« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

クリーンインストールで快適作業

またMacネタです。
諸般の事情で、またまたハードディスクを初期化。再インストール。
涙も出ません。感情を押し殺しつつひたすら再インストール。データの差し替え。
苦労したおかげで、クリーンインストール、データ復旧作業は驚異的に速くなった。でも半年もやらないときっと失われてしまうんだろうな、このスキルは。
MacBookは非常に快調。もう本体が触れないほど熱くならない。ファンが猛烈な勢いで回ったりもしない。よけいなプロセスがCPUを支配してしまうこともない。快適快適。
これでMacOSが次回メジャーアップデートするまで、何とか持ってくれるといいな。
しかし、何か作業をしている時間よりもデータやファイルをいじっている時間が長いのは何か虚しい気がする。仕方ないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月27日 (水)

サマーソニック08、セックスピストルズ

サマーソニックの出演アーティスト、第1弾の発表がありました。

SUMMER SONIC 08

セックスピストルズ!
ポール・ウェラー!
ディーボ!
ファットボーイ・スリム!
オマケにプロディジー!
おおお、盛り上がってきたぞ。
昨年が若手中心でイマイチだっただけに、このラインナップはうれしい。
ピストルズ、ポール・ウェラー、ディーボといった70年代・80年代を代表するバンドが、まさか21世紀の日本に集合するとは。ビックリ。
そう言えばPILの初来日の時、行ったっけなー。田舎からなけなしのカネをはたいて、新幹線で。This is not a love songのころかな。それまでのネジ曲がりニューウェーブ路線から突然のポップ転換で、賛否両論だったっけ。中野サンプラザの隅っこの席からじゃ、ジョン・ライドンのちっちゃい姿はよく見えなかったなー。
ジザメリはリアルタイムではあまり興味を引かなかったけど、一時期シーンを牽引していたバンドだ。
あ、あとサブウェイズも来るのか。おお。うれしいなー。
フジロックは抽選はずれたし、ことしはサマソニの方かな。
うぉーし!さっそくサマソニのプレオーダー予約だ!
え?モバイル・プレオーダー・先行予約?
モバイルって、ケータイで申し込むの?
ケータイサイト、キライなんだよな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

フジロックフェスも落選

荒吐のキャンプサイト券に続き、フジロックフェスの早割りも落選。
イープラスと電子ぴあの両方で申し込んでおいたんだけど、どっちも落選。
ぴあの方は落選の通知が届いたけど、イープラスは通知メールも来ないの。もしやと思ってHP見て見たら案の定ダメ。うう。
両方当選したら困ると思って、自動引き落としじゃなく店頭支払いに変更したんだけど、それがいけなかったかな。
とにかく落選。とことん落選。どこまでも落選。
トホホ・・・。
自分でもくじ運がないと思っていたけど、とことんついてないなー。
東京マラソン、荒吐、フジロックと、3連敗。
そもそもネット抽選って公平なんだろうかとギモンにも思う。捨てアドいっぱい作って山ほど申し込んでいる転売業者とかいそうな気がするんだよねー。
キアイで申し込めば何とかなる(かも知れない)先着の方が、熱心なファンの手に入るような気が。
アップルストアやブランドショップの福袋みたいにね。キアイ入れて仕事休んで早く並べば手に入る。転売業者の入り込むスキは少ない。その方が良いんじゃないかな。

すみません。
落選したもんだからついシステムにグチを言ってみました。
グチを言ってもチケットは手に入らず。まぁ早割りじゃなくてふつうに購入すればいいんだけどね。でもこれでクルマで行ける可能性はほぼゼロ。苗場の駐車場を当たるって言う手もあるが望みはかなり少ない予感。
当たるだけ当たってみようかね。天は自らを助くるものを助くって言うしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

