« クリールを読む | トップページ | あすは高崎へ »

2007年6月20日 (水)

グチ

きょうはグチを書きます。

仕事が忙しい。とにかく忙しい。前にも増して業務量がばんばん増えている。部署に戻るヒマがない。昨日やった仕事は覚えているが、おとといの業務の細かいことは忘れ切っている。たまにデスクに戻ると書きかけの書類が7つも8つも積み上がっている。書類をためるのは嫌いだ。机の上に積み上がっている書類を見るとイライラする。でも書いてるヒマがない。電話が鳴る。じゃんじゃん鳴る。待ったなしの判断を求められる。4つのフロアから同時に呼び出される。最初はていねいに対応していても、夕方になっても「同時呼び出し」がかかるとイヤになってくる。優先度の低い、どうでもいい呼び出しだと頭に来る。その間に外線が入ってくる。マンションの勧誘の電話だったりするとキレそうになる。外線を通す事務に筋違いに腹を立てる。
トイレにも行くヒマがない。フロアからフロアを駆け回っている。
最近、朝出勤前にトイレに行くと夕方6時ごろまで行かずに済むようになった。こんなことに身体が適応している自分が悲しい。時間がタイトだと気持ちに余裕がなくなってくる。たまにフロアスタッフのグチの聞き役になるのが息抜きだったりする。

同僚男性が働かない。2年前からうちの支社に来ている、本社時代の同期のひとり。同期なので注意できない。彼は一日中部署のソファで新聞を読んでお菓子を食べてラジオを聴いている。彼が働かない分こっちに業務が回ってくる。ヒマならせめて本読んで勉強してろと言いたくなる。で、たまにフロアに出かけるかと思うと、まったく見当違いの仕事をする。基本のキの字も分かっていない、初歩的かつ凶悪なミスをやらかしかけている。フロアスタッフが見かねてぼくに相談に来る。トラブルになりかけを修復し、フロアスタッフに指示を出し、最後に彼のプライドを傷つけないように、ものすごーく控えめな表現で修正のフィードバックをする。でも彼は自分のミスに気が付かない。ほぼ毎日、何らかの形で彼の尻拭いをしている。尻拭いしないわけには行かない。致命的なミスに発展する前に修正しないと、ぼくまでどっぷりトラブルに首まで浸かることになる。胃が痛くなる。それなのに彼は日がな一日冷蔵庫の中身を消費し、新聞を読み、ラジオを聴き、定時前に帰る。夕方フロアを移動している時にふと窓の外を見ると、彼のクルマが駐車場を出ようとしている。定時よりだいぶ早い。誰のせいでこっちの仕事が増えてるんだと、むかっ腹が立ってくる。

そして休日がない。半ドンさえない。今月は休日がたった1日になるところだった。さすがにお願いしてもう1日もらったけど。休日の日直や宿直は仕事はあまりないが、まいにちまいにちずーっと職場に詰めていると気持ちがどんどん乾いてくる。ロックフェスもギターもDTMも何だか遠い世界の大昔の出来事のように思えてくる。自分は一生この支社に縛りつけられて、すり減りながら生きていくのだろうかと考えてしまう。宿直の手配係でもあるので、みなの予定が合わないと自分で自分の休日をつぶさざるを得ない。予定表の埋まらない箇所にすべて自分の名前を書き込んでいると、何もかも放り出してどこかへ行きたくなる。

・・・と、グチを並べてみました。こうやってつらつらと書いてても、あまりスッキリしないね。
どうかわたしが怒りから解放されますように。怒りを手放せますように。
愛と共感と安らぎがともにありますように。

|

« クリールを読む | トップページ | あすは高崎へ »

コメント

こんばんは。大変そうですね。
多分その人がカオルくんにとって必要な気づきをくれるのかもね。
自分で抱えてしまわないこと。
誰かに相談すること。
上手に委託すること。
そんなかなあ。


困ったことにその人はあなたを嫌っていたり憎んでいたり
いじめてやろうと思ってるんじゃないんだよね。
それがきっと一番困るんだよね。
悪意がない、ってことが。


きっと子供を育てるのって、そんな感じなのかもね。
よくわかんないけど。
がんばってね。
そして、がんばりすぎないでね。


そういうところですごく責任感を感じてやっていても
ちょっと(かなり?)きりきりした、というだけで
意外と周囲に理解してもらえないばかりか
誤解されちゃったりすることもありました・・・
そゆわけで。
ペースは自分のペースがいいね。
そして、誰かのせいだと思わずに暮らせればいいね。

Take it easy.
自分に優しくしてあげてね。
楽しんで走ってね。
自然にたくさん接することができるといいね。

私も今日はフンパツしてちょっと高価い入浴剤でくつろぎまっす。
ちっちゃいのでいいから、いつもしあわせを
ポケットにいれていようね、お互い。

投稿: pao | 2007年6月21日 (木) 01:02

たまには愚痴も!
人間らしくてイイと思いますヨ。

っていうか、大変だー、その状況・・・。

しなる竹のように、やり過ごせることを祈ってます。

投稿: otama | 2007年6月21日 (木) 01:13

>paoさん

そうですね、たぶんこのひとのいろいろを通じて、ぼく自身も振り返りの機会を得ているのでしょう。
そう思うといくぶん気持ちがやわらぐような。
お見通しの通り彼には悪気がないんで、よけいにトホホな感じです。
おたがいマイペースを崩さないようにしたいものですね。


>otamaさん

グチはあんまり言いたくないんですが、今回はつい・・・。
しなる竹のようにって、いい表現ですね。
ホント、柳のように竹のように、しなやかにかわして力まずに生きて行きたいス。
怒ってゴリゴリ角を立てても、自分がツライだけですし。
いずれまたそのうち、ゼヒ直でお会いしましょう!

投稿: カオル | 2007年6月21日 (木) 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35048/15503100

この記事へのトラックバック一覧です: グチ:

« クリールを読む | トップページ | あすは高崎へ »