« 宇宙戦艦ヤマトの万歩計 | トップページ | 7年のバースデイ、アップルパイ »

2008年11月 7日 (金)

Macで使えるモバイルデータ通信

長らく放置されていたMacのモバイルデータ市場に、ようやく新商品が登場するようだ。

Macでも使えるauの定額データ通信カード「W06K」、11月下旬に発売:モバイルチャンネル - CNET Japan

以前NTTDoCoMoのPHSカードを使っていた。たしかP-in Comp@ctとか言ったかな。
月額6千円程度で使い放題だったが、さすがにPHSの下り64k回線では昨今のブロードバンド化に対応できず。
メール受信すらままならず、大きい添付ファイルがあるとひたすらダウンロードを待っていなくてはならなかった。
それでもネットが使えない出先では重宝していたのだが、数年前にNTTがサービス自体を止めてしまった。
で、今回ついにMacでモバイルデータができる環境が登場。
が、調べてみると料金がはっきりしない。
上記のCNET Japanでは
トラフィック制御機能を備え、周囲の回線が混雑している状況で大容量のデータ送受信をした場合は、自動的に通信速度が制御される。その代わりに、月額の利用料金が定額で5985円(シンプルコース選択時)となる「WINシングル定額」が利用可能だ

と、やや分かりづらい表現。
別の記事には上限額は1万3650円となるとの記載も。
うーん。いずれにせよちょっと気軽に、とは行かないなー。

さらに、ExpressCardスロット対応なのでMacBook Pro以外では使えない。うむむ。
Macでモバイルを考えているのは、MacBookAirかMacBookユーザでしょう。
ただでさえユーザーが少ないのに、こんなにハードルを上げてどうするのか。
これではMacユーザーは食いつかない気が激しくするのだが・・・。

|

« 宇宙戦艦ヤマトの万歩計 | トップページ | 7年のバースデイ、アップルパイ »

コメント

ExpressCardにしないと、PC本体とのデータ転送がボトルネックになってしまい、高速通信の意味がなくなるからではないでしょうか。

投稿: ひいらぎ | 2008年11月 8日 (土) 00:28

こんばんは、ひいらぎさん。

USB2.0は理論値480Mbps、実効値でも20Mbps程度は出るでしょうから、下り3.1MbpsはいかにMacのUSBが遅くとも、USB接続で実現可能な気がします。
と、探してみたらこんなのがありました。
http://emobile.jp/products/lc/d21lc/
うーん。
下り7.2MbpsでコンパクトなUSB接続。商品競争力は圧倒時にこっちの方が有利な気が。でもすごくマイナーなイメージが足を引っ張ってますね、イーモバイル。

投稿: カオル | 2008年11月 8日 (土) 17:30

USB接続にすると、本体からかなり出っ張るので、普段は外しておいて使うときに接続することになり、出先でなくしたりして面倒です。
カードの場合には挿しっぱなしでいいので楽なんです。でも、このW06Kはずいぶん出っ張ってしまいますけど。

投稿: ひいらぎ | 2008年11月11日 (火) 10:25

ひいらぎさん

そうなんですねー。接続機器は移動のたびにくっつけたり外したり、けっこう手間がかかるんですよね。小型化すればするほど紛失しやすいし。
そうそうイーモバイル、調べてみたらサービス提供エリアは都市部じゃないとダメみたいです。ぼくの住んでいる市はだいじょうぶでも、職場はダメでした。
安くて使い勝手が良くて取り回しが楽で高速なモバイルデータ通信、どっかで出してくれないかなー。

投稿: カオル | 2008年11月13日 (木) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/42942898

この記事へのトラックバック一覧です: Macで使えるモバイルデータ通信:

« 宇宙戦艦ヤマトの万歩計 | トップページ | 7年のバースデイ、アップルパイ »