AAの仕事

AAの仕事でイヤになること?
しょっちゅうあるよ。
良かれと思ってやったことに後から物言いがつくと、ガックリ来るよね。
仲間のためにと思って時間を割いて、労力を割いて、家族と過ごす時間を、時にはちょっぴり仕事時間を削ってやったことに、あとから批判が来るとイラッと来る時があったよ。いや、いまもあるかな。正直言うと。
あるサービスの集まりだったかな。オレは書記で、議事録をまとめる係だったのね。
会議の最中、リアルタイムで発言を打ち込みまくった。3時間ほどの会議で、けっこうな量のテキストになった。発言は話し言葉だから、そのまま文章にすると意味が通らない。仲間の意図を汲みつつ、B4一枚に収まるよう要約したんだ。
で、良くできたと思って得意満面でほかの仲間にチェックしてもらったのね。カオルさんスゴイ!よくやった!エライ!さすが!!ほかの仲間とはちがうわ!そんな称賛の言葉を心の底で期待しながらね。へへ。ヤなヤツだろ。オレ。
でもちがった。
そこはそんなニュアンスで言ったんじゃない。それはそんな意味じゃなかった。サービスの体系から言っても、その表現は間違っている。そんな物言いが十箇所以上ついた。
ガックリ来たね。ホント。だってさ、てっきり称賛の嵐だと思っていたのに、ほめられるどころかリテイクが山ほど入ったんだから。
直したよ。そりゃもちろん。でも直したら直したところが、またヘンなんなっちゃった。当たり前さ、サービスの体系や決まりごとと言った予備知識がオレのアタマの中には空っぽだったんだから。
直してはリテイク。直してはリテイク。
Wordのファイルが何回か往復しているうちに、だんだん腹が立ってきた。
勤務時間も相当使っている。議事録の出来上がりはどんどん遅れる。議事録の発送で周知すべきイベントも、あろうことか日程が過ぎてしまった。それでも修正作業は終わらない。や、作業は進んでいるんだろうけど、自分が精神的に持たなくなってきた。
で、オレは白旗を揚げたんだ。かなりイラっとしながらね。もうできません。これ以上いい議事録を作る能力も時間も、このカオルめにはございません。ごめんなさい。ってね。
そしたらね、仲間は気づかってくれたよ。そんなに負担だったんならあとはいいよ。こっちでやるよ。ゴメンね。
オレはホッとすると同時にこう思った。「そんなこと言うんだったら最初っからそう言ってくれよ」ってね。

でもね。
あとから思ったんだ。自分はなんであんなにイラつきながら議事録をまとめていたんだろうって。
せいいっぱい背伸びして、何でもかんでもできる有能な人間だって、周囲にほめて欲しかったんだね。
で、上手に背伸びしたもんだから、仲間もてっきり「カオルさんならできるだろう。もっと良い議事録を作ってくれるだろう」って思って、どんどん注文を出してきた。悪気があったわけじゃない。できるヤツがやってるんだから、もっともっと良くしようと思ってのことだったんだ。
ところがオレは、もともと竹馬の上につま先立ちで立っているような背伸びだったから、ちょっとつつかれただけであっという間に転んじまったってワケさ。
なんてこたない。自分の虚栄心で自分が潰れちまったんだ。

そのあとオレはこう思った。
がんばろう。もちろんがんばろう。AAも仕事も家庭も、何もかも。ベストを尽くそう。
でも、できないことは手放そう。自分は限られた時間と限られた能力しかない、ちっぽけな人間なんだ。ほめられたら舞い上がり、けなされたらガックリ落ち込む、なんてこたないふつうの男なんだ。
背伸びしないで、できないことはできないって手放そう。バンザイしちゃおう。
手放すのは勇気のいることだよ。背伸びするのはある意味カンタンだ。調子の良いことを相手に合わせて言ってりゃいいんだから。手放すのはその逆で、「自分にはできません」って言わなくっちゃいけないんだからね。
でもそれ、ステップ1そのものじゃないか。抱え込まずに、勇気を持って、愛を持って手放す。それがAAの最初のステップじゃないか。
オレはそう考えたんだ。

それで仲間に怒られないかって?
怒んないよ。
東京から来たNさんも言っていたよ。信じなよ。仲間を信じなよって。ステップ2だね。
そりゃ全員が怒んないかどうかはオレも分かんないよ。みんなふつうの弱い人間の集まりだからね。ふつう以上に弱い人間の集まり、かな。中には意地の悪いのやあら探しが好きなのだっているさ。そりゃ。
それでもね、仲間はね。信じる価値があると思うんだ。信じるって言うのは、なんて言うかな、自分の成長のカギだと思うんだ。
ひとを信じないヤツは、ひとからも信じてもらえないよ。傷つくのを恐れずに仲間を信じてみなよ。
できることもできないこともさらけ出して、手持ちのカードをぜんぶオープンにして、ガードを全部取っ払ってみなよ。

結果的に、オレはちっとばかり成長できたと思う。自画自賛かな?でもあのとき、仲間を悪く思って終わりだったらオレには何の内省も生まれなかったろうな。
いまもオレはエエカッコシイだし、傷つくのが怖くてすぐ体面をつくろうクセが取れないよ。弱虫の気取り屋のまんまだよ。
それでもね、仲間を信じるってことは前よりも少しばかりできるようになったと思うんだ。
あんたがこの文章を目にするかどうか分からないけど、あなたに読んで欲しくて、オレはきょう、かなりキアイを入れてこの文章を書いたよ。
きょうじゃなくても、あしたじゃなくても、オレの経験が少しでもあんたの役に立ったら、こんなにうれしいことはないよ。
じゃあ、また。ミーティングで会おうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

