« 究極の眠いミーティング | トップページ | あすは山形Gの芋煮会 »

2008年9月25日 (木)

14キロジョグ

5時半に起きて14キロジョグ。
1時間16分、キロ5分25秒ペース。
080925jog


きょうはアップダウンの多い裏道コース。
長い上り坂が2本、その他細かいアップダウンがたくさんある農道だ。
途中、インターバルを3本入れる。上り坂疾走はキツイが楽しい。
きょうは涼しくてとても走りやすかった。
半袖Tシャツとランニングパンツ。走り出しはやや寒いが、しばらく走っていると、風がちょうどよい具合に体を冷やしてくれる。
いまが一番走りやすい季節だ。
寒くなる前に、どれだけ走り込めるだろう。

|

« 究極の眠いミーティング | トップページ | あすは山形Gの芋煮会 »

コメント

はじめまして。
アルコール依存症のブログということで、興味深く読んでいました。
(私も趣味が走ることなので、ジョグについての記事は興味深く読ませていただきました!)
私の主人がアルコール依存症と診断され、今月よりアルコール依存症の専門病院に入院しています。
断酒を継続するのは困難だときてましたが、カオルさんの
AAに通われ、断酒されているお姿に励まされました。


投稿: 齋藤 | 2008年9月26日 (金) 13:32

齋藤さま

初めまして。コメントありがとうございます。
本ブログ、最近はアルコール依存症やAA以外の雑多な日記ばかりでして、何とも恐縮です。
これもひとりのアルコホーリクの姿、と捉えていただければ幸いです。

ご主人、アルコール依存症で入院されているんですね。
齋藤さまも悩み、傷つき、苦しんでいることと思います。
この病気は放置すれば死に至る病です。でも、回復できる病気でもあります。
でも多くのアルコホーリクとその家族は病気に絶望し、あきらめ、回復可能な病気なのだと言うことに気がつきません。
ぼく自身AAに出会い、いま現在も飲まないで生きています。
どうか絶望なさらず、ご主人が回復の道を歩けるよう、手助けをしてあげてください。
AAや断酒会といった自助グループには、酒をやめて回復の道を歩いているアルコホーリクがたくさんいます。
またアラノンや家族会、そして断酒会にも、アルコホーリクの家族の方が大勢集まっています。
どうか齋藤さまもご主人も、孤独に陥らず、回復の道を歩いているアルコホーリクや家族と会ってください。
齋藤さまご夫婦の回復とご多幸をこころから祈っております。

投稿: カオル | 2008年9月26日 (金) 16:29

齋藤さま

それにしても、「アルコホーリクでジョギング(ランニング)好き」というムチャクチャ間口の狭いところに反応がくるとは思いもしませんでした・・・スゴイ!

投稿: カオル | 2008年9月26日 (金) 16:38

雑多な日記と書かれておりますが、とても素敵なブログだと思います。
私も偶然にも2006年から走り始めた人間なので、モチベーションや練習量の難しさ、走りはじめると体調が悪くなる話など、よくわかります!
ジョグについてだけではなく、フェスや友部正人についても興味深く読ませていただきました。
結婚生活については真剣に読みました。結婚式の写真をみて、こちらまで微笑んでしまいました。
今更のようですが、ご結婚おめでとうございます。
カオルさんがアルコール依存症から回復されて、断酒されていてもしっかりと生きている姿が伝わってきます。

あたたかいお言葉をありがとうございます。何度も何度も繰り返し読みました。
「回復可能な病気」という言葉に心が救われました。
主人の病院の患者さんは入退院を繰り返している方ばかりで、絶望しか感じませんでしたが、カオルさんが回復されている姿をみて希望が生まれました。
カオルさんがAAに参加されたあとは、文章が違いますね。

投稿: 齋藤 | 2008年9月27日 (土) 22:36

齋藤さま

身に余るお褒めのお言葉をいただき、すっかり舞い上がってしまいました。
結婚式の写真、そう言えばブログにも載せていたんでした。
古いエントリーまで目を通していただいていると・・・恐縮です。
AAにつながって、結婚して。
単調な日々のようでもいろいろありました。ここ数年。
自分がどこまで回復しているのか分かりませんが、少なくとも飲まないで日々を暮らしています。
ミーティングに行くと最後の酒から20年、30年の大先輩もいたりして、大いに励みになります。
彼らは一様に、いまだに自分にとってAAが必要だと話しています。
飲まないで穏やかに生きている彼らを目標に生きていけたらいいなぁと思います。
病院には回復できないまま入退院を繰り返している方も多いです。
ですが、病院の外には飲まないで生きているアルコホーリクもたくさんいます。
齋藤さまご夫妻が彼らに出会い、力をもらえますように。
「先ゆく仲間」(とわれわれは表現します)の姿を見ることは、何にもまして回復のモデルを、希望を見せてくれますよ〜。

投稿: カオル | 2008年9月28日 (日) 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/42589179

この記事へのトラックバック一覧です: 14キロジョグ:

« 究極の眠いミーティング | トップページ | あすは山形Gの芋煮会 »