« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

サカナクション&Base Ball Bear

サカナクション&Base Ball Bearのライブを見てきた。
サカナクションはリリカルな歌詞とシンセサイザーを使ったダンサンブルなサウンドが特徴の若手バンドだ。
毎朝ラジオでかかっているので、前から興味があった。
場所はHIP SHOT JAPAN。客は8分の入りと言ったところ。お客さんはほとんどが10代から20代前半の少年少女ばかり。われわれ夫婦はやや浮いている気がするが、まぁ仕方がない。

機材オタクとしては、やはりシンセおよびギター周りのセッティングが気になる。
開演前にシンセの音が鳴っているのを聞いてKORGか?と思ったら案の定、microKORGが鎮座していた。ボコーダーサウンドも出しているが、microKORG据え付けのマイクは使わないようだ。
キーボードラックの最上段にmicroKORG、その下には何かラック機材が入っているようだが確認できず。最下段はRoland SH-201。
ほかにもう一台、側面から見ると「λ」の字に見えるキーボードが見える。KORGのRADIASではない。
出音の印象からひょっとしてMOOG?と思ったら、やっぱりそうだった。
MOOG Little Fatty New Stage IIナリ。Ame(だったかな?)のイントロのシーケンスフレーズは、このMOOGで出してるんじゃないかと思う。
クリックを何所で出しているかは不明。
キーボードの女性がDAWでコントロールしているのかと思ったが、そうではないようだ。
ミキサーの方で出しているのかも知れない。

機材はともかく、ライブはよかった。リリカルでセンチメンタルで踊れるサウンド。もっとシンセを前面に出して、フィルターをバーッと開いていくような曲があっても良いかも、と思った。
いいね、サカナクション。

メインのBase Ball Bearは、とにかくお客さんが踊る踊る。
演奏も上手い。若いメンバーだが、どうしてどうして演奏は達者なもの。
とくにボーカルの人のカッティングがすばらしい。音量も小さく目立たないが、確実にこのバンドのグルーブを引っ張って行っている。
キレの良い16のカッティングを弾きながら、ボーカルもしっかりしたもの。
リードギターも多彩なエフェクトを駆使しながらも目立ちすぎず、アンサンブルに徹している。
自分のプレイを聞かせるんではなく、みな曲を聞かせるために演奏しているのが伝わってくる。
いいねー。このバンド、メンバー間の雰囲気が良いんだろうな。
エレクトリック・サマーくらいしか知らなかったけど、とてもいいライブでした。

・・・しかし腰痛が怖くてステージ後方から見ているしかないのは、何とも情けないものです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

ジュピアランドひらた

きょうは休日。
郡山シティマラソンはエントリーが間に合わず不参加。
代わりに平田村のジュピアランドひらたに行ってきた。

恒例の芝桜祭りをやっているとのことだったが、まだ5分咲き程度で満開には今一歩。
でも天気も良くて、気持ちの良い公園でした。

山の中腹に駐車場があって、その下が屋台。
上の方はちょっとしたハイキングコースになっている。
中腹から見下ろすと、とても景色が良い。

090429hirata01

芝桜は色が濃くて、青空の光の下で見るととてもきれいだ。

090429hirata02_2


090429hirata03

せっせと整備作業に勤しむ、そろいのオレンジ帽のみなさんが個人的にはかなりツボ。
話しかけてきたおじさんとずーっと会話していたけど、ひとときも手は休まず。さすが!

バーベキューエリアもあり、オートキャンプ場もある。
ここでキャンプしたら気持ちいいかも。やってみたいな。

夜はサカナクションとBase Ball Bearのライブを見てきた。
この話はいずれまた。
仕事から解放されてリフレッシュできた、よい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

Windowsノートへの長い道、その3

調べてみるとWindowsノートは星の数ほど存在することが分かった。
エラブノ、メンドイ。
Macのノートも基本は2種類しかないが、それでも細かくスペックを比較し出すときりがない。
星の数ほどあるWindowsノート、しかも頻繁にモデルチェンジしているマシンを比べるのはすごく難しい。

自分の欲しいマシンの条件を書き出してみる。
1.CPUはCore2Duoであること。ときには重い処理も必要なので2.0GHz以上。
2.メモリは2GB以上。
3.もちろんOfficeプリインストール。PowerPointは優待版で別途購入もアリ。
4.Excelもよく使うので、モニタは12インチ以上。大きければ大きいほど。
5.10万円以下。
6.ハードディスクは320GB以上。

この条件で調べてみた。
が、あまり条件に合致するマシンが見つからない。
値段が安いのは、メモリが少なかったりハードディスク容量が極端に小さかったり。
条件を十分に満たすものはやはり高級機になってしまう。
メモリやハードディスクは購入後に交換すれば良いのかも知れないが、Windowsマシンのハードディスク交換はどれほど手間がかかるのか予想がつかない。
Macならtime machineで入れ替えても良いしクリーンインストールも自信がある。
しかしWindowsはあのメンドクサイ認証がある。交換後にクリアできるか自信がない。