仲間とゲレンデ、今期2回目

きのう仲間とグランデコに滑りに行ってきました。
前回に引き続き東京からはるばる来てくれた仲間を迎えて、総勢6名のAAメンバーでグランデコへ。
寒波が来るとの予報だったが、この時点ではそれほど天気も悪くなく、ゲレンデのコンディションも上々。
090223aawintersports04


ただ、やたらひとが多い。写真では分かりづらいがセンターハウス前は押すな押すなの大混雑。ゴンドラ乗り場はディズニーランドのアトラクション並みの(ちょっとおおげさか)混雑ぶり。しかし一度てっぺんまで上がってしまえば混雑もそれほど気にならない。プラス500円の優先チケットも効力抜群。
それにしても、6名もいるとエライにぎやかである。初心者あり、ベテランあり、ボードあり、スキーあり、もういっしょにいるだけで楽しい気持ちになってくる。

090223aawintersports02


驚いたのは東京から参加のNさん。
前回はわりとしょっちゅう転んでいたような印象があるんだけど(失礼!)、今回はハヤブサのような鋭い滑りを見せてくれました。華麗なターン!イナズマのようなスピード!おお!
穏やかな物腰とはまた別の、スポーツマンらしい一面をかいま見ました。
しかしトリのバックプリントのド派手なウェアはゲレンデでかなり目立っておりました。遠くからでも一目で分かったもんなー。


090223aawintersports05

午後からは吹雪いてきて、適当なところで切り上げました。
コンディションは上々、往復の車中も楽しかったし、良い一日でした。同じメンバーで夜のミーティングにも出られたし、ハッピーないちにちでした。
Nさん、とても楽しかったです。また来シーズン、ぜひご一緒させてくださいね。
090223aawintersports03


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

iPodを買った直後に新製品を出させない公約

米大統領選の民主党候補、オバマ上院議員がなかなか気の利いた公約を出してくれた。
「appleにはiPodを買った直後に新製品を出させないようにする」だって。ははは。

オバマ候補の公約、「AppleにはiPodを買った直後に新製品を出させないようにする」:日経パソコンオンライン

もちろんジョークなんだろうけど(だよね?)、Macユーザは大いに共感するだろう。
ぼく自身、1GHzのPowerBookを買ってすぐにアップデートが発表されてガッカリした経験がある。
て言うかつい3日前、iPodshuffleの再整備品を6000円で購入したら、わずか2日後に正規版が5800円に値下げされた。
さらに2GBモデルも7800円で登場。
うう・・・。
ま、まぁ200円の差だし。もともとシルバーが欲しかったし。良いんだけどね。でも2GBモデルの方が・・・イヤイヤいまさら言っても仕方がないんだけど。

日進月歩のアップデートは喜ばしい反面、自分が購入した最新型があっという間にくすんだ過去形になってしまう哀しさと表裏だ。
迷った揚げ句に購入したら、直後にアップデート。これは誰にとってもガックリ来る体験だろう。
オバマ候補のジョーク公約は、なかなか気が利いている。
それにしてもオバマさん、Macユーザなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

鍛冶屋の修業(3)

鍛冶屋の人事委員会、ようやく終了。
いや長かった。
毎週木曜日、夜半から始まり、果てしなく続く会議。時間をかけて協議した内容が、次の回には木っ端みじんに吹っ飛んでいることもしばしばだった。
それでもちょっとずつ案は固まり、ついに昨夜、最終調整案がまとまった。
内諾も取った。条件調整も終わった。
これでもうおしまい。これ以上は何をしろと言われてもできない。
最終調整案がまとまったときは拍手が起こったよ。いやいや。良かった。

今回、実は委員長だった。
こんな無茶苦茶な仕事、まとめられるわけないと思った。現場を知らない本社トップの言い分と現場の事情のすり合わせ。間に挟まって苦しむだけだ。でもAAのサービス経験を思い出して、同じやり方でやってみたら、案外すんなりうまくいった。
まさかこんなところでAAの経験が役に立つとは思わなかったなー。感謝。
AA流に言うと自分の意思ではなく、神の意思が行われたんだろう、きっと。
だからこれは自分の成功じゃない。神様が「現場とトップと、どちらとも摩擦を起こすな。キレずに何とかまとめろや。ほかの丁稚の暮らしがかかってんだからな」と言ってくれ、自分はただその通りにしただけ。ぼくが成功したんじゃない。
少なくともそう考えておかないと、傲慢なオレはすぐ増長しちゃうからね。まとまってよかったよ。ありがとう神さま。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

登録しちゃった

ふふふ。
ついに登録しちゃいました。
前からやりたいとは思っていたんだ。でもきっかけがなかった。
最近妻の知人でこの病気になった方があり、ずいぶん考えさせられた。
自分がドナーになった場合、1週間程度仕事を休まないといけない。仕事に1週間も穴を開ければ、その穴埋めとして相当の休日を犠牲にせざるを得ない。旅行もロックフェスもあきらめないといけないかも知れない。
でも、いいの。
それでいい。それで良し。

