« 東北は寒い | トップページ | ウツ・・・ »

2008年8月26日 (火)

竹富島

竹富島は、石垣島から高速艇で10分ほどの距離にある小島だ。
wikipediaによれば、周囲は約8キロほど。
島の中心に集落があり、昔ながらの古民家が建ち並ぶ。道路は白く輝く珊瑚の砂。
赤瓦の古民家と珊瑚の石垣、珊瑚の砂。美しい島だ。


080818taketomi01

集落の外周と港の近辺はわずかに舗装道路が整備されているが、村の中は完全に昔ながらの風景。
古民家、石垣、白い砂。電柱さえも木でできている。
名物の水牛のバス?に揺られて村の道を進んでいくと、何とも言えないノスタルジーを感じる。
こんな南の島の風景は初めて出会うはずなんだけど。

080818taketomi02

水牛の観光バスを降りて、自転車で島の中を見て回る。
気温は35度。汗だくだ。でも都会の暑さと違って、きつくない。体力も気力も根こそぎ奪われていくような暑さじゃない。日陰に入ってペットボトルの水を飲むとさわやかな風を感じる。
そしてなぜだろうか、空気の色がほかの島とまったく違う。
赤はくっきりと赤く、空は時間によって角度によって、全く違う深さの青を見せてくれる。
いちどデジカメのシャッターを切り始めるときりがないくらいだ。

080818taketomi04

島の西側に突堤がある。その名も「西の桟橋」。
遠浅の海の向こうに、西表島が見える。
沖縄では見飽きるほど海を見てきたのに、ここから見る風景はとても美しい。
空と海の広さにあらめて感動。

どんなに周囲に雲がなくても、西表島の上には必ず雲がかかっているんだそうだ。
なんだかキングコングの島みたいだ。

080818taketomi03

島で一番高い見晴台に上ってみた。
見晴台と言ってもそんなに高くない。せいぜい学校の校舎の3階くらいだ。
それでも古民家の屋根が連なる様子がよく分かる。

080818taketomi05

午後7時を過ぎて、やっと日が暮れ始める。
日中の観光客が帰った後は、島の人と宿泊の観光客しかいない。
西の桟橋には観光客が集まって、日が傾いていくのをじっと座って見つめている。
ビールを飲みながら文庫本を読む学生。
犬を連れた島の女性。
蟹を追いかける子供。
みなが見守る中、やがて西表島の方、雲の間に日が沈み始める。

080818taketomi06

不思議な光景を見た。
雲の切れ間から夕日が差し込み、天使のはしごが見える。
それが空をぐるっと回って、反対側まで縞模様になっているのだ。


080818taketomi07


080818taketomi08

夕焼けでも夕暮れでも青空でもない、不思議な色の空。
マジック・アワーと言うんだろうか。初めて見た。こんな空。
あ、写真に写っているのはワタクシです。

写真には撮れなかったけど、夜がまた美しいんだ。
集落のメインストリートにはわずかに街路灯が灯っているが、横道にそれるといきなり真っ暗な闇。
静かで、草むらをわたるひそやかな風の音しか聞こえない。闇と静寂の中で、少し怖い気持ちになってくる。
でも目が慣れてくると、驚いた。
満天の星空。輝く月。白く浮かび上がる珊瑚の道。
降るような星、月、夜空、闇、静寂、すべてが美しいんだ。

きっとまたここにくる。そう思ったよ。

|

« 東北は寒い | トップページ | ウツ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/42285014

この記事へのトラックバック一覧です: 竹富島:

« 東北は寒い | トップページ | ウツ・・・ »