« 第1回つくし野グループ&代々木グループ合同オープンリビングステップセミナー | トップページ | Alternative ways to recovery »

2010年1月18日 (月)

11.64kmジョグ

けさは6時起床。
窓の外を見ると真っ暗。走る気持ちが一気に萎える。布団に戻りたい。
それでも何とか気持ちを奮い立たせて外に飛び出す。
外に出てしまえば、思ったほど暗くない。
薄明の夜明けを見ながら12キロ弱走る。
きょうはキロ5'21"ペース。
いつもより少し速めだ。午後になっても太ももが痛い。
ペースは気にせず(気になるけど)、まずはケイゾク。楽しく走り続けること。

やっぱり走った日の方が調子がいいんだよね。身体も気持ちも。
走らないで数日経つと、どうしてもイライラしやすくなってくる。
たとえ5キロでも30分でも、毎日走ろう。

|

« 第1回つくし野グループ&代々木グループ合同オープンリビングステップセミナー | トップページ | Alternative ways to recovery »

コメント

初めて来させていただきました。私は最近AAから距離を置こうか、AAから離れてみようかと考えています。繋がってから足は止めていないのですが、最近すごくAAミーティングに疲れを感じています。
そしてAA以外での回復を目指す方法を考えたり調べたりしているのですが、カオルさんはどう思いますか??

投稿: VIOLET | 2010年1月21日 (木) 01:32

初めまして、VIOLETさん。
正直なお気持ち、ありがとうございます。
AAに来てみたけどこのまま居続けていいのか分からない、迷っているという声は、ふだんのミーティングで聞く機会が少ないので、すごくありがたいです。

VIOLETさんがAA以外の回復の方法を試したいのであれば、それはもうご自身が決めることで、ぼくは特に意見はありません。
ぼくはぼく自身のAAの経験を述べているだけで、AAがほかの方法よりも優れているとか、AAでなければ回復できないと主張するものではありません。
以前の記事でも書きましたが、PROJECT MATCHと言う米国での研究があって、これによると12ステッププログラムと認知行動療法と精神分析療法の3者で治療成績に差はなかったそうです。

でもぼく自身は、AAでよかったと思っています。
多くの気付きや振り返りを、大勢の仲間との関わりを通じて得ました。
それはカウンセリングや認知行動療法では得られなかったろうと思います。
もしぼくがAA以外のやり方でお酒が止まっていたとしたら、きっと昔のまま、神経質で、他人の揚げ足取りばっかりやってて、不平不満ばっかり口にして、不安と自己憐憫の強い、ヤーなオトナになっていたと思います。
で、職場も夫婦関係も見切りをつけて、次々と別の職場に移ったり、もっと自分を依存させてくれる/支配してくれる女性に次々乗り換えたりしていたでしょう。
要するに、アディクション・マインドはそのまんまだったろうな、と思います。
孤独と自己憐憫から抜け出すには、仲間の存在が不可欠でした。
そして生きるのが楽しいし、楽になったと感じるようになりました。

VIOLETさんが「最近すごくAAミーティングに疲れを感じて」いるとのこと、ここにポイントがある印象を受けました。
酒を止めはじめのころの不安、イライラ、焦り、怒り、気疲れ。
われわれの誰もが経験する道です。
ぼく自身はAAミーティングでの分かち合いがその時期を助けてくれました。
もし仲間に共感されたと言う安心感がない、仲間の話から希望を感じられない、など、支えを感じられないとしたら、たしかにAAに通い続けるのはツライ気持ちでしょうね。
まずは主治医に、そしてスポンサーか信頼できそうな先行く仲間に相談してみてはいかがでしょうか。

われわれはとかく白黒思考に陥りがちです。
AAに通い続けるか、いっさい止めるか。AAで自分は回復できるのか、ダメなのか。
結論を焦らず、気を楽にして、誰かに相談してみませんか?
そしてミーティングで、自分の気持ちはいったん置いておいて、仲間の話に真っ白な気持ちで耳を傾けてみませんか?
もしVIOLETさんがAAになにがしかの価値を見いだし、心に響くものがあるなら、AAには通う価値があります。
あなたが私たちの持っているものをほしいと思い、それを手に入れるためなら何でもするという気持ちになったのなら、あなたはもうステップを着実に踏む準備ができたのだ、とBBにも書いてあります。
その先には、回復の道がありますよ。

投稿: カオル | 2010年1月21日 (木) 15:34

カオルさん、こんなに親身に答えて頂き恐縮です。
私は、そうですね本っ当白黒思考になっていました。AA内の人間関係や、ステッププログラムやハイヤーパワーとゆうものがどうしても自分の中に入ってこない事からも、焦りや不安怒りを感じていました。合わないなら辞めるしかないかなって。
そして今日カオルさんに頂いたご意見を踏まえミーティングに行って来ました。自分だけ浮いた考えを持っている様な、何とも言えない感じだったのですが、あの中に居るだけで、仲間の温かさを感じウルっときてしまいました。
最後の方に、考えがまとまらないままだったけど、話してきました。私のそのときの気持ちを。悩んでた事を。そしたら驚く位にスッキリしている自分がいました。
カオルさんのおっしゃる通り、色んな壁にぶち辺りながら、乗り越えながら進んで行くものなのかもって、、。すみませんうまく言えないのですが。
そしてミーティングが終わってから「私も同じ考えでした」とあまり話した事のない方が声をかけてきてくださったりもしました。
悩んだり迷ったりしたときはいっぱい悩めばいいやって思えました。なんだか変に慎重になり固くなっていた気がします。自分の感情の変化に過敏に反応したり…。
良く先行く仲間から言われる、『気楽に』が分かっていなかったように思います。でもやっと『気楽に…』が私の中に入った気がします。

カオルさんありがとうございます。カオルさんが見せて下さった落ち着きや、沢山の引き出し、憧れます。パワーをありがとうございました。

投稿: VIOLET | 2010年1月22日 (金) 02:27

VIOLETさん

恐縮です。
VIOLETさんは、素直で正直な方とお見受けしました。
うまく分かち合えたとのこと、なによりです。よかった!
きっと回復の道を歩いていけますよ。
いつかお会いできると思います。
この道を共に歩いていきましょう!

投稿: カオル | 2010年1月22日 (金) 20:53

今回、新手の壁にぶつかりひどく困惑してしまいましたが、今新しく得られているモノは私にとって今までに無かったモノですし、なんだかとても良いものな気がします。
白黒思考っていう意味も初めて解ったと。また今の私、等身大の自分で生きて行こうって…。アルコール依存症と診断を受けAAに繋がり、回復に憧れ本当に必死で不安で焦る自分でしたが、今は流れに任せて自分の速さで行けばいいってそう思います。『気楽に』
なんだかこの新しい気付きに今酔ってしまっているかも…ですが、『気楽に』だなって、そう思います。
はい、いつかお会いできる事心から楽しみに、これからもAAに足を止めない私でいます。カオルさん、希望をありがとうございます。VIOLET

投稿: VIOLET | 2010年1月22日 (金) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/47327943

この記事へのトラックバック一覧です: 11.64kmジョグ:

« 第1回つくし野グループ&代々木グループ合同オープンリビングステップセミナー | トップページ | Alternative ways to recovery »