« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

ありがとうスポンシー

きょうは朝から日直。
懸案の仕事を片づけようと自ら志願した日直・当直だが、肝心の文書がちっともできあがらない。
しばらく止めていたtwitterについ没頭してしまったりMacのメンテをやったり、かと思うとフロアから呼び出しがかかったりしてゼンゼン取り掛かれない。

一人で悶々としていると、だんだん気持ちが沈んでくる。ボーッとしていたら、夕方スポンシーから電話がかかってきた。
きょう、矯正委員会に行ってきたとのこと。
会議はよく分からなかったが、AAの力、先行く仲間の行動力に深くこころを動かされたとのこと。
うれしくて、ぼくに電話をかけてきた、とのこと。

うれしかった。
彼の成長が、そしてスポンサーとして立ち会えることがとてもうれしい。
孤独や不安が少しずつ消えていく。
恨みやおそれやひがみが、もっとあたたかいものに置き換わっていく。
そう言う仲間の姿を見るのは、ほんとうにうれしい。

沈んでいた気持ちがいきなり明るくなった。
助けられたのはぼくの方だ。
ありがとうマイスポンシー。どーれ仕事に取りかかるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

ラララ、グランデコ、ラララ、パウダスノ

きょうは仲間と一緒にゲレンデに行ってきました。
グランデコスキーリゾート。
お天気は曇りだったけど、最高の1日でした。
雪質はパウダー、気心の知れた仲間2人と共に。
楽しかったな〜。
久しぶりにNさんともたっぷりお話ができたし、よい一日でした。
しかし今シーズンはじめてのスノーボード、ヘタっぴになっている自分を痛感。
昨シーズンもあんまり滑らなかったし、今シーズンもきょうが初日。
あああイカンイカン。このままだとどんどん滑り方を忘れてしまいそう。
でも楽しかったから、ま、いいか。
いやでも疲れたッス。きょうは良く眠れそう。。。
100130grandeco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

IK Multimedia Amplitube 3 発表

DTMの話題です。
IK MultimediaからAmplitube 3の発表がありました。

AmpliTube 3

Amplitube3

従来のAmplitube 2に加え、Jimi Hendrix、Metalも統合し、その上に30モデルを追加したそう。
合計160ものギアを加え、マイキングの距離も自由に変更でき、変わり種ではステップフィルターも搭載されている様子。
うーんうーん。
相当にお腹いっぱい。
こんなに詰め込まれても使いこなせない予感。いまだってAmplitube 2のプリセットも全部は試してないし。
あっ、でもステップフィルターとロータリースピーカーは使いそうかな。
ロータリースピーカーでスティービー・レイボーンごっことか楽しそう。

アンプシミュレータの中では、Amplitubeがいちばんリアルに近いと思う。
中低音の出音がいい。
オケに混ぜる前提だとGuitar Rigシリーズがいいかなと思うけど、ふつうにギターの練習をしていてギターアンプに通した音に近いのはAmplitubeだと思う。

いまesoundzだと従来のAmplitubeシリーズからのアップグレードが$199。
Buy Amplitube 3 Upgrade from an Amplitube product. (Pre-order) (VST Effects)
さらにこちらのクーポンを使えば$50引き。
さらにesoundzの特典として、T-Racks 3 Singleが一コもらえるそう。
今週だけの特典のようです。

しかしほとんど実機と変わらないアンプシミュレータが、こんなに手軽に入手できるとは。
イイ時代になったものです。
マーシャルやレクチファイアの音なんて、楽器店以外で体験できることはなかったもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

iPad発表!しかしビミョー・・・

appleからiPadが発売になりました。

Apple - iPad - The best way to experience the web, email, & photos
Ipad


出る出るとウワサされていたタブレット端末。
しかし個人的には何ともビミョー。まんまおっきなiPhone。
iPhoneの長所である可搬性が大きく削られている。ノーパソとしてはハンパに機能が削られ、ケータイとしてはでか過ぎる。まさに帯に短したすきに長し。

アップルiPadが嫌な8つのこと : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

中でも困るのが、マルチタスクじゃないこと。
iPhoneでもtwitterやってるときにメールが入ったり、メールを書きながらwebで調べ物したりするときにいちいち前のアプリが終了してしまう。使いにくい。

それと、使う場面がいまひとつ思い浮かばない。
ノーパソ代わりに持ち歩くなら、机にべたっと平置きでは視認性が悪い。
スタンドも発売になるが、立てると入力がしにくい。この辺のバランスは、ノーパソかケータイかどちらかしかないだろう。

iPhoneがぐぁーっとパワーアップしてマルチタスク対応+高速通信になれば言うことないのにな。あとDoCoMoやauくらいにつながればいいのに。
3月下旬に日本版は発売。まずは店頭でいじってみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

考えさせられたこと、傲慢の罠

きのうは宿直明け→アパートに帰って仮眠→90分ジョグ→昼食、午後のプレゼンの準備→隣市でプレゼン→ミーティング→ステップワーク。
帰宅が11時、それから夕食。

ある仲間は、スポンシーとの関わりはあまり密にしたくない、と言う。
共依存の罠に陥るし、自分の生活が侵食されるから、だと。
自分を生かして他人を生かせがAAのモットーだ、と。
なるほどな、と思う。
一方でぼく自身はどうだろうか。
スポンシーが増え、自由な時間の大半をステップワークに費やしている。
とくに生活が侵食されている感じはしない。時間があると家でボーッとして終わりがちなんで、仲間と関わっていた方がよっぽど有意義に時間を使える。
無理はしていない。
でもきちんと振り返りの時間を取らないと、彼の言う通りの罠に陥るかも知れない。
傲慢の罠。支配と依存の罠。
何人ものスポンシーを従えて悦に入っている傲慢な王様。
そうはなりたくない。
そうならないように、日々の棚卸し、祈りと黙想をしっかりやっていこう。
感情がぶれそうな時はスポンサーに連絡しよう。
自分の意思ではなく、神の意思が行われますように。
神の道具となり、奉仕だけを意図するように。
ぼくは彼らの、仲間の役に立ちたいと思う。それだけを願う。
それ以上のヨコシマな考えが湧いてきたらイヤだなー。

いやしかし、やっぱあれだね、夜更かしは良くないね。
ゆうべ寝たのは1時過ぎ。結局けさも起きられなかった。あーあ。
今月150キロジョグ達成はむずかしそう。
まいにち11時には寝るようにしようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

フジロックイベント、WeSky a Go-Go! 2010も開催

フジロックのイベント、WeSky a Go-Go!が今年も開催されることになった。
なかなか発表にならないので「今年はなしかな?」と思っていたが、心配にはおよばなかった。

FUJI ROCK FESTIVAL'10

このイベントに参加すると、フジロックの早割り+場内1駐車場がほぼ確実にゲットできる。
加えて苗プリ一泊2食付き+二日間リフト券+石野卓球ほかのDJイベント+雪ささの湯入浴券+スノーアクティビティ+ほぼ全員に当たるプレゼント多数、と非常に豪華。
これで¥13,500だから安い。
今調べたら、ふつうに苗プリに一泊でスキーに出かけるのと同じ料金だった。

宿泊 | 苗場スキー場

スキー、スノーボードを楽しむフジロックファンならぜったいオトク。
参加人数も少ないのが不思議。
今年も行きたいが、うちの奥さんが別の行事とかちあってるんだよなー。
うーんうーん行きたい。
去年はDJイベントの途中で部屋で寝てしまったのが悔やまれる。
今年こそ石野卓球で踊りたい。
うーんうーん行きたいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

ステップワーク、ステップ4と5

きょうはGAのスポンシーとステップワーク。ステップ4と5をやった。
彼とステップを踏むのはこれで3回目だろうか。遠方からはるばる高速バスで来てくれる彼。
正直さと素直さ、そしてやる気にあふれていて、とてもスムーズにここまで来た。
が、今回はどうだろうか。

棚卸しは自分の過去を掘り起こす探索の旅だ。
発見の喜びと同時に、痛みを伴う。
棚卸しはツライとか苦しいとか言う話が流布しているのは、この辺ばかりがやたら強調されているからだろう。
でも痛みの先には、自分の問題の本質に近づける喜びがある。
たとえ旅の果てに得たものが、自分でガッカリするものだったとしても。

彼の棚卸しの旅に同行するのは、とても楽しかった。
ほとんど手助けは必要なかった。
答を求め、過ちの本質をありのままに認めた。
彼がぐんぐんステップを進めていく姿に、何とも言えない力を感じた。

アディクションはちがっても12ステッププログラムは有効なんだと、あらためて感じた。
ぼくはやり方を伝えたに過ぎない。ステップを踏んだのは彼だ。
でも彼が進んでいく姿に、確かに力をもらえた。

イヤしかし7時間の長丁場、よくガンバったです我々。
まじめと言うかコントロール障害と言うか。
お疲れさま。また次回を楽しみに、今日は寝ることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

やっと週末、あっという間に週末

6時起床。外はうっすら雪。ジョギングはあきらめて出勤。
午前中仕事→ステップワーク→本部に出かけて会議→ミーティング。
あっという間に一日が終わる。

バタバタと行動している合間にふと、これで良いのかな、と思う時がある。
こんな風に忙しく、ひとつひとつの行動を吟味する間もなく次々と予定をこなし、それでいいのかと。
今日一日、親切だったろうか?思いやりはあったか?
相手の立場になって考えたか?自分を正当化するために相手を攻撃しなかったか?抑圧的な態度を取らなかったか?
恐れは、怒りは、恨みは、傲慢は、自己憐憫はなかったか?

日々の棚卸しをおろそかにしていたことに気付く。
祈りを忘れていたことに気付く。

いかんね。

来週末は、東京の仲間がスキーにやって来る。
1年ぶりの再会だ。ドキドキワクワク、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

荒吐ロックフェス10、チケット受付開始

荒吐10、いよいよチケット受付けが開始。

ARABAKI ROCK FEST.10

ことしは変更点が多い。
・ステージがひとつ追加、全6ステージ。東北6県を意匠したステージがすべて出そろった。
・場内キャンプサイトがすべて廃止。風の草原エリアに一括。
・それにあわせ、エリア構成が大きく変化。風の草原から陸奥ステージまで、広大な規模に。
・駐車場が1エリア増えてP1からP4までに。場所は未発表のようだが、P4はかなり遠いかも。
・例年より1週間遅い開催。
・GIP有料会員の優先予約がなくなったかも。

ざっとこんなところか。
場内キャンプサイト廃止は2ちゃんねるでも否定的な意見が多い。たしかに場内にキャンプできるメリットは計り知れなかった。疲れたらすぐ休めるし、食事も屋台で買ってテント内で食べられる。雨天や気温が低い時は非常にありがたい。さらに装備も最小限で済む。荒吐は夜間に驚くほど気温が下がるので、手軽に装備を換装できるテントは重要なのだ。
じっさい、日中はTシャツ→疲れたらテントで昼寝&食事→日が暮れてから防寒装備で再出撃、なんてことが可能だった。
これが場内キャンプ不可能だと、防寒装備も含めてすべて持って移動しないと行けない。うーん。

でもま、それもいいかもね。
テントスペースが減った分、場内に余裕ができるかも。ここ数年、場内激混みだったもんなー。

あと、GIP有料会員のメリットがなくなった。がーん。
荒吐でP1駐車場と場内キャンプサイトを確保するために年額5千円の会員になったのに・・・トホホ。

と思っていたら、郵便で届くGIPの情報誌にGIP会員優先予約の案内が。
やった!
さっそく往復ハガキで応募。これも抽選らしいけど、web抽選よりは確率が高いと思う。
これでダメだったら、今年はキャンプはあきらめて温泉泊にしよう。

しかし今回、清志郎の命日にかぶさるんだよね。
何かスペシャルイベントがある予感。
2/1の第1弾発表が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

Alternative ways to recovery

以前にProject MATCHについて書いた
「自助グループと認知行動療法と精神分析療法の3者で治療成績に差はなかったそうだ」と書いたが、不正確な記載だった。
正しくは、認知行動療法、動機付け強化療法、12ステップ療法、の三者でした。12ステップ療法(Twelve-Step Facilitation Therapy)は12ステップを用いた治療であって、AAミーティングではないそう。

Project MATCH - Wikipedia, the free encyclopedia

で、これについては反論もあるようで、Dr.KOBAのブログに分かりやすくまとめてあった。

果たしてアルコール症に対する十分に効果的な治療はあるのか? - Dr.KOBAの身もふたもない話 - Yahoo!ブログ

あちこち調べたが、治療手段のひとつとしてのAAの優位性を示す根拠は、残念ながら見つからなかった。
Dr.KOBAのブログに書いてある通り、そもそもアルコール依存症の治療は難しい。AAがダメってワケではなく、AAでもそれ以外の治療法でも同じように難しいってことじゃないだろうか。

世の中は広いもので、AAはカルトだと主張する方々もいる。日本にもいるし、海外にもいるようだ。
ぼく自身はそういう論争にはあまり興味がない。人は自分が信じたいものを信じる。
「ディランはフォークだ」と信じる人に取ってはディランはフォークだし、「ディランはロックだ」と定義する人に取ってはディランはロックなんだろう。ぼくはそんな論争をやっている時間があれば、ディランの曲を聴き、詩を読みたい。
そう言えば昔「日本語のロックは可能か」と言う論争があったそうだが、不可能だという主張の人たちは、今ごろどうしているんだろうか。

アルコール依存症からの回復の道は、AA以外にもあるのだろう。
でもぼくは、アルコール依存症を治せるという認知行動療法や精神療法の専門家を知らない。
ぼくの主治医はアルコール依存症の専門医だが、アディクション・プログラムと同時に、とにかく自助グループへの参加をプッシュされた。
自分には病気を治せない、自助グループ参加が回復の道だ、と彼は言った。
彼の謙虚な姿勢は、信頼に値するものだった。
そして自助グループは「アル中さんのたまり場」ではなく、回復の場所なんだと認識した。

以前にも書いたが、アル中は孤独の病だ。
孤独だし、他人に依存するし、他人を支配したり支配されたがったりする。
だから治療者との2者関係ではなく、自助「グループ」が有効なんだと思う。
グループの持つ力と12ステッププログラムが、回復へと導いてくれるんだと思う。

率直に言って、AAは楽しい。
面白おかしいと言う意味ではなく、成長の喜び、達成感がある。
AA以外の方法のことは知らない。でももし少しでもAAに「なにか」を感じたのなら、あなたもここにきてほしいと思う。
ぼくはここでたくさんのものを手に入れた。希望を、回復を、そして何よりもあきらめかけていた人生を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

11.64kmジョグ

けさは6時起床。
窓の外を見ると真っ暗。走る気持ちが一気に萎える。布団に戻りたい。
それでも何とか気持ちを奮い立たせて外に飛び出す。
外に出てしまえば、思ったほど暗くない。
薄明の夜明けを見ながら12キロ弱走る。
きょうはキロ5'21"ペース。
いつもより少し速めだ。午後になっても太ももが痛い。
ペースは気にせず(気になるけど)、まずはケイゾク。楽しく走り続けること。

やっぱり走った日の方が調子がいいんだよね。身体も気持ちも。
走らないで数日経つと、どうしてもイライラしやすくなってくる。
たとえ5キロでも30分でも、毎日走ろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

第1回つくし野グループ&代々木グループ合同オープンリビングステップセミナー

第1回つくし野グループ&代々木グループ合同オープンリビングステップセミナーに行ってきた。
午前中だけの参加だったけど、すばらしいセミナーだった。
スピーカー1名あたり30~40分の持ち時間で、それぞれのステップ1~12の実践を話す。
そんなムチャな、と思ったけど、それができちゃうんだからすごい。
地元のステップセミナーでは、一つないし二つのステップごとに一人のスピーカーという設定だ。
でも、今回のスピーチでステップは1から12までひとつながりのもの、そして自分が暮らしの中で使っていく道具だということがあらためて理解できた。
ある仲間はこう言った。
ステップ10から先はメインテナンスのステップと言うけれど、それはちがう。成長し続けなければわれわれは死んでしまう、と。
そのとおりだと思う。
回復し、成長し続けなければ、われわれは遠からずアルコホリズムに飲み込まれて死んでしまう。
だからわれわれは生きるために、生き続けるために、回復のプログラムを使っていかなければいけない。
そうすれば人生はより豊かに、楽になっていく。
生はもはや苦痛に満ちた日々ではなくなる。

ぼくの結婚式以来、久しぶりに会えた仲間もいた。
スポンサーにも会えたし、尾崎さんにも会えた。お知り合いだとのことでビックリ。
午後から十条の勉強会に行かねばならなかったのが何とも残念だった。
とてもいい一日だった。

朝、大宮に到着する間際、新幹線から富士山が見えた。
東京行きの新幹線には今まで何度も乗ったけど、富士山は初めて。
何もかも、スペシャルな一日でした。

100117mt

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

東京のセミナーへ

きょうは午前中仕事。
職場でお昼を食べて、家に帰って30分ほど昼寝。
起きて13キロ弱ジョグ、シャワーを浴びてステップワークへ。
夜はホームグループのミーティング。終了後、スポンシーと話をして帰宅。
ジョギングでリフレッシュできたせいか、気持ちも行動もアクティブに過ごせた一日だった。

さて、あすはつくし野グループ&代々木グループ合同のオープンリビングステップセミナー。
リビングステップと言う聞きなれない言葉、生きたステップ、生活の中で使っていくステップ、と言う意味だろうか。
「BBのスポンサーシップ」の流れと思う。いい話が聞けるんじゃないかという予感が、今からひしひしとする。
南多摩 つくし野グループのおざきさんにもお会いできるだろうか。
海外の仲間も来るというし、楽しみだ。
案内はこちら

さて、あすは8時の新幹線。乗り遅れないように、早く寝ようっと。
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

ギタリストに福音?画期的ギタースタンド、ギター・ハンガー

ギターを弾く方で、保管に悩んだ経験の方も多いと思う。
1台、2台ならともかく、ある程度増えてくると置き場所に困る。
ふつうの三脚式のギタースタンドでは場所を取る。いちばん安全・確実なのは壁掛け式のギタースタンドだが、壁に穴を開けたり、大掛かりだ。
で、画期的な商品が出た。
その名も「ザ・ギター・ハンガー」。
Guitarhangertop

イケベ楽器より発売。
【楽天市場】【ギターハンガー】The Guitar Hanger GA-250:イケベ楽器楽天ショップ

実はしばらく前に、海外で発売になっていたのを知っていた。
本家サイトはこちら
本家から直販も考えたが、送料やトラブルを考えると手が出なかった。
晴れて日本発売、イヤうれしい。
しかも本家直販だと25ドルなのに、イケベ楽器だと1,886円。すばらしい。

ギターハンガー、DIYで何とかならないかと考えた。
ハンガーレールにギターを引っかけるだけなら、不要なネクタイでも代用できるだろう。
で、実際に試したのだが。

ワードローブのレールにネクタイで輪っかを作っていると、

何かとてつもない不吉なことをしている気持ちになってくる。

やめました。

あきらめて、イケベ楽器にまとめて3つ注文しました。
到着が楽しみ。
ちなみにyoutubeの映像も。

ネコはありえないだろうネコは。
て言うかネコを放り投げている人間の手が見えてるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

埋め合わせを進める

9.その人たちやほかの人を傷つけない限り、機会あるたびにその人たちに直接埋め合わせをした。

きのう、支社トップに時間を取ってもらった。
ぼくが支社に来たのは、今から9年前の4月だ。
その頃ぼくはお酒が止まり切っていなかった。クリニックとAAに通っていたけど、たびたび再飲酒しては無断欠勤していた。
あれからずいぶん時間が経った。
支社トップは、本社の方からぼくのアルコール依存症のことは聞いていただろうと思う。
でも彼の方からそのことを訊ねられたことは一度もなかったし、自分から話をしたこともなかった。
彼には感謝している。
今こそ、自分のアルコホリズムを話し、かつての無断欠勤を詫びよう。

でもいざやろうとすると、葛藤が起きた。
今さら9年も前のことを持ち出して詫びるのに、意味があるのだろうか?
今さらこんな話を持ち出して、かえって支社トップも困るんじゃないだろうか?
あのころのアルコホリズムのことは、もう時間の流れの中で「なかったこと」「過ぎたこと」にしてしまうのがいちばん良いんじゃないだろうか?

スポンサーと相談してやると決めたのに、ひるむ気持ちが湧き上がってくる。
そのたびにBBのステップ8,9を読み返す。
自分が悪かったと後悔してつぶやいていても、それだけでは決してツケを払ったことにはならない。
そう、その通りだ。だからやるんだ。そう思っても、ひるむ気持ちは消えなかった。

自分の話を終えるのに、小一時間ほどかかった。
緊張した面持ちで彼は話を聞いていた。
最後に彼は、勇気を持って病気のことを話してくれたことに感謝する、と、緊張したままの表情で話した。そして、いま聞いたことは決して他言しないこと、自分ならそんな率直な話をする勇気はとてもない、と。

ホッとした。
その後は、いつも通りのなごやかな雑談になった。
結局、食事も含めて2時間半の時間が過ぎた。
肩の荷が下りたと同時に、不思議なことに、今まで以上に支社トップを近しい存在に感じるようになった。

過去の隠し事をしている後ろめたさ、後悔、恐れ。
そう言ったものが消えていった。同時に、飲んでいたころの自分と今の自分が、線でつながった感覚があった。
過去を隠して今の自分があるのではなく、過去の自分と今の自分が、社会生活の上でもきちんとつながった。

職場の上司にそんな話をするの、怖くなかったかって?
怖かった。恐れた。ビビった。
そりゃそうだ。でも、埋め合わせは気が進まない相手にやるから意味があるんだ。
恐れは亡霊に過ぎなかった。
やった分、確かな手応えを感じた。
行動のプログラムとは良く言ったものだ。
やり続けよう。そして自分の意思ではなく、神の意図が行われるよう祈ろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

ステップワークひと通り終了

久しぶりのブログ更新になってしまった。
先日、1月10日に自分のステップ手渡しがひと通り終わった。
久しぶりに東京のスポンサーの所に出かけて、ステップ9の結果報告と、10から12までの導きをしてもらった。
色んな気付きがあった。
日々の祈り。日々の棚卸し。そして新しい仲間にメッセージを伝えていくこと。
まだまだぼくはステップを手渡されたばかりだ。
ステップを使って生きていくのは、これからだ。
日々の祈り、日々の黙想を欠かさずに行おう。
間違った時は直ちに認めよう。
そして新しい仲間たちに、回復のメッセージを、ステップを伝えていこう。

東京のスポンサーとは、横浜の回復集会以来だ。
最後にきちんと話をしたのは、それよりももっと前だ。
正式なスポンサーシップをお願いしてから、以前よりもぐっと身近になった気がする。
スポンサーシップも、どんどん使っていこう。

これでひと通り終わった、と言う妙な安堵感。
ちゃんと伝えて行けるのかと言う不安感。
帰り道、東京の人ごみと青空を感じながら、何とも言えない感覚。
手渡し、手渡され、ぼくたちは生きていくんだ、とあらためて感じた。

あなたが、そしてぼくが、いま、神を見つけ出しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

連続バースデイ

きのうときょうは、連続でバースデイミーティングだった。
きのうは市内の別グループ、きょうはマイホームグループ。
どちらも1年のバースデイ。
2名の仲間が、飲まないで1年を過ごした。
とてもうれしい。
ほんとうにおめでとう。いろいろあったけど、とにかく1年。
仲間の訃報も届く中、生きてこの日を迎えられたこと、とてもうれしく思います。
ほんとうに。

100109birthday01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

きょうはミーティング

きょうは市内のグループのミーティングに参加。
このミーティングに参加するのは久しぶりだ。
テーマは「焦らずに!」。
焦らずに、か。

自分の番は回ってこなかったけど、仲間の話を聞きながら色々考えた。
たしかに焦る時は異様なほど焦る自分。
逆に焦るべき場面でまったく焦らず、あとで泣きを見たこともあった。
どうもアル中は(と言うか自分は)色んなことにすぐ結果を求めるクセがある。
仕事。家庭。対人評価。
経過を楽しむ、と言うことを知らない。まるで飲んでいた時にほろ酔いを知らず、泥酔とブラックアウトを求めていたように。

焦らず、怠けず、楽しみながら、ゆっくり物事をこなす。生きていく。
そんな風にありたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

19キロジョグ

さてジョギング。
12月の走行距離、わずかに96km。
雪が降ったせいもあるが、大半はサボりである。
朝ラン派にはつらい季節だ。
何せ寒い。暗い。
何とか早起きしても、カーテンを開けると真夜中と同じ真っ暗。
「きょうはやめよ・・・」と思って二度寝する。すると翌日はもっと走るのがおっくうになっている。
例年、この時期になるとジョギングは冬眠に入ってしまう。
せっかく夏・秋と積み重ねた貯金が、ここでパーになってしまうのである。
よろしくない。
今年の冬の目標は、月間走行距離150kmを下回らないこと。
低い目標だけど、これから根雪・凍結の季節に入ることを考えれば、このくらいが現実的な目標ラインである。

で、きょうはおよそ19キロジョグ。だいたい2時間くらい。
iPhoneでNike+を使って計測していたんだけど、アパートに戻ってiPhoneを操作したら作動していなかった。
がーん。
オカシイなー。
音楽は鳴っていたんだけどな。Nike+を起動→ワークアウトを開始→同時に音楽スタート、という動作なので、ワークアウトを計測していたとばかり思っていたんだが。
たしかに経過時間のアナウンスが入らなかった。でもワークアウト中断になれば、同時に音楽も止まる。
音楽が鳴り続けているから、てっきり動いていると思ったのに。
ま、いいや。
次回はRunKeeperで計測してみようかな。GPS計測で、Nike+より距離が正確に出るらしい。

さてさて、今夜はものすごい強風。
あすは走れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

正月休み

きょうで正月休みはおしまい。
ここ数年でいちばんゆっくりできたお正月でした。
年越しミーティングから帰ってきたあとは、ほとんど外出せずうちでゴロゴロ。
きのう近所のスポーツ店にジョギングウェアを買いに行ったのと、きょう15キロ走ったことくらい。
あとは録り溜めていたビデオを見、ギターの練習をし、まとめて洗濯をしたりしてのんびり過ごした。
仙台に初売りに行こうかとも思ったけど、渋滞と路面凍結が心配で出かけずじまい。
フォーラスの初売りにはかなり惹かれた。
でも、それでよかった。

洋服も楽器も雑貨も、モノはもう十分。
いまあるモノで、ぼくは十分に豊かに暮らしていける。
これで満足だ。
モノは手段で、目的じゃない。
豊かな気持ちで生きていけること。

ところで正月見た中で、スカパーで録画した古谷一行の「真珠郎」が非常におもしろかった。
何とも言えない昭和感。
いまだったらとてもテレビ放映できない背徳的な物語。
古谷一行の金田一耕助の線の太さ。
いいね横溝正史シリーズ。重く太くどーんと圧倒的なスケール感。
それに比べ、続けて見た「チームバチスタの栄光」の軽いこと軽いこと。比べても仕方ないけどね。
それにしても、昭和はどんどん遠ざかってくなり。むー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年1月 1日 (金)

明けまして

明けましておめでとうございます。
ホームグループの年越しミーティングは無事終了。
大いに盛り上がりました。
カウントダウン・ミーティングは、前代未聞の4時間半ミーティング。
AAに来て最長のミーティングでした。
司会をやりながらどうしたものかと思ったけど、ヘンにまとめなくて良かったと思っています。
通常ミーティングでここまでの時間オーバーはあり得ないけれど、ま、年に一回のイベントだからね。
良い分かち合いの時間でした。

折からの悪天候で、夜半から猛烈な吹雪に。
元朝は一面の雪景色。
厚い雲に覆われて初日の出は見えないかと思ったけど、雲のすき間から一瞬顔を出した朝日を撮りました。

100101sunrise01_2

今年もいい一年になりそうな予感。
良い出会い、良い気付きが得られますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »