« 4日も休んでしまったわい | トップページ | 走り続ける意思 »

2007年10月19日 (金)

話題のSiCKOを見てきた

きのうは会議で隣市へ。
早めに終わったので、マイケル・ムーア監督の話題作「SiCKO」を見てきた。
アメリカ医療制度(正確には医療保険制度)のあまりの悲惨さにガクゼン。
医療に市場経済主義を持ち込んではイカンとあらためて思いました。
医療の世界に営利主義を持ち込めば、利益率の低い人(重症で医療依存度の高い人)を排除しようとするインセンティブが働くのは当然だもんね。
利益を優先する私企業が医療を支配すれば、コストを抑えた医者(医療を行わない医者、重症患者を切り捨てる医者)に褒賞金を出す。医療を行わない医者が企業的には優秀で、医療を行うのはダメ医者。
貧しい人、保険に入れない人はばんばん死んでいく。
こんなアホな、狂った制度でいいのか。

先端技術で言えば、医療も含め、アメリカは世界一のレベル。でもそれを享受できるのはごく一部の富裕層。世界一の医療技術を持つ国なのに、お金のない人、貧しい人、病気をいくつも抱えている人はそのおこぼれにもあずかれない。

ムーア監督が対比として紹介したフランスやキューバの国民皆保険制度。
お金の心配をせずに医療を受けることができることのありがたさを何度も描写していた。
フランスの医療制度は、文化の高さを感じた。

さて。
日本は国民皆保険制度を捨てて混合診療、アメリカ型医療制度を目指そうとしている。
ショッキングだし、いろいろ刺激を受ける映画だ。多くの人の目に触れて欲しいと思う。
それにしても、映画館はほんとにガラガラだった。
この映画が話題にならないようでは未来は暗いぞ。ニッポン。

|

« 4日も休んでしまったわい | トップページ | 走り続ける意思 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/16809754

この記事へのトラックバック一覧です: 話題のSiCKOを見てきた:

« 4日も休んでしまったわい | トップページ | 走り続ける意思 »