Bonemarrow01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

DVD事件、その後

知り合いが(ムリクリ)貸してくれた、例のDVD。
ええ。
やっぱりそうでした。予想通りでした。
DVDが2本、VHSが1本。
次に会う時に返してこようと思います。
妻はうさんくさそうな目でこっちを見るし、ホントにもー。
自分から借りたんじゃないと言ってもまともに取り合ってくれません。トホホ。
パッケージは見たけど、とても再生する気にはならず。
やれやれ。
まあ、貸してくれたと言うことは好意の表れなんでしょうから、気持ちはありがたくいただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

フォーマットに気をつけろ!

最新のMacOS、OS10.5.1。通称leopard。
新機能quicklookをはじめ、便利な機能がいっぱいだ。
が。
コイツを導入してからMacBookの負担がどえらく重たくなった。CPUメータは常にレッドゾーン。ファンは扇風機かと思うくらい常にフル回転だ。
アクティビティモニタでチェックしたら「syslogd」と言うプロセスがCPUを100%近く占有している。OS起動直後から常に100%。
ネットで調べた結果、どうやらこのプロセスがよく分からないログを無限に吐き出しているようだ。
ディスクユーティリティでは修復不可能。fsckを試したりしたが、まったく改善せず。
仕方なく、ハードディスクを初期化することにした。
データの引っ越しその他で一晩かかった。つらかった。

で、無事にデータの退避が終わり、ボリュームフォーマット。
ここで難問が。
フォーマット形式が、いくつか選択できる。どのフォーマットがどう違うのか、まったく分からない。
MacOS拡張、と言うのは分かるが(HFS+)、それ以外のジャーナリングがどうとか、大文字/小文字を区別がどうこうとか、まったく分からない。
よく分からないが、大文字/小文字を区別できないよりは区別できた方がいいだろうと思い、「MacOS拡張、大文字/小文字を区別、ジャーナリング」を選択。


090219macos01

フォーマット終了後、OSの再インストール。egbridge universal2(ああ・・)の再インストール。
それからアプリケーション、データの復元。ものによってはインストールし直しのものもあり、これまた一晩かかった。ごく控えめに言って、つらかった。
が、苦労した甲斐あって、OSは安定した。CPUがへんなプロセスで暴れることもない。
よかったよかった・・・と思ったら。
今度は動かないアプリケーションが出てきた。


090219amplitube2


IK Multimedia社のamplitube2
Guitar rig2がCPUを食い過ぎるので、近ごろはアンプシミュレータはこっちを主に使っている。
これが動かない。
起動しようとすると「file can't load」だかのメッセージが出て、空白のウィンドウが表れた後に勝手に終了してしまう。
関連書類を削除して再インストールしてもダメ。
青くなって調べた結果、「MacOS拡張、大文字/小文字を区別」はHFSXと言う先進的過ぎるフォーマットで、アプリケーションによっては不具合が起こるんだとか。
そうだったのか・・・。
それならそれと、オプションにしておくとか何とかしてくれよう。

一晩かけて復元したハードディスクをまた初期化した。泣けた。
あらためて「MacOS(ジャーナリング)」を選択して初期化。よく見て見たらこれがプルダウンメニューのトップである。デフォルトがこれだ、ということか。ナゾナゾじゃないんだから、どっかに書いておいてくれよアップル。
またまた退避したデータを復元。慣れてきたんで仕事の合間に数時間でできるようになってしまった。おおスキルアップ。
退避したデータをすぐ消去しなくてほんとうによかった。
「MacOS(ジャーナリング)」でamplitube2は問題なし。
CPUも落ちついているし、当分Macに関しては平和に暮らせそうです。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

猫魔ホテルの日帰り入浴

そうそう、ぜひ書き残しておきたいことがあります。
猫魔ホテルの日帰り入浴、イイー━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ イイ

何がイイって、窓から見得る風景がスゴイの。絶景。
大浴場の大きな窓から、凍った檜原湖が一望できる。
階段を下りると露天になっていて、そこからの風景もまた美しい。
見渡す限りに凍った湖、その上を走るスノーモービルや穴釣り客も見える。
大浴場自体もだだっ広くてイイ感じだ。
入浴料1200円だが、タオル一式貸し出し、2階の休憩室でのゴロゴロも含めると、あまり割高感はないと思う。

そう言えば猫魔ホテル、つい数年前まで廃虚の一歩手前だったんだよね。
前の経営母体が倒産だか手放したかして、解体しないまま放置されていた。
初めて猫魔に行った時、突然道端に現れた猫魔ホテルを見てとても驚いた記憶がある。
雪に閉ざされた、ガラス張りの無人の巨大ホテル。
「シャイニング」みたいだ、と思った。

いつか探検してみたいと思ったが、まさか営業再開するとは思わなかったな。
がんばれ!猫魔ホテル!猫魔スキー場!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰を引っ張れ

整形通いが続いている。
週に3日は牽引両方に通うよう言われている。週に3日。いくら開業医が夜まで開いているからと言ってもたいへんだ。
行ける時は夕方行くけど、それ以外は朝イチで整形に行ってから出勤したり、昼休みに職場を抜けて行ったり。
けどマメに通っているせいか、だんだん腰の痛みはひけてきた。仰向けに寝るのはまだツライが、日常生活ではそれほど痛みや圧迫感を感じない。
さて、あとはランニングをいつ復活するか、だ。
まだ訊ねて見る勇気はない。て言うか初診時以降、まだセンセと話してないのね。
当分ダメって言うだろうなぁ。
とにかくいまは牽引両方を続けるのだ!我慢なのだ!腰を引っ張るのだ!
きょうも引っ張るぜ!コシぃぃっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

椎間板ヘルニア

2,3日前から腰が痛くなってきた。
とくに何か過激な運動をしたわけじゃない。何日か前にペースを上げて12キロ走ったが、重いものを持ったりひねったりしたわけじゃない。
気にしないでいたら、だんだん痛みがひどくなってきた。ふつうにしていると少しだるく感じるぐらいだが、ちょっと重いものを持ったり背伸びをしたりすると痛みが走るようになってきた。
で、整形外科を受診。
診断。椎間板ヘルニア。
暖かくなるまでジョギングは禁止。筋トレもダメ。
まずは週に3日くらいリハビリに通って、痛みが強い時は湿布を貼るように、とのこと。
んがーっ!
ああ、せっかく日の出が早くなってきてランニングしやすくなってきたのに・・・ガックリ。
走れない上に筋トレもダメとは。
いやいや、フッキンぐらいだいじょうぶだろう・・・アダダダダっ!
イカン・・・腰を動かしただけで相当ヤバい感じがする。
来週は仲間とゲレンデに行く約束だし、やむを得ない。ここはしばらくじっとしているほかあるまい。
しかし・・・椎間板ヘルニアとは・・・。そう言えば高校のころいちどなったんだよなー。牽引にしばらく通ったっけ。
まさかこのトシになって再発するとはね。
しかし。
腰椎ベルトはラクで良いんだが、鏡で見ると心が寒くなってくる。
ああそうだよ。寄る年波だよ。どーせオッサンだよ。ヘへん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

借り物DVD

いや、あのね。

以前ある方と話をしていて、洋画の話になったンね。
マトリックスがどうとか最近のハリウッドはどうだとか。
その方、近ごろはDVDで面白い映画を集めるのが趣味だと言うの。
話の流れ的に「へえ、じゃあこんど何か面白そうなの貸してくださいよ」「ああ、じゃ今度ね」となるじゃない。
で、その手の話の多くがそうであるように、DVDを貸す話はその時だけで、ぼくも別にその場の話と言うことですっかり忘れていたんだけど。

近ごろ、その方がしきりに「今度持ってくるよ、いつがいい?」と訊ねてくるのよ。
「忙しくて、借りても借りっぱなしになっちゃうと思いますから、別にいいですよ」
「いやいや、約束だから。いつがいい、持ってくるよ」
「そうですか、じゃあ・・・」

が。
何の気なしに答えたつもりが。
話の流れが何かオカシイ。
渡しづらいから、人目につかないところで渡したい、とか。
帰りがけに自宅によって持って行かないか。とか。
しかもその話の時だけ急にひそひそ声になるんである。

んんん?さすがに「ひょっとして?」と思う。
DVDって、まさか・・・。

しかしせっかくの好意を無下に断わるわけにも行かず。
とうとうきょう、借りてしまった。
借りてしまったと言うか、持たされてしまった。
まだ包みを開けていない。これから意を決して開けるところである。
念のため、妻が寝ているのを確認。
あまり隠し事はしたくないのだが、無用な混乱は防がなくては。
ああ、開けたくないなー。そのまま返しちゃうわけには行かないかなー。予想通りだったらどうしよう。て言うか十中八九、予想通りだろうなー。イヤ、別にそれはそれでいいんだけど。
仕方ない。
案ずるより生むが安し。うぉーし、いまから開けるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

ステップ5のお手伝い

ステップ5 神に対し、自分に対し、そしてもう一人の人に対して、自分の過ちの本質をありのままに認めた

先日、仲間のステップ5のお手伝いをしてきた。
棚卸しの表に基づいて、自分自身の過ちが何であったのかをひとつひとつ点検し、認めて行く作業だ。
タフな作業である。話し手にしても聞き手にしても、かなりヘトヘトになる。過去を点検して行く過程で、さまざまな感情を追体験しなくてはならないからだ。
話し手のおそれ、不安、うらみ、怒り、ねたみと言ったネガティブな感情がによみがえり、それが聞き手にも共鳴し、感情が波打ってくる。
話し手の方も話が行きつ戻りつ、事情説明や釈明が入りつつ、さらに自分の感情の混乱とも向き合わねばならない。
それをひとつひとつ解きほぐし、袋小路に入らないように気をつけ、整理し、過度の感情のフラッシュバックが起きないように進めつつ、基本的には余計な口をはさまずにじっと耳を傾ける。
仲間の話を聞くと、スポンサーによっていろんなステップ5のやり方があるようだ。
ぼくは、まだ直視する勇気が出ない過去とは無理に対峙しなくて良い、いまできる範囲で棚卸しをすればいい、という考えだ。たしかにステップには「恐れずに徹底して」と書いてある。でも思い出したくない過去、正視できないほど悲惨な傷と言うのは誰にでもある。準備が整わないうちに無理にそう言う過去を掘り起こしてしまうと、収拾がつかなくなりかねない。
最初のステップ5に取り組む仲間には、まず成功体験を積んでほしいと思うのだ。ステップはすばらしい、取り組む価値がある、やって良かった。そう感じてほしい。
傷をほじくり返して「こんなにひどい過去しかない、やっぱり自分はダメ人間なんだ」と自己嫌悪に陥ってほしくない。

今回、仲間がひと通り話し終えたとき、ずいぶんと楽になったように見えた。
背負い込んでいた荷物を少しだけ下ろして、自分もまんざら悪いヤツじゃない。そう思えたようだった。
それでいいと思う。仲間の棚卸しのお手伝いをすると、ぼく自身も自分の過去を振り返り、気持ちの整理がつく。AAのプログラムはすばらしいと、あらためて思う。
さて。
ぼく自身のステップ4をすすめなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

連休は猫魔で

2月10日、11日の連休は泊まりがけでゲレンデに行ってきた。
おなじみ、裏磐梯猫魔スキー場
日帰りで行ける距離ではあるが、たまには日の暮れるまでゆっくり滑って、ペンションで一晩過ごすのも悪くない。ささやかな小旅行である。
連休の中日だけあって、猫魔は激混み。リフト券の購入カウンターに長蛇の列ができている。
4つほどあるカウンター、受付嬢が手持ちぶさたにしているふだんの光景とはあまりにちがっているのに驚く。猫魔に通い続けてはや数年、初めて見る光景だ。
前日の明け方にどっさり雪が降ったせいで、ゲレンデのコンディションは上々。圧雪が間に合わないのか、上の方はすでにかなりのこぶになっているが。

080210nekoma01


猫魔には珍しい快晴の天気。晴れている日でも薄曇りなのが猫魔、という印象があるので、ここまでからっと青空が見えていると、何だか別のゲレンデに来たような気がしてくる。
連休のためか、客筋もファミリー層が多い。パークでハイレベルなエアを披露している連中は少なく、そもそもパーク自体にあまりひとがいない。緩斜面、中斜面にファミリーやビギナーが大勢滑っている。
晴天のせいか、気温は高い。が、リフトで一番上まで行くといつも通りの猫魔の風景だ。


080210nekoma02

冷たい空気、手が届きそうなほど近くを流れる雲、眼下に見渡す湖、凍てついた山々。
ようやくまた猫魔に来れたんだな、と実感する。
昨シーズンから1年。何も変わらない風景。モノクロの真冬の景色。
妻がゴーグル越しに写真を撮ってくれた。ふつうの写真よりも猫魔の雰囲気がよく出ている。不思議だ。

080210nekoma03

5本ほどキッカーにも挑み(ミニキッカーだけど)、ひととおりすべてのコースを滑ってきた。
凹凸が多かったせいか、午後からは膝がつらくなってくる。無理せずゆっくり滑っているとあっという間に陽が傾いて行く。
存分に滑ったあと、猫魔ホテルの日帰り温泉に入ってからペンションへ。


080210nekoma04

薪ストーブのある落ちついたペンション。
ここのオーナーはあまり多くのお客さんを一度にとらないポリシーだそうで、われわれ以外には夫婦二組だけ、とてもくつろげた。
夜は久しぶりにゆっくり読書してすごそうと思ったものの、夕食を終えて部屋に入るとあっという間に寝てしまう。
途中で何度か目が覚めたが、結局朝7時までぐっすり眠った。
翌日も快晴。窓の外の雪道を、早いスキー客の車が通り過ぎる。
ゆっくりできた、良い休日でした。


忘備録。ペンションは、ここでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

ペース走12キロ

久しぶりにpodrunnerでペース走。
BPM175、1時間のミックスをiPodに仕込んで走り始める。
最初10分アップした後、テンポに合わせてラン。
最初の15分程度は上り坂のせいもあり、とてもキツかった。が、それを過ぎるとだんだん身体が慣れてくる。
ここしばらく、いわゆる「追い込む」走りをしていなかった。この冬の目的はランニングの継続だから、あまり嫌気が差してしまうトレーニングはしていなかった。しかしいかに継続とは言え、たまには「追い込み」をかけないと気持ちがだらけてしまう。

ラスト10分はかなり苦しかったが、どうにかBPM175で1時間走り切ることができた。
良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

バースデイミーティング

きょうはホームグループのバースデイミーティング。
ある女性の仲間の、2年のバースデイだ。
いつも思い詰めた表情で会場に座っている彼女を見ると、自分がAAにきた最初のころを思い出す。
違和感。孤独感。仲間になじめないとかそう言うことじゃなく、自分自身がこの世界のどこにも属していない、誰からも必要とされてないと言う虚無感。不安感。
痛々しく、触れるだけで血の吹き出すようなひりひりした孤独感。
いつもそんな居づらさを漂わせながらも、彼女はミーティングに通うことをやめなかった。
弱音を吐き、絶望を口にしながらも、彼女はミーティングに来続けた。
そしてきょう、2年目のバースデイ。
おめでとう。心から祝福したい。
最初は取っつきにくかったようだが、少しづつうちのホームグループにもなじんできているようだ。
よかった。
ほんとのことを言うと、彼女の生きづらさを目の当たりにしていると、いつこの世から消えてしまってもおかしくないと思っていたもの。
いままで、そういう道を選んだ仲間が何人もいるからね。
あなたも、今いる仲間も、新しい仲間も、誰ひとり失いたくない。そう思うよ。
とにかく2年のバースデイ、おめでとう。
これからも共に回復の道を歩いて行けますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

荒吐はやっぱりダメ&フジ早割りも抽選

荒吐のキャンプサイト券は、うちの奥さんもダメでした。
今年はキャンプファイアーライブ、不参加確定。
ああ、われわれ夫婦ほど熱心なキャンプファイアーライブの客はいないと思うんだが・・・仕方なし。

そうそう、フジロックフェスの早割りも告知がありました。

FUJI ROCK FESTIVAL '08

フジロックの定番になりました『期間限定早い割引チケット』です。
3日通し券・通常価格¥39,800(税込)を¥32,800(税込)にて抽選で限定10,000枚販売致します。
※お申し込みはお一人様1回のみ入場券2枚までとなります。重複申込は無効となりますのでご注意下さい。
※駐車券・キャンプサイト券のみの受付・購入は出来ません。入場券と併せてお申し込みください。

[ 1st チャンス ] 2/16(土)10:00 ~ 2/24(日)23:00(インターネット受付)

■ イープラス:
http://eplus.jp/frf/(WEB/MOBILE)
■ チケットぴあ:
http://pia.jp/t/frf/(WEBのみ)
※入場券・駐車券は限定枚数を超えた場合、期間内にお申し込み頂いた中から厳正なる抽選により決定致します。

ゲッ。また抽選なのか・・・。
くじ運ないのよオレ。ほんとにないの。くじとか抽選ビンゴとか、まったく当たったことないの。
UFOキャッチャーも取ったことないくらい(関係ないか)。
今年のフジロックはクルマで行きたいから、何とか場内駐車場券を手に入れたいのだが・・・。
まぁ、外れたらその時はその時。また電車で行こうっと。くじ運なんて気にしない気にしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

鍛冶屋の修業(2)

鍛冶屋の人事委員会。
先週、2回目の会議があった。案の定、元締めの素案を人事委員会案として正式に採択する。シナリオ通りだ。それは良い。良い悪いは別として、世の中には必要な手続きというものがある。
委員会でもいちおう人事案を審議したけど、元締めの素案を超える案は出てこなかった。ささやかな抵抗として、今回ムリを呑んでくれた丁稚には次回優先的に希望を聞くという付帯事項を盛り込んだ。

が。

小一時間で会議が終わったかに見えたその時。元締めはこう言った。
「みなさんのご苦労はこれからです。調整案に従って、調整対象者と連絡、調整を進めてください」と。

く・・。
それはネ。元締めネ。あなたの仕事なのネ。
われわれはほかの丁稚の皆さんに異動を強制することはできないのネ。伝達するだけならまだしも、伝達すれば必ず意見を言われる。その希望を聞いたり調整したりする権限は、元締め、あなたしかないのネ。

それから1週間。委員会は本業の傍ら、一生懸命連絡・調整を行った。根は真面目な連中である。理不尽な仕事と分かっていても、与えられた仕事はベストを尽くす。
案の定、丁稚たちはそれぞれ自己主張、立場表明を行った。調整案に添って異動することを拒んだ。あるいは条件を出してきた。
きょうこれから、それをまた会議にかける。
会議にかけるったって、権限は元締めにしかない。われわれが各人の意見を伝達し、それを元締めが判断する。当然、その間には齟齬が生じる。元締めは右に行けと言い、言われた方は左にしか行けないと言う。すり合わせの余地は少ない。その間に挟まるのがわれわれ人事委員会と言うわけだ。

さてさて。
会議は踊る。
一筋縄では行かないだろう。まとまらない。まとまるワケがないのだ。
自分の感情が揺れませんように。何を怒鳴られても、これは自分の能力のせいでも、人格を否定されているのでもないのだ。ぼくは何も傷つく必要はないんだ。ただ怒鳴られる立場に立ってしまったから怒鳴られるだけなんだ。
理解されることよりも、理解することを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

荒吐、キャンプサイト券は落選

荒吐ロックフェス08。
待望のキャンプ券は抽選の結果、みごとに落選しました。
妻にも申し込んでもらっていたので、いまはそちらの結果待ち。
まー。捨てアドをたくさん作って何口も申し込むという手もちらっと頭をよぎったんだけどねー。
そういう不正直な手を使うのはヤなので、正直に自分と妻と、各一口ずつの申込みにしました。
もう予想通り。落選。あーあ。
たぶん妻の方も落選だろうなー。
2ちゃんで見ても落選の報告ばっかりだし。

しかし不思議なのは、毎年プレミアムチケットになるのに、肝心のキャンプファイアーライブが閑散としていること。
去年はたしか、0時を回って残っているのは20人くらいだったような気がする。
極寒の中、山口洋がいっしょうけんめい司会して美しいギターを弾いて、がんばっていた。
近隣のテントはテントの中に引っ込んで談笑していたり軽くボール遊びをしたりしていたようだった。
ほかにイベントをやっているわけじゃなし。キャンプ希望者はキャンプファイアーライブを観たいのではないのだろうか?ナゾ。

今年は温泉宿でも取ろうかね。
いちにちライブを観たあと、温泉も悪くない。
どれどれ、いまから宿情報を当たろうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

マーガレット・ズロース、平井正也

きのうはボードに出かけるはずが、諸般の事情で中止。
いちにちReason4をいじくっていたが、結局煮詰まって曲はできずじまい。
きょうは宿直。夜は割と好きに時間が使えるんだけど、日中あまりにドタバタし過ぎてグッタリ。
平井正也のCDを聞いている。
彼の歌声は何ともいえず気持ちが落ち着く。「たぶん飛行機を見ていた」。いい曲だ。
ぼくも真っ暗な夜を見上げて、星みたいな飛行機に願いをかけるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

ホームグループ

久しぶりにホームグループに参加。
新しい仲間がふつうに司会していてビックリした。自分がミーティングに来れない間にも、世代交代は着々と進んでいたのね。
ミーティングの進め方も、自発的な挙手を待つやり方に変わっていてビックリ。
おお、何だか海外のAAミーティングっぽいぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

荒吐08、出演アーティスト第1弾発表

今年の荒吐、出演アーティストの第1弾が発表になりました。

忌野清志郎 & NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
うつみようこ & YOKOLOCO BAND
エレファントカシマシ
COMEBACK MY DAUGHTERS
KAN
9mm Parabellum Bullet
銀杏BOYZ
GRAPEVINE
斉藤和義
SION & The Cat Scratch Combo
ストレイテナー
曽我部恵一BAND
Double Famous
つじあやの
10-FEET
DO MAKE SAY THINK
toe
DOES
THE BACK HORN
原田知世
Theピーズ
BEGIN
髭(HiGE)
the pillows
THE PRIVATES
FLYING KIDS
BLACK BOTTOM BRASS BAND
フラワーカンパニーズ
夢弦会(津軽三味線)
RIZE
RYUKYUDISKO
みちのくプロレス
センダイガールズプロレスリング

うぉぉぉっ!空前の豪華メンバー。
清志郎。うつみようこ。9ミリ・パラベラム・バレット。エレカシ。銀杏。シオン。曽我部恵一。プライベーツ。原田知世。フラカン。
見たいと思っていたアーティストがずらり勢ぞろい。今年の荒吐はオレのためか?と思うくらいの好みのメンツ。
復活の清志郎。
数年前に見たライブが目に焼き付いて忘れられないフラカン。
生きていたかシオン。フジロックでも見逃したRYUKYUDISKO。爆裂の銀杏。
しかし、このメンツだとまた入場者数が相当な数になる予感が。
おそらく第2弾では例によってエルレガーデンも登場するだろうし、今回の発表だけでもお腹いっぱいなのに、さらに強力な第2弾、第3弾が来そうな気がする。
ああ〜〜っ!
当たってくれキャンプサイト券!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »