« 来たぜ!ニュー洗濯機 | トップページ | 8月はやっと200キロ »

2007年9月 2日 (日)

journey、Don't Stop Believing

最近気に入っている曲がある。
journeyのDon't Stop Believing。
古い曲だ。オリジナルはescapeという1981年のアルバムに収録されている。
81年当時にこの曲を耳にしてはいたが、journeyは渋谷陽一によってフォリナー、TOTOなどと共に「産業ロック」と呼ばれ、進歩的ロックファンの軽蔑の対象であった。

最近、ふとしたきっかけでこの曲を耳にした。
少年と少女が、夜行列車に乗って生まれた街をあとにする。
その出だしだけで何だかワクワクする。

Just a small town girl, livin' in a lonely world
She took the midnight train goin' anywhere
Just a city boy, born and raised in south Detroit
He took the midnight train goin' anywhere

いいなぁ。
印象的なギターのリフに続いてサビがくり返される。
Don't stop believin'
Hold on to the feelin'
Streetlights people

80年代的な希望と青春。バック・トゥ・ザ・フューチャーとかフットルースとかフラッシュダンスとかストリートオブファイアとか。

youtubeではこんな映像も。

さらにこんなオバカ映像も。

いいねー。曲に対する愛情が伝わってくる。
最初はシャレでやっていたのが、後半は全員ノリノリ。

ちなみにオリジナルはこちら

しかし我が青春の80年代はものすごい勢いで過去に過ぎ去っていきますね。
困ったものです。

|

« 来たぜ!ニュー洗濯機 | トップページ | 8月はやっと200キロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/16324625

この記事へのトラックバック一覧です: journey、Don't Stop Believing:

« 来たぜ!ニュー洗濯機 | トップページ | 8月はやっと200キロ »