートナーであったオノ・ヨーコ氏による世界初の公認ミュージ
アムとして開館し、これまで国内はもとより世界中のお客様にご来館いただきました。館内では「LOVE&
PEACE」を大きなテーマとして、ジョンの40年の生涯をさまざまな角度からご紹介し、楽曲のみならず
生き方・考え方などに多くの方々に共感していただきました。

 本ミュージアムは今秋閉館いたしますが、ジョン・レノンの作品とスピリットが多くの方々に愛され
続け、これからも大きく世界中に伝えられることを心から願っています。

John Lennon Museum|ニュース:2010

数年前に一度訪れた。感動した。
よくある芸能人展覧会のたぐいだろうと思っていたが、とんでもない。
ジョンの人となりを知り、音楽世界や精神性を知ることのできる、貴重な博物館だ。
構成がまたすばらしかった。ジョンの幼少時代から展示は始まり、ジョンの成長の過程を来訪者は追体験することになる。
そして最後、1980年12月8日。
最後の展示は圧倒された。良く晴れた日だったこともあって、その仕掛けの上手さにこの上ない感動を覚えた。
いつか再訪したいと思っていたが、まさか閉館とは。
まぁたしかに、維持費はかかるだろう。職員もたくさんいるだろうし。
しかし何とか残せないものなのだろうか。あの見事なミュージアムがなくなってしまうのは本当に惜しい。残念だ。
うーん。。
せめて閉館前に、もう一度訪れることにしよう。

John Lennon Museum|ジョン・レノン・ミュージアム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

BIG BEACH FESTIVAL '10

冬もそろそろ終わり。
春から夏にかけてのフェス情報が充実してきた。
あ、フジロックの早割りは落選でした。
毎年の東京マラソン落選といい、つくづくくじ運なし。トホホ。

それはともかく、去年から始まったクラブ系のフェス、ビッグ・ビーチ・フェス。
フェスというよりでかいクラブイベントって感じだろうか。
去年は八景島でファットボーイ・スリムのご機嫌なDJが楽しめたようだ。
今年は場所を幕張ビーチに移しての第2回。
さて、メンツは・・・。

The Chemical Brothers
DJ SASHA
GROOVE ARMADA

がーん!
ぼくがテクノ系を聞くようになったきっかけ、ケミブラとDJサシャがそろってお目見え。
こ、これは行くしか!

ぼくがテクノを聴き始めたのは2002年。
それまでロック一辺倒だったが、たまにはちがうジャンルも聞いて見ようと思ったのがきっかけだ。
どのアルバムを選んで良いか分からず、そのころ発売したててバンバン宣伝していたのがケミカル・ブラザーズのCome with us。
期待を胸にCDをかけたが、単調なリズムの繰り返ししか聞こえてこない。
中学高校とスロッビング・グリッセルやサイキックTVで耳を鍛えた自分であるが、それに勝るとも劣らない単調さ。
イントロしかない音楽。AメロもBメロもサビもない。て言うかボーカルすらない。メロディもない。リズムとフレーズの断片だけ。
ジョン・ケージかよ。こりゃダメだ・・・オレにテクノは分からん。
そう思った時に流れて来たのが、名曲「Star Guitar」。
軽快なリズムと、ハッピーさとセンチメンタルさが入り交じったサウンド。楽しくてせつない、星の王子様のような音楽。
CDに動画も同梱されていて、そこにはStar GuitarのPVが収録されていた。
どこまでも続く、列車の窓から流れ去って行く風景。どこまでもどこまでも旅が続き、見見知らぬ土地を通過していく感覚。
そのとき初めて、テクノが楽しいと思った。

てなことで、いいですよケミカル・ブラザーズ。
さっそくチケット購入。
楽しみだぜビッグ・ビーチ・フェス!

Big Beach Festival'10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

ARABAKI ROCK FEST.10、第二弾発表!

荒吐10の出演アーティスト、第二弾が発表になりました。

ARABAKI ROCK FEST.10

andymori、小谷美紗子、9mm Parabellum Bullet、QUATTRO、Contemporary Noise Sextet、ザ50回転ズ、The Silver Hearts、神聖かまってちゃん、sleepy.ab、DAD MOM GOD、THIS TOWN NEEDS GUNS、10-FEET、TOKYO No.1 SOUL SET、Nothing's Carved In Stone、Buffalo Daughter、the band apart、HEATWAVE、BEAT CRUSADERS、ザ・ビートモーターズ、BOOM BOOM SATELLITES、The Mirraz、ミドリ、夢弦会(津軽三味線)、monobright、山崎まさよし、RIZE、LA-PPISCH、locofrank

ヒートウェイブ!ブンブン!ミドリ!50回転ズ!
いやもうお腹いっぱいなラインナップ。
他にもビートモーターズはスタッフボイスで取り上げていて、今注目のバンドらしいし。キューミリも見たいし。
既出アーティストと第二弾とで、もうすでに見たいバンドを全部見ることは物理的に不可能ということが判明しました。
荒吐は会場をうろついて楽しみたいし、バンドも見たいし、見どころが沢山でホント困る。
去年は天候&体調不良で不参加だったけど、これはもう気象条件がどんなに悪かろうと行くしかないね。
ヒートウェイブの山口は、きっとキャンプファイアーライブでソロワークも楽しませてくれるんだろうね。
彼の繊細で激しいギターと歌は、いつ聞いても胸に染みる。
バンドももちろん最高だけど、ソロも聴きたいな。

あと個人的に期待しているのが、神聖かまってちゃん。
名前からして女の子バンドだと思ったら、かなりキてる連中らしい。
こちらのブログを見たら、かなりヤバ気な雰囲気がひしひしと。

あとまくぶろぐ: 神聖かまってちゃん @東高円寺UFO CLUB

うーん怖いもの見たさでのぞいてみたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

鍼でぴくぴく気持ちいいナリ

きのうは古い友人に鍼をやってもらった。
どうにも頭痛が取れず、「今度東京に行った時にはお願い」とメールしたら、なんとこっちに帰ってくるという。
やった!
久しぶりに再会した彼女は以前にもまして元気で、より芯が強くなっていた。
会うなり「カオルさん太ったね。別人みたい」と。がひーん。
いやいや、そら昔が痩せ過ぎだったんで。今の方が健康的ッス。
しかし鍼はいいねーキクねー。
今回は電気も流してもらった。もうビックビック言うの。キンニクが。
終わってから少しビクビク疲れが残った気がしたけど、でも頭痛はすっかり消えた。
やるな鍼!東洋医学!

ぼくは猫背で背骨が湾曲してるんだそう。自分でも分かっていたがあらためて鍼灸師さんに言われるとショック。これはもう家系なんで治んないんだよね。ジョギングやっても治んないし。

いやしかし、久しぶりに会えたのはホントうれしい。
東京に行ったきりしばらく何の音沙汰もなかったからね。
きっとつらいこともいろいろあるんだろうけど、泣き言を言わずにタフに生きている姿を見ると「ああこっちもがんばんなきゃな」と思う。
タフに、誇り高く。したたかに。軽やかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

ステップワーク

きのうはGAのスポンシーとステップワーク。
楽しかった。
彼が少しずつ、でも確実に回復していくのが分かる。
家族や周囲と調和が取れて、囚われから解放されていく。
その道のりに立ち会えるのがうれしい。
もう彼に手渡せるものはあまり残っていないような気もする。
伝えるべきことの大半は伝えた。
あとは彼と彼のハイヤーパワーにお任せ。
だいじょうぶ、あなたなら、きっとうまくやれる。

最初はちがうアディクションということもあり、少し緊張していた。
でも最近は何だか久しぶりに再会した兄弟のような気がする。
て言うかある意味、われわれは兄弟なんだと思う。
アルコールとギャンブル、アディクションはちがっても同じ12ステッププログラムのね。

ステップをやっていて最近思うのは「ギヴァー 記憶を注ぐ者」と言う本。
最近読んだ中でいちばんこころに残る本だ。
ギヴァーとちがって、われわれは伝えても記憶が消えない。
希望と共感は、水紋のように広がっていく。

しかし最近会う仲間から次々と「疲れた顔してるね」と言われる。
うむー。そうなのよ疲れてんのよ。
ここはひとつ、ぶぁーっとリフレッシュしないとイカンね。
1週間くらい仕事休んで、毎日2時間くらい走ってリハスタで爆音でギター弾いてファーストガンダム一気に見て、スティーブン・キングのダークタワーシリーズをまとめ読みして、夜になったらクラブかライブに出かけて。旅行も良いな。神戸か沖縄にまた行きたいな。

でも仲間と一緒にいるのが、実はいちばん落ち着くんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »