« 第1回湯のまち飯坂・ふくしまマラソン | トップページ | iWork ’08購入 »

2007年8月29日 (水)

洗濯機が壊れた

日々のランニングのため、洗濯機を回す回数が増えている。
うちの洗濯機はもともとぼくが独身時代から使っていたもので、なんと通算20年も仕様している年代物だ。
東芝「最洗ターン」。バブル絶頂期の1987年型最先端モデル。
名前とは裏腹にすでに時代の遺物。発売から20年、現役で稼働していたのは日本中でうちくらいじゃないか。
が、とうとう壊れてしまった。
ひと月ほど前から選択中に焦げ臭い匂いがするようになり、モーターが焼き付いている気配。
ときどき「うーん」とうなったまま回らない事態がたびたび発生してた。
で、きょう。
ついにまったく動かなくなった。
お亡くなりだ。
20年も使ったのだから、家電としては長寿の方だろう。

始めての一人暮らしの時以来ずっと使っていた洗濯機。感慨深いが、洗濯機が壊れたままでは何とも仕方がない。
きょう、仕事帰りに電器店に寄って洗濯機を見てきた。
これがまぁ、あるわあるわ。
巨大な洗濯機の山、山、山。
大半が全自動洗濯乾燥機だ。中には冷蔵庫じゃないかと思うくらい巨大なものもある。
これを回して洗濯するだけで、どれほどの電力と水を要するんだろう。
ある製品は「1回の水の使用、たったの8リットル」を謳っていた。
巨大な、月の輪熊がうずくまったぐらいの馬鹿でかい洗濯乾燥機である。水が8リットルでも、それ以外の資源を山ほど喰っていそうな気がする。
洗濯機コーナーの主役は、ほとんどがその手の巨大洗濯乾燥機だ。

なにかが。何かが間違っている気がする。
みんなそんな巨大な洗濯機が必要なのか?
乾燥もやたら時間がかかると言う。ふつうに干すのじゃダメなのか?
どうしても乾燥機が必要なら、必要な時だけコインランドリーを使うんじゃダメなのか?
巨大な洗濯機を購入しておいて、さらにカビ防止洗濯槽乾燥機能って、何かちがうような気がする。

あれこれ見ていると目移りしてきそうなので、シンプルな機能のふつうの洗濯機を購入しました。
しかし、重戦車級の巨大な全自動洗濯乾燥機の数々を見ていると、何だかんだ言っても日本は裕福な国なんだと思いましたよ。物質があふれ、ハイテクで豊かな国、ニッポン。

|

« 第1回湯のまち飯坂・ふくしまマラソン | トップページ | iWork ’08購入 »

コメント

http://www.sharp.co.jp/support/anounce/wd74.html
うちの洗濯機デス
結構気に入ってます。 ドラム式って憧れてたんですハイ(^^ゞ

投稿: 満 | 2007年9月 1日 (土) 04:07

満さん

ドラム式!おおっ!スゲー!!
うちも今回、シャープにしましたよ。満さんのとこといっしょですね。
20年ぶりに購入する洗濯機はハイテクのカタマリのようでした。
使いこなせるかチト心配です。

投稿: カオル | 2007年9月 1日 (土) 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/16280680

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯機が壊れた:

« 第1回湯のまち飯坂・ふくしまマラソン | トップページ | iWork ’08購入 »