現時点で唯一適合する機種は、東芝 dynabook TX/67Hのみ。
これだと某サイトで送料込み9万円ナリ。
あとはヤフオクで見かけた、DELL Vostro 1710とか言う17インチモニタの戦艦級マシンか。
これだとExcelのシートをダーッと広げてもみやすそうだ。
Macで鍛えられているのでマシンの重量も気にならない。
USB6ポートにFireWire400(4ピン)、ExpressCard スロットにカードリーダまで付いている。
オクで9万円台。
これにするかねー。
しかしやっぱり、Microsoftには納得が・・・。
うーんうーん。

とりあえずもう少しMac環境でがんばってみよう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

5月は神戸出張

5月に神戸の出張が決まった。
仕事関連で名古屋より西に行くのは初めてだ。5月21日から24日まで、3泊の出張である。
日程が決まってからも、切符やホテルの手配はしないままだった。
神戸と言えば普通に都会である。ビジネスホテルのシングルなんて、前日でも取れるに決まっている。
が。
ない。
ホテルの空きがない。
5/21-5/24、神戸市内のホテルはまるで空きがないのである。
旅窓も探した。じゃらんも探した。
あまり気乗りがしなかったが、JTBにも電話した。
すべて空きなし。
キャンセル待ちもできない状態。
なぜ?どぼぢで?
何か大きなコンベンションでもあるのだろうか。それともその日は神戸市内のホテルが一斉にストライキでも起こすのだろうか。
とにかく困った。

唯一空きがあるのはカプセルホテルのみ。
いや、ま、カプセルでもいいんだけど。
カプセルに3泊はキツイ。狭くていいからふつうにビジネスホテルに泊まりたい。
あと「有馬温泉」なるエリアは空きがあるが、しかしねー。出張で温泉宿に泊まるのってどうなのよ。
そもそもアクセスが良いのか悪いのか、ちーとも分からん。
うーんうーん。困った困った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ぐでぐでな日曜

きのうは午前中が仲間とBBの読み合わせ。
午後からは予定なし。
久しぶりの2連休だ。
ここんところ気持ちが落ち込み気味なこともあって、この二日間は完全休養することにした。
遠出しないで、アパートでゆっくり過ごすんだ。
時間があったらジョギングして、部屋の片付けをして、ギターを弾いて曲を作ろう。

が。

あっという間にダルダル体勢に突入。
ほんとに、完全に、まったく、なーんにもやる気が起きない。
ひたすらこたつに当たってボーッとしていて終わり。
土曜の夜のホームグループにも出られず。
日曜になっても、ジョギングにも出られず。
頭にかすみがかかったようで、まったくなにもやる気が起きない。
ようやく夜になってミーティングに出かけたが、日中は丸丸ムダに過ごした。
や、休養できたから、ムダとは言えないか。
でも休めた充実感もなく、ひたすらけだるい感じ。
こんな事なら、仲間と一緒に山形のOSMにでかければよかった。
まるで飲んでいたころの、ブラックアウト明けのような気分。

夜のミーティングに出かけて、ようやく頭がしゃきっとした。
イカンね。
無目的にだらーっとしていると無限にだらけてしまう。
ある程度やることが決まっていた方がぼくには良いみたいだ。
あすからまたがんばりましょう。
後悔しても仕方ない。
きょうはミーティングに行けたから100点。
そういうことにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

荒吐09は雨の予報

荒吐09は、どうやら雨模様らしいですね。
腰痛がひどいので、今年は行かないことに決めた。
mixiでチケットも譲った(もちろん定価)。
こころが乱れないように、荒吐のHPにも立ち寄らないようにした。
が、気がつけば川崎町の天気を気にしている自分。
ヤフオクで入場券と駐車券をウォッチしている自分。
ライブの順番を考えている自分。むー。
イカンイカン。
もう間に合わないんだ。オクで落としても仕方ないんだ。
イヤイヤそうじゃない、行かないことに決めたんだ。大事を取って休むと、自分で決めたんだ。
いつまでも未練を引きずっていてはイカン。

・・・でも泉谷しげる→エンケン→渋さ知らズ→フラカン→エレカシはガチだよな・・・途中で佐藤タイジバンドも挟んで・・・うーん。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

いまなら600円シンセ、Fabfilter One

ソフトシンセ全盛の昨今。
機能も値段も千差万別だ。
フリーウェアからけっこうなお値段のものまで、幅広い。
ハードシンセと違う点の一つに、ときどきセールで格安で買える場合がある。
今回、FabFilterのシンセFabFilter Oneが、4月24日までの期間限定で6ドル50セントの割引セール。
通常価格が650ドルだから、ええと、9割引ですか。
なんでもFabFilter社の創立5周年記念だとかで、同社のプラグイン第1号のFabfilter Oneを期間限定で5ユーロで売るんだとか。
090423fabfilter01


いま職場なんでデモ版をいじることもできないんだけど、即買い。
ブルーのパネルがさわやかな印象。
1オシレータ、1フィルター、1エンベロープジェネレータ、1LFOの基本シンセ。いちおうポリフォニックモードもあるようだ。
近ごろ、シンセはやたら多機能よりも、質のよいオシレータと質のよいフィルターがあれば十分なんじゃないかと思うようになってきた。
MOOGがいい例だ。基本構造はシンプルそのもの。でも他のシンセを凌駕する圧倒的な存在感。
大地を揺るがす重音圧オシレータに、絞り出すような美しいフィルター。これがあれば十分。
イヤ、MOOG実機をいじったことはないんだけどね。
さてさて、650円シンセFabfilter Oneはどんなサウンドを聴かせてくれるんだろう。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

Windowsノートへの長い道、その2

実はマイMacBookProにもWindowsが入っていた。
大きな声で言えないが、ヤフオクで1500円で購入したXP Proだ。
これをParallels desktopでもって使うのだ。
購入後、さっそくインストール。起動。
当然のように認証に失敗する。あーあ・・・。

こんなパチモンに手を出した自分が馬鹿なのである。アット・オウン・リスクである。
しゃーない。
それ以来、Windows版のWordやExcelが必要な時は職場のパソコンでしのいでいた。
が、そろそろ厳しくなってきた。本部関連の仕事は自宅にいようが、否応なしにメールで飛んでくる。使いたい時に使えないと不便だ。不便と言うか、仕事を放置しておくことができないのである。ストレスなのである。
真剣にWindows環境を構築しなければ。

初めに考えたのは、もちろんMacでParallels Desktopを使う、エミュレータ環境だ。

エミュレータを使うメリット。
1.マシンが1台で済む。Macとのデータのやりとりも便利。

デメリット。
1.OSとOfficeスイートを別途購入する必要がある。
2.エミュレータ環境では安定性に欠ける。
3.ハードディスクを交換したりParallelsをアップデートした場合、WindowsとOfficeスイートの再認証が必要になる。かなり手間がかかりそう。
4.それなりにハードディスクのスペースが必要。

うーん。
デメリットの方が多いな。
もちろんブートキャンプを使って、デュアルブート下でWindows環境をMacと分離して使う手もある。
が、そうなるとデータの移行はUSBメモリなどのメディアを介さないと行けないし、環境を変えるたびにいちいち再起動しないといけない。面倒だ。

まずOSとOfficeスイートの値段を調べてみた。
ゲッ。
WindowsXP Pro、OEM版で18000円。
Microsoft Office 2007 Personal、36500円。
PowerPoint 2007、4月まで優待版が約10000円。
合計、約65000円。

OfficeがプリインストールしてあるWindowsマシンとほとんど同値段である。
OEM版や優待版を使わなければ、余裕で10万を超える。
高すぎ。
高すぎだよMicrosoft。
WindowsXPなんてサポートも終了しかけているのに、なんでこんなに高いんだ。
提携企業には格安でライセンスを提供し、二重価格構造になっているな。じゃなきゃ6万円前後でOfficeプリインストールマシンなんてあり得ない。もうけが出ない。
その一方で単品での市販価格は馬鹿高く、提携企業以外を排除している。MacでWindowsを使ったり自作マシンで作業する人は馬鹿高いお金を払ってね。割高な料金がイヤなら提携企業のプリインストールマシンを購入してね。てワケだ。独禁法違反じゃないか、これ。

と怒ってみても始まらない。
6万5千円で不安定なエミュレータ環境より、Windowsノートを一台買った方が早い。
てなワケで、Microsoftのアコギなやり方(ほとんどベニスの商人シャイロック並みだ)に腹を立てつつも、Windowsノートを購入することにした。
続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

Windowsノートへの長い道、その1

Windowsが苦手だ。
正確に言うと、マイクロソフト社製品がダメ。
Mac版Officeスイートは最高に重たくて使い心地が悪い。勝手に自動セーブに失敗してクラッシュする。殴ってやろうかと思う。
Core2Duo2.6GHz、メモリ4GBで重たいってどうなのよ。GeForce 8600M GTでスクロールがカクカクするってどういうことなのよ。
他にも不満はたくさんある。
インターネットエクスプローラ。WindowsMe。
自宅にある唯一のWindowsマシンは悪名高いMeである。
不自由なマシンである。
起動している間、常にカリカリカリカリカリカリとハードディスクが読み書きしている。何もアプリケーションを立ち上げていないにも関わらず、起動した直後からずーっとカリカリ言っている。なにをやっているのか皆目見当がつかない。
いつまで経ってもカリカリが終わらないので、おそるおそるアプリケーションを立ち上げる。
何も難しくない、プリインストール版の年賀状ソフトである。
一発でクラッシュ。はうっ。
こんな虚弱体質のマシンでだいじょうぶなのか。しっかりしろ。気を確かに持て。
かの有名なMacOS8あたりといい勝負だ。

そんなワケで、なるべくマイクロソフト社製品には近づかないようにして過ごしてきた。
プレゼンテーションにはキーノートを使い、ワープロはegwordかPagesを使い。
どうしてもMS Wordを使わなくてはならない時は、細心の注意を払って書きかけの文章が飛ばないようにこまめな保存を心がける。それでもしばしばクラッシュしたが。

が。

とうとう年貢の納め時のようだ。MS Word。
Mac版とWindows版、あまりの互換性の低さに仕事に支障を来すようになってきた。
続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

ステップ4,5

ステップ4,5をやってきた。

棚卸し表を書くのは、これで3回目になる。
一度目は最初のバースデイの直前。マイスポンサーの提案に従って棚卸し表を書いた。
毎日少しずつ、過去の自分の行動を思いつくままに書いていった。
飲んでいたころの自分を追体験する。
怒り、哀しみ、絶望、孤独などの感情を思い起こし、自分が傷つけた人、恨み、怒りや恐れなどのさまざまなことを掘り起こした。
過去の追体験。ネガティブな感情をたっぷり味わう。泣きたいような、胸が潰れるような思い。なかなか作業は進まなかった。
辛かった分、終わった時の達成感もひとしおだったことを憶えている。
そしてノートを前に、自分の過去をスポンサーに洗いざらし話しているうちに、何かよく分からないけれど気持ちが晴れてきたのを憶えている。

2回目は去年の初め頃。
1回目と同様に、過去の自分の行動をキャンパスノートに書き始めた。
書いているうちに辛くなってきて、結局2回目の棚卸し表は未完に終わった。
自主的に始めたことなので、書き始めたことも挫折したことも誰にも知らせないままだった。

3回目になる今回は、BBのスポンサーシップに沿ったやり方だ。
仮のスポンサーの提案に従って、棚卸し表を埋めていった。
恨みのリスト、恐れのリスト、セックスの棚卸し。
あらかじめ決められた表を使う点もユニークだが、マス目を「縦に埋めていく」というのがおもしろい。
たしかにこの方法だと、さほど苦しまなくて済む。
そもそも棚卸しの目的は、自分の過ちの本質を見つけることだ。
恨みを持った相手は誰か。なぜ恨んだのか。それは自分のなにを脅かされたからなのか。自分の過ちの本質はなんなのか。
過去を追体験し、再構築し、カタルシスを得る。それはそれですばらしいことだが、棚卸しの本当の目的ではないのだと思う。
今回、棚卸し表を無事に作り終えることができた。借りスポンサーに提案されたとおり、縦に書き始めたらすらすらとできあがった。
二晩で完成。実質は5時間と言ったところか。
5時間で書いた棚卸し表に意味があるのか?ぼくはあると思う。
時間は関係ない。棚卸し表を書くのは3回目だし、過去のさまざまな出来事も日々のミーティングで話し続けてある程度整理できている。
集中してやれば5時間で十分だと思う。

仮スポンサーにそれを見てもらい、一緒に点検した。
第1欄と第2欄(相手、理由)を点検し、3欄と4欄に進んでいく。自分の問題点のパターンが見えてくる。なにが脅かされていたのか、なにが自分の過ち、欠点の本質だったのか。

閉じていたものが開いていく感覚。
見えなかったものが、やっと目が慣れて見えてきたような感覚。
胸のつかえが取れていく。

初めての棚卸しのときとはまた違う、かちりと鍵が合ったような不思議な体験だった。

神を信じるか?信じる。もちろん。
外側ではなく、内側に。
いつもそこにある。
望めばその意志を知ることができるんだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

仙台出張

仙台出張
きょうも研究会で仙台に。今夜は仙台に泊まり明日朝イチで東京へ。疲れたが、棚卸し表を書かなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

世界一複雑なピアノ譜

最近またまたピアノがマイブーム。
ネットで拾えるピアノ譜がないか調べていたら、こんな曲を見つけました。
マイケル・フィニッシーなるコンポーザーピアニストの曲だそうです。
作曲家兼ピアニストってとこでしょうか。

Michael Finnissy's World

Finnissy_english_15


うーん。
これ何小節なの?2小節?3小節?
譜割りが細かすぎて、何度見てもサッパリ分からない。イヤ分かってももちろん弾けないんだけど。
途中で出てくる操り人形の糸のような譜面は?
5:4とか29:28とかの比はどうすれば?
見れば見るほど複雑怪奇。
HP制作者の方は音源もアップされておられますが、音源を聞いてもちっとも譜面が読めないの。
音源自体もかなり前衛的。
そう言えば昔、タモリがフリージャズのピアノを物まねで弾いていたけど、似てるなー。
世の中には色んな人がいるものだと、改めて感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

初恋の人からの手紙

カオル、元気にしてる?
今でもバタフライナイフを見せびらかしていますか?自慢のナイフを先生に取り上げられていたカオルをなつかしく思います。

穏やかなカオルに私が「引っ張っていってくれないから乗り換える」と宣言してお別れすることになったあの日から、もう26年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたらカオルからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

今考えると、私ってカオルに対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。カオルはいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「カオルはどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。

あ、私ってカオルにとって初恋の相手ですよね?そういえばカオルはなんだか最初から自信満々だった印象があります。初キスの後も「君はあっさりしたキスするんだね」って評論家みたいに言われたなぁ…。私が早めに終わらせたかっただけだったんですけどね(笑)。

カオルは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

カオルと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。カオルと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はカオルが大好きでした。これからもカオルらしさを大切に、当時本気でやっていた宇宙人との交信も続けて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. まだバク転の練習はしていますか?

・・・おおお。
初恋の人からの手紙だよ。
いやー。いいねー。胸がキュンとするね。
青春の思い出がよみがえるね。
バタフライナイフなんて物騒なものは見たことも触ったこともないけど、ま、そこはご愛敬。

初恋の人からの手紙 - あなたの恋愛を分析して、初恋の人から甘酸っぱい手紙をお届けします

いかんいかん。
こんなサイトで胸キュンしているバワイじゃない。
仕事しなきゃ。仕事。
オトナはつらいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

走ってなーい!

しまった!
油断するとすぐランニングをサボってしまう。
日曜日に皇居ランを敢行したが、それ以来3日もサボっている。
いかーんっ!
どうも近ごろ朝起きられない。6時前に一度目が醒めるんだけど、どうがんばっても体を起こすことができない。
イカンイカン。
いまの季節に走らなければいつ走るというのだ。
あすの朝こそは、花見ジョグに出かけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

宇多田ヒカルPV Prisoner of loveに見る理想のDTM環境

いま微妙に宇多田ヒカルがマイブームだ。
Prisoner of loveのFmから始まるピアノのフレーズをコピーしたりして遊んでいる。
メロがいい。展開がいい。歌が上手い。言うことナシである。いいねヒッキー。
で、Prisoner of loveのPV。
宇多田ヒカルがMacBookProとMac Proを駆使して曲を制作している風景が描かれている。
なんとこれ、実際に彼女が使っているものなんだそうだ。
各種機材、作詞用ノート、作業テーブル、ソファーなど、ほとんどを私物で構成してるんだって。ビックリ。
詳しくはこちら。
宇多田ヒカルが、ビデオクリップでMac制作環境公開 - MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)
PVはこんな感じ。

この宇多田DTMスタジオ、理想の環境である。
大きな机にはMacBookPro+オーディオインターフェースMOTU UltraLite、MIDIキーボードのシンプルDAW構成。モニタはヘッドフォン。
机の左手にはMac Proを中心としたProToolsシステム。解像度の高そうな大型モニタースピーカーに、おっとなんだかすごいアウトボード類。
一番上の青い機材が気になる。
MACお宝鑑定団 blogの記事によれば、TUBE TECH CL1Bだそうだ。
はぅ・・・(ため息)。378000円の代物なり。
さすがプロミュージシャン。ほかにもNAVEなどの高級アウトボード類満載。
この環境だけで制作が完結できるほどの完成度。
まぁ高価なレコーディング機材はアマチュアには望むべくもないが、このゆったりDTM環境はうらやましい。

何度か見返していると、よく練られた無駄のないシステム構成であることに気づいた。
まず大きな机の方。シンプルだ。ともすればDTM机はパソコンとMIDIキーボード、機材などで手狭になりがちだが、本来はアイディアに集中できるよう、彼女のようにゆったり資料やノートを広げられるスペースがあるべきなのである。余計な機材でイマジネーションをしぼませてはいけないのだ。
机の上にはスピーカーさえ設置せず、最小限のシステムで徹底的にアイディアスケッチに特化している。もちろん最小限とは言え機材は最高級なのだが。
煮詰まったら机の別の角で歌詞を練ったり、コーヒーを飲んだりミカンを食べたり。椅子も複数用意している。いい環境だ。

で、Mac Proのシステムは、こちらにはMIDIキーボードがない。オーディオレコーディングに特化しているのが分かる。そう考えればProToolsなのもうなずける。こちらには高価なアウトボードを集中させ、高解像モニタで徹底的にオーディオレコーディングを追い込む。

机の上はMacBookPro+ロジックでアイディアスケッチとMIDIレコーディングに特化。
Mac Proはオーディオレコーディング&ミキシングに特化。
息抜きができるよう、少し離れたところにゆったりしたソファと、腕立てもできるじゅうたん。ちょっとボクササイズもできる(笑)広いスペース、高い天井。
良くできた環境だ。DTMの理想、お手本みたいだ。
広い部屋はともかく、DAWシステムの組み方は勉強になった。
さて、ぼくもDTM机を整理しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

宿直ね

きょうは宿直。
支社トップから言いつかった原稿書きにひたすら集中する。
徹夜になるかと思ったが、何とか日付が変わる前に終わった。ホッ。
よかったよかった。
どれ仮眠室に引き上げるかね。
あ・・・あすのプレゼン・・・。
忘れてた。なんも準備してない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

東京出張

きのうときょうは東京に出張だった。3ヶ月に一度の勉強会。
時間があったのでちょっと吉祥寺まで足を伸ばしてみた。
井の頭公園はぽかぽか陽気。老いも若きも大勢が繰り出している。
桜はすでに葉桜だったけど、絶好の行楽日和。

090411inokashira01
イヤちょっと、足こぎボート出過ぎ。こんな芋洗い状態でどうすんだ。
見ていると、さらに次々とボートが発進していく。うーむ。

井の頭公園を出てしばらく住宅街をぶらぶらしていると、なんか人だかりがしているお宅がある。
なんだろう?おおっ!これは!!!


090411inokashira03
例の楳図かずお邸!!
カックイイ!!
たしか景観が悪趣味だとかで近所の人が訴えたそうだが、むしろセンスがいい。バルコニーとか色の配置とか、アメリカンな感じ。
手前の方の植え込みも、色んな木が配置されていて楽しい。
いいじゃんいいじゃん。
周囲にはわりと悪趣味なお宅もちぃっとあった。楳図かずお先生のお宅はしゃれててイイ。こんなおうちに住んでみたい。

で、この辺の土地はおいくらなんだろう?
近くに売り出し中の空き地発見。ハウマッチ。

090411inokashira02
39坪、9800万円。
坪単価、25万円なり。か、買えないっての。
しかしこんな40坪に満たない土地を1億円で買う人なんているんだろうか。いるんだろうな、きっと。

ついでに上野でルーブル美術展を見ようと思ったんだけど、時間がなくて行けずじまい。
代わりに御徒町のアメ横をぶらつく。
こんなラーメン発見。

090411inokashira04

デトックス麺・・・はぁぁ・・・。
参りました・・・。

勉強会の方は可もなく不可もなく、でした。
天気もよかったし、いい気分転換でした。

4/13追記
スミマセン、坪単価25万じゃなくて250万円でした。
ケタが多すぎで計算できませんでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

新人歓迎会

きょうは職場の新人歓迎会だった。
なぜだろう。気持ちが乗らない。乾杯のあいさつをするが、テンションが低くて盛り上がらない。
宴会が始まっても、よそのテーブルにあいさつに行く気力が沸かず。鬱々した気分。
ひたすら自席に座って時間が経過するのを待つ。うーんうーん。つらい。
こんなことなら理由を付けて途中退席すればよかった。ミーティングに行けばよかった。
ま。こんな日もあるわね。
めげないめげない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

荒吐09、リタイア

今年の荒吐は参加をあきらめました。
理由は、腰の不調。
しばらく調子が良かったんだけど、きょうちょっと外仕事をしたらとたんにぶり返してきた。
1時間ほど外に出て体を動かしただけで、腰のだるさが復活してくる。
これではとても荒吐の2日間は耐えられない。
腰痛が悪化するのは必至。
後ろの方でそーっと見ているって手もあるが、テントを設営したり広い会場をうろついたり屋台の列に並んでいるのも難しい予感。
無理に行けば、その後また職場に迷惑をかける。フジロックも難しくなる。
楽しみにしていたし、行きたいのは山々だけど、勇気を持って中止することにした。

チケットはmixiでゆずることにした。
経済的な損失は生じないで済みそうだ。
神さまが無理すんなって言ってんだな、きっと。
しかし泉谷しげる・・・見たかったな・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

S市でバースデイミーティング

月曜日はホームグループのミーティングに参加。
司会をやらせてもらう。月曜のミーティングに出るのはホントに久しぶり。
30分ほど前に会場に入ったら、仲間数名から拍手された。お客さんになってしまったようでやや戸惑う。
久しぶりの司会。
司会といっても、うちのグループは「準備のできた人から手を上げて話す、手が上がらなければじっと待つ」式なのであまり悩まない。集中して仲間の話を聞くことができた。
「準備ができた人から手を上げて」方法も賛否両論あるかと思うが、その辺はいずれまた。

火曜日は車で1時間ほど離れたS市のバースデイミーティングへ。
仲間3人と連れだって参加。
この日は午後からステップの読み合わせもあり、ほとんど丸一日仲間と一緒だった。
今回バースデイを迎えたのは、21年の仲間。
仲間の手助けをし、サービスに携わり、ステップを学び、実践し、仲間に伝える。すばらしいソブラエティを得ていると思う。
多くの仲間が彼女に気付きをもらった。ぼくもその一人だ。
あらためてそのことに感謝の念が沸いてくる。

回復のモデルって大事だと思う。
もちろん仲間を偶像視するのは危険だが、「あの人みたいになりたい」「自分もAAにつながっていたらあんな風になれるかも」そう思えるモデルがあるってのは大事だ。
ぼくの場合はマイスポンサーが回復モデルだ。いまだに彼のような落ち着きとポジティブさとバイタリティを兼ね備えたソブラエティを得たいと思う。
今回バースデイを迎えた彼女は、多くの女性の仲間に希望を与え続けてきた。
ぼくもあんな風になりたい、なれるかも知れない、なれるように努力したい。そう思える人だ。

仲間と一緒にハッピーバースデイを歌い、ミーティングの時間を共に過ごす。
満ち足りた気持ちになったいちにちでした。
Tさん、バースデイおめでとうございます。ぼくもあなたの後を追いかけていきます。
ほんとうに、こころから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

荒吐09、出演者第4弾&タイムテーブル発表

荒吐09の第4弾が発表になった。

ARABAKI ROCK FEST.09 | ラインナップ

目玉は浅井健一、フリクション、曽我部恵一BAND with 荒吐 MICHINOKU PEACE SESSION。
曽我部恵一BANDは共演として「西馬音内盆踊り(from 秋田県羽後町)& many guests!」となっている。賑やかで楽しいライブになるだろう。
あとはTime of The Hopeと言う朝イチのコーナーとして、若手バンド多数。
そう言えば初日の朝イチは毎年見れてない。
一昨年は入場&テント設営に時間が取られ、昨年はP2駐車場からのシャトルバス待ちで時間が取られ。
今年はP1&テントなので、うまく行けば見られるだろう。

しかし今年は荒吐に行けるんだろうか?
腰痛が治らないとかなりツライ気が。
うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

机の整理

職場の机の整理をしている。
なにせちょっと気を抜くと、あっという間に机の上にいくつもの山ができあがってしまう。
書類。出入りの業者さんが置いていくたくさんの資料。自分で集めた資料。本。
それにサウンド&レコーディングマガジンやギターマガジンも職場に届くように定期購読しているんで、こういった雑誌類もたまっていく。
で、大事な書類や資料が肝心な時に見つからない。
支社トップの視線を背中に浴びながら、ギターマガジンをあわてて別の山に押し込んで隠したりしているのは何とも言えず情けない。
きょうの日直はヒマヒマだったので、いい機会だと思って整理を始めた。
出るわ出るわ。山のようなゴミ。
とうの昔に使い終わった資料。回覧文書。職場バンドで使い終わった楽譜。
机の中からはスカジー対応のMOドライブやらフロッピーディスクやら。
まだ使う機会がありそうなものはとっておき、それ以外は思い切って捨てる。
丸一日がかりで片付けて、机の上の資料山が2つから3つに減った。
良かった良かった。
しかし、2ヶ月くらい経つとまた元に戻っちゃうんだよね。
要らない資料はこまめにシュレッダーしてしまえばいいんだけど、要らないかどうかの判断って半年くらい経たないと分からないことも多い。
ま、机が片付くととりあえず精神衛生にはいいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

今日も仙台

きのうは夜まで行政がらみの会議。今日は午前中が支社勤務、夕方から仙台出張。
最終の新幹線で戻って明日は朝から日直、宿直。
ギター弾きたい。休みたい。ミーティング行きたい。
きょうの勉強会、あまり行く気がしなかったんだ。けど、担当者に出欠を問われた時に、とっさに断れなかった。
担当者に気圧されてスケジュール帳を開くと、何も予定が書いてない。
「うーん、予定としては空いているんですが・・・」と生返事。それを参加にカウントされて、後戻りできなくなってしまった。
「休日なので休みたい」「プライベートの時間帯なので行けません」とはっきり言えない自分。あーあ。
プライベートを理由に断るのが後ろめたいのだ。小心者なり。
しかしやはり、はっきりしない返答はよろしくない。
早合点する担当者もよろしくないが、断れない自分も良くない。
背伸びしたって仕方なし。
そう、ワタクシはプライベートは確保しないとこころの安らぎが保てないんです。時間外の勉強会とか出張はほどほどにしたいんです。オフの時間を確保したいんです。
断ると相手に失望を与えるんじゃないかという恐れ。これも傲慢なり。

ま、せっかく行くんだし腐っても仕方ない。
アップルストアでものぞいてこようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

ザ・ローリング・ストーンズ、ツアーでの鉄則

BARKSのこの記事は、最近見た中で一番のヒット。
笑った。

The Rolling Stones : ザ・ローリング・ストーンズ、ツアーでの鉄則 / BARKS ニュース

ザ・ローリング・ストーンズのツアーでは、必ず守らなくてはならない2つの掟が存在するそうだ。そのうちの1つは、キース・リチャーズのご機嫌を損なわないため。キースはこれが破られると烈火のごとく怒り狂うという。

ミック・ジャガーはその鉄則をについてこう明かしている。「規則1、誘われるまでビリヤード台では遊ばない。2つ目、絶対にキース・リチャーズより先にシェパーズ・パイに手を出さないこと」

シェパーズ・パイってのは挽肉とマッシュポテトとチーズのパイだそう。
これを他の人に崩されるのがキースにはガマンがならないそうだ。
じっさい、警備員とツアー・マネージャが解雇されたと言う。おおお。さすがキース。
このこだわり。この変人ぶり。このイカレっぷり。
そういや以前にも椰子の実に木登りして落下して大けがしてたな。
いい年こいて、子供じみた振る舞いを本気でやっておるロックンロール・スター。そう、まさにロックスター。
記事の残りの後半の下りも、心温まるというか笑えるというか・・・。

ザ・ローリング・ストーンズとのツアーを経験している元ステレオフォニックスのドラマー、スチュワート・ケーブルもその禁を犯しそうになったことがあるという。彼はこう話している。「バックステージにパイがあったんだ。で、クリスマスの10歳の少年のように喜んで、皿によそったんだよ」ちょうどそのとき、ミック・ジャガーとロニー・ウッドが部屋に入ってきて、掟について言及したものの、最初は冗談だと思ったそうだ。しかし、マネージャーにパイを戻しトップを均すよう言われ、マジだと実感したという。ケーブルは、ケータリングのウェイトレスにも「規則を知らないのね」とたしなめられたそうだ。

大金持ちなんだからさ、キース、自分用にいくつでもパイを買えばいいじゃないの・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

天誅4にハマる

腰が痛くて寝てる間何をしていたかというと、PSPをやっておりました。
スミマセン。
BBを読もうとか言っておきながら、いざ体がツライと難しい本は読めないものです。
でPSP。
天誅4というゲームにハマっておりました。
忍者ゲームです。
「力丸」という忍者になり、影から影を伝って悪人に天誅を下すというゲーム。シリアスな忍者ゲームって好きなんです。昔アイレムから発売されていた最後の忍道とか。
手裏剣とか三方竹とか忍者刀とかのアイテムを駆使し、影から影、天井裏や床下、池の中などを伝って暗躍する。おおおカッコイイ。
天誅4,かなりムズイ。反射神経バリバリの20題ならいざ知らず、40を超えたロートルにはツライ。
主人公「力丸」は手練れの忍者だが、剣術は強くない。
正面から斬り合いになるとほぼ負ける。つか剣の刃こぼれゲージがたまっていってすぐに壊れる。
このゲームの眼目は、いかに敵に見つからずに物陰から物陰を伝って敵の背後に回り、必殺(背後から卑怯な手段で敵を暗殺すること)するかにかかっている。
最初は「なんでこそこそ逃げ回るんだ!」という気持ちでゲームを進めていたが、この「こそこそ隠れ回る」作業がだんだん楽しくなってくる。そう。これは隠れんぼゲームなのである。
隠れて隠れて隠れて、敵の背後に徐々に迫っていく快感!
きれいに必殺を決めた時の爽快感!
これがたまらん。
梁を伝って頭上から必殺。戸棚の中に隠れ、近づいた敵を引きずり込んで必殺。座卓の下を這い進んで、リラックスしている侍の金的を必殺。ああたまらない。この卑怯っぷり。

しかしアレですね、ゲームは時間を無限に消費しますね。
「行けッ!力丸!」
「・・・御意」
とかやっていると、あっという間に一日が終わってしまう。コマッタコマッタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

ルンバゴ!

腰が痛い。
日曜日から2連直の予定が、あまりに腰が痛くて耐えきれず。
二直目は支社トップに頼んで交代してもらった。
うちは人員が少なく、支社トップもぼくもほぼ同じくらいの宿直日数である。一回り以上年配の支社トップに交代をお願いするのは忍びないのだが、致し方ない。お願いしたらこころよく引き受けていただけた。感謝である。
退社してすぐに整形で腰を引っ張ってもらったが、余り変わらない。きのうは一日寝て過ごした。LSDどころじゃない。
このまま腰痛が慢性化していくかと思うと非常に不安だ。
ランニングは。ロックフェスは。スノーボードは。仕事には支障がないが、ADLが低下するかと思うと重い気持ちになる。
体とこころはひとつながりとはよく言ったものだ。体が不調だと気持ちが落ち込む。一日休んでも気持ちが休まらない。ううむ。
こう言う時こそAAプログラムである。ステップである。ミーティングである。
ミーティングには当面出られそうにない。グループのOSMのチラシを作ったり、オフィスに連絡をしていると少し気持ちが安らぐ。仲間とつながっている感覚がある。
BBを読んで、棚卸しを続けよう。
苦しいことやつらいことは大小さまざま、常にある。常にあるけど、必ず終わる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »