« 火曜の仕事はきょうで終了 | トップページ | アバター3Dでフェティシズムを知るの巻 »

2010年2月 3日 (水)

崖っぷちでも

本部の仕事の方が、実はそうとうに崖っぷちだということに気が付いた。
今年の9月までに今までの調査・研究をまとめて文章にしないといけない。
膨大な量である。
やりたくない。先送りしたい。できれば永遠に「なかったこと」にしてしまいたい。
そんな気持ちで、今までは「見ないフリ」をしていた。
が、さすがにこれ以上はどうしてもムリ。
本社トップからもプレッシャーがかかる。
支社の日々の仕事に加えてこのまとめ作業をやるのは相当にしんどい。しんどいがやるしかない。

やり方はカンタンだ。毎日少しずつ、たゆまずにまとめ作業を続ければいい。
淡々と文章を書き上げ、データを解析し、参考文献を探し続ければいい。
でも、これが難しい。
恐れ、不安、怠惰がむくむくと湧き上がってくる。

やりたくない。結果をまとめたら人に見せないといけない。人に見せたら直される。手厳しく間違いを指摘される。自信がない。

おそれは亡霊に過ぎない。
間違いを指摘されたら、直せばいいのである。文章やデータをブラッシュアップする作業であって、ぼくの人格が非難されるわけではないのである。むしろ非難されるべきは、こうして怠惰に先延ばししている現状そのものである。

おそれを手放せるよう、祈る。
自分の意思ではなく、神の意図を知ることを願う。
そして気を楽にして、もがかず、恐れが消えていくのを待つ。
Wordを立ち上げ、書きかけの文書を開く。1行でも、1箇所でもいいから手を付けてみる。

焦らず、おそれず、少しずつ、たゆまず作業を続けていくこと。

|

« 火曜の仕事はきょうで終了 | トップページ | アバター3Dでフェティシズムを知るの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/47468169

この記事へのトラックバック一覧です: 崖っぷちでも:

« 火曜の仕事はきょうで終了 | トップページ | アバター3Dでフェティシズムを知るの巻 »