« いろいろあった | トップページ | 久しぶりの帰宅 »

2008年1月21日 (月)

MacBook airの衝撃

気分を換えて、Macの話題です。
そうそう、ついに出ましたね、MacBook air。
厚さ1.94cm。重さは約1.36Kg。重さはともかく、厚みに関しては世界最薄。
もっとも薄い部分は、わずか4mmしかない。いま定規で4ミリの厚さを計ってみた。ボールペンの芯が3ミリくらいだから、それよりちょっと厚いくらいだ。スゴイというほかはない。
それでいてフルピッチのキーボード、13.3インチの液晶モニタを実現しているんだからスゴイ。発表の時にスティーブ・ジョブズが言っているように、ほかの薄型B5ノートは携帯性のためにほかの要素を犠牲にしている。小型化を意識すれば、当然のようにモニタとキーボードの大きさは真っ先に犠牲になる。でもアップルはモニタとキーボードを捨てなかった。
もちろん、MacBook airが捨てたものもある。あれだけこだわっていたFireWire(IEEE1394)。光学ドライブ。その他さまざまなポート類、拡張性。なにせメモリも記憶容量も拡張できない。80GBのHDDと2GBでやりくりするほかない。
そう言った制約がありつつも、バックライトキーボード、マルチタップ対応の大型トラックパッドなどの楽しい機能は決して外さなかった。バックライトキーボードなんていかにも電気を食いそうなんだけど、それでもちゃーんと残してある。
マルチタップも楽しそうだ。日本指をトラックパッドの上でくるりと回せば、画像がその通りに回転する。パッドをつまんだりさっと掃いたりする動作をすると、画面が拡大したりスルスルとページが切り替わったり。
アップルが、Macが持つ、楽しくてワクワクする、一足先に未来へ連れて行ってくれる感覚が存分に発揮されている。
実際の薄さ以上に薄くて洗練されたルックス。未来的で他を寄せ付けない抜群のデザインセンス。楽しい操作性。

・・・しかし最大の難点が。

23まんえんって高くないですか?

64GB ソリッドステートドライブ搭載の方は当然のように40万近いし。
ふと気になって、例によってBTOで最高金額ごっこをやってみた。

こんなの↓。
090121macbookair01


ご、ごぢうはちまんえん・・・23インチのHDモニタを含むとは言え・・・。
昔のMacは値段も速さもポルシェ並み、と言われていたそうだが・・・。8コアのハイスペックデスクトップの値段だぜこりゃ。。。

ま、まぁ。
レッツノートだって最新のは23万円くらい。ソリッドステートドライブや大型HDモニタが必要ないふつうのユーザにとってはじゅうぶん対抗馬になりうるかと。
がんばれMacBook air!
購買者は「未来感」「最新感」への投資が大きいんだから、すぐにスペックアップしたりするなよー!

|

« いろいろあった | トップページ | 久しぶりの帰宅 »

コメント

マックにしては安い方では?
しかも、この薄さ!
日本のノートは他国よりもダントツで
ちいさくて軽かったけど、
大きさを譲らないアメリカ車社会で暮らしてきたマックが
この薄さで勝負にでたかと思うと
もう顔がわらっちゃいます。

遊び心も相変わらず満載だし。
ほしくなって困るよねー。


投稿: pao | 2008年1月24日 (木) 21:43

>paoさん

冷静に考えてみたら、このスペックでこの値段は決して高くはないですよね。レッツノートと同じくらいだし。
しかしサブ機と割り切るには大きくてハイスペック過ぎるし、メイン機と考えるとHDDの容量もちょっと不満だし。
あと、アップル名物「初期型はトラブル」問題が。。。
もし買うにせよ、あと2,3回マイナーチェンジしたくらいが買い時かな。
とかいって、これまたアップル名物「先進的過ぎるマシンはいつの間にか消滅」ってこともあるし。
paoさん、人柱にどうですか!ポチッとぉ!

投稿: カオル | 2008年1月25日 (金) 21:17

たしかに。
私は初期型は絶対に買いません(笑)。
内容も改良され、ほんとにreaonableな価格設定になってゆくのは
やはりマイナーチェンジ2、3回が目安でしょうか。
職場のデスク用にいいかななんて思ってるんですけどね。
夏のボーナスの頃が狙い目かな〜?

人柱、おゆずりします(^^)v

投稿: pao | 2008年1月26日 (土) 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/17774262

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook airの衝撃:

« いろいろあった | トップページ | 久しぶりの帰宅 »