« iPhoneでジョギング | トップページ | フジロックフェス、チケット到着&全アーティスト発表 »

2009年7月 8日 (水)

スポンサーとの対話

先日の職場での一件が、どうもすっきり来ない。
自分の意図が間違っていたとは思わないんだが、やり方が良くなかった。
かと言ってほかにどうすれば良かったのか、考えられない。
同じ局面に遭遇した時にまた同じ過ちを繰り返してしまいそうな気がする。
叱責したのは良くなかったが、さりとてほかに方法も思いつかない。
久しぶりに、スポンサーに会って話を聞いてもらうことにした。
(スポンサーってのはAAで言う、助言的な立場の仲間のことです)

彼は、事前に書いたメールに2,3補足説明をしただけですっかり事態を理解した。
彼の職場でも、ほとんど同じような事態が起きているらしい。しかも、ぼくのところよりもずっと深刻だ。
それでも彼はスタッフを叱責せず、やさしく、気さくに語りかけて率直な意見のやりとりをしている。
もちろん彼が自分で「オレはやさしく気さくに振る舞っている」と言ったワケじゃない。
彼の話の内容、穏やかな口調から、そんな職場での様子があふれるように伝わってくる。
彼の話を聞いているうちに、自然と自分の過ちが分かってきた。過ちと、解決策が。
スポンサーはぼくに言う。
「カオルは正義感が強いからねー。ぼくも昔はそうだったよ。この歳になってようやく今みたいに考えられるようになったよ」と。
そう、たしかにぼくは正義感が強い。でもそれは決してほめられた事じゃない。相手の立場に配慮しない一方的な正義感は、対立しか生まない。自分は正義で相手はぜったいに間違っている。自分は正しい。間違っているのは奴らだ。そう言う考え方で行動した瞬間、対立が生まれる。独善。
どんなに正しい意見でも、相手の立場を叩きつぶしてしまったら伝わらない。押しつけで人の考えを変えることはできないんだ。
相手の立場、意見を(どんなに間違っているように見えても)配慮し、耳を傾ける。その上で自分の意見を率直に、共感的に伝える。押しつけではなく。

怒りではなく、共感と思いやりを持って接するべきだったんだ。自分の意見が正しいと思えば思うほど、相手の立場に配慮すべきだったんだ。

スポンサーと対話して、そのことがようやく分かった。
なんてことだ。まさにステップそのものじゃないか。
いままでステップステップってさんざん言ってて、自分はさっぱりステップが使えていないじゃないか。

あのときぼくは、フロアスタッフが嘘をついたこと、言いつくろいをしたことに瞬間的に腹を立てた。それは止めようのない、発作的な怒りだった。
でもよく考えてみたら、最初にそのスタッフを呼んだ時からぼくは対決的な姿勢だった。相手のミスを指摘する気満々だった。
その固く冷ややかな態度が、相手の言いつくろいを、ウソを招いたのではなかったか。
まずはスタッフの苦労をいたわり、苦労や不満点を聞き、その上で自分の意見を言うべきだった。

スポンサーの職場では、上司が部下を叱責するタイプだという。叱責された部下はモチベーションが下がり、上司から読むように渡された本や資料も嫌気がさして目を通さないのだという。
そりゃそうだ。誰だって意見も聞かれずに怒られたらやる気をなくす。

スポンサーの言葉から、スタッフに穏やかに言葉をかける彼の職場での姿が目に浮かぶ。
ああ、器の大きさって、こう言うことを言うんだな。
この人にはかなわない。

スポンサーは言う。
カオルのことは安心している。日々、内省ができているからね、と。
とんでもない。内省なんてロクに出来てない。感情まみれだ。
それでもスポンサーにそんな風に言われると、なんだか凄くうれしい。やる気が出てくる。

答えは、出た。
あす、叱責したスタッフに謝ろう。
この前は言い過ぎた、悪かった、ゴメン。そう謝って、相手の言葉に耳を傾けよう。批判せず、決めつけず。
信頼関係を戻すには時間がかかるだろう。ぼくはやり方を間違えた。失敗した。
でもそれは学ぶべき事の多い、実りある失敗だった。得たものは大きい。

久しぶりにスポンサーと会えてうれしかった。彼はちっとも変わらず、やっぱり信頼の出来る人だった。「アイツが悪い」で終わっていたら、きっとこんな気付きは得られなかっただろう。
ありがとう、マイスポンサー。

|

« iPhoneでジョギング | トップページ | フジロックフェス、チケット到着&全アーティスト発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/45577085

この記事へのトラックバック一覧です: スポンサーとの対話:

« iPhoneでジョギング | トップページ | フジロックフェス、チケット到着&全アーティスト発表 »