« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月27日 (土)

ステップ5のお手伝い

先日、スポンシーのステップ5のお手伝いをしてきた。
何度やっても緊張する。失敗へのおそれが顔を出す。
おちつけおちつけ。
これはスポンシー自身が、神に対し、自分に対し、そしてもう一人の人に過ちの本質を認めることなんだ。彼が神と自分に対して過ちを認める作業を見守るのが役目なんだ。

そうは思っても、棚卸しが不首尾に終わった苦い思い出がよみがえってくる。
その時の仲間は頑強に「それは自分の過ちではない」と言った。過ちを認めなかった。心理的な抵抗に逆らって良いことはないのだが、その時ぼくは先を焦るあまり、何とか彼を説き伏せようとして失敗した。

今回は、あえて赤本・緑本のやり方にこだわらなかった。
赤本・緑本の表を使ったが、3欄、4欄にチェックを入れる作業にはこだわらなかった。
棚卸し表を見ながら、彼がゆっくりと自分の話をし始める。
何時間も、何時間も。
最初はつっかえていたが、途中からぼくのファシリテートは必要なくなっていった。
彼は神に話を聞いてもらっていたのだ、と思う。

3欄、4欄にチェックを入れる作業は、ほんの数分しかかからなかった。
それは確認でしかなく、「過ちの本質を認める」作業の大部分は、彼の長い長い話の中で終わっていたのだった。
すべての作業が終わった時、彼は見違えるような表情をしていた。

こういう場に立ち会わせてもらって、ほんとうにしあわせだと思う。
仲間を助けることで自分が助かる。自助グループの基本だ。むしろ自分が助けてもらう方が大きい。
こういう場面に立ち会えるのは、まさにスポンサーシップならではの僥倖だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

ブルーハーツ限定ベスト盤が高値に

相変わらず統計ざんまいの日々。
有意差を出すべく数字をひねくり回している。
熱中している作業ではあるが、それ以外にやっていることは通常業務とステップワークのみである。
むむー。

ところでブルーハーツ限定ベスト盤が人気らしい。
2月24日に発売されたばかりだが、アマゾンではすでに完売。
それどころか、もうプレミアがついている。
100226bluehearts01_2


たしかきのうは6,000円くらいだったはず。わずか1日でプレミア価格が更新。
スゴイね。
しかし、未発表音源もないのにこれだけ売れるって、どうなんだろう。
少なくともヒロトとマーシーは現役でクロマニヨンズでがんばっているのに、おそらくクロマニヨンズを上回る売り上げ。
でもあの二人が過去のことをとやかく言うのを読んだことがない。ブルーハーツを称賛したりもこき下ろしたりもしない。再結成したりブルーハーツ時代の曲を演奏したりもしない。
終わったことは終わったこと、これからのことはこれからのこと、そう言う割り切りがきっちりできている気がする。
エライなー。
きっと、いまやっていることがいちばん楽しいこと、いちばん素敵なこと。そういう感覚なんだろうな。
イヤなことも楽しかったことも、囚われず、資産に変えて。
ぼくもそうありたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

ひどい頭痛

ひどい頭痛できょうは午前中仕事を休んだ。
朝起きた瞬間から猛烈な頭痛。おかしい。きのうは早く寝たはずなのに。
風邪のような症状もないし、激しい頭痛だけ。
どうしたんだろう。

どうもゆうべのちらし寿司が悪かったようだ。
妻が作ってくれたんだけど、出来合いのちらし寿司の素を使った。

グルタミン酸ナトリウム - Wikipedia

そういやゆうべは夜中に猛烈なのどの渇きと身体全体のだるさで目が覚めた。
大量の水を飲んでまた眠ったんだった。
そして今朝のひどい頭痛。
以前にもある店のラーメンを食べて同じような頭痛が出たことがあった。
やっぱりグルタミン酸なんだろうな。きっと。

