« Windowsノートへの長い道、その2 | トップページ | 荒吐09は雨の予報 »

2009年4月23日 (木)

いまなら600円シンセ、Fabfilter One

ソフトシンセ全盛の昨今。
機能も値段も千差万別だ。
フリーウェアからけっこうなお値段のものまで、幅広い。
ハードシンセと違う点の一つに、ときどきセールで格安で買える場合がある。
今回、FabFilterのシンセFabFilter Oneが、4月24日までの期間限定で6ドル50セントの割引セール。
通常価格が650ドルだから、ええと、9割引ですか。
なんでもFabFilter社の創立5周年記念だとかで、同社のプラグイン第1号のFabfilter Oneを期間限定で5ユーロで売るんだとか。
090423fabfilter01


いま職場なんでデモ版をいじることもできないんだけど、即買い。
ブルーのパネルがさわやかな印象。
1オシレータ、1フィルター、1エンベロープジェネレータ、1LFOの基本シンセ。いちおうポリフォニックモードもあるようだ。
近ごろ、シンセはやたら多機能よりも、質のよいオシレータと質のよいフィルターがあれば十分なんじゃないかと思うようになってきた。
MOOGがいい例だ。基本構造はシンプルそのもの。でも他のシンセを凌駕する圧倒的な存在感。
大地を揺るがす重音圧オシレータに、絞り出すような美しいフィルター。これがあれば十分。
イヤ、MOOG実機をいじったことはないんだけどね。
さてさて、650円シンセFabfilter Oneはどんなサウンドを聴かせてくれるんだろう。楽しみだ。

|

« Windowsノートへの長い道、その2 | トップページ | 荒吐09は雨の予報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/44763816

この記事へのトラックバック一覧です: いまなら600円シンセ、Fabfilter One:

« Windowsノートへの長い道、その2 | トップページ | 荒吐09は雨の予報 »