« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

年越しミーティング

きのうで仕事はおしまい。
きょうはホームグループ恒例の年越しミーティングです。
きっと楽しい二日間になるでしょう。
それでは行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

Best Service TITANのインストール方法

Best Service社の超弩級シンセソフト、TITANを購入しました。
34GBもの巨大ライブラリを備え100,000サンプルに及ぶデータ、トータル200のシンセサイザー音源を搭載した、まさにマンモス級のシンセサイザーソフト。
SoundOnlineで40%オフ&2日間限定送料無料フェアで購入しました。
国内価格だとだいたい36,500円のところ、円高も手伝って2万円未満で購入。
国内サポートも使う予定はないし日本語マニュアルはあっても読まないので、海外購入の方が安く上がります。
このオーソライズがちょっと面倒くさかったので、忘備録も兼ねて書いておきます。

パッケージを開いてもあわててインストールを開始しては行けません。最初に行うことはRead meファイルの熟読、そしてYellowTools社への製品登録です。
091230titan01

トップページでは、迷わず英語を選択。
最初にアカウントを作成し、同梱されているシリアルナンバーを登録。
次に、画面左、My Account→DownloadsからTITANのインストーラ最新版をダウンロードします。2009/12/30現在はWindows、Macとも1.0.2です。
091230titan02
次に、同じく画面左、Engine DownloadsからEngine最新版をダウンロードします。これも同様に2009/12/30現在はWindows、Macとも1.0.2です。

この辺、KONTAKTベースのソフトとKONTAKTの関係ですね。
20091230_104832

ENGINE最新版をインストール。Yellow Tools Keyソフトもついでにインストールされますが、現時点ではTITANはチャレンジ&レスポンス式で、Yellow Tools Key(USBドングル)は必要ありません。ドングルに移行できるのかも知れないけれど、この辺未確認。
次にTITAN最新版をインストール。
その後、ようやく購入したパッケージに手を付けます。
で、DVDに収められているTitan Content01から05をしかるべき場所にコピー。
Macだと起動ディスク→Engine Root Folder→image filesフォルダ内に、Titan Content01から05をフォルダごとコピーします。ほかのストレージにコンテントを保存して、エイリアスを作っても大丈夫。ただしファイル名は変更しないこと。

その後、ENGINEを起動。ENGINEのルートフォルダを指定するよう指示されるので指定。ブラウザメニューからTITANのライブラリを指定、音色を選択してクリック。
するとチャレンジ&レスポンスの画面になります。
091230challenge1
ここでProduct Codeをコピー。
Yellow Tool社のページに戻って、My Account→E-Licenseを選択。
製品名をプルダウンから選択、シリアルナンバーを入力、そしてさっきコピーしたProduct Codeをペースト。

ここは大事なところです。webブラウザ上でシリアルナンバーとProduct Code欄が赤いハイライトの状態だとREQUESTボタンを押しても反応しません。もう一度プルダウンからTITANを選択しなおすなどして、赤いハイライト状態を解消してください。

response codeが発行されたらコピーして、ENGINEのチャレンジ&レスポンス画面に戻り、ペーストします。OKボタンを押して終了します。
注意点。オーソライズ終了前にENGINEを終了してしまうと、次回起動時はProduct Codeが変わります。オーソライズが終了するまでENGINEを終了しないでください。

赤いハイライトが解消されるまでREQUESTボタンが反応しないことに気が付くまで、ずいぶん試行錯誤しました。
これで34GBの巨大ライブラリを楽しめます。

しかしチャレンジ&レスポンス式はドングルが不要な点は良いんだけど、ハードディスクを換えたりマシンが不調の時はいきなり再オーサライズを要求される場合がある。
一長一短だけど、自分はドングル式の方が好きだな。
できればiLokかステインバーグキーに統一してもらえるとうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

ステップワーク、2連チャンと年賀状終了

きょうはステップワーク、2連チャンだった。
一人はステップ7,もう一人はステップ4。
ステップは一度弾みがつけば自然に転がっていく。
仲間が積極的にステップに取り組んでいく過程に立ち会えるのは、とてもうれしい。
とは言え、一日に二人は疲れました。

帰ってからドトーの年賀状作成。
Amazonに注文したプリンタが早くも到着した。
開梱→セットアップ→試し刷り。
箱から取り出してドライバーをインストールするだけ、と思っていたが、案外に時間と労力を費やした。
で、何とか年賀状作成終了。コメントも入れた。あとは妻の分のコメント記入を待って投函するだけ。
いやはや、何とも忙しい一日だった。
あとは年越しミーティングだけだ。
楽しみだな−。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

年賀状地獄

年賀状が終わらない。
夫婦二人がかりで土日を費やすも、終わらず。
プリンタの挙動がオカシイ。
だましだまし裏面は印刷し終えたものの、宛名印刷がどうにも不調。
数枚印刷するごとに、年賀状の隅に黒いインク汚れが生じる。
そのたびにインククリーニング、ローラークリーニングを試みるがほぼ不変。
このため、書き損じが多数発生。
端っこがちょっとくらい汚れててもいいじゃん、と言うワタクシ。それでは相手に失礼、きちんと印刷し直すべし、と言う妻。
印刷後に住所が間違っていることが判明したり、不足分を買い足しに行ったりと、さまざまに難局が押し寄せる。

苦痛なく書ける年賀状ってせいぜい50枚が限度だと思う。
それ以上は苦役に近いものがある。
むむー。

結局、家のプリンタでの印刷はあきらめることにした。
これ以上やっても書き損じを生じるだけ。
きょうは宿直なので、職場に持ち込んであるマイプリンタで印刷中。
こちらは快調。しかしまたまた枚数不足が判明。あああ、あすまた郵便局に行かなきゃ。

仕方なし。
年賀状が終わったら、あすは美味しいものでも食べに行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

年賀状・・・

さて、クリスマスも終わったし。
年賀状書かなくっちゃ。
この土日でやっちゃわないと、あとがない。
あああ。でもやりたくない。
激しくやりたくない。
年賀状、避けて通れるなら避けたいがしかし。やらないわけには行くまい。
やらなくっちゃ。でもやりたくない。
ジレンマ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

クリスマスだよ

クリスマス・プレゼントは要らない。
御馳走もケーキも七面鳥も要らない。
クリスマス・ツリーとクリスマス・ソングは欲しいかな。
ツリーはクルマから見るだけで十分。
歌はiTunesにたっぷり入っている。
ディアナ・クラール、ビング・クロスビー、ナットキング・コール。
妻とふたりで過ごすクリスマス。
パートナーがいて、暖かい家があって(アパートだけど)、五体満足で、こうして生きていけるのはしあわせだ。

8年前のぼくは、いつ死んでもおかしくなかった。急性膵炎で死の淵を歩いて、助かったあともアルコールの破滅の中で死ぬことばかり願っていた。生には何の価値も感じられなかった。病んだ頭で病んだ考えにとらわれていた。日々は死と絶望の影に覆われていた。

いまの暮らしが、ぼくにはとてもいとおしい。たった二人の家庭は、何ものにも替えがたい大切なものだ。
壊れる時にはそれがどんなにたやすく壊れるか、ぼくは知っている。
どんなにもろく、一瞬で失われてしまうか。
アルコール依存症と言う病気は、自分と周囲のしあわせを根こそぎ焼き尽くしてしまう。
冬の燎原に火を放つように、振り返る間もなく、すべてを飲み込んでしまう。
飲まない生き方とその破滅との間には、わずか一杯の酒の隔たりしかない。
ぼくはいまも、病の黒い影を見る。
後ろを振り返った時に、ちょうど誰かが角を曲がっていった残像を見るかのように。
どんなに最後の酒から時間が経っても、その影はつきまとう。
傲慢、恨み、怒り、恐れ、不正直、正当化、色んな感情に姿を変えてやってくる。
われわれアルコホーリクの破滅は、神の力で一時的に執行猶予されているに過ぎない。

ケーキと少しばかりの花を用意して、今夜はささやかなクリスマスのお祝い。
妻に感謝。仲間と神と飲まない生き方と自分自身に感謝。
メリー・クリスマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

ボブ・ディラン来日、ライブハウスツアー

あああ、なんとボブ・ディランが来日する。
ディランだよディラン!
昨日の朝、宿直明けでテレビをつけたらキャスターの後ろのパネルにディランの写真が。
あわててネットで調べたら、3月に来日するっていうじゃないの。
おおおっ!
これは行かなくては。何をおいても見なければ。

ぼくがディランのライブを見たのは、97年の仙台だ。
かっこよかった。
適度に上品で適度にアグレッシブな、カントリーテイストの交じったバンドサウンド。ディランはサイドにラメのラインの入ったカントリー歌手のようなパンツを履き、エレキでオブリガードを弾きまくっていた。
MCなし。ひたすら歌い、演奏を続けるボブ。最後にメンバー全員が前に出て来た。
おじぎをするのかと思ったら、腰に手を当てたり、思い思いの気取ったポーズで静止。拍手の嵐。
かっこよかった。

ディランはつかみ所のないアーティストだ。
色んなスタイルを変遷してきた。カントリーだったりフォークだったりロックだったり。でも色んなスタイルを身にまとっても。どこかスタイルになじめない微妙な違和感が残る。トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズと演奏しようが、グレイトフル・デッドと共演しようが、そのサウンドになじまない。微妙に「浮いた」感じがする。
逆に言えば、スタイルに埋没しないオリジナリティが彼の歌にはある、と言うことなんだと思う。
字余りの歌詞、独特の声、アーティキュレーション。

ハリケーンはいつ聞いてもぞくぞくするほどかっこいい。
やせっぽっちのバラッドのDo you, Mr. Jones?と言うサビは深く胸に突き刺さる。
It's All Over Now, Baby Blueの何とも言えない哀切。終末感。
こんな曲を書けるのはディランだけだ。

チケットはウドーの先行予約で手に入れた。
3/26のZEPP東京。ライブハウスと言うにはちとデカイ箱だが、ホールよりは緊密感があるだろう。
楽しみだぜディラン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

マイ・スポンサーとの対話

先日、マイスポンサーと会った。
久しぶりに会った彼は、最後に会った時と何も変わっていなかった。
穏やかさとエネルギッシュさが同居した、ひとなつっこい笑顔。
今回、相談したい事があって時間を取ってもらったのだが、約束の日までに問題の方は、自分なりに整理がついてしまっていた。
でも彼の意見が聞きたかった。彼の話が聞きたかった。彼からみて、今のぼくは、今のぼくの問題は、どんな風に見えるのだろう。

待ち合わせのファミレスに現れた彼は、いつものように直接は何も言わなかった。
ただ自分の話をし、ぼくが問題に対して取り組んだ事は穏やかに支持してくれた。

彼の話の中で、居場所、と言う言葉が何度も出た。
自分自身がいるべき場所。
周囲との調和。他人と自分とが穏やかに共存できる場所。
彼は今の職場を、自分の居場所だという。周囲に感謝し、周囲から感謝され、自分の能力を発揮できる場所。
共存、調和、謙虚さ、感謝。
ぼくが彼の立場だったら、そんな風に思えるだろうか?
自我を突っ張らせて、不平不満を募らせた揚げ句に飛び出してしまうんじゃないだろうか?
今の自分に満足し、謙虚に周囲に感謝できるってのは、なまじできる事ではない。

彼の話とその穏やかな口ぶりから、ああ、この人はやっぱりAAメンバーなんだな、と思った。
たとえミーティングに出てこなくても。

私生活の方もますます充実しているとのこと。
相変わらずだった。ぼくが彼と出会ってもう8年以上経つのに、ちっとも彼は変わらない。むしろますます若返っていくような気がする。
スポンサーとして、年上の友人として、尊敬できる先輩として、これからも会い続けたい、と思った。
人との出会いっていいよな。ほんと。
ありがとう、マイスポンサー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

ステップワーク

きのうはほぼ一日、ステップワークだった。
GAの仲間へのステップの手渡し。きのうはその2回目だった。

いつも思うんだけど、読み合わせの作業が同じように進んだ事はない。
ある仲間はすんなり飲み込めるところが、別の仲間はまったく受け入れられなかったりする。
特に第4章「私たち不可知論者は」のところは、人によって反応がかなり違う。
独自解釈な人、否定的な人、理解をあきらめる人、すんなり入る人。
今回も紆余曲折を覚悟していたんだけど、きのう会ったGAの仲間はまったくひっかかることはなかった。

ステップに必要な条件は、正直さとやる気だけ。
でも逆に言えば、正直さとやる気が備わっている時点で、ステップ3までのかなりのところができているんじゃないだろうか。
正直さとは、自分の欠点を認めていく姿勢だ。
やる気とは、欠点に目を背けない勇気だ。古いものを捨て、新しい概念を取り入れていこうと言う意欲だ。
自分も含め、ほとんどのメンバーには最初はそんなものは備わっていなかった。
仲間の支えとAAプログラムの中で、ステップとともに少しずつ、やる気と正直さが育っていったように思う。
だからステップを踏みはじめた新しい仲間が恐れと不安と不正直さでいっぱいだったとしても、それはもうやむを得ない、当然の事なんだと思う。
だってそれがアディクション・マインドそのものなんだから。

でもきのうのGAの仲間は、とても前向きだった。
穏やかさの中に、自分の欠点を正直に見つめる強さがあった。
予想していた以上に。

ステップを手渡すと、こちらが力をもらえる。
仲間のために行動することで、自分のソブラエティを伸ばしてもらえる。
相手を助けることで自分も助かる。まさに自助グループ。
その力を感じることのできたひとときだった。
いい時間でした。
また次回が楽しみだ。さてさて、自分のステップも進めていかなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

reasonbanksのgroupbuyに参加

米国ではクリスマスシーズンは年に一度のビッグセール期間だそう。
DTMの世界でも、これでもかと言わんばかりのセールラッシュ。まさに怒濤の勢い。
登録してあるメーカー、ショップから次々とセールの案内が届く。それがまた垂涎の的のものばかりだから悩む。

まずはreasonbanks.comのgroupbuyに参加。
参加費は50ユーロ。最高で10コのReason refillが入手できる。
Groupbuy_1
参加費を払って登録。登録者数が増えるに連れてゲットできるrefillが増えていき、最終的には10コを手に入れられる。
最低でも37ユーロ相当のrefill2つはゲットできるので、非常にオトク。
reasonbanksのrefillは二つばかり持っているんだけど、わりにクオリティが高い感じ。
サウンドの幅がグッと広がるってモンです。
recordでSSL 9000モデルのミキサーに通すといい音するしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

宛名職人16は買いか?

年賀状の季節がやってきた。
一年でいちばん憂うつな行事だ。
ただでさえ忙しい時期に、相当の時間と労力を消費する作業、年賀状書き。
いっそ止めてしまいたい気もする。が、新年らしい行事はこれしかやってないし、ま仕方ないか。

Mac唯一の年賀状ソフト、アジェンダの宛名職人。
ver.15は恐ろしいソフトだった。有料ソフトがここまでひどい出来のまま発売できるのかという、ある意味記念碑的なソフトだった。
その宛名職人が万全を期して、snow leopard対応の進化を遂げたという。
その名も宛名職人16。
アジェンダからしつこいくらいバージョンアップ催促のメールが来る。
さすがにv15は会社が傾くレベルだったろうから、この辺でまともなソフトに戻っているだろう。
どれどれ、Amazonの評価は、と。

Amazon.co.jp: 宛名職人Ver.16 アップグレード版: ソフトウェア

レビュー平均、星ひとつ半・・・。

オススメできません。, 2009/11/4
- レビューをすべて見る
Snow Leopard対応なはずなのに、用紙設定やプリンタ設定が行えません。
その他もバージョンアップしても不具合だらけ。
Ver14の方が使いやすいです。
サポートに電話も繋がらないし、繋がってもその場しのぎの苦し紛れ対応。
100%オススメしないソフトです。

あちゃー・・・。
またやってしまったかアジェンダよ。
検索したら、あちこちでさんざんな言われよう。
今回はさすがにバージョンアップは止めました。
v14をしつこく使っていく事になりそう。
snow leopardでさくさく動く宛名職人ができるのはいったいいつの日やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

仙台帰り

仙台で一泊後、きょうは仙台の町をウロウロして、夜は福島で新生・薗田憲一とディキシーキングスのライブ。
福島のローゼン・ケラーと言うお店が、毎年呼んでいる。妻のご両親が好きで、きょうは久しぶりに妻とそのご両親と一緒に過ごした。
正直、ディキシーランド・ジャズはあまり興味がなかった。
が、行って良かった。すごく良いライブだった。
フジロックで見たレーヴェンに近い感じ。
ブラス主体で盛り上がる盛り上がる。
ドラムが激ウマ。
エンターテイメント性もバッチリ。
付合いで見に行ったけど、予想外に楽しいライブでした。

妻の御両親とも久しぶりに楽しいひとときが過ごせた。
よかったよかった。
しかし疲れた・・・寝るべ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

仙台光のページェント

仙台光のページェント
出張で仙台に来ています。
偶然、きょうは光のページェントの初日。
きれいナリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

絶対盗まれないUSBメモリ?

きょうもステップワーク。
それはともかく、変わったUSBメモリを見つけた。
USBメモリ、寿司だったりフィギアだったりイロモノには事欠かないが、これはすごい。

HACKED!™

Hacked_648b


これだったらパソコンに刺さってても盗まれないだろう。
the OH! *#% flash driveと言うんだそう。なんて発音すんだこれ。
葉っぱを隠すなら森の中、とはまさにこの事か。
しかし取り回しがたいへんそう。
スーツの胸ポケットには入れとけないなー。
自分の場合はデータのやり取りはほぼメールで完結しているので、あんまりメディアは使わないんだが。
しかしブログに書くネタがこんなものしかないとは。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

ステップ・ワーク

きょうもBBの読み合わせ。
きのうは仲間と遅くまで話し込み、きょうも長時間の読み合わせ。
さすがに疲れたナリ。
ねむ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

うなれ!The finger!

久しぶりにDTMネタ。
しばらく前にNative InstrumentsからKOREの拡張パックを購入。
その名もThe finger。
おお、なんかスタンドみたいでカッコエエエ!
何がフィンガーかというと、このエフェクトをかますと鍵盤を弾くたびに強烈なエフェクトがかかる。
基本は指一本で鍵盤を押しまくり、原音をぐにゃぐにゃさせるの。

Thefinger01

で、さっそく使ってみました。
KOREでもいいんだけど、Reaktorのアンサンブルとしても起動できる。むしろReaktorの方が起動が速い。
Battery3で適当にループを作って、The Fingerをかましてみました。

・・・と、ここでファイルを上げる予定だったのが、サーバーが不調なのか、うまくできません。
感想だけ。
とにかく指一本で奇抜なエフェクトがかけられまくる。
グリッチからリバースからフィルター、トレモロ、なんでもあり。
でも調子に乗ってあんまりぐちゃぐちゃやり過ぎると曲が壊れるので、ここ一番という時のみにした方がいいかと。
あとはDJさんの即興エフェクトでしょうかね。
おもしろいんだけど、何事も過ぎたるが及ばざるがごとし。ほどほどがいいようです。
指一本でも良いんだけど、色んなパラメータにツマミをアサインしてぐにゅぐにゅやるとさらにいいかも。
イカス!ザ・フィンガー!

「thefinger.mp3」をダウンロード

↑ファイル上がりました。こんな感じス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

年末だねぇ

ここんとこ文章をこさえる気力がない。
twitterの120文字ちょっとを書き込む気力も湧かない。
うむー。
心配事があるとナーバスになるものだ。
つくづく人間とは感情に支配されるドーブツなのだと思う。

今夜は宿直。
とりあえず書類書いて、あすのことはあす考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

FenderU.S.A.+EVANGELION コラボモデル、スゴイことに

前にも書いたエヴァンゲリオンとfenderのコラボギター。
12月1日からついにヤフオクで出品開始しました。
いやもう、スゴイことになっています。

091204evafender01

12月4日午後4時40分の時点で、テレキャスターが480万円。ストラトはなんと854万円。
オク終了の12月8日午後7時には、ストラトは1000万円超すんじゃないかな。
うーむ。
しかし、いったいどんな人が入札しているんだろう?
落札価格よりも、むしろ入札者のプロフィールが気になる。
ヤフオクは現在、入札者のプロフィールは一部伏字になっていて匿名化されている。
自分も入札すれば伏字は解除されるんだけど、いくら何でもそれはできない。
シャレで入札して万が一落札しちゃっても、とても買えません。

ちょっとワラタのが質問コーナー。
まずはテレキャスの方。

質問1 投稿者:ara***** / 評価:9 12月 1日 21時 19分
500万の即決にして頂けませんか?
回答 12月 2日 20時 23分
即決は受け付けていません。あしからずご了承ください。

そりゃ即決はねえだろう・・・

次、ストラト。

質問7 投稿者:mik***** / 評価:2 12月 3日 8時 13分
すいません。 息子が間違えて入札してまいました。 今回の入札を取り消していただけませんか。 宜しくお願いします。
回答 12月 3日 12時 52分
入札を削除いたします。 Yahoo!事務局に重要な違反行為として通報させていただきました。

ははは・・・。
数百万円の高額商品だからねぇ。息子が間違えて、じゃ済まないでしょう。

ちなみに商品紹介の方もちょっとツッコミ。
配送料金
発送地:東京
着地:沖縄・離島を除く全国どこでも 5000円(税込)

おいおい、数百万円もするんだから送料くらいサービスしてあげてよ。

いやしかしほんとスゴイ。
ちなみにギターのオークションでの最高価格は、エリック・クラプトンの49万7500ドル(およそ6,000万円)が最高らしい。
http://www.barks.jp/news/?id=52337532
もちろんそこまでは行かないだろうけど。
いやはや、自分の所有ギターとはケタ違いの話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

ミーティング待ちの喫茶店にて

ミーティング待ちの喫茶店にて
ミーティングまでの小一時間、とある喫茶店でビッグ
ブックの予習。
気が付けばもう十二月なんだね。

いつも十二月になるとシオンの歌を思い出す。
何かやり残したような柔らかな後悔をする•••。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »