« 盆休みと日焼け | トップページ | 鯨飲馬食 »

2009年8月17日 (月)

風とロックFES 福島

白沢村が本宮市に合併になると同時に消えてしまった幻のロックフェス、トロロロックフェス。
この地福島にはもうロックフェスなどありえないと悲観的になっていたのですが。
来ました。

〈207万人の天才。風とロックFES 福島〉が開催決定! サンボマスター、THE BACK HORNらが出演! - bounce.com [ニュース]

音楽フェス〈207万人の天才。風とロックFES 福島〉が、10月18日(日)に福島県郡山市の開成山野外音楽堂にて開催される。
このフェスは、クリエイティヴ・ティレクターの箭内道彦(風とロック)が2007年に手掛けた「福島民報」の115周年記念特集〈風とロックと福島民報 207万人の天才〉がきっかけとなり、実現に至ったもの。箭内のプロデュースによる、福島でしかできない、同地ならではのイヴェントとなる模様だ。出演アーティストとして、サンボマスター、THE BACK HORN、TOKYO No.1 SOUL SET、スネオヘアー、堂島孝平×ヒックスヴィル、怒髪天、箭内道彦の7組がいまのところ発表されている。

開成山野外音楽堂と言えば、幻のワンフェスが開催されたロックフェスゆかりの地。
そうですかやりますか、たのしみだなー。
ここ、たしかステージと客席(つか芝生)がお堀みたいに水で区切られているんだよね。
モッシュとかダイブとかやりようのないステージなんだけど、盛り上がるんだろうか?
座って聞いているだけのサンボマスターなんてつまんないぞ。
ぜひ盛り上がれるような仕掛けを希望。

出演はサンボマスターにバックホーンと,福島県出身アーティストをフィーチャーしていると思われる。
となったらもちろん、音速ライン。そして遠藤ミチロウでしょう。
ぜひ盛り上がって,荒吐に続く東北フェスに育って欲しいものです。
福島アーティスト,ガンガレ!

ボソッ・・・・GReeeeNは(゚⊿゚)イラネ

|

« 盆休みと日焼け | トップページ | 鯨飲馬食 »

コメント

ステージと観客席の間の堀(ドブ川と言ったほうがいいかな?)を挟んで大きな輪をロープで作り…
生物部物理部吹奏楽部
1年から3年まで
入り混じった
おバカな高校生たちは綱引きもどきで盛り上がりました。
戦いの後
半数はそのまま近くの銭湯に
勝ったメンバーはコインランドリーへ
勝っても負けてもクサーイ奴等がそこにいました。

ちなみに盆爺は途中で水路を飛び越えて裏切り3人組のうちの1人でした。
ひどい奴でした。

投稿: 盆爺 | 2009年8月17日 (月) 22:11

bonziさん

おお、bonziさんの青春の一コマですね。
いいなー楽しそうだなー。
どぼどぼと堀に落下する高校生たち。
セイシュンなり。
そうそう、あの水路(と言うか五十鈴湖全体)、割と生臭い印象が。
フェスなんかやって大丈夫なのかな。だんだん心配になってきました。

投稿: カオル | 2009年8月19日 (水) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/45955974

この記事へのトラックバック一覧です: 風とロックFES 福島:

« 盆休みと日焼け | トップページ | 鯨飲馬食 »