« ぐだぐだな一日 | トップページ | Fender、エヴァンゲリオンギター発進 »

2009年10月11日 (日)

ロング走とミーティング

きょうはキアイを入れて2時間半のロング走にトライ。
スピードも距離も気にせず、とにかく2時間半を気楽に走ることを目標に出発した。
途中やや風が強かったが、晴れてて湿度も少なく、快適に走れた。
それでも2時間を過ぎるとやはり足が痛い。きつい。止まりそうになる。3時間いけるかと思ったがムリせず予定通りに帰ってきた。
約25キロを2時間35分。

夜はミーティング。
今日のテーマは「信じる」。
信じるのは、ある意味カンタンだ。少なくとも「信じた」気になるのは。
でも信じたことをもとに行動するのは難しい。
信じ続け、行動し続けるのはさらに難しい。

ぼくはちゃんと信じているだろうか?
神を信じ、ステップを行動し、それをやり続けているだろうか?
分からない。分からないからこそやり続ける。自分を点検し続ける。
やり続けなければ自我が走り出すのはあっという間だ。
ミーティングに出る。AAプログラムに取り組む。仲間と分かち合う。気付きを得る。
でも気付いただけでは色あせる。映画や音楽と同じように、どんなに素晴らしくても、感動はやがて色あせていく。
気付きを育て、伸ばして行くには、使わなければ。使い続けなければ。
実行し、仲間に手渡していく。気付きをもらい続ける。
そして気付きは「信じる」に変わっていく。

ランニングもソブラエティも、「分かった」だけでは意味がない。「分かった」だけでは「分からない」のと同じだ。
じっさいに走り、痛みを感じ、きつい局面を体験する。
行動のプログラム。

そんなことを考えながら仲間の話を聞いていた。
よい一日でした。
どれどれ、あとは寝る前に書類をやっつけよう。

|

« ぐだぐだな一日 | トップページ | Fender、エヴァンゲリオンギター発進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/46459235

この記事へのトラックバック一覧です: ロング走とミーティング:

« ぐだぐだな一日 | トップページ | Fender、エヴァンゲリオンギター発進 »