« 崖っぷちでも | トップページ | 日々多忙 »

2010年2月 7日 (日)

アバター3Dでフェティシズムを知るの巻

アバター3Dを観てきました。
いや面白かった。最初は違和感のあった3D映像も、慣れてくると問題なし。
テーマはエコロジーであったり米国の軍事介入に対するアンチテーゼであったり、ま、いろいろなんですが。

いや、ヒロインのナヴィ族の娘さん。ネイティリちゃん。
この方がいいのよ。エロっちいのよ。
貧乳&マイクロビキニのマニアにはたまらん映画かと。
萌え。ネイティリちゃん萌え。
ジェームズ・キャメロン監督はフェティシズムが分かってらっしゃるお方とお見受けした。
この映画、さまざまに日本のアニメの遺伝子を受け継いでいると思うんだけど(攻殻機動隊とかナウシカとかね)、萌え要素もちゃーんと押さえてある。
それもありきたりな萌えではなく、スレンダー貧乳&マイクロビキニ萌え、と言うかなりツウなライン。
やるなキャメロン。侮りがたしキャメロン。オタクの鏡だぜキャメロン。
いずれフィギアも多数出てくるでしょうから、この萌えセンスを上手に反映してほしいものです。

しかしこんな感想しか出てこない自分にちとガッカリ。。。

|

« 崖っぷちでも | トップページ | 日々多忙 »

コメント

アバター萌え☆ですか。わたくしはそんなカオルさんに萌え☆でございます☆
いつも、真面目くさ~い黙想してそうだけれど、意外と深いエロも持っていたんですね~note熟カレーのように深いわ~dash
話は変わりますが、私は、まだAAに身を任せる事に疑問を持っております。よく仲間は自分の頭で考えなくてもいいと言う事がありまして…それが私にはどうしても受け入れる事が出来ないです。言葉の解釈が間違えているのかもしれませんが、言葉通りだとしたら、極端な話スポンサーに洗脳されてしまうんじゃないかと(笑)勿論、私のスポンサーは私の意見を聞いてくれますし、無理強いする事も言いませんが、それは私が聞き入れないから言わないだけなのかとか、けっこう無い頭で考えます。だから私は私の頭で考え感じた事に素直でいようと決めて行動してます。棚卸しはまだやっていないのですが、この自分に素直。と言う所がきっと引っかかってくる事は容易に予測できるんですよね~。誰しもそうだと思いますけれど、私の場合、キーsign03となって、キャーとなって自ら心の闇の住人となりそうでとても怖いんですよ~shockまぁそれを乗り越えてステップアップするんでしょうけどね…正直そんな面倒な事言われる前にAAから逃げてしまおうかと思っている私です。でも、確かに大勢の人がAAに集っている現実を見ている訳で…その本質を知りたい私も居るんです。だから、せっせとミーティングに通っております。仲間には10年選手もいるし、私ごとき若造が本質なんてものを分かる日なんて来るのかぃdashって自問自答しながら迷いながらのAA通いですdelicious

投稿: サンチェ | 2010年2月 9日 (火) 18:30

サンチェさん、こんばんは。
エロも何も、ぼくはいまだにボンノーとヨクボーの囚われ人ですよ。
あと20年位したら枯れてくるのかな?
それはともかく、サンチェさんの自分に素直ってのはいいスね。
サンチェさんの文章を読んでいると、なんかこう、伸びやかでまっすぐでやんちゃな性格が伝わってくるんです。
分からないものは分からない、怖いものは怖いと言えるサンチェさんの性格は、ぼくから見るとうらやましいです。
エエカッコシイで知ったかぶり、背伸びしたがりのぼくにはない、すばらしい資産ですよ。
迷いながらのAA通い、いいじゃないですか!
迷ってるってことは、それだけ真剣に考えてるってことですよ。
ぜひぜひ迷い続け、通い続けてくださいdelicious
それはともかくアバター3Dはオススメですよ。

投稿: カオル | 2010年2月10日 (水) 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/47508501

この記事へのトラックバック一覧です: アバター3Dでフェティシズムを知るの巻:

« 崖っぷちでも | トップページ | 日々多忙 »