頭痛薬を飲んでもあまり楽にならない。
午後から出勤、そのまま宿直に入っております。
しかし頭が痛いと何もやる気が起きない・・・。
損なわれるとはじめて分かるんだよね。健康の大切さって。
当分化学調味料はなるべく避けるようにしようっと。
しかし、痛ぇなぁ。。。うう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

神経を静めるエレクトロニカ、project 5am

神経がささくれ立っている時は、じっと音楽を聞いているといい。
エレクトロニカかアンビエント系がいちばん良いようだ。ふつうの曲だとダメ。AメロBメロサビ、みたいな曲構造を追いかけているだけで疲れてしまう。
色んな音の断片が浮かんでは消えていく、そんな曲が良い。
前に書いたテレフォン・テルアビブもいいが、最近はこれ。
project 5am。

Mtk205large


どういう人たちがやっているんだか、ゼンゼン分からない。
分からないけど、いい感じ。少し物悲しくて、雨が降るように強くなったり弱くなったり。
子供のころ、雨が降るのを見つめながら古いレコードを聴いていた時の気分。
ざらついた質感の、夜明け前の写真もいい感じ。

なんとこのアルバム、こちらからただでダウンロードできます。
たぶん違法性はない。と思う。
^^^^ monotonik :: mono ^^^^
一番下の[.ZIP link]と書いてある前のリンクか、そのあとのリンク。
イヤほんといいんだわ。静かな感じが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

第一のものは第一に

きのうは早めに帰れたんだけど、疲れのあまり自宅直帰、爆睡。ミーティングには行けなかった。ガクリ。
きょうは久しぶりにホームグループのミーティング。
テーマは「第一のものは第一に」。ミーティングもこのテーマも、何だか新鮮に感じる。
第一のものって何だろう?
AAに来始めたころは、第一のものは「ミーティングに来ること」だった。
そしてミーティングに来るのが習慣になった時、第一のものは「飲まないこと」だった。
今のぼくにとって第一のものはいったいなんだろう。
「飲まない」こと、そして飲まないで「生きる」ことだろうか。

ステップの目標は、ステップ12だ。
「これらのステップを経」て「霊的な目覚め」を体験し、「他のアルコホーリクにこのメッセージを伝え」て、かつ「私たちのすべてのことにこの原理を実行」するように努力すること。
でもこれが目標なのかというと、それもまた違う気がする。

きょうの午後はステップワークだった。
5のステップを終えて帰る途中、BBのフレーズが不意に頭に浮かんできた。
「私たちの本当の目的は、神と自分のまわりの人たちに対してできるかぎりの奉仕ができるように、自分をささげることである」(p110)
この一文は埋め合わせのことを述べているのかも知れない。でも今のぼくには、これが第一のものだ。
神、職場の人びと、家族。
彼らの役に立とうと務めること。
そしてBBにはこうも書いてある。
「他の人たちへの愛と寛大な気持ちをいつも持つことは、私たちが守るべき決まりである」と。

仕事がしんどい。
イライラして切れそうになる。
他人のささいな言動に感情がざわめく。イラつく。
なぜ自分ばかりこんなに業務が舞い込んでくるのかと、怒りが湧いてくる。
でも、これが今の自分に与えられたものだ。
与えられたものを受け取る。もがかないでいられるよう願う。怒りを取り除いてもらうことを祈る。
怒りが暴走しないように、そして周囲と自分との間に調和がもたらされるように祈る。


ほんと、しんどいね。
でも、これもまた恵み。たぶん。
ピース。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

ついにWindowsノート購入!まさか最初に行う作業がこれとは

てなワケで、とうとうWindowsノートを購入しちゃいました。
VAIO Bシリーズ VPCB119GJ/B プレミアムブラック。
これで本部VPN接続でSPSSが使える。本部のデータベースもフルアクセスできる。
特価コムで最安値だった仙台PCボンバーで購入。
15万円の出費は痛いが、これで作業効率が相当にアップするはず。

きのう入金、きょうの昼には到着。早いぞPCボンバー。
思ったより箱は小さく軽い。
わくわくしながらパッケージを開梱する。

100218vaio01

おおプレミアムブラック。あれ?
モニタ背面にくっきりと手形が・・・
100218vaio02
子供の手跡?ブレアウィッチプロジェクト?
ま、まぁいいでしょう。
工場の人がうっかり触っちゃったんだね。気にしない気にしない。ごしごしごし。袖で拭いても取れない。あとでクロスで拭けば良し。
バッテリーを装着し、AC電源をつなぎ、スイッチオン。

100218vaio03

ウェルカム画面が起動、その後ユーザ名やパスワード、時間帯の設定画面になる。
この辺はMacと同じだ。さくっと設定を終え、いよいよVAIOの世界にゴー!

・・・と思ったら。
あれ?リカバリーディスクの作成を求められる。
OSのディスクってついてないのか?よく分からないが、最初にこれを作っておかないとマズイ風な文章が出てくる。
まぁいいや。
求められるままリカバリーディスクの作成を選択。「ディスク1枚」「ディスク2枚」の2択画面になる。容量が大きい方がいいだろうから「ディスク2枚」を選択。
かちっという音がしてDVDトレイが飛び出す。
生DVDを探してきてトレイに入れる。
しばし待つ。

いきなり残り90分の表示。


んが〜〜〜っっ!
なんでマシンを購入して一等最初に行う作業が「90分かけてDVD作成」なんだっ!!
Macは胸躍るウェルカム画面に続いて最低限の設定をしたら、あとはもうパーソナルコンピューティングの世界だぞ!!
何となくMacは「クリエイト」、Windowsは「作業」と言う印象があった。今回のVAIO購入はそんな自分の偏見を払拭してくれるんじゃないかと期待していたが、まさかいきなり作業も作業、「90分のDVD焼き作業」から入るとは・・・。
いきなりのタイムロス。officeプリインストールマシンなんで、買ってすぐ仕事ができると思ったんだが・・・ガックリ。

す、すみあせん。
ちょっと感情的になってしまいました。
きっとこの作業さえ終われば、Intel Core i5の快適な環境が待っている・・・はず・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

統計作業続行中

引き続ききょうも統計作業に没頭しております。
きょうは本部で班の打ち合わせ。
機能悩んでいた有意差は、同僚のサジェスチョンで手詰まりが一気に打開した。ホッ。
やっぱひとりで悩んでちゃダメだね。どんどん煮詰まる。視野が狭くなる。イライラしてくる。
同僚のひとことで解決。ありがたい。感謝である。

が。
一難去ってまた一難。
もう一題の作業が、どうしても進まない。
きょうも半日かけてデータをいじくり回したが、ダメ。

どうやら一元配置分散分析か二元配置分散分析が必要な模様。
Statcel2は欠損値があると計算してくれない。
やっぱりSPSSしかないか。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

有意差が出ない

ブログもtwitterもやらずにひたすら仕事。
日曜の朝から職場にカンヅメになっている。今回は自分で組んだシフトだが、正直キツイ。
で、空いた時間でひたすらデータのまとめ作業。
Excel2004にstatical2を組み込んで、ひたすら検定。
余裕で有意差が出て、あとは文章をまとめて終わりだい!
・・・と思ったら。
有意差が出ないのよ。これが。
対応のない2群の平均値の比較で、別に難しくない。ふつうにt検定。ちゃんとデータの正規性の検定もした。
平均値の差も余裕で数倍ある。有意差が出ないわけがない。
が。が。
出ない。ゼンゼン出ない。
片側検定でやってもF検定に切替えてもダメ。
コマッタ。
有意差が出てくれないと困る。まったく報告にならない上、「なぜ出なかったのか」をエンエンと仮説を立てて説明しないといけない。
有意差が出た場合に比べ、労力は計り知れず大きく、報告としての価値は非常に低くなる。
ううむ・・・。

生データを見ると、ばらつきが大きいんだよね。検査の性格上仕方ないんだけど。これじゃあ有意差は出ない。
申し越しデータが集まるまでまつしかないか。ううむ・・・。
しかしExcelのワークシートをひたすら見つめて頭を悩ませていると、だんだん煮詰まってくる。イカンイカン。早めに仮眠取ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

Microsoft Office for Mac 2011が発表?

日々つきあっているMicrosoft Office 2008。
きょうはひとこと言わせてほしい。
使えば使うほどストレスがたまる、たいへんなアプリケーションである。

Word 2008はムズがり屋だ。ささいなことで突然終了する。
先日はフォントが壊れてたいへんだった。MS明朝が突然でたらめなフォントになった。フォントキャッシュをクリアしてもまたすぐ壊れる。
高機能がウリだそうなので引用文献機能を使ってみた。まったく使い物にならなかった。
引用スタイルが4誌しかなく、最大の文献検索サイトPubmedからのインポート機能もない。いちいちテキストフィールドに手打ちしないといけない。ふつうに文中に手入力した方がはるかにマシ。この機能を使っている人ってほんとうにいるんだろうか?
そして文章を入力して変換未確定の状態で他のアプリケーションに切り替えると、すべて未変換の状態で確定してしまう。選び直して再変換するか、再入力するしかない。うっかり手のひらが画面外でクリックボタンに触れると、一瞬でひらがなのまま確定してしまう。
とても使いにくい。不安定で不安だ。うーむ。

Excel 2008はVBAが使えない。
どうしても使いたいstatcel2と言うアドインがあり、やむなくExcel 2004をインストールした。
(これがまたたいへんな作業だった。マジで)
以前使えていた便利な機能が最新バージョンで使えないというのは、やっぱり納得がいかない。

PowerPoint 2008は、保存のたびにキャレットが各スライドの見出し先頭に移動する。うっかり保存のあとに文章を打ったり図をコピペしたりしようものなら、レイアウトが大崩れだ。あわてて⌘Sを押してしまうと目も当てられない。
度重なるバージョンアップを経てもまったく改善されない。きょうも保存のたびにキャレットが先頭移動する。

そして全体を通じて、動作が遅い。もっさり。のったり。
操作が分かりにくいからヘルプで調べようとすると、なんとネット未接続環境ではヘルプが大幅機能ダウン。
こんなオチャメな、アマゾンでも酷評のofficeスイートが、2011と銘打ってバージョンアップするらしい
今回も新機能がいっぱいあるそうだ。
うーむ。
新機能はもういいからさ、いままでの機能を実用レベルに引き上げてほしいのよ。
Microsoftのありあまるリソースなら、EndnoteのInsert Citation機能くらいすぐつけられるでしょうに。フォントが堅牢だとか保存のたびにキャレットが飛ばないとか、当たり前の機能を当たり前に使えて、なおかつすぐにクラッシュしないでほしいのよ。
なぜ毎回毎回、安定性や従来機能の充実をおろそかにして(まったく使えない)新機能に飛びつくのか?Microsoft社のソフト戦略はどうなっているんだろう。ユーザのニーズを完全に見誤っているとしか思えない。

互換性の問題さえなければ、いつでもiWorkに移行したいところなんだが・・・うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

ARABAKI ROCK FEST.10、チケット確保

きょうは朝から職場にカンヅメ。
懸案事項のまとめ作業は何とか一段落。締切りはクリア。
ただ時間がなくクオリティはあきらめざるを得なかったので、リテイクの可能性大。
まぁいいや。とりあえず落とさなければいい。

楽しい話題は何もないが、荒吐ロックフェスのチケットが確保できた。
おとといかな、GIPから返信ハガキが到着。ドキドキしながら見ると、チケット当選の文面だった。
やった!
お目当ての2日通し券+キャンプサイト券+駐車場(P1)をゲット。
P1が取れたのがうれしい。
P1以外の駐車場だと、テント道具一式を担いでシャトルバスに乗らないと行けない。
テント設営やバス待ち、積み下ろしや乗り降りの時間もかかるし、相当のタイムロスだ。
帰りは暗い中で撤収作業をしてバスで駐車場まで行き、地元まで運転してくるのは相当に骨が折れる。
若モンはともかく、40代以上はP1は必須。P1が取れなければキャンプはあきらめて宿を取るしかないと考えていた。
イヤ良かった。

しかしあらためて、今回のラインナップはスゴイ。
売れ線、ヒットパレード的な他のフェスとは一線を画すロックの歴史ラインナップ。
ぜひ早川義夫やミチロウも入れてほしいと思う。裸のラリーズとか非常階段とか。
そう言えば戸川純ちゃんはフェスには出ないんだろうか?出ないんだろうな、やっぱり。
ロックの過去と現在をつなぐ荒吐ロックフェス。第2弾発表が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

日々多忙

仕事が忙しい。
きのうのステップワークも仕事が終わらなくてキャンセルせざるを得なかった。
ミーティングは、先々週の土曜日以来行ってない。日々の棚卸しもやっていない。
祈りを唱えて日々の業務を乗り越えていくのが精いっぱいだ。
コマッタ。

本部の仕事、支社の仕事、それぞれの日々の仕事と宿題、懸案事項、それ以外の雑多な仕事、何が何だか自分でもよく分からない。
例のまとめ作業も、もうデッドラインギリギリ。あすの日直・当直で何とかするしかない。
こういう時に限って日々の業務もダンゴになってくる。
あすは通常業務は免除のはずが、スタッフが顧客のアポを取ってきてしまう。ぼくへのアポを勝手に取らないでほしい。腹が立ってくる。

いかんいかん。
ふつうだったらこなせるようなちょっとしたことも、余裕がないとついイライラしてしまう。
勝手にアポを取ってきたのはスタッフの問題だが、イライラしているのは自分の問題だ。
時間がない時こそ、余裕がない時こそ、自我が暴走しないように気をつけないと。
でも自分ではどうしようもない。日々祈るしかない。

しかしミーティングに行けないのはツライ。仲間の顔を見ていない。
あすはうまくいけばミーティングに行けるかも。
受け入れる落ち着きを・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

アバター3Dでフェティシズムを知るの巻

アバター3Dを観てきました。
いや面白かった。最初は違和感のあった3D映像も、慣れてくると問題なし。
テーマはエコロジーであったり米国の軍事介入に対するアンチテーゼであったり、ま、いろいろなんですが。

いや、ヒロインのナヴィ族の娘さん。ネイティリちゃん。
この方がいいのよ。エロっちいのよ。
貧乳&マイクロビキニのマニアにはたまらん映画かと。
萌え。ネイティリちゃん萌え。
ジェームズ・キャメロン監督はフェティシズムが分かってらっしゃるお方とお見受けした。
この映画、さまざまに日本のアニメの遺伝子を受け継いでいると思うんだけど(攻殻機動隊とかナウシカとかね)、萌え要素もちゃーんと押さえてある。
それもありきたりな萌えではなく、スレンダー貧乳&マイクロビキニ萌え、と言うかなりツウなライン。
やるなキャメロン。侮りがたしキャメロン。オタクの鏡だぜキャメロン。
いずれフィギアも多数出てくるでしょうから、この萌えセンスを上手に反映してほしいものです。

しかしこんな感想しか出てこない自分にちとガッカリ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

崖っぷちでも

本部の仕事の方が、実はそうとうに崖っぷちだということに気が付いた。
今年の9月までに今までの調査・研究をまとめて文章にしないといけない。
膨大な量である。
やりたくない。先送りしたい。できれば永遠に「なかったこと」にしてしまいたい。
そんな気持ちで、今までは「見ないフリ」をしていた。
が、さすがにこれ以上はどうしてもムリ。
本社トップからもプレッシャーがかかる。
支社の日々の仕事に加えてこのまとめ作業をやるのは相当にしんどい。しんどいがやるしかない。

やり方はカンタンだ。毎日少しずつ、たゆまずにまとめ作業を続ければいい。
淡々と文章を書き上げ、データを解析し、参考文献を探し続ければいい。
でも、これが難しい。
恐れ、不安、怠惰がむくむくと湧き上がってくる。

やりたくない。結果をまとめたら人に見せないといけない。人に見せたら直される。手厳しく間違いを指摘される。自信がない。

おそれは亡霊に過ぎない。
間違いを指摘されたら、直せばいいのである。文章やデータをブラッシュアップする作業であって、ぼくの人格が非難されるわけではないのである。むしろ非難されるべきは、こうして怠惰に先延ばししている現状そのものである。

おそれを手放せるよう、祈る。
自分の意思ではなく、神の意図を知ることを願う。
そして気を楽にして、もがかず、恐れが消えていくのを待つ。
Wordを立ち上げ、書きかけの文書を開く。1行でも、1箇所でもいいから手を付けてみる。

焦らず、おそれず、少しずつ、たゆまず作業を続けていくこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

火曜の仕事はきょうで終了

日曜の朝から日直→当直→日勤→当直→帰宅・シャワー・着替え→本部で打ち合わせ→マンガ喫茶で仮眠→プレゼン→ステップワーク→帰宅。
日曜から怒濤の勢いで時間が過ぎていった。
寝不足の中、支社、本社、自宅を行き来しているとだんだん運転の集中力が落ちてくるのが分かる。
イカンイカン。事故でも起こしたらシャレにならない。
しかし火曜日はマンガ喫茶に行くことが多いが、まったくマンガを読めてない。仮眠のついでにちょっと読みたいな、と思うんだけど、結局は泥のように眠って終わる。うーむ。

火曜日のプレゼンは、きょうでおしまい。
来年は辞めることにした。悩んだけど、これ以上続けると他の業務に支障が出る。
きょう、後任の方に引き継ぎをした。
若者を相手に90分しゃべるのは楽しくもあったんだけどね。
本業に集中しなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

荒吐10、出演アーティスト第1弾発表!よみがえれ昭和ロック!

荒吐10の出演アーティスト、第1弾が発表になりました。

ARABAKI ROCK FEST.10

泉谷しげる
UA
うつみようこ & YOKOLOCO BAND
エレファントカシマシ
おおはた雄一
Ohbijou(CA)
清竜人
GRAPEVINE
黒猫チェルシー
毛皮のマリーズ
ZAZEN BOYS
サニーデイ・サービス
THEATRE BROOK
CINEMA dub MONKS
SCOOBIE DO
SPECIAL OTHERS
THROW ME THE STATUE(USA)
曽我部恵一BAND
つじあやの
つしまみれ
仲井戸"CHABO"麗市 with 早川岳晴
The Birthday
パスカルズ
THE BACK HORN
HARRY
HAWAIIAN6
バンバンバザール
Theピーズ
BEGIN
髭(HiGE)
the pillows
THE BOOM
PE'Z
THE BAWDIES
向井秀徳アコースティック&エレクトリック
MONGOL800
吉井和哉
LOVE PSYCHEDELICO
LOSALIOS
ROCK'N'ROLL GYPSIES
みちのくプロレス
センダイガールズプロレスリング
and more・・・

おお、おお・・・。
やってくれました荒吐。
ハリー、チャボ、うつみようこ、ロックンロール・ジプシーズ、泉谷、エレカシ、バンバン、サニー・デイ、パスカルズ。
この辺だけでもうお腹いっぱいな感じ。
いまから気持ちが盛り上がってくるラインナップ。

荒吐の良いところは、若手に偏っていないところ。
日本のロックを作ってきた世代と今の若手世代をつなごうと言う作り手の意思が感じられる。
この辺、ヒットパレード的、ショーケース的な邦楽フェスとは一線を画している。
ハリーとチャボとジプシーズが見れるフェスなんて滅多にない。

日本のロックが今と違った熱さを持っていたあのころ。
あの空気、虚無や絶望と背中合わせの熱さ。
もちろんそれはもう通り過ぎてしまった時代なんだけど、ロックの本質がむき出しになっていた時代でもあった。
荒吐は、それを思い出させてくれる貴重なフェスなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »