« 連休は完全インドア | トップページ | あすは山形出張 »

2008年10月16日 (木)

新しいMacBookはFireWire端子がない?

発表になりました。
新型MacBook。新型MacBook Pro。
うわさどおりツートーンカラー、アルミ筐体。「ウワサだけだろう」と言われていたガラス製のトラックバッドまで装備。
CPUはIntel Core 2 Duo、penrynのままクロックアップ。
短所だったグラフィック機能の貧弱さをNVIDIA GeForce 9400Mを搭載してカバー。
メモリにDDR3をサポート。これは前からだったかな?
ギズモード・ジャパンの記事にあるとおり、MacBook Proのミニバージョンという感じ。
筐体の刷新、ボタンなしのガラス製トラックバッドと言った新機軸をのぞけば、順当なスペックアップというところか。

が。
ここに来て重大なスペック変更が。
なんと、FireWire端子がないッ!!ウソッ?!
ストレージ拡張はUSB2.0が2ケのみ。
がーん・・・。

ついにアップルはFireWireを捨てたのか。
でも、DTM関連はFireWire接続の機器が多い。て言うかUSB2個では足りない。
FireWireでデイジーチェーン、オーディオインターフェースをはじめとした外部機器を接続というのがMacで音楽をやる際の定番だったのだが。
自分の環境を考えても、オーディオインターフェース、iLockキー、STEINBERGキー、外付けHDD、MIDIコントローラなど、どう考えてもUSB2個では足りない。ハブ経由でもだいじょうぶそうな機器はタコ足ハブで使い、オーディオインターフェースなどはなるべくFireWireのものを使っていた。
オーディオインターフェース系はハブでは作動しないから本体直づけにするしかない。USBが2個だけとなると、残りイッコのUSBをタコ足で使わざるを得ない。
どう考えてもFireWireの方が便利だし、動作も安定している。
なぜここでFireWireを切り捨てるのかアップルよ。
MacBook Proの方もFireWire800が1ポートのみ。大半の機器で採用しているFireWire400を使うには変換プラグを挟むしかない。経験的に、変換プラグを使用するといろいろ不具合が出やすい。
うーむ。
DTMファンからは厳しい意見が噴出しそう。このままFireWire切り捨て路線に舵を切るのか。それとも次世代では復活するのか。
いずれにせよ、アップルからのオフィシャルなコメントに期待です。

|

« 連休は完全インドア | トップページ | あすは山形出張 »

コメント

http://www.sonnettech.com/jp/product/fwusbexpresscard34.html
使うしかないでしょう。

投稿: 通りすがり | 2008年10月17日 (金) 01:07

通りすがりさん

おおっ!こんな機器があったとは!
紹介してくださり、ありがとうございます。
MacBook Proにコイツを差し込めば当面は乗り切れそうですね。
あとは周辺機器メーカーがドライバのアップデートをちゃんとやってくれればいいのですが。
いちどレガシーインターフェースの烙印を押されると、あっというまに衰退してしまいそうな予感がします。

投稿: カオル | 2008年10月17日 (金) 06:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/42796125

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいMacBookはFireWire端子がない?:

« 連休は完全インドア | トップページ | あすは山形出張 »