« 伊達ももの里、いよいよあす | トップページ | 新しい仲間、去り行く仲間 »

2007年8月26日 (日)

2007伊達ももの里マラソン、終了

伊達ももの里マラソン、行ってきました。
今回は妻、同じAAグループの仲間1名の3人で行ってきました。
8時前には駐車場に着いたけど、すでにすごい数の人が会場に向っている。
右を向いても左を向いても、ランナー、家族の人波。
否が応でも気分が盛り上がる。


070826datemomo01


到着後すぐくらいに会場近辺の道路は通行止めに。
本部前の道路に巨大な風船のアーチが架かる。おお、スゲェ!


070826datemomo02


右を向いても左を向いても、とにかく人、人、人の波。
ロックフェスかここは。
出走者の集合地点からしてすでに人でごった返している。

070826datemomo03


会場に着いて近くの芝生にレジャーシートを広げ、受付をする。
ゼッケンを付け、本部給水所でさっそくぽかりをもらって飲み、招集地点の確認をしたりしているうちに、すぐに自分たちの番が近づいてくる。
ストレッチをして、会場脇の道路で軽く腿上げ。
この日の気温は33度くらい。会場入りした時は割と涼しいように感じたけど、時間が近づくにつれどんどん気温が上がっていく。
下の写真は、仲間の参加する「5キロ50代」の出走直前の写真。


070826datemomo04


仲間の出走を見送り、自分もすぐ招集地点へ。この日のメーンイベント、10キロ走。
とにかく人が多い。自己申告でタイムの速い人は前に、遅い人は後ろの方に並ぶ。
ぼくは予想タイム50分。何となく萎縮して、後ろの方に並ぶ。(これがいけなかった)

10時12分。スタート。
序盤、調子がいい。しかし道がせまい。コースは片側一車線道路。自動車と同じく、左側一車線のみ走行可能。右車線は先行している競技の復路になるため、道いっぱいには走れない。
周囲のランナーは思ったよりも遅い。
遅いランナーは抜いてペースを上げたいが、思うように抜けない。道幅がせまい上に、知り合い同志だろうか、なぜか横いっぱいに並んで走っているランナーも多い。
間をすり抜けようとしては失敗していったん後ろに下がり、横から大回りして抜く。
これをくり返していると、序盤2キロくらいでどんどんペースが乱れてくる。自分のペースで走れない上に蛇行をくり返しているので、みるみる疲れていく。
ふだん自分一人で走っている時には、こういう事態は予想してなかった。レース、おそるべし。
気温もどんどん上がり、風もない。高低差の少ないフラットコースにも関わらず、折り返し5キロを前にすでにヘトヘトに。
いい、イカン。
暑いので身体に熱がこもって苦しい。口の中がからからに乾いてくる。
給水所から飲み物を取ろうとするんだけど、給水所もひとだかりがしていて思うように飲み物のコップを取れない。給水が追いつかず、給水テーブルが空になっていることもしばしば。最後のひとつに手を伸ばしかけた時、前のランナーにさっと持っていかれる。こういうことをくり返しているとさらに体力が奪われていく。
10キロだから給水なしでも行けるだろうと思っていたが、結果的にはほぼすべての給水ポイントに立ち寄った。それでも途中は口が渇いてつらかった。
折り返しを過ぎて7キロくらいから、もう歩いちゃおうかと思う。
つらい。苦しい。気持ちとは裏腹にペースは落ちていく。自分が抜かしたランナーに抜き返される。
苦しいのは周囲も同じはずだと思い、ペースをなるべく落とさないよう踏ん張る。

結果。
10キロ、50分40秒。
キロ5分4秒ペース。目標の50分切りならず。
人が多かったとか暑かったとか給水に寄りすぎたとか、いろいろ言い訳はある。
でもこれがいまの自分の精いっぱい。実力。
今回の成績を出発点に、またあすからがんばります。

帰り。
夫婦で参加したので、「ほのぼの賞」として桃をいただく。
物産テントでも桃が安かったのでおみやげに買っていく。

070826datemomo05


マラソンしている桃のイラストがかわいい。いかにもご当地キャラだが。
ネットで知り合ったランニング仲間にも会えたし、いい大会でした。
それにしても人が多いと思ったら、今回は4000人以上の参加だとか。

|

« 伊達ももの里、いよいよあす | トップページ | 新しい仲間、去り行く仲間 »

コメント

どうもまつけんです。伊達ももの里マラソンお疲れさまでした。走りながら、№855のゼッケンを探しましたが、見つけられませんでした。50分40秒惜しかったですね。でも、ももの里マラソン初出場で50分台はすごいですよ。わたしは53分位だったと思います。ももの里マラソン、やっぱり一番の敵は暑さでしたね。わたしもいつものように暑さにやられました。折り返しまでは抑えめに行き、その時のタイムが23分台で余力もあったので、46分台は出ると思っていたのですが、残り3㎞でへばってしまい、49分17秒でやっとゴールしました。暑さ対策として、短い距離でも何度か日中走っておくべきだったと後悔しています。また、木曜日に1㎞を4分で3本走り、金曜日にソフトボールをやってその晩に足がつり、土曜日にレースペースで5㎞を走るという、疲れをためるようなことをしたのもいけなかったと反省しています。ゴール後のアンケートでは、開催時期は要検討に○をつけてしまいましたが、やっぱり大切なのは自己管理だと反省しています。話は変わりますが、11月4日に福島県で初のフルマラソンが飯坂でありますが、「カオル」さんは出場しますか?わたしは11月末の筑波マラソンに向けた練習として出てみようかと思っているのですが、果たして3週間で体力が回復するか非常に不安です。

投稿: まつけん | 2007年8月27日 (月) 21:50

お疲れ様でした。
スタート~2kmまでの間で邪魔をしていた人です。
申し訳ありません><

それにしてもあの暑さの中50分台とは
すばらしい記録じゃないですか!
私なんか60分オーバーでした。。。
自分では60分は切れると思っていたのですが暑さにやられ
後半バテバテで著しいペースダウン。
歩いているのとほとんど変わらない。
まだまだ修行不足でした。

と言いつつも、実は@3レースは既に確定。
次回は9/15のひがし郷里マラソン、その次が9/30の鶴ヶ城マラソン。
締めくくりが10/21の円谷マラソン(←これがターゲット)
もう練習するまもなく本番。
本番が練習みたいなスパルタ加減。

今回はお会い出来ませんでしたが
またどこかで一緒に走れる事を楽しみしております。
その時には恥ずかしくない結果を残せるよう練習しておきます!


投稿: zan | 2007年8月27日 (月) 22:42

お疲れ様でした~(^。^)

投稿: 満 | 2007年8月27日 (月) 23:26

たくさんのコメント、ありがとうございます。
人里離れた過疎ブログなので、たくさんコメントをいただいてビックリしました。

>まつけんさん
伊達ももの里、お疲れさまでした。
ほんと、暑かったですね。
ふだんのトレの様子などから、まつけんさんはきっと好タイムだろうなーと思っていました。
49分17,スゴイ!
キロ4分でトレーニングできるのも自分から見るとスゴイです。鳥のような速さだ・・・。
そうそう、第1回飯坂マラソン!
申し込んじゃいました〜ハッハッハ〜。
飯坂は坂道がキツイかとも思ったんですが、わが福島県の記念すべき第1回フルマラソン。これは出るしかないでしょう。
まつけんさんはつくばにも出るんですね。
ぼくはとりあえず飯坂マラソンが目標です。
おたがいがんばりましょう。

>zanさん
当日、朝はだいぶ涼しかったんですがどんどん気温が上がってきましたよね。まさに暑さとの戦いでした。

>スタート〜2kmまでの間で邪魔をしていた人です
>申し訳ありません><

イエ、そんなつもりでは・・・(汗)
スタートがあんなにこんがらがるものだとは知りませんでした。もっと大きい大会ではもっともっと序盤はこんがらがるのでしょうね。
いろいろ経験になるものです。
それにしてもzanさん、ほぼ2週間おきに大会3つ・・・スゲー!
zanさんのように実戦で鍛えるってのも手ですよね。
ぼくは飯坂に向けて日々のトレにはげむことにします。
どこかの大会で、いつの日かお会いしましょう!

>満さん
ありがとうございます。
走っている最中は「もうやめよう、こんなつらいことやって一体なんの役に立つんだ」と思うんですが、走り終わると何とも言えない充実感にひたされるんですよ。
とうとう次はフルマラソンに出ることにしました。
マラソン熱、どこまで盛り上がるのか自分でも分かりませんが、行けるところまで行ってみようと思います。
初参加したAAの仲間が「まさか自分がマラソン大会に出られるなんて夢にも思わなかった」と、終了後にうれしそうに話していたのが印象的でした。
ぼくもかつては虚弱ロッカー崩れだったのに、変われば変わるモンです。
AAにつながっていく中で、たしかに生き方が変わって行くのを実感します。

投稿: カオル | 2007年8月28日 (火) 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/16248248

この記事へのトラックバック一覧です: 2007伊達ももの里マラソン、終了:

« 伊達ももの里、いよいよあす | トップページ | 新しい仲間、去り行く仲間 »